【高音質モデルを比較】Bluetoothスピーカーおすすめ10選!コスパ最強な安い製品も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

bluetoothスピーカーの検証

出典:amazon.co.jp

ケーブルを使わずにスマホやタブレットとワイヤレス接続できる「Bluetoothスピーカー」充電しておけば場所を選ばず使えるので、いつでもどこでも気軽に音楽を楽しめます。

便利なBluetoothスピーカーですが、2,000円以下の安いモデルから3万円を超える高級モデルまで価格帯はさまざま。単純に高いものを選べば高音質とも限らないため、どれか迷ってしまうのではないでしょうか?

重低音や大音量を楽しみたい人におすすめのスピーカーも気になりますよね。

そこで今回は、人気のBluetoothスピーカー10商品を実際に使って徹底検証しました!使って比較したからこそわかる内容を記載しているので、ぜひこの記事を参考にして、自分に合ったBluetoothスピーカーを選んでみてくださいね。

人気のBluetoothスピーカー10商品を実際に使って徹底検証!

bluetoothスピーカーのメーカー 1万円以上のbluetoothスピーカーがおすすめ 安いbluetoothスピーカー bluetoothスピーカーの防水性
今回は話題のBluetoothスピーカー10商品を実際に使って比較してみました。「高音質なのはどれ?」「重低音に迫力はある?」など購入前に気になる部分を徹底解説していきます!
検証内容
  • 低音の響き方
  • 高音のクリアさ
  • ボーカルの声の聴こえ方
  • 音の広がりや迫力
  • 持ち運びのしやすさ

トレンドは迫力の重低音!よく聴く音楽に合ったBluetoothスピーカーの選び方

bluetoothスピーカーを検証

同じ音楽を再生しても、Bluetoothスピーカーによって聴こえ方は大きく異なります。最近では低音を重視したBluetoothスピーカーが増えていますが、自分がよく聴く曲とスピーカーの特徴が合っていないと、口コミがいい商品でもイマイチと感じる場合も。

Picky’s編集部では今人気の商品を実機で検証し、使ってみてわかったおすすめの選び方を紹介します。

いろいろなジャンルの音楽を聴くなら、JBLのBluetoothスピーカーがおすすめ

普段いろいろな歌手やジャンルの音楽を聴く人にはJBLのBluetoothスピーカーがおすすめです。JBLはアメリカ発祥の音響機器メーカー。

高音〜低音まで全体的にバランスがよく、どんな音楽も違和感なく聴けます。また重低音もしっかり響くので、低音重視の人も物足りなさを感じないでしょう。「コスパ最強」と感じる方も多いはず。

JBLの特徴
  • 高音〜低音までバランスがいい
  • ひとつひとつの音がクリアに聴こえる
  • 重低音もしっかり響き、物足りなさがない

ポケットに入る小型サイズもJBLは低音がしっかり響いて迫力があり、高音のクリアさもありました。どれを買うか迷ったらJBLのBluetoothスピーカーを選んでみてください。

編集部

JBLは高音〜低音までバランスがいいので、音楽だけではなく映画鑑賞のスピーカーとしても使えました!

低音の響き方は商品によって大きく異なる。低音重視なら、1万円以上の商品がおすすめ

1万円以上のbluetoothスピーカーがおすすめ

低音の響き方はメーカーやスピーカーによって大きく異なります。全体的に5000円前後の価格が安い商品は、低音重視の人には少し物足りなかったり、低音が不自然に強調されすぎたりしていました。

反対に1万円以上の商品の場合は、迫力のある重低音を楽しめる機種が多かったです。もちろんスピーカーによって重低音をそこまで重視していない機種もあります。各スピーカーの特徴の確認は必須ですが、迫力のある重低音を楽しみたい人は予算を1万円は確保して探すのがおすすめ。

据え置き or 持ち運び?音質も考慮してサイズを選ぶ

bluetoothスピーカーの大きさ

スピーカーの音質は大きさとほぼ比例します。大きいほど効率よく音を出せるため、音質がよかったり、音の広がりや迫力を感じたりします。

自宅でよく使い、かつ迫力のある音が好きな人は大きめのスピーカーを選ぶといいでしょう。1kg前後と500mlのペットボトル2本分ほどのスピーカーでも、あまり移動させないのであれば、高音質を楽しむのにおすすめです。

反対によく持ち運んで使う人は、500g前後までのスピーカーであれば片手で簡単に移動できます。使うシーンと音質を考慮して大きさを選びましょう。

関連記事:車内や屋外使用に!小型スピーカーおすすめ20選|コンパクトなのに高音質な人気モデルを厳選

アウトドアで使うなら「連続再生時間」が12時間以上を選ぶ

bluetoothスピーカーの連続再生時間

外出先でBluetoothスピーカーを使う場合は、バッテリーの連続再生時間が長いモデルがおすすめ。バッテリーの持ちは5〜30時間とスピーカーによって違いがあります。最近発売されたものは12時間ほどのモデルが多いです。

半日以上屋外で使うのであれば、12時間以上のモデルを選んでおけば安心。

機種によっては急速充電に対応しているものもあるので、素早く充電したい人はチェックしてみてください。

関連記事:高音質&大音量!アウトドア用スピーカーおすすめ26選|Bluetooth接続のポータブルタイプ

防水性・防塵もチェック!「IP67」ならあらゆるシーンで使える

bluetoothスピーカーの防水性

Bluetoothスピーカーをお風呂場や外で使う方には防水・防塵性能があるタイプをおすすめします。

防水を確認する場合は「IPX〇」の〇の部分の数字に注目します。防塵の場合は「IP〇X」のPの右隣の〇の数字に注目してください。両方とも数字が高いと防御力が高いと覚えておきましょう。

最近のBluetoothスピーカーは塵埃の侵入がなく、一時的に水中に沈めても機器に問題がない、「IP67」の機種が増えています。アウトドアなどでも使う人は「IP67」と記載されたスピーカーを選ぶと安心ですよ。

防塵一覧
等級 特徴
IP0X 保護されていない。
IP1X 直径5cm以上の固形物やこぶし程度のものが侵入・接触しないように保護された状態。
IP2X 直径1.25cm以上の固形物や指が侵入・接触しないように保護された状態。
IP3X 直径0.25cm以上の固形物や工具が侵入・接触しないように保護された状態。
IP4X 直径0.1cm以上の固形物や針金が侵入・接触しないように保護された状態。
IP5X 塵埃を完全に防げるわけではないが、動作に弊害を起こす塵埃は防がなければいけない。直径0.1cm以上の固形物や針金が侵入・接触しないように保護された状態。
IP6X 塵埃を侵入があってはいけない。直径0.1cm以上の固形物や針金が侵入・接触しないように保護された状態。
防水一覧
等級 特徴
IPX0 保護されていない。
IPX1 雨垂れ程度であれば防げる。
IPX2 雨垂れ程度であれば防げる。(IPX1よりは守れる範囲が広い)
IPX3 雨垂れ程度であれば防げる。(IPX2よりは守れる範囲が広い)
IPX4 水の飛沫や雨に対して保護された状態。いわゆる、防水機能。
IPX5 直接水や雨がかっかっても故障しない状態。
IPX6 IPX5よりも強い圧力で、直接水や雨がかっかっても故障しない状態。
IPX7 シャワーを浴びても耐えられる状態。
IPX8 30分以上水に浸しても耐えられる状態。

関連記事:安いのに高音質!防水Bluetoothスピーカーおすすめ20選|お風呂で使える人気商品を紹介

さらに音質にこだわるなら、Bluetoothのコーデックもチェック

SONYのbluetoothスピーカー

コーデックとは、音声ファイルを圧縮する方式のことです。スマホなどからスピーカーにBluetoothで音声を送る際にコーデックを活用しています。コーデックには様々な方式があり、どのコーデックを選ぶかによって音質や音の遅延に影響があります。

ただ上位のコーデックがスピーカーに採用されていても、再生するデバイスも同じコーデックに対応している必要があります。

iPhoneはSBC・AACにしか対応していないので、iPhoneユーザーで音質にこだわるならAAC。Androidは複数のコーデックに対応しているため、aptX以上をチェックしてみてください。

注意
ただ標準のSBCにしか対応していない機種もまだ多く、コーデックを公表していないメーカーもあります。SONYの製品は複数のコーデックに対応していることが多いです。

コーデックは下記の一覧を参考にしてください。

コーデック名称 特徴 その他
SBC ・標準的な音質
・音が遅延しやすい
対応コーデックに表記が無い場合、ほとんどがSBC対応
AAC ・SBCより音質が良い
・SBCより遅延が少ない
主にiPhoneで対応している最高音質
aptX ・SBC、AACより遅延が少ない
・CDに近い高音質
主にAndroidで対応している
aptX LL ・CDに近い高音質
・aptXよりさらに遅延が少ない
・ゲームに向いている
主にAndroidで対応している
aptX HD ・ハイレゾ音源のような高音質 主にAndroidで対応している
LDAC ・ソニーが開発した超高音質
・遅延しやすい
ソニー製品が多く対応している

安い vs 高級!Bluetoothスピーカーの比較

bluetoothスピーカーの検証

Picky’s編集部では5,000円〜4万円ほどのBluetoothスピーカーを実機で検証し、安いスピーカーと高いスピーカーを比較しました。実機で音質の違いもチェックしています。価格によって下記の傾向があるので、予算に合わせて選んでみてください。

安いスピーカーの特徴(5,000円ほど)

安いbluetoothスピーカー

  • 連続再生時間や防水性能は高価格の商品に引けを取らないモデルもある。
  • 軽量、コンパクトなモデルが多い。
  • 低音が強調されていて、高音が聴きにくい傾向。
  • 低音の響き方はメーカーやスピーカーによってばらつきがある。不自然に強調されていたり、物足りなさを感じたり。
  • 楽器の音など、細かな音はつぶれてしまって聴こえない。

安いスピーカーは、高い製品と比較すると音質は劣りますが、連続再生時間や防水性能は高価格の商品と比べても劣っていません。

むしろ高価格のスピーカーよりも連続再生時間が長い商品もありました。細かな音はつぶれてしまって聞こえないことがありましたが、コンパクトで軽量な安いモデルも多いので、アウトドアで使ったりよく持ち運んで使ったりする人にはおすすめです。

高いスピーカーの特徴(1万円以上)

高いbluetoothスピーカー

  • 高音質なスピーカーは本体も大きくなりがち。
  • ひとつひとつの音がクリアに聴こえる。
  • 高音〜低音までどの音域もしっかり表現されている。
  • パワフルさや音の広がりを感じるスピーカーが多い。
  • 低音の響き方に迫力や奥行きがある。でも不自然に強調されすぎず、高音もしっかり聴こえる。

1万円以上のスピーカーはひとつひとつの音がクリアに聞こえ、高音〜低音までどの音域もバランスよく聴ける高音質な機種が多かったです

低音の響き方はスピーカーによって違いがありますが、1万円以上のスピーカーは違和感なく迫力のある低音を楽しめる機種が多いように感じました。音質がいいスピーカーは本体も大きくなりがちなので、使い方と音質のバランスを考えて購入するのがおすすめです。

高音質で高コスパ!Bluetoothスピーカーのおすすめ人気メーカー

bluetoothスピーカーのメーカー

Bluetoothスピーカー選びで迷ってしまう方は、人気メーカーから探すと見つけやすいですよ。

この項目では、高音質で価格的にも手の届きやすいコスパ最強アイテムが揃う4つの人気メーカーを紹介します。

音質へのこだわりたっぷり!「SONY(ソニー)」

独自のコーデック(LDAC)も開発されるように、音質にこだわりを持つメーカーがソニーです。奥行きのある重低音も魅力の1つ。

重低音がよく響くものや、音の広がりにこだわったモデルなど、スピーカーによって特徴が大きく異なります。各モデルの特徴をよくチェックしてから購入するのがおすすめ。特にSRS-XB23は1万円前後の価格ながら、迫力の重低音を楽しめます。

  • 重低音に奥行きが感じられる
  • 超小型サイズから中型まで、ラインナップが幅広い
  • 商品によって音の特徴が大きく異なる

コスパ最強!Bluetoothスピーカーが欲しいなら「Anker(アンカー)」

Ankerはモバイルバッテリーで人気のメーカー。Ankerの最大の特徴は価格の安さ。1万円以下の安いスピーカーが多く、コスパがいいです。

1万円以上のスピーカーと比較すると音質は正直劣り、音のクリアさはあまりありません。ただ価格重視の方にとってはコスパのいい商品と言えるでしょう。

またスピーカーのほとんどが12時間以上音楽を再生できます。Ankerは長時間音楽を聴く方、コスパの良いBluetoothスピーカーを探している方におすすめのメーカーです。

  • 最大再生時間が長い
  • コスパがいい
  • 長期保証が付いているので安心して使える

高音質でバランスのいい音が人気!ラインナップも豊富な「JBL」

JBLのスピーカーは、スタジアムや映画館など音質が求められる現場でも使われている人気メーカーです。Bluetoothスピーカーの種類が豊富で、価格を抑えた4000円程度のコスパモデルから3万円程の高級モデルまであります。

JBLのスピーカーは高音域が特に綺麗に聴こえますが、最近は重低音の迫力があるモデルも増えています。重低音を楽しみたい人にもおすすめですよ。

どんな音楽もバランスのいいクリアな音で聴けるので、どのメーカーにするか迷った場合はJBLを選んでみてください。

  • 種類が豊富
  • 繊細な高音域が楽しめる
  • バランスのいい音を聴きたい人におすすめ

    心地よい重低音が特徴の「BOSE(ボーズ)」

    BOSEは低音に定評があるメーカーです。中音から高音域に埋もれることなく、体に響くような心地よい重低音が感じられます。低音にこだわりがある分、高音は少し控えめ。低音の響き方を重視する人におすすめです。

    • バランスの良いサウンド
    • 絶妙な重低音が心地よい
    • 高音は少し控えめ

      Bluetoothスピーカーおすすめ人気ランキング比較一覧表

      商品最安価格対応コーデックパッシブラジエーター電源連続再生時間防水・防塵性サイズ重量
      JBL CHARGE 5¥21,979 楽天市場AmazonYahoo!SBC-USB Type-C20時間IP67223 mm x 96.5 mm x 94 mm(幅×高さ×奥行)960g
      JBL FLIP 6¥15,985 楽天市場AmazonYahoo!SBC-USB Type-C12時間IP67178mm×68mm×72mm550g
      BOSE SoundLink Flex Bluetooth Speaker¥17,600 楽天市場AmazonYahoo!SBC-USB Type-C12時間IP67201mm×90mm×52mm(幅×高さ×奥行)540g
      JBL GO 3 Eco¥8,580 楽天市場AmazonYahoo!--USB Type-C5時間IP6787.5mm×75.0mm×41.3mm209g
      Bose SoundLink Revolve+ II Bluetooth Speaker¥36,020 楽天市場AmazonYahoo!--micro-B-USB A17時間IP55105mm×184mm×105mm(W×H×D)910g
      ソニー Bluetoothスピーカー SRS-XB23¥12,044 楽天市場AmazonYahoo!SBC、AAC、LDACありUSB Type-C12時間IP6776 mm×218 mm580g
      Marshall EMBERTON 2¥28,980 楽天市場AmazonYahoo!SBCありUSB Type-C30時間IP67H 68mm × W 160mm × D 76mm700g
      Anker Soundcore Mini 3確認中 楽天市場AmazonYahoo!--USB Type-C15時間IPX772 mm×72 mm×84 mm230g
      Anker Soundcore 3¥6,980 楽天市場AmazonYahoo!-ありUSB Type-C、USB Type-A24時間IPX7174mm x 57mm x 59mm500g
      ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XE200¥18,208 楽天市場AmazonYahoo!SBC、AAC、LDACありUSB Type-C16時間IP6790mm x 208mm x 94mm(W×H×D)800g

      Bluetoothスピーカーおすすめ人気ランキング10選

      実際に編集部が人気商品を使って、音質の良さや使いやすさをポイント形式でランキングにしました。

      Bluetoothスピーカーは買うべき?メリットを解説

      Bluetoothスピーカーは買うべき?メリットを解説

      出典:amazon.co.jp

      Bluetoothスピーカーのメリット
      • スマホやタブレットと手軽に接続できる
      • 無線で接続できるので配線が邪魔にならない
      • 防水・防塵に対応していれば、アウトドアでの利用に便利
      • 電池持ちの良いモデルが多い
      • 約2,000円〜の安い価格で購入可能

      Bluetoothスピーカーは、ほとんどのスマホやタブレットに標準で付いているBluetooth機能を使って簡単に接続できます。有線接続する場合と違って配線が邪魔にならず、どこへでも気軽に持ち運べるのがメリットです。

      最近は、防水・防塵性能が高いモデルや、1度の充電で24時間連続再生できるモデルも増えており、アウトドアや屋外での使用にもおすすめです。安いものは2,000円ほどで購入できるので、1台持っておいて損はないでしょう。

      BluetoothスピーカーはWi-Fiスピーカーと何が違うの?

      BluetoothスピーカーはWi-Fiスピーカーと何が違うの?

      ワイヤレス接続できるスピーカーは、Bluetoothスピーカーの他に、Wi-Fi接続(無線LAN)に対応した「Wi-Fiスピーカー」もあります。

      Wi-Fiスピーカーとは、家庭のネットワーク(無線LAN)環境が整っている空間で使えるスピーカーのこと。

      主な違いは、Bluetoothスピーカーよりも伝送距離が広く、高音質なサウンドを楽しめる点です。デメリットとしては、外出先での使用に不向きな点が挙げられます。

      Wi-Fiスピーカーの人気メーカーやおすすめアイテムについては、下記の記事をご覧ください。

      関連記事:ハイレゾ対応で高音質!Wi-Fiスピーカーおすすめ10選|安い&防水モデルも紹介

      Bluetoothスピーカーの関連商品

      Bluetoothスピーカーがより使いやすくなるおすすめの関連アイテムをご紹介します。関連アイテムがあると、いざというときに役に立ちますよ。

      アウトドアで必須な「モバイルバッテリー」

      スマートフォンとモバイルバッテリー

      Bluetoothスピーカーをキャンプやバーベキューなどアウトドアで使いたい方は、モバイルバッテリーがおすすめ。長時間持つBluetoothスピーカーであれば問題ありませんが、音質を重視する場合電池の消費量が高くなるのでモバイルバッテリーがあると安心です。

      またスマホや周辺機器の充電など、幅広く使えるので1台持っておいて損はないでしょう。以前モバイルバッテリーの記事も書きましたので、ぜひご覧ください。

      関連記事:【プロが選んだ】Anker モバイルバッテリー おすすめ20選|アンカー全機種比較ランキング

      Bluetoothスピーカーのサブ機としておすすめ「ワイヤレスイヤホン」

      ワイヤレスイヤホン

      Bluetoothスピーカーのような高音質を気軽に楽しみたい方は、ワイヤレスイヤホンがおすすめ。ワイヤレスイヤホンは電車の中や外出先などスピーカーを楽しめない状況でも気軽に高音質を楽しめます。

      Bluetoothスピーカーのように「AAC」「aptX」など遅延の少ないコーデックに対応しているモデルもあります。音を近くで聞けるので、Bluetoothスピーカーに負けないくらいの迫力を体験することも可能です。

      移動中やスピーカーが使えない環境で、音楽を楽しみたい方に適しています。以前、ワイヤレスイヤホンの記事を書きましたので、ぜひご覧ください。

      関連記事:【プロが装着感や遮音性で選んだ】カナル型イヤホンおすすめ20選

      関連記事:【耳から落ちない・耳が痛くならない】耳掛けイヤホン 人気おすすめ12選

      人気のBluetoothスピーカーを実機で検証

      bluetoothスピーカーを検証

      Picky’s編集部ではAmazonや楽天などのECサイトで口コミ評価が高いBluetoothスピーカーを10種類集め、実機で音質や使いやすさを検証・比較しました。

      実機を使った検証項目
      • 音質(高音〜低音の聴こえ方)
      • 音の広がりや迫力
      • 持ち運びのしやすさ
      • 操作性

      さらにBluetoothスピーカーの機能として重視される下記スペックも点数をつけて評価。メーカー公表の数値を基準に点数化。

      数値を比較して点数化
      • 防水性
      • 連続再生可能時間
      • 重さ
      • Bluetooth規格

      Bluetoothスピーカーの検証内容

      bluetoothスピーカーの検証

      スタッフが以下5曲の音楽をそれぞれのBluetoothスピーカーで聴いて、音質を比較。

      曲名/アーティスト チェックポイント
      だから僕は音楽を辞めた/ヨルシカ 女性ボーカルの繊細な音がどう聴こえるか
      グランドエスケープ/三浦透子/RADWIMPS 女性ボーカルの声質、ピアノをはじめとるする高音の楽器の聴こえ方
      絆ノ奇跡/MAN WITH A MISSION×milet ベースやドラムなどの重低音がどう聞こえるか
      白日/King Gnu ピアノ・シンセサイザーなどの複数の音がどう聞こえるか
      Blinding Lights/The Weeknd 低音の響き、音域の広いボーカルとのバランス

      音楽を聴いての検証時には下記ポイントを確認しました。

      • 低音の響き方
      • 高音のクリアさ
      • ボーカルの声の聴こえ方
      • 音の広がりや迫力

      その他、操作性の検証として電源・停止・先送りなどのボタンが押しやすいか、分かりやすいかも確認。本体の重さや大きさなどを確認し、持ち運びがしやすいかも確認して比較しました。

      Bluetoothスピーカーのよくある質問

      Bluetoothスピーカーの寿命はどのくらいですか?

      明確には決まっていません。Bluetoothスピーカーは内蔵バッテリー式の物がほとんどで、バッテリーの減りが速くなったら買い替えどきです。

      また、使っている環境によっては音割れや異音がするなどの異常が見られる場合もあります。もし保証期間内であればメーカーに問い合わせて、対処してもらいましょう。保証期間外であれば買い替えをおすすめします。

      Bluetoothスピーカーを捨てるときや処分・廃棄はどうすればいいですか?

      Bluetoothスピーカーを処分するには5つ方法があります。

      • フリマサイトでの販売
      • リサイクルショップでの買い取り
      • 自治体で処分
      • 不用品回収業者で処分
      • 家電量販店で処分

      フリマサイトでの販売

      まだ使える状態やキレイな状態のBluetoothスピーカーであれば、メルカリやラクマなどフリマサイトでの販売ができます。

      出品手順
      1. 商品の写真を撮る。
      2. 商品情報を細かく書く(嘘の記載はトラブルの原因になるのでやめましょう)
      3. 発送方法を選択
      4. 出品

      売れるまで少し手間がかかりますが、臨時収入が得られるのは大きいですよね。準備や発送作業などが苦でなければおすすめですよ。

      リサイクルショップでの買い取り

      Bluetoothスピーカーの状態が良いもの、またはまだ使えるものであればリサイクルショップで買い取りをしてもらえます。状態やニーズによって値段は変わりますが、ネットフリマより手間がかからず簡単に査定と買い取りを行ってもらえます。

      買い取り手順
      1. リサイクルショップに持ち込む。
      2. 買い取りコーナーに持って行き査定してもらう。
      3. 査定が終了するまで待つ。(30分~1時間ほど)
      4. 納得のいく金額であれば、買い取りをお願いする。

      なるべくすぐに買い取ってもらいたい方はリサイクルショップでの買い取りがおすすめです。

      自治体で処分

      自治体で処分する場合は「小型家電回収ボックス」で回収してくれる場合があります。回収ボックスを利用する前に、お住まいの自治体が対応してくれるか事前に調べておくと安心です。

      小型家電リサイクル法

      不用品回収業者で処分

      不用品回収業者はすぐに処分してくれるので、引っ越しなど急ぎで処分したい方におすすめです。業者によって費用が異なるので、処分費を抑えたい方は徹底的に調べるといいでしょう。

      家電量販店で処分

      使わなくなったBluetoothスピーカーを家電量販店に持って行くと処分してくれます。家電量販店によって処分費用は異なるので、事前に調べておくと安心です。表にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

      会社名 エディオン ヤマダ電機 ジョーシン ケーズデンキ ビックカメラ ヨドバシカメラ
      処分費用 無料 1500円~ 0円~ 無料 1958円~ 無料

      Bluetoothスピーカーはどこで買うと一番安いですか?

      Amazonや楽天市場などネットショッピングが安くておすすめです。家電量販店のように実店舗は触って確かめることができるのがメリットですが、人件費がかかっている分ネットショッピングより高い場合があります。

      ネットショッピングは人件費が最小限で、種類も豊富なのでいくつか見比べたい方におすすめです。またAmazonであれば定期的にセールもやっているので、欲しい商品がある場合はチェックしておくといいでしょう。

      Amazonのセール時期

      Amazon初売りセール 1月初旬
      Amazonプライムデー 7月中旬
      ブラックフライデー 11月下旬
      サイバーマンデー 12月中旬

      中古のBluetoothスピーカーはどうですか?

      フリマサイトや中古ショップでも安く購入できます。ただ製品の保証がなかったり、購入後数日で壊れたりする恐れも否定できません。

      新古品(使ってはいないが人の手に渡っている品物)や確実に使えることが確認できたらOKです。ですが、情報があいまいな場合は中古での購入はおすすめできません。

      Bluetoothスピーカーの人気売れ筋ランキングもチェック

      こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているBluetoothスピーカーのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

      コスパ最強&おすすめのBluetoothスピーカーまとめ

      Bluetoothスピーカーは無線で使えるので、場所を選ばず手軽に使えます。バーベキューやキャンプなど、アウトドアにおすすめです。

      自分に合ったコスパ最強なBluetoothスピーカーを選ぶために、注目したいポイントは4つ。

      • 音質で選ぶ
      • 電源・内蔵バッテリーで選ぶ
      • 防水・防塵(防じん)性能で選ぶ
      • サイズ・形状で選ぶ

        Bluetoothスピーカーは種類が豊富で、幅広い方のニーズに合わせて選べます。最近は安くていいスピーカーも多いです。

        今回の検証の中では、JBLのBluetoothスピーカーの評価が高い結果となりました。「どれがいいのかわからない!」と迷ったら、まずはJBLのアイテムをチェックしましょう。

        ぜひ本記事を参考に、自分の求めるオーディオ環境を作ってみてくださいね。

        関連記事:ホームシアタースピーカーのおすすめ15選|配置が簡単なワイヤレスタイプも

        関連記事:【高齢者向けも】テレビ用ワイヤレススピーカーおすすめ14選!人気メーカーも紹介

        関連記事:高級感のある音に!カースピーカー人気おすすめ15選|臨場感のある音楽を楽しめる

        関連記事:ハイレゾ対応も!USBスピーカーのおすすめ15選|マイク内蔵モデルや小型タイプまで紹介

        関連記事:最新情報が満載!iPodおすすめ4選|touch第7世代が最注目される理由とは?

        関連記事:編集部が買ってよかったガジェット・家電34選!自腹でも買って満足したものは?

        関連記事:スマート家電の入門機!スマート電球おすすめ13選|寝ながら操作で生活をより快適に

        関連記事:接続方法をまるっと解説!ネットワークオーディオプレーヤーおすすめ20選

        関連記事:絶対にほしくなる!レコードプレーヤーおすすめ17選|レトロ&便利なスピーカ内蔵型も紹介

        SNS

        Picky’sのSNSアカウントをフォロー