おしゃれで機能性抜群!DODタープおすすめ8選!焚き火に強いポリコットン製も人気

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

DOD タープ おすすめ

出典:amazon.co.jp

ファミリー層を中心に人気のアウトドアブランド「DOD(ディーオーディー)」のタープは、機能性・実用性の高さ、手頃な価格が魅力。「いつかのタープ」「チーズタープ」など、ユニークな名称がついているのも特徴の1つです。

ですが、種類が豊富なので、どのタープが自分のキャンプスタイルに合っているのか、迷ってしまいますよね。そこで今回は、DODタープの魅力・種類の特徴・選び方について徹底解説。張り方や人気のおすすめランキングもご紹介します。

DODタープ3つの魅力

DODタープ3つの魅力

出典:rakuten.co.jp

DODタープの魅力
  • わかりやすいユニークなネーミング
  • 機能性と実用性が高く、使い勝手抜群
  • 1万円前後〜3万円前後で購入できる

DODタープは、「タン・カーキ・ブラック」を基本とした、おしゃれなアースカラーのカラバリを展開するDOD製のタープです。社名の形状に似た、かわいいうさぎのロゴデザインも人気があります。初心者でも使いやすく実用性があり、シチュエーションに合った張り方や使い方ができるので、キャンプ経験が少ない方にもおすすめ。

張り方次第でソロキャンプにもファミリーキャンプにも合う使い方ができるので、幅広いユーザーに支持されています。コールマンなどの他アウトドアブランドと比較しても、リーズナブルな価格帯でコストパフォーマンスに優れている点も魅力の1つです。

DODタープの選び方

DODのタープを選ぶ時は、用途・張り方をポイントにして選びましょう。素材別の特徴や、DODならではの付属品の特徴を解説します。

用途に合ったタイプを選ぶ

DODタープは素材別で大きく2つのタイプに分けられます。自分のキャンプスタイルや用途に合ったタイプをチェックしましょう。

タイプ メリット デメリット
オープンタープ 耐水圧が高い
軽量
UVカット率が高い
火には弱い
耐久性は少し劣る
オープンタープTC 火に強く、火の粉で穴が開きにくい
耐久性が高い
重さがある
耐水圧が低い

耐水圧が高く軽量なポリエステル素材の「オープンタープ」

雨漏りを防いで乾きやすいポリエステル素材が魅力のオープンタイプ

出典:rakuten.co.jp

「オープンタープ」は乾きやすいポリエステル素材で、お手入れやメンテナンスが楽になるのが魅力。耐水圧が1,500mm以上で、普通の雨なら耐えられます。突然雨が降ってきても安心です。また、軽量で持ち運びやすいため、持ち運びや設営が手軽にできるのも特徴です。

日差しにも強く、UVカット率はSPF50+の商品も多いです。しかし、火に弱いのがデメリット。タープに火の粉が飛んだ時は穴が空きやすくなります。ポリエステル素材のタープを選んだ場合は、焚き火やバーベキューなどはタープから離れた場所でするように注意しましょう。

焚き火の火の粉に強い!ポリコットン素材の「オープンタープTC」

焚き火の火の粉が飛んでも安心。穴が空きにくいオープンタイプのTC

出典:rakuten.co.jp

焚き火やバーベキューなどを楽しみたいなら、火に強いポリコットン(TC)素材の「オープンタープTC」がおすすめ。タープの下で焚き火をして、多少の火の粉が飛んでも穴が空きにくいです。ポリコットンはポリエステルよりも素材的に少し重さがある分、風に飛ばされにくいのも魅力。

耐久性が高いので、長く使いたい方におすすめ。しかし耐水圧は低めで、水に濡らすと重くなります。雨の日に使用するのは避けましょう。

注意
ポリコットン素材は絶対に火に燃えないという訳ではありません。タープに焚き火の炎や火種が直接当たらないようにしましょう。

設営が簡単なワンタッチタープも人気

ソロキャンプに最適!設営が簡単なワンタッチタープ

出典:dod.camp

DODタープの中では商品数が少ないものの、設営が簡単にできる「ワンタッチタープ」は初心者に人気があります。傘のようにフレームを開いて、生地を被せればすぐに設営できて便利。短時間で設営でき、ソロキャンプ・デイキャンプにもぴったりです。

編集部

2023年3月現在、DODで販売されているワンタッチタープは「キノコタープ」のみとなっています。

張り方で選ぶ

ヘーキサタープ

初心者にぴったり!「いつかのタープ」

出典:amazon.co.jp

ビートルタープ

張り方で選ぶ

出典:rakuten.co.jp

  • オクラタープ・ヘーキサタープ:色々な張り方を試してみたい方におすすめ
  • ビートルタープ・ヒレタープ:テントと連結したい・広いリビング空間が欲しい人向け

DODタープは張り方の自由度さが魅力。「オクラタープ」や「ヘーキサタープ」は全ての角にポールやロープを掛けられる穴(グロメット)が空いていて、多彩なアレンジができます。シチュエーションに合わせた張り方ができるので、ソロキャンプからファミリーキャンプまで、幅広く使いたい方におすすめです。

テントと連結できる「ビートルタープ」「ヒレタープ」は、キャンプで広い空間づくりをしたい方に最適。フックを使って、テントにぴったりとタープを連結できます。リビングとなる空間を広く作れるので、大人数でゆったりくつろぎたい方におすすめです。

関連記事:【アレンジで快適】ヘキサタープおすすめ18選|小川張りの張り方・安い&おしゃれな大型も紹介

テントの近くにタープを張りたいなら、延長ベルト付きを選ぼう

初心者にぴったり!「いつかのタープ」

出典:rakuten.co.jp

テントとタープを近づけて張りたいなら、DOD独自のアイテム「延長ベルト」付きの商品がおすすめ。テントとタープを近くに設営したいけど、ポールが邪魔になってしまうときに延長ベルトを使えば、ポールの位置をずらせます。狭いキャンプサイトでも大人数が過ごせる空間を作れるので、ファミリーキャンプに最適です。延長ベルトは、「いつかのタープ」や「オーマイロンリナイイッツマイライフタープ 」などに付属しています。

編集部

タープの内側に延長ベルトを通せば、ランタンなどを掛けてハンギングチェーンとしても使えて便利です。

【オープンタープ】DODタープおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格形状サイズ重量素材耐水圧(最低値)カラバリ付属品その他特徴
いつかのタープ TT5-631-TN確認中 楽天市場AmazonYahoo!ヘキサ幅420×奥行き410×高さ230cm(付属ポール使用時)5.4kg150Dポリエステル・PUコーティング2,000mmタン・カーキ・黒延長ベルト・ペグ×8・黒自在ロープ×4・シルバー自在ロープ×4・ポール×2・キャリーバッグオールインワン
TT5-655 ビートルタープ¥8,680 楽天市場AmazonYahoo!ヘキサ幅450×奥行き380cm1.7kg150Dポリエステル・PUコーティング2,000mmタンロープ(短)6本・ロープ(長)4本・キャリーバッグUVカット機能(UPF50+)・テントと連結可能
DOD タープ ライダーズコンフォートタープ TT5-282 dod¥9,180 楽天市場AmazonYahoo!-幅430×奥行き370×高さ180cm3.3kg75Dポリエステル3,000mmタン・グレー組み立て式ポール・ペグ・ロープ・キャリーバッグUVカット機能(UPF50+)
DOD タープ オーマイロンリナイイッツマイライフタープ TT1-758-GY¥8,580 楽天市場AmazonYahoo!ウイング幅445×奥行き385cm2.3kg150Dポリエステル1,500mmタン・グレー延長ベルト・ペグ8本・1mロープ2本・3mロープ2本・8mロープ2本・キャリーバッグUVカット機能(UPF50+)

【オープンタープ】DODタープおすすめ人気ランキング4選

【オープンタープTC】DODタープおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格形状サイズ重量素材耐水圧(最低値)カラバリ付属品その他特徴
TT5-582 ヘーキサタープ (ポール別売)確認中 楽天市場AmazonYahoo!ヘキサ幅420×奥行き420cm3kgポリコットン350mmカーキ・黒ロープ・キャリーバッグ日差しと火の粉に強い
TT8-583 オクラタープ タン確認中 楽天市場AmazonYahoo!オクタゴン幅510×奥行き510cm4.2kgポリコットン350mmタン・黒ロープ・キャリーバッグ耐風性が強い
TT5-669 ヒレタープ確認中 楽天市場AmazonYahoo!多角形幅436×奥行き400×高さ202cm(付属ポール使用時)6.2kgポリコットン350mmタン・カーキロープ8本・ペグ8本・メインポール1本・サイドポール2本・キャリーバッグエイテントに使用可能
ヌノイチM T3-594確認中 楽天市場AmazonYahoo!シェルターテント幅340×奥行き210×高さ150cm11.3kgポリコットン350mmカーキ・タンポール・ロープ・ペグ・キャリーバッグタープ・テントとして使用可能

【オープンタープTC】DODタープおすすめ人気ランキング4選

揃えて楽しい!DODタープの関連商品

DODタープと一緒に揃えておくと便利なアイテムをご紹介します。タープの利便性を高める人気の商品をまとめました。

予備で持っておくと便利な「DODタープポール・ロープ」

最低限必要なポールやロープはタープに付属していますが、予備として持っておくと便利。別途販売されているポールやロープはカラバリも豊富なので、好みのカラーリングでカスタマイズしたい方にもおすすめです。

同シリーズで揃えたい「DODテント」

DODタープは同じシリーズのテントも豊富に取り扱っています。カラバリが同一なので、見た目の統一感が出て、おしゃれに見えますね。タープと同様、テントも低価格で実用性が高い商品が多いです。

関連記事:【キャンパー監修】ファミリーテント人気おすすめ17選|コスパの高いテントも紹介

DODタープのよくある質問

DODタープのよくある質問

出典:rakuten.co.jp

DODタープにアウトレット商品はありますか?

DODのアウトレットショップで購入可能です。展示品や訳あり商品が定価より安く買えます。

DODタープはどこで買えますか?

amazon、楽天などのネット通販や、DODの直営オンラインストアで買えます。また、関東を中心にして店舗があるので店頭でも購入可能です。

ビートルタープにテントを連結する時、必要なパーツはありますか?

延長用のロープやベルトが必要です。設営前に準備しておきましょう。

ポリコットン素材のお手入れ方法は?

使用後は汚れを落として、風通しのよい場所でよく乾かしてからしまいましょう。ポリコットンは水分を吸収しやすく、洗うと重くなるので洗浄場所と干す場所を確保しておくのがおすすめです。

DODタープは雪の日でも使えますか?

耐水圧の高いポリエステル製のDODタープなら、少しの雪には耐えられます。ですが、タープに雪が積もるような場合は、使用を避けましょう。事故や破損の原因になります。

おすすめDODタープまとめ

おすすめDODタープまとめ

出典:rakuten.co.jp

  • お手入れと持ち運びを重視するならポリエステルのオープンタープが最適
  • キャンプで焚き火やバーベキューを楽しみたい人はポリコットンのオープンタープTCがおすすめ
  • 多種多様な用途があるなら自由に張り方が変えられるタイプを選ぼう!
  • 便利な延長ベルトにも注目しよう!

DODタープはおしゃれで利便性が高く、コスパに優れた商品が豊富にラインナップされています。選び方のポイントをチェックして、自分のキャンプスタイルに合ったものを選んでくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー