【初心者でも利用できる】安いドローンレンタル会社おすすめ11選!個人・法人も対応

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ドローンのレンタル会社おすすめ11選!水中ドローンもレンタルできる

「ドローンを購入しても、使い続けるかわからない」「たまにしか使う予定がない」という方におすすめなドローンレンタルサービス。必要なときだけレンタルできるので、気軽にドローンを利用できます。

しかし、「レンタル料金はいくらなの?」「壊してしまうと高額な弁償が発生するのでは?」と、気になっている方は多いですよね。また、ドローンを利用するときに理解しておくべき法律を知らない方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、おすすめのドローンレンタルサービスをご紹介。ドローン使用時のルールやレンタル料金の相場についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンレンタルの料金相場

ドローンのレンタルは安い?料金相場は?

ドローンのレンタル料金の相場は、レンタルするドローンの種類によって違います。どんな撮影をしたいか、何泊レンタルしたいかなど、あらかじめ計画を立てておきましょう。代表的なドローンのレンタル相場は以下の表を参考にしてみてください。

ドローンの種類 レンタル料金の相場(1泊2日)
空撮用ドローン
  • 一般向け:5,000円前後
  • プロ向け:1万円以上
産業用ドローン
  • 15,000円以上(どの産業向けかでも変動)
水中ドローン
  • 15,000円以上
陸上ドローン
  • 3,000円以上
トイドローン
  • 3,000円以上

編集部

それぞれのドローンの特徴は記事中盤で解説しているので、どれをレンタルすればいいかわからない方はチェックしてみてください。

【初心者必見】ドローンをレンタルするときに知っておくべきルール

ドローンを使用するときはさまざまなルールが設けられています。100g以上のドローンについては、以下の航空法を遵守する必要があるので知っておきましょう。

無断での飛行ができないエリア 飛行時に厳守する事項 事前に地方航空局長の承認を受けなければならない飛行方法
  • 人口が集中している地域
  • 空港の周辺
  • 150m以上の上空
  • 緊急用務空域(事前の申請・許可があっても飛行不可)
  • 薬物やアルコールを使用した状態では飛行させない
  • 飛行前にドローンが安全に飛行できる状態であると確認する
  • 他の航空機との衝突を避ける
  • 危険な飛行をしない
  • 目視できない場所の飛行
  • 夜間の飛行
  • 人や建物との距離が30m未満の場所での飛行
  • 催し場所の上空での飛行
  • 危険物の輸送
  • 飛行中に物を落下させる

編集部

100g未満のドローン(トイドローン)でも、上記の「無断での飛行ができないエリア」では飛行の許可が必要になる可能性があります。

参考:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール|国土交通省

緊急用務空域とは?
警察・消防活用などの緊急用務で航空機が飛行する可能性のあるエリア。国土交通省のホームページで公表されています。

申請が必要な飛行をする場合、安全確保への対策と10時間以上の飛行実績が必須です。申請を行いたい場合は以下のサイトを参考にしてみてください。

参考:無人航空機の飛行許可・承認手続

航空法以外にも、ドローンを利用するときは守るべきルールが複数あります。具体的には、以下の法律をチェックしましょう。

ルール 詳細
小型無人機等飛行禁止法
  • 重要施設の敷地やその周囲300mの上空の飛行が禁止されている
  • 対象施設などは下記の警察庁のページを参照
民法
  • 他人の私有地の上空を飛行させると損害賠償が請求される可能性がある
道路交通法
  • 交通の妨げになる可能性がある場合は警察署に届け出が必要
条例
  • 条例によってドローンの飛行に制限がかかっている場合がある
  • 地域によって違うので、必ずドローンを使用する都道府県・市町村ごとに確認
電波法
  • ドローンを操作するときに電波を使用するので、技適がないと違反になる
  • 技適を取得していないモデルを貸し出しているサービスはないので、レンタルを利用するときは問題ない

参考:小型無人機等飛行禁止法関係

技適とは?
技術基準適合証明の略。電波法令で定められている技術基準に適合している証明です。

初心者でもOK!ドローンを飛ばすのに資格は不要

ドローンを飛ばすのに資格は不要

2022年よりドローンの国家資格制度が開始しましたが、国家資格を取得していなくてもドローンは使用できます。資格を持つメリットは、飛行申請の手続きが簡略化されて楽になる点です。また、ドローンの操縦を仕事にする場合に、信頼や仕事の獲得につながります。

ただ、資格の取得には二等無人航空機操縦士で30万~60万円、一等無人航空機操縦士だと70万~100万円の費用がかかります。ドローンパイロットとして活動するなら取得して損はありませんが、レンタルでドローンを利用する程度なら資格の取得は不要です。

参考:株式会社ドローンショー・ジャパン

ドローンで事故を起こしたときは保険制度を利用できる

ドローンで事故を起こしたときは保険制度利用できる

多くのレンタル会社で、事故時は保険制度を利用できます。平均的な補償内容は以下の表を参考にしてみてください。産業用ドローンを利用する場合は、補償の上限が5億円になるケースもあります。

補償 内容 平均的な補償内容
対人補償 事故で人を怪我・死亡させたときの補償
  • 1億円
  • 自己負担金5万円
対物補償 事故で物を破損したときの補償
  • 1億円
  • 自己負担金5万円

全額が保険から出されるのではなく、自己負担金5万円程度を支払う点は要注意。また、死亡事故のような賠償金額が上限を超えるケースもある事故を起こした場合、超過分は自分で支払う必要があります

さらに、保険金が支払われるのは他人を怪我させたり物を壊したりしたことについてのみで、ドローンの破損には別途賠償が必要です。修理できる故障や破損の場合は、機種によって2万~10万円前後の負担。修理が不可能な場合や紛失した場合は、レンタルしたモデルの販売価格を全額支払う必要があります。

編集部

補償の充実したレンタル会社では、ドローンの破損にも補償を利用できるケースがありますよ。

ドローンのレンタル会社の選び方

ドローンのレンタル会社を選ぶときは、レンタルできるモデル・オプション・導入支援・レンタル期間などをチェックするのが大切。具体的にどんなポイントをチェックすればいいかご紹介します。

自分に合ったドローンが選べるかチェック

まずは、目的に合ったドローンをレンタルできる会社を選びましょう。ドローンには以下のような種類があります。

ドローンの種類 特徴
空撮用ドローン
  • 空を飛んで撮影を行う
  • ドローンの代表的な種類で機種が多い
産業用ドローン
  • 農薬散布・測量・輸送などさまざまな種類がある
  • 大型な機種が多い
水中ドローン
  • 水中を撮影できる
  • 点検・調査など産業用ドローンの中の一種でもある
陸上ドローン
  • 陸上を走って撮影する
  • 機種が少ない
  • レンタルに対応している会社が少ない
トイドローン
  • 100g以下で無断での飛行ができないエリア以外は自由に飛行できる
  • 価格が安く、レンタル料金も安価

それぞれの種類の中でもさらに細かく分かれていて、さまざまなモデルがあります。飛行可能時間・搭載カメラの画質など自分の重視するポイントに合ったモデルを選ぶのが大切です。以下の記事でドローンの選び方を紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

関連記事:【空撮のプロが教える】絶対に選ぶべき おすすめドローン10選!!

関連記事:水中ドローンおすすめ11選|釣りや水中撮影に!安いモデル・ビジネス用も紹介

ドローンを選べない初心者の方は、計画に合った機材を提案してくれるレンタル会社を選ぶ

ドローンを選べない方は、計画に合った機材を提案してくれるレンタル会社を選ぶ

ドローンを自分で選ぶのが難しそうと思った方は、レンタルするモデルの相談ができる会社を選びましょう。ドローンのプロが予算・用途などをヒアリングして、最適な1台を選んでくれます。一緒にレンタルした方がいい機材についても相談できるので、安心して撮影に挑めますよ。

レンタル機種の相談を受け付けているレンタル会社
  • ドロサツ!!
  • ドローンレンタル by Rental Market

ドローンを使いこなせるか不安なら、導入支援が充実しているサービスを選ぶ

ドローンをうまく扱える自信がない方は、導入支援が充実しているサービスを選びましょう。初心者向けの操縦講座を実施してくれたり、ドローンを用いたプロジェクトの計画・業務改善などをサポートしてくれたりします。導入支援は法人向けサービスが主なので、個人の場合はドローン用の練習場やスクールを活用しましょう。

導入支援が充実しているレンタル会社
  • ドロサツ!!:操縦経験に合った講座の開設やプロジェクト計画などに対応
  • ドローンレンタルセンター:ドローンインストラクター派遣に対応

「パイロット派遣」対応なら、操縦に自信がなくても安心

「パイロット派遣」対応なら、操縦に自信ができなくても安心

自身でのドローン操縦は無理そうと感じている方や、パイロットを養成する余裕がない法人の方には、パイロット派遣に対応している会社がおすすめ。プロのパイロットが派遣され、空撮や農薬散布などの業務を代行してくれます。

ただし、パイロットの人件費がかかる分、利用料金が高くなる点は要注意。パイロット・安全管理者の2名が派遣されるケースが多く、料金は安くても4万円程度かかります。

また、料金は派遣先の場所によって大幅に変わる点も注意。交通費・宿泊費など実費分が追加で必要になったり、料金が公開されておらず要相談になっていたりします。業務前に飛行計画を立てる必要もあるため、パイロット派遣の利用を考えているなら、まずは相談してみましょう

パイロット派遣に対応しているレンタル会社
  • ドロサツ!!
  • ドローンレンタルセンター
  • ドローンレンタル by Rental Market

「飛行申請」対応なら、ドローンを気軽に使用できる

「飛行申請」対応なら、ドローンを気軽に使用できる

ドローンを初めて利用する場合、どうやって使用許可を取ればいいかわからない方も多いですよね。使用許可を取るのには手間がかかるので、飛行申請を代行してくれるサービスを選ぶのがおすすめです。自分で面倒な申請をしなくていいため、ストレスなくドローンを使用できます。

飛行申請は有償なケースが多いですが、料金は公表されていません。必要な手続きによって異なるので、具体的な利用プランが決まったらレンタル会社に問い合わせてみましょう。

また、ドローンの飛行可能エリアを教えてくれるサービスを利用できる会社もあります。気軽にドローンを使用したい方はチェックしてみましょう。

飛行申請の代行・飛行可能エリア通知に対応しているレンタル会社
  • ドローンレンタル by Rental Market
  • ドローンレンタルセンター
  • ドロサツ!!(飛行申請に加え、飛行禁止エリアがわかる「SORAPASS」のアカウントを無償で利用可能)

必要なオプションが一緒にレンタルできるかチェック

必要なオプションが一緒にレンタルできるかチェック

ドローンをレンタルするときは、必要な機材をオプションとしてレンタルしましょう。あらかじめセットになっている場合もあるので、機材代とオプション代の総額を各社で比較するのがおすすめです。

使用機会の多いオプション
  • 予備バッテリー:長時間ドローンを使用したい方におすすめ
  • アクションカメラ:撮影用のカメラを持っていない方におすすめ
  • プロペラガード:障害物の多い場所の撮影をしたい方や操縦に自信がない方におすすめ
オプションが充実しているレンタル会社
  • ドローンレンタルネット
  • スカイシーカーレンタル
  • ドローンレンタルセンター

配送までのスピードをチェック

急遽ドローンが必要になった方は、配送までのスピードもチェック。契約した当日に発送してくれる会社なら、早ければ翌日にドローンを使用できます。レンタル会社によっては店舗受け取りに対応している場合もあり、当日中にドローンを受け取れるケースもありますよ。

利用日まで余裕がある方は、前日無料配送に対応している会社がおすすめです。前日無料配送は、利用日の前日にドローンを配送してくれる無料サービス。配達遅れの心配がなく、機材に不具合がないか前日に届いたときに確認できるので、当日は安心してドローンを利用できます。

編集部

前日無料配送は送料が無料になるサービスではありません。1日前に届いても、利用料金は翌日から発生するというサービスです。
当日発送・前日無料配送に対応しているレンタル会社
  • スカイシーカーレンタル:平日12時までに手続き完了で最短翌日到着
  • モノカリ!:23区内なら10時までの注文で当日受取可能
  • ドローンレンタルセンター:前日無料配送に対応

送料もチェック

送料もチェック

ドローンをレンタルするときは送料もチェックしましょう。レンタル料金が安くても、送料が高いと他の会社の方がお得に利用できる場合があります。

ドローンの送料は実費と変わらないケースが多いです。特に沖縄県・離島に配達してもらうときは、他の地域が送料無料でも別途費用がかかる場合が多いので要注意です。

また、紛失のリスクがあるため、置き配の利用は避けましょう。レンタル会社の中には、置き配の使用を禁止している会社もあります。

送料無料のレンタル会社
  • ドロレン(北海道・沖縄・離島は1,000円)
  • モノカリ!
  • ドローンレンタルネット

予定に合ったレンタル期間を選べるかチェック

予定に合ったレンタル期間を選べるかチェック

予定に合った期間のレンタルができるかもチェックしましょう。ドローンは1泊2日からレンタルできる会社が多いですが、長期レンタルできる会社は限られます。特に1か月以上のレンタルに対応している会社は少ないので、長期間ドローンが必要な方は要注意です。

長期間レンタルするなら、レンタル期間に応じてどのくらい割引されるかもチェック。例えば、1週間プランだと3~4泊分の料金で借りられる場合もあります。

また、レンタル期間を延長できるか、延長しやすいか確認するのも大切。雨天やトラブルでドローンの使用が遅延したときに、延長できなかったり、延長の手続きに手間がかかったりすると面倒ですよね。レンタル会社によっては、連絡不要で延長できるケースやLINEで連絡すれば延長できるケースもあります。

編集部

レンタル期間を延長したら、当然延長料金が発生します。1日あたりのレンタル料金が加算される場合や、あらかじめ設定された延長料金が加算される場合など、会社によって違う点も注意しましょう。
1か月以上レンタルできるレンタル会社
  • スカイシーカーレンタル
  • ドローンレンタル by Rental Market
  • ドロサツ!!

個人・法人どちらにも対応しているかチェック

個人・法人どちらにも対応しているかチェック

ドローンをレンタルするときは、個人・法人のどちらに対応しているかもチェックしましょう。特に産業用ドローン・水中ドローンなど専門的な機種を扱っている会社は、個人利用を受け付けていない場合もあります。個人・法人のどちらにも対応している会社なら、一度個人で利用してみて、業務でも使えそうだと思ったときに再度利用できますよ。

個人・法人のどちらにも対応しているレンタル会社
  • ドローンレンタルネット
  • ドローンレンタルセンター
  • ドロサツ!!

ドローンのレンタル会社おすすめ人気ランキング比較一覧表

「Picky’s編集部が独自の調査で上位サービスをポイント制で集計。本当に人気のおすすめサービスを厳選しました。」
商品公式サイト個人・法人への対応レンタル料金レンタル期間対応エリア送料オプション保険
ドロサツ!!公式サイトどちらにも対応1泊2日:4,510円~1泊2日以上(月額プランあり)全国実費バッテリー・送信機・プロペラガード・レンズなど対人:1億円・対物:1億円
GOOPASS(グーパス)公式サイトどちらにも対応1泊2日:2,992円~1泊2日・2泊3日・3泊4日・サブスク(1か月以上)全国1,650円--
ゲオあれこれレンタル公式サイトどちらにも対応3泊4日:3,980円~30泊31日まで全国無料(北海道:800円・沖縄県:1,500円)バッテリー修理代金の上限が5,000円まで
ドローンレンタルセンター公式サイトどちらにも対応1日:5,324円~1日から1か月(それ以上は要問い合せ)全国実費ポータブル電源・バッテリー・モニターなど対人:1億円・対物:1億円
ドローンレンタルネット公式サイトどちらにも対応1日:10,700円~1~7日(8日以上は要相談)全国無料(沖縄・離島は追加料金が必要)アクションカメラ・スタビライザーなど対人:1億円・対物:1億円(一部産業用ドローンは5億円)
ドローンレンタル by Rental Market公式サイト法人に対応(個人については要問い合せ)2泊3日:4,400円~2泊3日・6泊7日・13泊14日・20泊21日・1か月・長期レンタル(6~36か月)全国沖縄・離島:8,030円~、北海道・九州:5,390円~、四国・中国:4,980円~、北東北・関西:4,620円~、南東北・北信越・関東・東海:4,400円~バッテリー・ランディングパットなど対人:1億円・対物:1億円・機体保険加入済み(詳細は記載なし)
セキドドローンオンラインレンタル公式サイト法人のみ対応2泊3日:21,780円~2泊3日・6泊7日(それ以上は要問い合せ)北海道・青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県・福島県・群馬県・茨城県・栃木県・埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・岐阜県・長野県・山梨県・静岡県・愛知県・福井県・兵庫県・京都府・滋賀県・三重県・奈良県・大阪府・和歌山県・広島県・山口県・鳥取県・島根県・岡山県・徳島県・愛媛県・高知県・香川県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県北海道:935円、東北・関東・中部:550円、関西:605円、中国:715円、四国:825円、九州:935円(レンタル料金2万円以上で送料無料)-対人:1億円・対物:1億円・機体補償:機体総額
モノカリ!公式サイトどちらにも対応2泊3日:3,500円~3日目以降は1日ごとの延長全国無料バッテリーなし
ACEレンタル公式サイトどちらにも対応1日:7,700円~1か月以上は記載なし記載なしレンタル料金1万円以上の法人利用で、東京23区内の場合は送料無料(返送料金は自己負担)・その他は要相談バッテリー記載なし
スカイシーカーレンタル公式サイトどちらにも対応1泊2日:6,600円~8か月以上レンタル可能全国(沖縄県・離島は要相談)無料カメラ・バッテリーなど対人:1億円・対物:5億円
ドロレン公式サイトどちらにも対応2泊3日:14,080円~2泊3日~8泊9日(それ以上は要相談)全国無料(北海道・沖縄・離島は1,000円)-なし

ドローンのレンタル会社おすすめ人気ランキング11選

ドローンレンタルの流れ

ドローンレンタルの流れ

実際にドローンをレンタルするときの主な流れをご紹介します。細かいやり取りはレンタル会社によって違うので、会社のホームページもチェックしてみてくださいね。

  • ドローンレンタルの流れ
  • STEP.1
    会員登録をする
    契約の際に会員登録が必要なケースが多いです。入会は無料ですが、本人確認書類が必要になる可能性が高いので、準備しておきましょう。入会審査を行う場合は、会員登録に数日かかるケースもあります。
  • STEP.2
    レンタルするドローン・オプションを選ぶ
    レンタルしたいドローンとオプションを選びましょう。空き状況を確認し、利用可能なら予約へ進みます。
  • STEP.3
    決済をする
    利用できる決済は、クレジットカード・銀行振込が多いです。
  • STEP.4
    機材を受け取る
    利用日の前日・当日に届くように発送されるので受け取りましょう。
  • STEP.5
    利用が終わったら返送する
    使用が終了したら返送します。返送用の伝票が同梱されているケースが多いので、なくさないようにしましょう。箱についても、送られてきたときの箱を再利用します。

ドローンをレンタルするときのよくある質問

ドローンをレンタルするときのよくある質問

未成年でもドローンをレンタルできる?

20歳、または18歳未満には対応していない会社が多いです。ドローンのレンタルサービスを利用したい場合は、保護者にお願いするのがおすすめです。

レンタルするときに自分で用意しておくべきものは?

スマホかタブレットが必要になります。また、空撮に利用する場合、microSDカードが必要になりますが、レンタルでは付属しているケースが多いです。

初心者でも操縦できる?

ドローンは自動でホバリング(空中停止)する機能が搭載されているので、風がなく見通しのいい場所なら簡単に操縦できます。

おすすめドローンのレンタル会社まとめ

ドローンレンタルを利用すれば、人では撮影できない映像を気軽に記録できます。測量・農薬散布などのビジネスでも役立つので、さまざまなシーンでドローンを活用していきたいですね。

  • 目的に合ったドローンをレンタルできる会社を選ぶ
  • オプションが充実している会社を選ぶ
  • 導入支援が充実している会社を選ぶ
  • 配送が早い会社を選ぶ
  • 法人・個人どちらに対応しているかチェック
  • 予定に合ったレンタル期間を選べるかチェック

以上のポイントを参考に、自分に合ったドローンのレンタル会社を選びましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー