Lenovo Mirage Solo 実際に使用して徹底検証&他機種との比較をレビュー

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

Lenovo Mirage Solo VR レビュー

機器さえ揃っていれば、どこでも手軽に3Dの立体映像を楽しめるVRゴーグル。外出自粛が推奨される現代において、新しい娯楽として注目している方も多いのではないでしょうか?

しかし、豊富な種類のVRゴーグルが各メーカーから販売されており、選定ポイントも様々。VRゴーグルそれぞれの特徴をしっかり把握しておかなければ、「イメージと違った」ということにもなりかねません。

多種多様なVRゴーグルがある中、ご紹介するのが人気も高い「Lenovo Mirage Solo」です。本記事では、「Lenovo Mirage Solo」の使用感やメリット、デメリットなどを包み隠さず実機レビューしていきます。

この記事を読んでわかること
  • 「Lenovo Mirage Solo」の概要
  • 「Lenovo Mirage Solo」を使って楽しめること
  • 「Lenovo Mirage Solo」のデザイン性や装着感
  • 「Lenovo Mirage Solo」のメリット・デメリット
  • 「Lenovo Mirage Solo」と人気VRゴーグルの比較結果

そもそもVRゴーグルを使ったことがない方向けにも、「Lenovo Mirage Solo」でできることや基本的な使い方を解説していくので、是非参考にしてくださいね!

Lenovo Mirage Soloとは?

Lenovo Mirage Solo とは

大手パソコンメーカーLenovo(レノボ)が販売するVRゴーグルが「Lenovo Mirage Solo」です。Lenovoの技術力を踏襲した「Lenovo Mirage Solo」は、自宅にいながら完成度の高い仮想現実を体験できます。

また、高性能なVRゴーグルは主に、パソコンとケーブルで繋いで動作するPC接続型と、VRゴーグル単体で動作するスタンドアローン型に分かれます。2種類あるタイプの中で、「Lenovo Mirage Solo」はスタンドアローン型のタイプを採用!

それぞれの特徴を簡単にまとめると、下記のようになります。

利用タイプ メリット デメリット
スタンドアローン型
  • ケーブル不要でVRの世界に没頭できる
  • 手軽にVR映像を楽しめる
  • 高品質なVRゲームをプレイできないこともある
PC接続型
  • 高性能なVRゴーグルが多い
  • 高品質なVRゲームを楽しめる
  • 高性能なパソコンが必要
  • 導入費用が高く場合もある
  • VRゲームプレイ中はケーブルが邪魔になる

スタンドアローン型の大きなメリットは、パソコン不要で遊べる手軽さ!パソコンに繋いでVR映像を楽しむPC接続型は、どうしても起動が面倒になって次第に遊ばなくなる可能性も。

品質は多少落ちますが、手軽さが売りのスタンドアローン型は人気も非常に高くなっています。

ひとことメモ
安価なモデルになると、スマホをセットして楽しめるモバイル型のVRゴーグルもあります。

Lenovo Mirage Soloを使用してできること

Lenovo Mirage Solo できること

 

 

VRゴーグル自体初めて利用する方は、そもそもどのような使い方ができるのか、分からない方も多いでしょう。「Lenovo Mirage Solo」を使用してできることは、主に下記の通りです。

  • 臨場感のあるVR映像を楽しめる
  • VR対応していない映像でも、大画面で楽しめる
  • 専用コントローラーで自分の動きを反映させ、VRゲームをプレイできる
  • インターネットブラウザを利用できる

VRの基本となる3D立体映像は、頭の動きに合わせて視点も変わります。これにより、前方だけでなく左右や背後を見ても、VR映像を楽しむことが可能です。

1つ注意しなければならないのが、利用できるコンテンツ全てを3D映像で楽しめるわけではない点です。

例えば、「Lenovo Mirage Solo」ではYouTubeを視聴できますが、当然VRに対応している動画は限られます。VR対応していない動画は3D表示されず、映画館の大画面で映像を見るようなイメージとなるので、チェックしておきましょう!

また、「Lenovo Mirage Solo」ではChromeのブラウザを使用し、インターネットで調べ物をすることも可能!大画面でブラウザを起動できるので、可読性は抜群ですよ。

ひとことメモ
「Lenovo Mirage Solo」に限らず、VRゴーグルはアプリをインストールし、立体映像やゲームを楽しみます。普段スマホでアプリを遊んでいるのが、VRゴーグルで遊ぶようになるイメージです。

Lenovo Mirage Soloを利用するメリット

VRゴーグルは意外にも選定ポイントが多く、製品の仕様を見ても特徴が分からないという方もいるのではないでしょうか?ここでは、「Lenovo Mirage Solo」の特徴も踏まえ、利用するメリットを4つご紹介していきます。

6DoFの高い自由度でゲームに没頭できる

Lenovo Mirage Solo VR

VRゴーグルの性能として、DoF(自由度)と呼ばれるトラッキング指標があります。DoFには下記2種類のトラッキングがあり、数値が高いほど高性能となります。

  • 3DoF:頭を上下左右に動かすと、VR映像も動く
  • 6DoF:頭の上下左右の動きに加え、頭以外の動きもVR映像に反映する

3DoFは頭の動きによって視点も変わりますが、前後の動きなど位置情報までは把握できません。よって、自分の足で動いた情報はVR映像に反映されないことになります。

一方で、6DoFは位置情報も取得できるため、VR空間を自分の足で歩いて移動することが可能!より高いVR空間内での自由度により、ゲームに没頭することができます。

そして、「Lenovo Mirage Solo」は6DoFのトラッキングに対応しています。頭以外の動きも加え、幅広いアプリを楽しみたい方に「Lenovo Mirage Solo」はおすすめですよ!

ひとことメモ
安価なVRゴーグルは3DoFであることが多いので、必ずトラッキングはチェックしておきましょう!

ストラップはダイヤル式で調整可能

Lenovo Mirage Solo ストラップ

VRゴーグルを頭に固定するストラップ部分も、個人的には見逃せないポイント!多くのVRゴーグルで採用されているのが、マジックテープ素材のストラップです。

頭の大きさや形に応じて、マジックテープでストラップの長さを調整しますが、頭に装着しながら長さを合わせられないデメリットがあります。

例えば、マジックテープは長さを調整後、VRゴーグルを装着する流れです。しかし、頭が疲れにくく、なおかつピントの合う位置を探すのは意外と時間が掛かります。

Lenovo Mirage Solo ダイヤル調整

しかし、「Lenovo Mirage Solo」はVRゴーグル装着後に、背面のダイヤルで長さの調整が可能!自分にぴったりの位置へ、簡単にストラップの長さを変えられるため、複数人で使い回したい時でも楽々調整できますよ!

Lenovo Mirage Solo 長さ調節

VRゴーグルはピント調整が非常に重要であり、映像がぼやけているとVR酔いにも繋がってしまいます。私自身がかなり酔いやすい体質のため、メリットとしてご紹介しました!

注意
メリットが大きいダイヤル式のストラップですが、マジックテープに比べると重さが出ます。また、柔らかい素材ではないため、ストラップ部分を折り曲げてコンパクトに収納などはできないので、ご注意ください。

ビジネスエディションは防水クッションを採用

「Lenovo Mirage Solo」には通常モデルと、性能は同じままでクッション素材だけを変更したビジネスエディションが存在します。本体の名称はともに同じとなっており、型番だけ下記の通り異なります。

  • 通常モデル:ZA3C0011JP
  • ビジネスエディション:ZA3C0025JP

ビジネスエディションのVRゴーグルには、顔の表面や頭部が接する3ヶ所のクッションに、防水仕様のポリウレタンを採用しています。

6DoFのトラッキングを持つ「Lenovo Mirage Solo」は、立つ・しゃがむ・ジャンプなどの動きもVR映像に反映できるため、エクササイズを実践することも可能!しかし、運動もできて汎用性が高い一方で、通常のクッション素材は汗を吸い込むデメリットがありました。

Lenovo Mirage Solo 汗大丈夫

その点、ビジネスエディションのVRゴーグルは防水生地で汗が浸透しにくいため、タオルなどで拭うことができます。装着性より、衛生面を重視したモデルと言えますね!

Lenovo Mirage Solo クッション

元々ビジネスエディションはアミューズメント施設など、不特定多数の利用を想定した設計で、法人向けに販売されていました。しかし、現在ではAmazonや楽天などのネット通販サイトでも販売されているため、個人でも購入可能です。

汗を気にせず、いつでも清潔にVRゴーグルを利用したい方は、ビジネスエディションをご検討くださいね。

充電式のコントローラーが嬉しい

Lenovo Mirage Solo コントローラー

VRゴーグルはコントローラーを利用し、アプリやゲームを操作するのが基本ですが、乾電池で駆動するタイプが多くなっています。

しかし、バッテリー駆動時間は意外に短く、平均して30~40時間程度。頻繁にVRゴーグルを利用する予定の方は、乾電池の交換機会も増えてしまいます。

その点、「Lenovo Mirage Solo」はVRゴーグルのコントローラーとしては珍しい充電式を採用!連続稼働時間は乾電池式には劣りますが、余計な乾電池代が発生しなくて済みますよ。

ひとことメモ
一般的に、充電式の電子機器は乾電池式より重量が重くなる傾向にあります。しかし、「Lenovo Mirage Solo」のコントローラーは必要最低限の機能で、重さもほとんどない軽量設計です!

Lenovo Mirage Soloの気を付けたいデメリット

高性能な「Lenovo Mirage Solo」は利用するメリットが非常に多いとお分かり頂けたでしょう。しかし、購入する際に押さえておきたいデメリットもあります。

次に、「Lenovo Mirage Solo」の気を付けたいデメリットを2つご紹介していきます。

VRゴーグルの重量が重たい

スタンドアローン型のVRゴーグルは本体にバッテリーを搭載しているため、必然的に重量のある設計となります。重いVRゴーグルは頭と首が疲れてしまうので、長時間の着用には向いていません。

しかし、高性能でありながら、軽量モデルのVRゴーグルもあります。平均して500g台のVRゴーグルが多い中、「Lenovo Mirage Solo」は重量の重い645gの設計に。

人気のスタンドアローン型の中でも、重さのあるVRゴーグルとなっています。

Lenovo Mirage Solo 重い

一方で、「Lenovo Mirage Solo」は重さを克服するため、バランスを考えて重心が前方に傾かないよう設計されています。実際に装着してみたところ、確かに重量のある割には、前方に重さで引っ張られない感じを受けました。

しかし、バランスが良いと言っても、装着した時のずっしりとした重さはあります。また、長時間の着用で頭が疲れやすく、VR酔いも起きやすい印象…。

VRゴーグルの重さも非常に重要なポイントなので、必ず押さえておきましょう!

メガネと一緒に装着すると少々痛い

Lenovo Mirage Solo メガネ使いにくい

VRゴーグルには、メガネを付けたまま装着できる製品があります。「Lenovo Mirage Solo」と同性能のモデルは、基本的にメガネ対応したVRゴーグルとなっています。

もちろん「Lenovo Mirage Solo」に関しても、メガネを装着したまま利用可能!しかし、メガネのサイズによっては、鼻パッド部分が顔に押しつけられ、少々痛くなりました。

VRゴーグル装着時、レンズと目の間の空間が狭いため、もう少しゆとりが欲しかったと感じる設計です。

Lenovo Mirage Solo メガネ

また、ダイヤル式のストラップは大きく広がらないため、VRゴーグルを上から被るように装着すると、メガネに当たって上手く付けられません。メガネからVRゴーグルで覆い、次にストラップ部分を装着するちょっとしたコツもいるので、ご注意ください。

注意
VRゴーグルによっては、一緒に装着可能なメガネフレームの推奨の高さと幅を記述する製品もあります。しかし、「Lenovo Mirage Solo」はメガネを装着できるとしか記載がないため、メガネの装着可能サイズが分からず少し不親切な製品説明となっています。

Lenovo Mirage Soloのデザイン・スペック・価格

次に、「Lenovo Mirage Solo」のデザインやスペックなどを見ていきます。基本的に、屋内の利用に限られるVRゴーグルですが、素材や外観もチェックしておきましょう。

Lenovo Mirage Soloのデザイン・外観

「Lenovo Mirage Solo」のカラー名称は「ムーンライトホワイト」となっており、ホワイト・グレー・ブラックの3色が採用されています。本体部で主に使用されるホワイトのカラーは、クリーンで清潔感のある印象に!

さらに、グレーやブラックのカラーも含めることで、メリハリのあるデザイン性へ仕上がっていますね!

Lenovo Mirage Solo 外観

本体はツヤのないマット素材を利用し、サラサラして手で持ちやすい質感です。また、ホワイトのカラーは汚れも分かりやすいですが、マット素材で簡単に拭き取ることも可能!

指紋も一切目立たないので、頻繁にVRゴーグルを着脱しても問題ありませんね!

Lenovo Mirage Solo 吹きやすい

「Lenovo Mirage Solo」に取り付けられた3つのクッションも大きなポイント!顔や頭部に接着する全ての面に柔らかいクッションを付けることで、高い装着感を実現しています。

重さのあるVRゴーグルですが、クッションにより接触面が痛くなることもありませんよ!

Lenovo Mirage Solo クッション

そして、レンズの間にはセンサーを搭載!VRゴーグルを頭から外せば電源が自動OFF、再度装着すれば自動ONとなります。

バッテリー持ちを良くするための工夫も凝らされていますね!

Lenovo Mirage Solo 自動on/off

ひとことメモ
ホワイトメインのVRゴーグルですが、全体的にハードな素材を利用しているためかっこよく、チープな印象も全くありません。

Lenovo Mirage Soloの同梱品

「Lenovo Mirage Solo」の同梱品は下記の通りです。

Lenovo Mirage Solo 同梱品

「Lenovo Mirage Solo」の付属品一覧
  • VRヘッドマウントディスプレイ本体
  • モーション・トラッキング・コントローラー
  • ACアダプター
  • Type-C充電ケーブル
  • 取扱説明書

コントローラーは非常に小型・軽量で、ボタンもシンプル。最低限のボタン設計なので、操作に迷うこともありません。

Lenovo Mirage Solo コントローラー
Lenovo Mirage Solo コントローラー

細長く握りやすいコントローラーですが、振り回している時に滑って離さないか、少々不安な質感です。また、手首に付けるようなバンドも付属していないので、VRゲームプレイ時は注意しましょう。

Lenovo Mirage Soloのスペック

「Lenovo Mirage Solo」のスペック一覧は下記の通りです。

解像度 2560×1440
ディスプレイ 5.5型IPSパネル
レンズ 非球面フレネルレンズ
トラッキング 6DoF
視野角 110°
リフレッシュレート 75Hz
CPUプロセッサ Qualcomm® APQ8098 オクタコア プロセッサー 最大2.45GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB

スペック表にある視野角とは、レンズを覗いた時に見える画面の範囲を表し、数値が大きいほど高性能に!より現実味のある映像を楽しむには110°以上必要と言われており、「Lenovo Mirage Solo」は理想値を満たしていますね。

また、リフレッシュレートは映像の滑らかさを表し、理想値は90Hz以上。「Lenovo Mirage Solo」のリフレッシュレートは理想値には及びませんが、同性能のVRゴーグルは平均して70~80Hz程度なので、特別問題はないでしょう。

もちろん、画質に関わる解像度も非常に高く、鮮やかなVR映像を楽しめますよ!

Lenovo Mirage Soloの価格

「Lenovo Mirage Solo」はオープン価格となっていますが、発売当初は55,296円(当時の税込価格)で販売されていました。スタンドアローン型のVRゴーグルとしては、やや高めの値段設定です。

しかし、「Oculus Quest 2」など人気モデルも登場する中、現在は40,000円前後まで価格が低下。また、同性能のスタンドアローン型のVRゴーグル自体が、全体的に30,000~40,000円程度に落ち着きつつあります。

スタンドアローン型のVRゴーグルを購入する際は、40,000円前後の予算を想定しておくと良いでしょう!

Lenovo Mirage Soloの使い方

Lenovo Mirage Solo 使い方

「Lenovo Mirage Solo」はスタンドアローン型の手軽さを持ち、なおかつコントローラーや画面設計も複雑ではないので、特に難しい操作はありません。しかし、事前に使用感を確認しておきたい方もおられるでしょう。

次に、「Lenovo Mirage Solo」の基本的な使い方について、簡単に解説していきます。

初期設定方法

VRゴーグルを使えるようにするため、初期設定から行います。最初に、VRゴーグルの右側面に電源ボタンがあるので、白く点灯するまで3秒ほど長押しします。

Lenovo Mirage Solo 電源長押し

本体が起動したら、VRゴーグルを頭部に装着し、コントローラーを持ちます。

Lenovo Mirage Solo 装着

次に、初期設定方法がVRゴーグル内で表示されるので、画面の通り順番に進めていきます。主な流れとしては、下記の通りです。

  1. VRゴーグルとコントローラーの接続
  2. 言語設定
  3. Wi-Fi設定
  4. Googleアカウントでログイン
  5. 各種規約に同意
  6. 利き手設定

初期設定が完了すると、チュートリアル映像が流れます。VRゴーグル利用時の注意点やコントローラーの操作方法など、基本的な使い方をチェックしておきましょう。

最初に行う初期設定は以上となります。

注意
簡単な設定で完了しますが、Googleアカウントをお持ちではない方は新規作成する必要があるので、ご注意ください。

VRゴーグル・コントローラーの充電方法

VRゴーグルとコントローラーの充電は、付属のType-Cケーブルとアダプターで行います。まず、VRゴーグル本体の充電方法ですが、左側面にType-C入力ポートがあるので、ケーブルを接続します。

Lenovo Mirage Solo 充電

充電中は右側面の電源ランプがオレンジ色に点灯します。「Lenovo Mirage Solo」のバッテリー容量は4000mAhとなっており、満充電までに掛かる時間は約2時間50分です。

Lenovo Mirage Solo 充電

次にコントローラーですが、底面にType-C入力ポートがあるので、本体と同じケーブルで充電できます。

Lenovo Mirage Solo コントローラー充電

コントローラーを充電中はインジケーターランプが白色にゆっくり点灯し、約2時間で満充電となります。

Lenovo Mirage Solo コントローラー 充電式

VRゴーグル本体、コントローラーともに充電時間が長く掛かるということはありませんね。

なお、本体とコントローラーは充電しながら利用することも可能!充電ケーブルが少々邪魔になりますが、バッテリーが切れかかっていても安心です。

ひとことメモ
満充電状態で、VRゴーグルは約3時間、コントローラーは約12時間の連続使用が可能となっています。

Lenovo Mirage Soloのおすすめアプリ

 

「Lenovo Mirage Solo」ではアプリを利用するプラットフォームとして、Googleの「Daydream」を利用しています。インストール可能なアプリは250以上にもなり、幅広いコンテンツを楽しめるのが特徴です。

豊富なコンテンツの中から、おすすめできるアプリを見ていきましょう!

  • YouTube VR
  • Netflix VR
  • dTV VR
  • Abema VR
  • 360Channel
  • DeoVR Video Player

「Lenovo Mirage Solo」は動画配信サービスの取り扱いもあり、利用できるアプリが多いのは評価できる点です!ただし、一部VRゴーグルで配信されている「Amazon Prime Video VR」や「DMM」は利用できません。

おすすめのVRゲームは「Daydream」内に、評価の高いゲームとして公開されています。一度チェックしてみてくださいね!

また、スマホアプリと同様に「Lenovo Mirage Solo」のアプリも無料・有料に分かれています。有料アプリは数百円のものから、1,000円を超えるものまで様々です。

無料アプリでもVR映像は視聴できますが、本格的にVRゲームを楽しむのであれば、有料アプリへの課金は必須。本体料金以外にも費用が発生する可能性は高いので、ご注意ください。

注意
「Lenovo Mirage Solo」で遊べるゲームは「Daydream」のものに限られます。「SteamVR」のゲームはプレイできません。

Lenovo Mirage Soloと人気VRゴーグルとの比較

Lenovo Mirage Solo 比較

多種多様なVRゴーグルがあるので、「Lenovo Mirage Solo」以外にもおすすめできる製品はあります。次に、人気のVRゴーグルと「Lenovo Mirage Solo」の性能を比較していきます。

Oculus Quest 2との比較

主な違い

  • 高性能だが軽量設計
  • 高いリフレッシュレートで映像が滑らか
  • PCにも接続できる万能型

「Oculus Quest 2」は同じスタンドアローン型のVRゴーグルですが、最大の特徴はPC向けのVRコンテンツも利用できる点!専用ケーブルもしくはアプリを使用すれば、パソコンに接続できるため、PC接続型の機能も兼ねることが可能です。

また、全体的な機能性は「Lenovo Mirage Solo」より優れていながら、約503gの軽量設計!価格も少し安価となっています。

もちろん「Oculus Quest 2」にも利用するデメリットはありますが、2つのVRゴーグルで迷われている方は「Oculus Quest 2」のほうがおすすめできますよ!

スペック比較表

Oculus Quest 2 Lenovo Mirage Solo
利用タイプ スタンドアローン型 スタンドアローン型
解像度 1832×1920 2560×1440
トラッキング 6DoF 6DoF
視野角 110° 110°
リフレッシュレート 90Hz 75Hz
重量 503g 645g
メガネ対応
Amazon価格 64GB:37,180円、256GB:49,280円 40,000円

関連記事:【実写レビュー】Oculus Quest 2を使った感想や口コミ評価を解説!人気VRゴーグルと比較!

Oculus Rift Sとの比較

主な違い

  • 高スペックなパソコンが必要
  • PC向けコンテンツを利用できる
  • 価格が安い

「Oculus Rift S」もおすすめされるVRゴーグルですが、PC接続型のタイプとなっています。利用のしやすさで言えば、やはりスタンドアローン型の「Lenovo Mirage Solo」が圧倒的におすすめ!

しかし、「Oculus Rift S」は接続するパソコンの性能に頼れるため、高品質のPC向けVRゲームを楽しめます。ある程度スペックの高いゲーミングPCは必要となりますが、すでにパソコンをお持ちの方は導入コストを抑えられますよ!

スペック比較表

Oculus Rift S Lenovo Mirage Solo
利用タイプ PC接続型 スタンドアローン型
解像度 2560×1440 2560×1440
トラッキング 6DoF 6DoF
視野角 110° 110°
リフレッシュレート 80Hz 75Hz
重量 560g 645g
メガネ対応
Amazon価格 32,780円 40,000円

関連記事:【PC接続型 高性能VRゴーグル】Oculus Rift S スペック解説&開封・検証レビュー

Pico G2 4Kとの比較

主な違い

  • 4Kの超高画質ディスプレイ
  • VRゴーグルの重量が半分以下
  • トラッキングの性能は劣る

「Pico G2 4K」はスタンドアローン型の中で、最軽量モデルのVRゴーグルです。645gの「Lenovo Mirage Solo」に対して、「Pico G2 4K」は276gと重量は半分以下!重さ重視の方は必ずチェックしたいVRゴーグルです。

また、軽量設計ですが、ディスプレイの解像度は4K相当の「3840×2160」となっています。綺麗な映像美で、より高いVR世界の没入感を楽しめます。

ただし、「Pico G2 4K」のトラッキングは3DoFなので、頭の動きしか映像に反映されません。

スペック比較表

Pico G2 4K Lenovo Mirage Solo
利用タイプ スタンドアローン型 スタンドアローン型
解像度 3840×2160 2560×1440
トラッキング 3DoF 6DoF
視野角 101° 110°
リフレッシュレート 75Hz 75Hz
重量 276g 645g
メガネ対応
Amazon価格 36,300円 40,000円

関連記事:【初心者でもわかる】VRゴーグル Pico G2 4Kの機能と楽しみ方を口コミ・評価レビュー

HTC VIVE Cosmosとの比較

主な違い

  • ヘッドセットを装備済み
  • 2台のコントローラーで高品質なゲームをプレイできる
  • 価格が非常に高い

「HTC VIVE Cosmos」はAmazon価格で8万円を超える、高価なVRゴーグルです。また、重量も「Lenovo Mirage Solo」より少々重くなっています。

しかし、リフレッシュレートは90Hzと非常に高いので、カクカクせず違和感のない映像を楽しむことが可能!価格ではなく、あくまで性能重視という方には「HTC VIVE Cosmos」がおすすめです。

スペック比較表

HTC VIVE Cosmos Lenovo Mirage Solo
利用タイプ PC接続型 スタンドアローン型
解像度 2880×1700 2560×1440
トラッキング 6DoF 6DoF
視野角 110° 110°
リフレッシュレート 90Hz 75Hz
重量 665g 645g
メガネ対応
Amazon価格 82,531円 40,000円

関連記事:【評価レビュー】VRゴーグル Vive Cosmos 楽しみ方と使い方を徹底解説

Lenovo Mirage Soloと人気VRゴーグルの比較一覧表

商品最安価格利用タイプ解像度トラッキング視野角リフレッシュレート重量メガネ対応
Lenovo Mirage Solo with Daydream楽天市場¥37,800 AmazonYahoo!スタンドアローン型2560×14406DoF110°75Hz645g
Oculus Quest 2楽天市場¥37,180 AmazonYahoo!スタンドアローン型1832×19206DoF110°90Hz503g
Oculus Rift S楽天市場¥35,800 AmazonYahoo!PC接続型2560×14406DoF110°80Hz560g
Pico G2 4K楽天市場¥32,800 AmazonYahoo!スタンドアローン型3840×21603DoF101°75Hz276g
HTC VIVE Cosmos楽天市場¥75,800 AmazonYahoo!PC接続型2880×17006DoF110°90Hz665g

関連記事:[2021年版]実機を徹底比較して選んだ VRゴーグル おすすめ15選!初心者でも失敗しない選び方

関連記事:使い方次第で有用・不要にも?スマホ用VRゴーグルおすすめランキング15|選び方から自作や画質の疑問にも回答

Lenovo Mirage Soloのレビューまとめ

「Lenovo Mirage Solo」は高い機能性を持ちつつ、細部まで利用者に優しい設計のVRゴーグルです。個人的には、防水仕様のクッション素材や、ダイヤル式のストラップが利便性を高め、高評価でした。

もちろん、高解像度のディスプレイや6DoFのトラッキング、Googleのプラットフォーム「Daydream」を利用できる点も、一層VRの世界に没頭できる評価ポイントです。その他、特別劣っている機能はなく、また価格も高すぎず相場相応!

初めてVRゴーグルを利用する方に限らず、安いVRゴーグルからグレードアップさせたい方にもおすすめです。「Lenovo Mirage Solo」を活用し、質の高いVR映像やゲームを楽しんでみてくださいね!

関連記事:【映画やカメラに】スマートグラスでできることとは?2021年最新のおすすめ10選を紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー