【1万円台も】安いのに高品質なデジカメおすすめ20選|スマホ転送OK・女子に人気モデルも

出典:amazon.co.jp

大切な時間の写真をキレイに残せる「デジタルカメラ(通称デジカメ)」。最近では撮影した写真を携帯・スマホに送れる機能などもあります。

しかし、カメラ初心者には「自撮りや人物の撮影に、どんな機能があると良い?」「デジカメならどれでもスマホ・携帯に送れるの?」と疑問が浮かびますよね。そこで今回は、デジカメの選び方や種類など気になる疑問を基本から大解説!

さらに一眼レフ・ミラーレス・コンデジの3タイプ別で、デジカメ人気ランキング20選をまとめました!

人気メーカーのキャノン・ソニー・ニコンや、1万円台で買える安いデジカメもご紹介しています。スマホ・携帯に送れる安いデジカメもあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

デジカメは3種類!「コンデジ」「ミラーレス」「一眼レフ」をチェック

デジカメの種類は、大きく分けて3つに分かれます。カメラ初心者の人にとっては「どのタイプを買えばいいのか分からない」「ミラーレスと一眼レフはどう違うの?」といったさまざまな疑問がありますよね。各タイプの特徴を詳しく解説するので、ぜひ自分に合ったものを見つけてくださいね。

関連記事:初心者が知りたいカメラの基礎知識が分かる10記事まとめ

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ):小型で持ち運びしやすい&安いのが魅力

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

「コンデジ」とは「コンパクトデジタルカメラ」の略で、小型のデジタルカメラを指します。携帯性・取り回しのよさに優れた商品が多く、旅行やアウトドアなどの荷物を最小限に抑えたいときに役立ちます

小型ゆえに被写体によって最適な写真撮影ができるレンズ交換ができない構造になっており、それがミラーレスや一眼レフカメラとの違いです。コンデジの相場価格は高級モデルで10万円ほどで、安いモデルだと1万円台~3万円台と幅はありますが、デジカメの中でも安いモデルが多いのが魅力ですね。コンデジはコンパクトなので、カバンの中に入れて気軽なお出かけ用カメラも良いでしょう。

ミラーレス一眼カメラ:ミラーがないので一眼レフより小型で使いやすい!

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

ミラーレス一眼カメラは、本来カメラに内蔵されているミラーを省くことで、本体の小型・軽量化を実現しています。レンズが映した景色をデジタル映像で見ながら、シャッターチャンスを探します。手ブレ補正やオートモードといった機能が充実しているモデルも多く、初心者にも使いやすいのが魅力です。

価格相場は5~15万円台とミラーレスカメラの中でも幅がありますが「コンデジより高いが、一眼レフより高い」という価格設定が多いのがミラーレスです。「一眼レフはハードルが高いけど、クオリティ高い写真を撮影したい!」という人に、一眼レフより安い&小型・軽量で使いやすいミラーレスカメラがおすすめです。

関連記事:【2021年最新】オススメのミラーレス一眼カメラ10選!!注目の機種をチェック!!

関連記事:安くてかわいいカメラが欲しい!おすすめのミラーレス一眼レフ人気ランキング

一眼レフカメラ:プロクオリティー並にキレイな写真を撮りたいあなたに!

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

一眼レフカメラは、レンズから入る光をミラーで反射させることで、覗き込んだ景色をそのままカメラに残すことができます。動きのある物体や人でも、ブレのないきれいな写真を撮影できるのが特徴。プロの撮影現場でも採用されているので、写真・動画を本格的に極めたい人に最適です。レンズを交換して撮影したい風景に合わせて最適な写真撮影もできますよ。

価格相場は10万円台~20万円以上もするほど、コンデジ・ミラーレスと比べてかなり高価格です。やはりその分クオリティー高い写真が撮れる事は折り紙つき!とにかくキレイな写真・動画を求める人や、本格派にカメラを始めたい人におすすめです。

ミラーレスと一眼レフの違いや、もっと詳しく一眼レフについて知りたい人は以下の記事を参考にしてくださいね。

関連記事:【図解】一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いは!?価格や機能など徹底比較!

関連記事:【初心者講座】一眼レフ初心者がまず知るべき写真の3つの要素

デジカメの選び方!「画質」「撮影したい写真」「携帯に送れるか」で選ぶ

カメラには機能がさまざまで、自分に合うカメラを選ぶのは大変です。とくにカメラ初心者さんは、カメラのある生活に馴染むためにも、最初のカメラ選びは「画質」「撮影したい写真」「フィーリング」から選ぶと良いでしょう。

「カメラのスペックや機能もみて選びたい!」という方は、こちらの記事でカメラの機能別に選び方を詳しく解説しています。

関連記事:失敗しない!カメラの選び方の基本を詳しく解説!

関連記事:【初心者向け】デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラの選び方決定版!

画質の良さで選ぶ:「有効画素数」と「イメージセンサー」をチェック

デジカメの画質の良さを左右するのが「有効画素数」と「イメージセンサー」です。有効画素数は大きいほど高画質だと言われています。画質にこだわるなら、2000万画素以上がおすすめ。

さらに画質の良さを左右するのが「イメージセンサー」と呼ばれる、いわゆるカメラの目のようなものです。イメージセンサーは3種類あり、一般的にもっとも高画質なのが「フルサイズ」で、その次が「APS-C」、「マイクロフォーサーズ」と言われます。

「画質に徹底的にこだわりたい!」という人は、有効画素数が高いモデル&フルサイズのイメージセンサーを選ぶと良いですね。イメージセンサーや画質との関係性について、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:フルサイズとAPS-Cの違いとは?イメージセンサーを比較する9つのポイント

撮影したい写真から選ぶ:「風景」「人物」で求める機能が全然違う

デジカメ 撮影したい写真

「空や植物といった風景を撮りたい」「子供やペットの成長記録を残したい」など、人によってカメラで撮りたいものはさまざまです。それぞれの目的や被写体に応じて、使い方に合ったレンズ・機能を備えた製品を選びましょう。よくある目的とおすすめのカメラを簡単にまとめてみました。

  • 動物や飛行機、運動会といった遠くの被写体…高倍率ズームレンズ・焦点距離が200mm以上の望遠レンズカメラ・デジタルズーム機能付きカメラ
  • 植物や食べ物、自撮り・人物といった近くの被写体…マクロレンズカメラ・接写レンズカメラ・最短撮影距離が小さいカメラ
  • 海や街並みといった広大な風景…焦点距離が35mm以下のカメラ・広角レンズカメラ
  • 人物や風景を通常距離で撮影するとき…焦点距離が35mm~200mmの標準レンズカメラ

関連記事:レンズキットの選び方!これだけは押さえたい超厳選ポイント|レンズ編

関連記事:Unsplashで月間500万アクセスを達成した私がスナップ写真の撮り方を解説!

「スマホ・携帯に送れる機能」があるとSNSへのアップも簡単

出典:amazon.co.jp

デジカメで撮影した写真・動画を、「TwitterやInstagramにアップロードしたい」「家族や友達と共有したい」という人は、「スマホ・携帯に送れる機能」を備えたものがおすすめです。Bluetooth・Wi-Fiでスマートフォンとペアリングを行うものや専用アプリを使って送信するものなど、使い方は製品によってさまざまです。商品紹介ページをチェックしてくださいね。

    その他で選ぶ:「手ぶれ補正」「防水」などの機能は要チェック!

    デジカメをさらに快適に使いたいなら、メーカーや機種が独自に取り入れている便利な機能をチェックしましょう。初心者~上級者向けのさまざまなものがありますが、今回は特におすすめの3つの機能を紹介します。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。

    写真をキレイに撮影できる「手ぶれ補正機構」はカメラ初心者に必須の機能

    「手ぶれ補正機構」とは、手ぶれによる写真のブレ・ぼやけを減らしてくれる機能です。カメラ初心者の人でも、キレイな写真が撮れるでしょう。人物やアクティビティのように動きのあるシーンを撮影するなら、手振れ補正があるデジカメがおすすめです。

    「防水・防塵機能」があると水場やアウトドアでも安心して撮影できる

    出典:amazon.co.jp

    出典:amazon.co.jp

    「海や川で写真を撮りたい」「キャンプなどのアウトドアでもカメラを使いたい」そんな人は、防水・防塵性能を備えたデジカメをチョイスしましょう。万が一水や雨、砂埃がかかっても、カメラが故障する心配がありません。最近では、水の中でも使える水中モードを搭載した商品も登場していますよ

    注意
    ただし防水性能の精度は、少量の水がかかっても良いタイプから水深30mまで使えるタイプと、カメラごとで大きく異なります。必ず防水機能の精度も一緒にスペック表で確認してくださいね。

    関連記事:【2021年】防水カメラおすすめ20選!旅行やダイビングに人気の機種をご紹介!

    フィーリングで選ぶ:「持っているだけで楽しい」と思えるカメラが結局1番よく使う

    フィーリングで選ぶ:「持っているだけで楽しい」と思えるカメラが結局1番よく使う

    デジカメ選びに迷ったらフィーリングで選ぶのもありです。実はカメラ初心者が失敗する、デジカメを使わなくなる理由の1つが「持ち運ぶのが面倒になった」「飽きてしまった」というもの。

    フィーリングが合えば、飽きることなく愛着が湧いて長く大切に愛用できること間違いなし!「カメラを持っているだけで楽しくなる」そんなフィーリングが合うデジカメを選んでください。

    カメラの実機を展示している店舗で、実際に手に取って重量感や手触りを確認してみるのも良いですね。

    【スマホ・携帯に送れる】安いデジカメおすすめ人気ランキング比較一覧表

    Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
    商品最安価格タイプサイズ重量おすすめの撮影スタイル記録メディア有効画素数スマホ転送防水機能Wi-Fi/Bluetooth機能その他特徴
    Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300¥49,400 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ‎2.9 x 11.2 x 6.6 cm206g人物・風景・水中撮影SDカード・SDHCカード・SDXCカード1605万画素〇(水深30m対応)手ブレ補正機能・GPS搭載・おまかせシーンモード・クリエイティブモード
    Canon デジタルカメラ PowerShot SX420¥43,800 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ8.64 x 6.86 x 10.41cm325g人物・風景・ズーム・動きのあるものSDカード・SDHCカード・SDXCカード2000万画素-手ブレ補正機能・オートズーム機能
    ソニー デジタルカメラ Cyber-shot WX350¥15,990 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ9.6 x 2.57 x 5.49 cm136g人物・風景・夜景・ズーム・動きのあるものSDカード・SDHCカード・SDXCカード1820万画素-高速オートフォーカス機能
    Nikon デジタルカメラ COOLPIX W150¥30,800 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ‎3.8 x 10.9 x 6.7 cm177g人物・風景・水中撮影SDカード‎1317万画素〇(IPX8・水深10m対応)手振れ補正機能・顔認識機能
    OLYMPUS(オリンパス) デジタルカメラ TG-6¥57,200 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ113 × 66 × 32.4mm約253g人物・風景・マクロ・水中撮影SD ・SDHC・SDXCメモリーカード1200万画素IPX8防塵、耐衝撃、耐荷重、耐低温、耐結露、バリアブルマクロシステム、動画撮影
    Panasonic(パナソニック)デジタルカメラ ルミックス FZ85¥43,000 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ約130.2 x 約94.3 x 約119.2mm約616g風景・マクロSDXCメモリーカード・SDHCメモリーカード・SDメモリーカード(UHS-I スピードクラス3(U3)規格までのSDHC/SDXCメモリーカード対応)1810万画素-タッチパネル、タッチシャッター、超望遠ズーム、4K Photo、動画撮影
    SONY(ソニー)Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1¥83,337 Amazon楽天市場Yahoo!ビデオカメラ約105.5 x 60.0 x 43.5mm約294g物撮り、人物、動画撮影[XAVC S(100Mbps)] SDXC/SDHCメモリーカード (UHS-I U3またはそれ以上):[XAVC S(60Mbps/50Mbps)] SDXC/SDHCメモリーカード (Class 10またはそれ以上):[AVCHD/静止画] メモリースティック デュオ、メモリースティック PROデュオ、メモリースティック PRO-HGデュオ、メモリースティックマイクロ、メモリースティックマイクロ(Mark2)、SDXC/SDHC/SDメモリーカード (Class 4またはそれ以上)、micro SDXC/SDHC/SDメモリーカード (Class 4またはそれ以上)約2010万画素-背景ぼけ切り換え、商品レビュー用設定、WEBカメラ利用

    【スマホ・携帯に送れる】安いデジカメおすすめ人気ランキング4選

    関連記事:【防水カメラ】NikonのW300とFUJIFILMのXP130で川遊び!比較レビュー

    関連記事:【口コミ】水深30Mまで潜れる!Nikonの防水カメラCOOLPIX W300をレビューしてみた

    【安いコンデジ】デジカメおすすめ人気ランキング比較一覧表

    商品最安価格タイプサイズ重量おすすめの撮影スタイル記録メディア有効画素数スマホ転送防水機能Wi-Fi/Bluetooth機能その他特徴
    Canon デジタルカメラ IXY180¥38,412 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ11 x 8 x 5.99 cm126g人物・風景・ズーム・動きのあるものSDカード・SDHCカード・SDXCカード約2000万画素--オートズーム機能
    Rosdeca デジタルカメラ¥5,999 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ6 x 5.6 x 2.1 cm90g人物・風景・接写SDカード3600万画素---顔認証機能・表情認識機能・Webカメラ対応
    RICOH 防水デジタルカメラ WG-50¥49,800 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ-197g人物・接写・ズーム・水中撮影SDカード・SDHCカード・SDXCカード1600万画素-〇(IP68・水深14m対応)-手ブレ補正機能・水中モード・デジタル顕微鏡モード・アウトドアモニター搭載
    FamBrow デジタルカメラ確認中 Amazon楽天市場Yahoo!コンデジ--人物・風景・動きのあるものSDカード4400万画素---手ブレ補正機能・顔認証機能・Webカメラ対応・タイムラプス機能・セルフタイマー機能

    【安いコンデジ】デジカメおすすめ人気ランキング4選

    関連記事:カタログから見る!アウトドアにもおすすめなRICOH WG-50レビュー

    関連記事:【口コミ】水深30Mまで潜れる!Nikonの防水カメラCOOLPIX W300をレビューしてみた

    【ミラーレス一眼】デジカメ人気おすすめランキング比較一覧表

    商品最安価格タイプサイズ重量おすすめの撮影スタイル記録メディア有効画素数スマホ転送防水機能Wi-Fi/Bluetooth機能その他特徴
    FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-A5¥53,300 Amazon楽天市場Yahoo!ミラーレス3.99 x 11.71 x 6.81cm361g人物・風景・自撮り・接写SDカード・SDHCカード・SDXCカード2424万画素-オートフォーカス機能・マルチフォーカス機能・オートマクロ機能
    ソニー ミラーレス一眼 α6400¥116,980 Amazon楽天市場Yahoo!ミラーレス5.9 x 12 x 6.6cm359g人物・動きのあるもの・自撮りSDカード・SDHCカード・SDXCカード2420万画素-瞳オートフォーカス機能・タッチトラッキング機能
    ソニー ミラーレス一眼 α6000¥98,700 Amazon楽天市場Yahoo!ミラーレス12 x 4.51 x 6.69cm285g人物・風景・ズーム・動きのあるものSDカード・SDHCカード・SDXCカード2430万画素-ロックオンオートフォーカス機能・瞳オートフォーカス機能
    富士フイルム ミラーレスデジタルカメラ X-T30確認中 Amazon楽天市場Yahoo!ミラーレス‎24.64 x 20.32 x 12.7 cm1.5kg人物・風景・動きのあるものSDカード・SDHCカード・SDXCカード2610万画素-顔認証機能・オートフォーカス機能
    OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ PEN E-PL10¥72,800 Amazon楽天市場Yahoo!ミラーレス6.1 x 11.71 x 6.8cm380g人物・風景・自撮り・夜景SDカード・SDHCカード・SDXCカード1605万画素顔認証機能・eポートレート機能・顔優先オートフォーカス機能
    Nikon ミラーレス一眼カメラ Z fc Special Edition¥145,000 Amazon楽天市場Yahoo!ミラーレス-390g人物・風景SDカード・SDXCカード・SDHCカード2151万画素瞳オートフォーカス機能・動物オートフォーカス機能
    パナソニック ミラーレス一眼カメラ GF9¥83,800 Amazon楽天市場Yahoo!ミラーレス10.65 x 3.33 x 6.46cm269g人物・風景・動きのあるもの・自撮りSDカード・SDHCカード・SDXCカード1684万画素-顔認証機能・タッチパネル搭載

    【ミラーレス一眼】デジカメおすすめ人気ランキング7選

    関連記事:女性に人気のミラーレスOLYMPUS PEN E-PL10をレビュー!E-PL9との違いは?

    関連記事:ミラーレスカメラで子どもの運動会を撮ろう!SONYα6000で運動会を撮影してみた

    関連記事:SONY α6000はコンパクトだけど本格派ミラーレスカメラ!実際に使ってみた感想をレビュー

    関連記事:【2021年最新】SONY 売れ筋ミラーレス α6600/6500/6400/6300/6100/6000を全6モデルを徹底比較!

    関連記事:【最新】コスパ最高のSONY α6400 (ILCE-6400) を実写レビュー

    関連記事:【人気のエントリーモデルを比較】Canon EOS Kiss X10とSONY α6400を徹底比較

    関連記事:【動画】SONY α6400におすすめのレザーケース KAZAを使ってみた感想をレビュー

    関連記事:【実例解説】SONY α6100/α6400/α6600でかわいい写真を撮るためのオススメの設定と使い方!

    関連記事:【5万円台!】FUJIFILMの入門ミラーレスカメラ X-A5を徹底レビュー

    【一眼レフカメラ】携帯に送れるデジカメ人気おすすめランキング比較一覧表

    商品最安価格タイプサイズ重量おすすめの撮影スタイル記録メディア有効画素数スマホ転送防水機能Wi-Fi/Bluetooth機能その他特徴
    Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10¥82,500 Amazon楽天市場Yahoo!一眼レフ122.4 x 92.6 x 69.8 cm490g人物・風景・動きのあるものSDカード2410万画素-手ブレ補正機能・オートフォーカス機能・顔認証機能・シーンインテリジェントオート
    Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600¥105,980 Amazon楽天市場Yahoo!一眼レフ7 x 12.4 x 9.7cm475g人物・風景・ズーム・動きのあるものSDカード・SDHCカード・SDXCカード2416万画素-手ブレ補正機能・タッチパネル搭載・オートフォーカス機能・シーン認識システム
    Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X90¥69,000 Amazon楽天市場Yahoo!一眼レフ7.76 x 12.9 x 10.13cm475g人物・風景・接写・動きのあるものSDカード・SDHCカード・SDXCカード2410万画素-手ブレ補正機能・顔認証機能・シーンモード
    Nikon デジタル一眼レフカメラ D500¥240,000 Amazon楽天市場Yahoo!一眼レフ8.1 x 14.7 x 11.5cm760g人物・風景・動きのあるものSDカード2088万画素-手ブレ補正機能・顔認証機能
    PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-70¥65,799 Amazon楽天市場Yahoo!一眼レフ7.4 x 12.55 x 9.3cm680g人物・風景・夜景・動きのあるものSDカード・SDHCカード・SDXCカード2424万画素手ブレ補正機能・オートフォーカス機能・セルフタイマー機能

    【一眼レフカメラ】携帯に送れるデジカメおすすめ人気ランキング5選

    関連記事:機能豊富な欲張りカメラ! PENTAX K-70レビュー

    関連記事:中級者・上級者におすすめ!最強一眼レフカメラ「Nikon(ニコン)D500」レビューしたよ。

    関連記事:NikonのAPS-C(DXフォーマット)一眼レフ徹底比較!D500,D7500,D7200

    関連記事:Canonの最新!初心者向け一眼レフ EOS kiss x90 をレビューしてみた

    関連記事:【初心者でも綺麗に撮れる!】ニコンのD5600を実際に使ってみた!【使い方も解説】

    関連記事:Nikonエントリーモデル上級 D5500とD5600の比較をしてみた

    関連記事:Nikon 人気のエントリーモデルD3500/D3400とD5600を徹底比較!!

    関連記事:人気の高性能機種 Canon EOS Kiss X10をレビュー!X10のいいとこ7つ&最新ミラーレスとの比較

    関連記事:【人気爆発中!】キヤノンの一眼レフ入門機 EOS Kiss X10とEOS Kiss X9iを徹底比較!2台の違いは?オススメなのはどっち?

    関連記事:大人気の一眼レフカメラEOS Kiss X10とEOS Kiss X9を徹底比較!

    カメラの基本用語まとめ:ファインダー?画素数?用語を解説

    デジカメ 用語解説

    デジカメについて調べていると、初心者の人には聞いたことのないようなパーツ名や専門用語が出てきます。でも、全てを覚えるのは大変だし面倒ですよね。そこで、よく出てくる用語やパーツを表にまとめてみました。商品紹介の部分でも頻繁に登場するので、ぜひチェックしておいてくださいね。

    用語 意味・解説
    ファインダー レンズから見える景色を目視するための窓のこと。ミラーやレフ版によってスクリーンに表示させる光学ファインダーと、像を電気信号に変えて液晶画面に表示させる電子ファインダーがあります。
    シャッタースピード シャッターが開いて光を取り込む時間を表します。シャッタースピードが速いほどブレが少なくなりますが、その分明るさも少なくなります。
    APS-C カメラの画質を左右するセンサーの1つです。標準サイズとなる「35mmフルサイズ」よりやや小さめで、最も主流となっているタイプです。価格と画質のバランスがよく、コストパフォーマンスに優れています。
    画素数 画素数は「ピクセル」とも呼ばれ、写真を構成しているドットの数を表します。数値が大きいほどきめ細やかな写真が撮れますが、データも大きくなるので注意。画質にこだわるなら、2000万画素以上のものがおすすめです。
    オートフォーカス(AF)
    人物や物に自動でピントを合わせる機能のこと。ピントが合うまでにわずかな時間がかかりますが、最近では「高速オートフォーカス機能」を備えたものが登場しています。

    デジカメのおすすめの人気メーカー:「キャノン」「ニコン」も紹介

    特におすすめのメーカーをいくつか紹介します。

    関連記事:【カメラメーカーの違いが分かる!】代表メーカー7社の特徴を紹介!

    自分に合った商品を選びやすい「キャノン(Cannon)」

    キャノンは、さまざまな映像機器やデジタル機器を扱う大手メーカーです。コンデジは、携帯性にこだわった「IXY(イクシー)」とハイスペックモデルを集めた「PowerShot(パワーショット)」の2シリーズで展開しています。また、初心者向けのエントリーモデルを多数開発しているのも特徴です。

    • 2シリーズで展開されたコンデジは自分に合った商品を選びやすい
    • 初心者におすすめのエントリーモデルが多数登場

    関連記事:本当に使いたい!Canon(キヤノン)おすすめ一眼レフカメラ15選

    アウトドアやスポーツ向けの「ニコン(Nicon)」

    ニコンは、カメラや双眼鏡といった光学機器を扱うメーカーです。カメラは上級者向けの製品が多く、カスタマイズ性に優れているのが特徴です。また、防水・防塵・耐衝撃性などを備えたタフなスペックを備えた商品も多数登場しているので、アウトドアでも撮影を楽しめます。

    • カスタマイズ性に優れた上級者向けカメラが多い
    • アウトドアにぴったりなタフなカメラが多数登場している

    関連記事:【初心者でも綺麗に撮れる!】ニコンのD5600を実際に使ってみた!【使い方も解説】

    関連記事:【色の再現が綺麗】ニコン(Nikon)一眼レフおすすめ11選|初心者向けモデルも紹介

    独自の最先端技術や機能を体験できる「ソニー(SONY)」

    ソニーは、プロにも愛用される高性能カメラを数多く開発している人気メーカーです。最先端のイメージセンサーやオートフォーカス機能といった独自の技術・機能を取り入れることで、高い利便性を備えてます。ミラーレスカメラの展開も豊富なので、ライトユーザーにもおすすめですよ。

    • プロも使う高性能カメラを多数販売
    • メーカー独自開発のイメージセンサーを搭載

    関連記事:【2021年】SONY(ソニー)ビデオカメラ 人気おすすめ7選 |4KとフルHDを厳選!

    ミラーレスカメラを多数展開している「富士フイルム(FUJIFILM)」

    国内のフィルムメーカーとして有名な富士フイルム。デジタルカメラが主流になった近年は、手軽に写真を楽しめるミラーレスカメラの開発に力を入れています。色の再現性やフィルター機能に優れており、思い出の1コマを忠実に写真に残すことができます

    • ミラーレスカメラを中心に展開している
    • 色の表現やカラーフィルター機能に優れており、風景や人の肌色を忠実に再現できる

    関連記事:富士フィルムのミラーレス、迷ってる人におすすめ!全機種まとめて徹底比較!

    デジカメをWebカメラ化する4STEP

    デジカメ webカメラ

    Zoomを使った会議やオンライン授業をする際に、「パソコンにカメラがついていない」「内蔵カメラは画質が悪くて使いにくい」と困ったことはありませんか?一眼レフカメラやミラーレスカメラをWebカメラとして利用すれば、高画質の映像で快適にオンラインコミュニケーションが行えますよ。

    初心者の人にとっては「設定や準備が難しそう」というイメージがあると思いますが、実はやり方は意外と簡単。SONY・Cannon・Nikon・富士フィルム・OLYMPUSといった主要メーカーは、デジタルカメラをWebカメラとして使用するための専用ソフトを開発しているので、これを活用することでスムーズに設定ができます。

    Webカメラ化に必要なもの
    • カメラ本体
    • 三脚
    • USBケーブル
    • 専用ソフト
    • デジタルカメラをWebカメラ化する方法
    • STEP.1
      専用ソフトを準備する
      あらかじめ手持ちのデジタルカメラに対応した同メーカーの専用ソフトをインストールしておきます。
    • STEP.2
      カメラを三脚にセットする
      デスクに三脚を設置し、自分の姿が映るようにカメラをセッティングします。正面に設置すると画面が見づらくなるため、モニターの隣や裏から覗く形で設置するのがおすすめです。
    • STEP.3
      パソコンと接続する
      USBケーブルを使って、カメラとパソコンを繋ぎます。カメラの電源を入れて、「録画モード」に切り替えましょう。環境に応じて、画角やホワイトバランスを調整します。
    • STEP.4
      通話ソフトを起動
      Zoomなどのオンライン通話ソフトを起動します。会議に入室し、「カメラを選択」の設定画面から該当のカメラを選択すれば、準備完了です。

    使用時は、カメラ本体のバッテリー残量に注意しましょう。長時間の会議や研修に参加するときは、事前に十分にバッテリーを充電しておくのがおすすめです。また、デジタルカメラは映像出力のみで音声の入力ができません。パソコンに外付けのマイクを接続したり、ヘッドセットなどを利用する必要があります。

    専用ソフトがないカメラを使うときは?
    「キャプチャーボード」と呼ばれる機器を使って、デジカメをWebカメラ化することができます。カメラとキャプチャーとパソコンをHDMIケーブルで接続すれば、カメラの映像をパソコンに出力可能になりますよ。

    関連記事:自撮りや高さ調整もバッチリ!ミニ三脚おすすめ15選|スマホ対応のコスパ最強モデルも紹介

    デジカメの関連商品

    デジカメ 関連商品

    「本格的にカメラを楽しみたい」「さらにカメラが使いやすくアイテムが欲しい」そんな人のために、ここからはデジタルカメラのおすすめ関連アイテムを紹介します。自分の好みや用途にあったものを購入すれば、もっとカメラを楽しめますよ。

    デジカメと一緒に!お出かけに便利な「カメラケース」

    デジカメ カメラケース

    カメラを長く愛用するためには、「カメラケース」を購入しましょう。大切なカメラを汚れや衝撃から守ってくれるので、持ち運びはもちろん収納時も安心です。カメラを完全に収納できるバッグ型のものやケースを装着しながら使えるカバー型のものなど、さまざまな形状のケースがありますよ。

    関連記事:「おしゃれ」にこだわる 一眼レフ・ミラーレスアクセサリまとめ

    関連記事:カメラストラップのおすすめ25選!おしゃれで役立つストラップをご紹介

    デジカメで撮った写真・動画を沢山保存するなら「SDカード」

    デジカメ SDカード

    写真や動画のデータの保存に役立つ「SDカード」。SDカード・SDHCカード・SDXCカードの3種類があり、それぞれ保存できる最大容量が異なります。また、製品によって耐久性が違ったり、Wi-Fi機能を備えているものがあったりするので、性能・規格をよく確認して自分の使い方に合ったものを選びましょう。

    関連記事:【大事なポイントは3つ!】 一眼レフ・ミラーレス用のSDカードの選び方|売れ筋も紹介

    デジカメのバッテリー補充に役立つ「充電器」

    デジカメ 充電器

    「充電器」は、デジタルカメラのバッテリーを補充するために欠かせないアイテムです。製品を購入したときに同封されてることがほとんどですが、外出用や予備として1つ準備しておくと安心ですよ。機種によって対応している充電器が異なるため、購入時は規格をしっかりとチェックしてください。

    お出かけ時にぜひ持っておきたい「モバイルバッテリー」

    デジカメ モバイルバッテリー

    旅行やアウトドアといった出先でありがちなのが、「カメラの充電が切れてしまって写真が撮れなかった」というケース。そういったトラブルを避けるためにも、「モバイルバッテリー」を携帯するのがベストです。いつでもどこでもカメラを充電できるので、バッテリー切れを気にせずに存分にカメラを楽しめます。

    デジカメを簡単に固定できる「三脚」

    デジカメ 三脚

    プロの現場などでよく見かける「三脚」。運動会や発表会などで長時間動画を撮るときや、集合写真を撮影したいときにおすすめです。カメラが安定するので、ブレのないきれいな動画を残せます。カメラのセルフタイマー機能を使えば、自分も写真に写りたいときも役立ちますよ。

    関連記事:ビデオカメラの撮影で使える!おすすめのカメラ三脚を6つ紹介!

    関連記事:自撮りや高さ調整もバッチリ!ミニ三脚おすすめ15選|スマホ対応のコスパ最強モデルも紹介

    関連記事:【初心者向け解説あり】三脚おすすめ20選 | スマホ取り付け&自撮り棒にも変身

    VlogなどのSNS用動画を撮りたいなら「ジンバル」

    デジカメ ジンバル

    「ジンバル」は、カメラやスマホで動画を撮るときに手ブレを軽減できるアイテムで、別名は「スタビライザー」。ジンバルを取り付けてカメラを動かすと、可動軸や回転台がカメラの水平を保ってくれます。自撮り棒のように自分を映せる商品や、ジンバルを三脚として使える商品も展開されていますよ。

    関連記事:映像がブレない!ジンバルおすすめ16選|カメラ・スマホ別に紹介

    カメラ関連のおすすめ記事

    デジカメ おすすめ記事

    関連記事:安くてかわいいカメラが欲しい!おすすめのミラーレス一眼レフ人気ランキング

    関連記事:【2021年】旅行カメラ|海外旅行でも大活躍だったおすすめカメラTOP15

    関連記事:【スマホ転送も簡単】トイカメラおすすめ16選|液晶画面付きやキッズモデルも紹介

    関連記事:【初心者はこの1台!】フィルムカメラおすすめ15選|スマホ転送OK・女子に人気モデルも紹介

    おすすめデジカメまとめ

    デジカメ

    • デジカメは大切な思い出を写真・動画に残すおすすめアイテム
    • 自分の使い方・予算に応じて種類を選ぼう
    • 見た目や持ったときの感覚で選ぶのもアリ
    • 関連アクセサリーやソフトでさらに便利に使いこなそう

    今回は、今注目を集めるデジタルカメラについて紹介しました。デジカメがあれば、お出かけやイベントの思い出を写真や動画に残して、後からもう一度楽しむことができます。自分にぴったりのお気に入りのカメラを見つけて、毎日をより楽しく過ごしましょう。

    この記事は参考になりましたか?

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー