【2020】テレワークやビデオ会議におすすめのWEBカメラ10選と使い方まとめ

   

コロナウィルスの影響で、在宅ワークが増えたり、学校の授業などもオンライン化が進んでいます。

全国的にテレワーク・リモートワークが導入されるようになり、必要になったのがパソコンや周辺機器の類いです。自宅で会議したり、オンライン飲み会に使えるWEBカメラは今とても注目されています。

そこで今回は人気の売れ筋WEBカメラを紹介しつつ、WEBカメラの選び方や使い方をご紹介します。ビデオ会議以外にも、子供やペットの見守りにも使えるWEBカメラを厳選しました!

関連記事:【業務効率劇的アップ!】オススメのリモートワークツール20選!!

目次

WEBカメラとは?

https://www.logicool.co.jp/j

WEBカメラとは、wifiと接続するだけで、撮影した映像をそのままネット配信できるカメラのことです。テレワークやリモートワークにはとても便利なツールです。

カメラが搭載されていないモニターでも、WEBカメラを取り付ければそのままWEB会議ができるようになります。インターネットで映像や写真のやりとりができるだけでなく、パソコンに搭載されたカメラよりも高画質なのもメリットです。

また仕事以外でも留守番している子供や赤ちゃんを見守りに使ったり、介護やペットでの監視カメラとしても活用できます。

WEBカメラを使うメリット

オンライン会議やミーティングのストレスを軽減してくれる

https://www.logicool.co.jp/j

WebカメラはオンラインMTGなどを快適にします。画質が汚くて見えない。音が聞き取りづらいなどweb上のコミュニケーションだといろいろとストレスが発生します。

ところがWEBカメラはWEBでのコミュニケーションを前提として作られているので映像などは高画質です。PCに搭載されたカメラよりもクリアな画質になるので、WEBカメラに切り替えている人も増えています。

ZoomやSkype、slackなどのアプリを使用した会議でのコミュニケーションロスも軽減してくれます!

WEBカメラだと画角調整などもできる

https://www.logicool.co.jp/j

Webカメラには「広角」「超広角」「ワイドレンズ」など映る範囲を拡張することができます。

自宅で一人の場合にはあまり必要ない機能ですが、会議室で数名並んだ場合や、数人でカメラの前にいる場合には、所狭しと映るよりも、広角モードやワイドレンズが有効な状態で映ると、大人数でも快適に使えます。

WEBカメラを選ぶ時のポイント

設置タイプを確認しよう

https://www.logicool.co.jp/j

Webカメラには設置型と取り付け方の2つのタイプがあります。

設置タイプだと机の上に置いて使うスタンド型などが多く、どこでも気軽に置いて使えます。

もう一つはクルップ型のタイプです。ディスプレイやモニターに挟んで固定して使用できるタイプで、折り畳めてコンパクトに収納できるモノだと持ち運びなどにも便利なのでオススメです。

画素が高いと画質がきれいで明るくなる

https://www.logicool.co.jp/

画質が高いと映像がキメ細かくなり、ざらつきやノイズが減ります。ちょっと暗い部屋での会議でも表情が黒つぶれすることなくはっきりと表情をキャッチしてくれるのが特徴です。

画質が高いほど価格も上がりますが、あえてWEBカメラを使うのであれば、高い画質を選んだ方が充実したビデオ会議ができるのでオススメです。

録画や配信に使うならフレームレートを高いのを選ぼう

フレームレートは普段あまり聞き慣れない言葉です。フレームレートとは1秒あたりのコマ数のことを指していて、フレームレートの数字が多いほど、1秒間のコマ数が多いことを指します。

それによって映像の滑らかさに差が出てきます。座ったままのWEB会議だとあまり重要ではありませんが、動画配信などで使う場合には動きが滑らかな方が好まれます。

フレームレートが低いと人の動きに時差みたいのが生じて、動きがカクカクになるので注意しましょう!

マイク機能が高性能だとよりストレスフリー

個人的にはマイク機能の良さも重要視しています。フレームレートは動きがある場合だけなので必要な人は限られると思いますが、音声通話は必ず必要な機能なので重要です。

相手が何言っているか分からない場合や、音が小さいとコミュニケーションが円滑に行えないので結構ストレスになります。その点音質がクリアだととても快適に会話が進むので、マイク性能は意外と重要です。

価格によってピンキリがありますが、あえてWEBカメラを購入して使う人の場合には、音質までこだわることをオススメします。

関連記事:【超厳選】|リモートワークに便利!おすすめヘッドセット12選

WEBカメラで人気のメーカーはどこ?

 Amazonで人気なのは中国系の格安メーカー

Amazonの売れ筋上位を占めるのは中国系のメーカーです。価格が安く、手軽に買えるので人気です。最近では品質やデザインもよくなり、高機能なモノもたくさん販売されています。安かろう、悪かろうではなく、高コスパな人気アイテムがたくさんあります!

エレコムは専用ソフトで動画編集までできる

エレコムは専用ソフトウェア「エレコムWebCamアシスタント」により動画編集までできます。Web会議の他、WEB配信用のコンテンツ作りまでサポートされているのが特徴的。Webカメラは100万画素〜800万画素まで対応。

サンワサプライのWEBカメラも人気

サンワサプライはPC周辺機器などでおなじみのメーカーです。お手頃価格から高機能モデルまで取り揃えがあり、WEB会議用のカメラを多く販売しています。

カメラ内蔵USBスピーカーフォンや、800万画素の高解像度USB書画カメラなど、他メーカーでは見られない機能を持ったカメラも販売しています。

ロジクールはポータブル式の折り畳めるモデルが多い

マウスやキーボードで人気があるロジクールではん、折り畳み式のWebカメラが多く、持ち運びには便利です。ポータル式のWEBカメラなら旅行などでも使えるのでオススなどでです。

それでいて、4K Ultra HDやデュアルマイク搭載など、スペック的にも見劣りしません。会社と自宅でひんぱんに持ち運ぶ予定の方にぴったりではないでしょうか。

バッファローはコスパが良くて人気

外付けハードディスクなどで人気のバッファローからも高性能なWebカメラがたくさん販売されています。全体的に価格は安くなっています。

WEBカメラはMacやIphoneのスマホとどう違うの?

MacBookシリーズのカメラは「720p FaceTime HDカメラ」。解像度は120万画素(1280×720ピクセル)と、一般的なかなり解像度が低い。さらにAppleの720p FaceTime HDカメラの問題は、解像度の低さだけではない。ホワイトバランスが貧弱で、映像の色を変えてしまう印象。

また「iPhone 11」のインカメラは1200万画素(4000×3000ピクセル)の広角だ。サムスンの「Galaxy S20 Ultra」のインカメラは4000万画素だ。Appleが新MacBook Airと同時に発表した新しい「iPad Pro」のインカメラでさえ、700万画素で、1080pの動画を60fpsで撮影できる。

WEBカメラの使い方

https://www.logicool.co.jp/

WEBカメラはデスクトップPCやノートPCとUSB接続して使うものが多いです。商品によっては、インストラーをUSB部分に挿入するとそのまま使えるようになります。

用途としてはリモートワーク、テレビ会議、動画配信などで活用します。

よくWEBカメラ単体で写真や動画を撮れると思われていますが、PCに接続して使うのが前提です。WEBカメラ単体では使えます。屋外へ持っていってアクションカメラ的に運動シーンなどを撮る目的には向きませんので注意しましょう!

今売れている人気のWEBカメラ 高画質 おすすめ3選

Logicool 高画質 Webカメラ StreamCam C980GR 200万画素

ロジクールの超高性能小型WEBカメラ。フルHD(1080P)の高画質で60FPSのなめらかなストリーミング撮影が可能です。F値2.0のプレミアムガラス、フルHDガラスレンズなっているので、暗い場所での撮影でもノイズが出にくく、デティールまではっきり映し出します。

WEB会議だけでなく、オンライン診察、オンライン対談などの高画質が必要な時におすすめのWEBカメラです。

WEBカメラは外付けモニタに挟んだり、ラップトップの液晶に挟むだけでなく、机の上に据え置きにして角度調整ができるなど、設置場所も自由に選べて調整できます。

さらにAIによる顔追尾オートフォーカスで確実に顔にフォーカスしてくれるなどデジカメのような機能も搭載。小型なのに縦型撮影に対応してたりとハイパフォーマンスな一台。

Logicoolでも最も人気のおすすめモデルです。ただUSB-Cポートは必須なのでそれだけはご注意を!

画素数200万画素
解像度1080P
フレームレート最大60フレーム/秒
画角78°
マイク・スピーカーステレオ / デュアル モノラル
ケーブルの長さ1.5m
本体の大きさ5.8 x 6.6 cm
重量322g
保証期間2年間

logitech/logicool  BRIO (ブリオ) 超高画質 Webカメラ 4K C1000eR

ロジクールのBRIOは、超高解像度を実現し、4K超高解像でデジタルズーム5倍に対応しました。4Kの時のフレームレートは30fps、1080pでは60fpsに対応しています。

またBRIOはフレーム内にあるものを何でもキャプチャでき、ビデオ会議やセミナーでも便利に活用できます。プロ仕様のレベルなので、Zoom会議などでホワイトボードなどを映し出しても細かい文字までクッキリ綺麗に写し出してくれます。

画素数4K画素
解像度4,096 x 2,160
フレームレート最大90fps / 720p、30fps/4k
画角90°
マイク・スピーカー
ケーブルの長さ
本体の大きさ
重量322g
保証期間3年間

 

エレコム 高画質 Webカメラ Full HD対応 500万画素 折り畳み式

エレコムのWEBカメラは高画質500万画素1/4インチCMOSセンサーを搭載、フルHDを超える最大2592×1944ピクセルに対応し、オンライン会議でも鮮明な動画を楽しめます。

Webカメラ本体にマイクが内蔵されているので、ヘッドセットを使用せずにビデオチャットでの会話や複数人でのミーティングでもご利用できます。

設置方法はノートパソコンやデスクトップパソコンのディスプレイに取り付ける、または平面スタンドにしての使用が可能。折りたたむととてもコンパクトになるので持ち運びに最適なWEBカメラです。

画素数500万画素
解像度2592×1944
フレームレート最大30フレーム/秒
画角
マイク・スピーカーモノラル
ケーブルの長さ0.9m
本体の大きさ幅62.0mm×奥行38.5mm×高さ17.5mm
重量24 g
保証期間6ヶ月

エレコム 高画質 Webカメラ Full HD対応 500万画素 

超高精細な映像でビデオチャットやビデオ配信が楽しめるFull HD対応500万画素Webカメラ。プロクオリティ映像で高品質な映像が実現。有効画素数:約500万画素、色数は約1677万色(24bit)に対応。また静止画なら最大約2000万画素まで対応。最大フレームレートは30FPSまで対応しています。

面倒な設定などなく、ドライバーのインストールなども不要。パソコンに引っ掛けてすぐに使えるのが◎。

画素数500万画素
解像度2592×1944
フレームレート最大30フレーム/秒
画角66°
マイク・スピーカーモノラル
ケーブルの長さ0.9m
本体の大きさ5.5 x 3.9 cm
重量68g
保証期間6ヶ月

今売れている人気のWEBカメラ ロジクール おすすめ4選

ロジクール(Logicool) HD Webcam C270n

ロジクールのシンプルなWEBカメラ。HD720pに対応で、鮮明な画質でテレビ電話を楽しめます。内蔵のノイズリダクション機能で、騒がしい環境でも、自分の声が相手にクリアに届けられます。

また明るさを自動調整する機能があるので、暗い場所でもコントラストを調整して明るくしてれます。

画素数100万画素
解像度720P
フレームレート最大30フレーム/秒
画角60°
マイク・スピーカーモノラル
ケーブルの長さ1.5m
本体の大きさ7 x 3.2 cm
重量72.6 g
保証期間2年間

ロジクール(Logicool) HD Webcam C525n

ロジクールのシンプルなWEBカメラ。HD720pに対応で、鮮明な画質でテレビ電話を楽しめます。内蔵のノイズリダクション機能で、騒がしい環境でも、自分の声が相手にクリアに届けられます。

また明るさを自動調整する機能があるので、暗い場所でもコントラストを調整して明るくしてれます。

画素数100万画素
解像度720P
フレームレート最大30フレーム/秒
画角60°
マイク・スピーカーモノラル
ケーブルの長さ1.5m
本体の大きさ7 x 3.2 cm
重量72.6 g
保証期間2年間

ロジクール(Logicool) HD Webcam C922n 三脚付き

フルHD画質、オートフォーカス機能など高機能を搭載したロジクールのwebカメラです。1080p/30fpsと、720p/60fpsの2つの画質を選べます。60fpsなら動画配信などにも使えます。

カメラの両サイドにマイクが搭載されているので、広角で大勢のwebカメラなどにも対応しています。自動HD光補正搭載なので光の加減も自動調整してくるので夜でも顔に影が出にくいです。

さらに卓上スタンドと三脚付属で高さの調整なども自由自在。3ヵ月間XSPLITプレミアムライセンスがついてるので動画撮影にもおすすめです。

画素数200万画素
解像度1080P
フレームレート最大60フレーム/秒
画角78°
マイク・スピーカーステレオ
ケーブルの長さ1.5m
本体の大きさ9.5 x 4.4 cm
重量163 g
保証期間2年間

ロジクール(Logicool) HD Webカメラ StreamCam C980GR

ロジクールの高性能小型WEBカメラ。フルHD(1080P)の高画質で60FPSのなめらかなストリーミング撮影が可能です。

AIによる顔追尾オートフォーカス搭載で、画面内のどこにいても確実に顔にフォーカスしてくれます。さらに自動露出補正、自動ブレ補正、縦型撮影対応など、どのような環境下でも最適な露出を調整してくれます。

高速なデータ転送が可能なUSB Type-C接続を利用することによりフルハイビジョンでハイフレームレートを実現した高機能WEBカムです。

USB-Cポートを繋ぐだけで自動的にインストーラーが起動し、付属ソフトのロジクールキャプチャもすぐ使えるようになるのが便利です。

画素数200万画素
解像度1080P
フレームレート最大60フレーム/秒
画角78°
マイク・スピーカーステレオ / デュアル モノラル
ケーブルの長さ1.5m
本体の大きさ5.8 x 6.6 cm
重量322g
保証期間2年間

今売れている人気のWEBカメラ 広角タイプ おすすめ1選

サンワサプライ  Webカメラ 150°超広角 100万画素

サンワサプライのWEBカメラは超広角150°レンズ採用で、幅広い範囲の撮影が可能です。HD画質(ハイビジョン/1280×720)での撮影が可能な100万画素で、5~6人で参加したSkype会議などで使用しても隅々まで写せます。

絞り、明るさ、コントラスト、ホワイトバランスなどの全て調整してくれるので、どの環境で使用するにもとても便利です。WEBカメラには三脚が同梱されていますが、ノートパソコン、デスクトップパソコンなどのディスプレイに取り付け可能です!

画素数100万画素
解像度1280×720
フレームレート最大30フレーム/秒
画角150°
マイク・スピーカーステレオ 
ケーブルの長さ1.5m
本体の大きさW115×D25×H33mm
重量140g
保証期間

人気のWEBカメラ おすすめ まとめ

WEBカメラは現在品薄になっていて購入しづらくなっています。特に国内人気メーカーの場合は入荷状況が不明で、すぐに使えないことが多いです。

その場合は品質は多少見劣りしますが、中華系のWEBカメラがオススメです。

人気のWEBカメラにおすすめの関連記事

【2020年最新】家庭でも使える防犯カメラおすすめ 20選 | タイプ別に徹底比較

【盗撮厳禁】小型の防犯カメラ・隠しカメラのおすすめ20選|タイプ別に比較

【2020】家事や育児を安心サポート!カメラ付きベビーモニター おすすめ15選

【2020年】飼い主が選んだ!ペットカメラおすすめ 人気ランキング10選