プラモの穴あけにおすすめのピンバイス17選!100均商品との違いも解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

プラモの穴あけにおすすめのピンバイス18選!100均商品との違いも解説

プラモデルの穴あけに欠かせないピンバイス。ただ穴をあけるだけでなく、ガンプラに丸形モールドを掘ってクオリティを高めたり、バリを取ったりとさまざまな使い方ができます。

しかし、ピンバイスはどれも形が似ていて、機能の違いがわかりにくいですよね。ただ穴をあけるだけなのに、高価な商品を購入する意味はあるのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、人気のおすすめピンバイス18選をご紹介します。ピンバイスの種類や、100均のピンバイスとの違いについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を監修した専門家

趣味モデラー
ジェリド・メサ夫
ガンプラ歴5年/第二種電気工事士
ジェリド・メサの自己中さに憧れてる82年生まれの趣味モデラー。ガンスタで「100いいね」達成。
「ガンプラは楽しく創る!」をモットーに仕事が終わって毎晩2時間ほど制作。HGメインです。
ガンプラ初心者向けに「
ジェリド・メサ夫のガンプラブログ制作ブログ」を運営中。

ピンバイスの選び方

ピンバイスを選ぶときのポイントは次の通りです。

  • 複数のサイズのドリルを装着できる交換式か
  • 形状は作業効率・作業のしやすさのどちらを重視するか
  • 手動式・電動式は作業に合っているか
  • 目的のサイズに合った穴をあけられるか
  • 手に合ったサイズか
  • 滑りにくい加工が施されているか

それぞれのポイントについて、具体的にどのように選べばいいかご紹介します。

さまざまなサイズの穴に対応できる「交換式」がおすすめ

複数のサイズの穴に対応できる交換式を選ぶ

出典:amazon.co.jp

ピンバイスには固定式・交換式の2種類がありますが、複数のサイズの穴に対応できる交換式を選びましょう。プラモデル作りでは、穴のサイズが違うとパーツがうまくはまりません。交換式のモデルは先端のドリル部分が取り外し可能で、ドリル刃を購入すればさまざまなサイズの穴をあけられます。

それに対し、固定式はあけられる穴のサイズが1種類のみ。固定式で複数のサイズの穴をあけるためには、ピンバイスを複数購入する必要があります。また、商品数が少ないので、目的のサイズが見つからない可能性も高いです。

ジェリド・メサ夫

固定式だと、ピンバイス自体の本数が増えるので、管理や片付けが大変です。その点、交換式だと、コンパクトだし、収納も楽ちんです。

作業効率・使いやすさ、どちらを重視するかで「形状」を決める

ピンバイスの作業効率・作業のしやすさは「両頭式」「片頭式」どちらを選ぶかによって異なります。

作業効率を重視するなら、両端にドリル刃をつけられる「両頭式」がおすすめ

作業効率を重視するなら、両端にドリル刃をつけられる「両頭式」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

作業効率を重視する方におすすめなのが両頭式です。両頭式は両端に異なるサイズのドリル刃を装着できるのが特徴。ドリルを付け替える手間を減らして、効率よく作業ができます。特に複数のサイズのドリルを頻繁に使い分ける方におすすめです。

ジェリド・メサ夫

穴をあけるときはズレないように固定する必要があるので、両頭式だとちょっと慣れが必要ですね。なので、初心者はこのあとに紹介する「片頭式」のほうが安定して使えますよ。

作業のしやすさを重視するなら、持ちやすい「片頭式」がおすすめ

作業のしやすさを重視するなら、持ちやすい「片頭式」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

作業の快適さを重視する方には片頭式がおすすめです。片方にしかドリル刃を装着できませんが、ドリル刃が付いていない方をしっかり手に当てて作業ができます。持ちやすいので小さなパーツに穴をあけるときでも安心です。

ジェリド・メサ夫

プラモデルなら、片頭式を使えばまず間違いないです。

手動式・電動式は穴をあける場所や数で選ぶ

ピンバイスには手動式・電動式の2種類があります。それぞれメリットが違うので、自分の作業に合ったモデルを選びましょう。

「手動式」なら奥まった場所にも穴をあけやすい

「手動式」なら奥まった場所にも穴をあけやすい

出典:amazon.co.jp

奥まった場所や、小さいパーツに穴をあける機会の多い方には手動式がおすすめです。慎重に作業できるので、関係ない場所を傷つける心配がありません。力加減も調整できるため、柔らかいパーツ・細いパーツにも安心して使用できます。

また、コードが邪魔になったり、充電をし忘れたりする心配もなく、作業に集中できるのもポイント。ピンバイスを使い慣れていない方にもおすすめです。

ジェリド・メサ夫

プラモデルはプラスチックなので、そんなに固くないです。なので、初心者のうちは、手動式で作業するほうが失敗も怪我防止にも繋がります

「電動式」なら力がなくてもスピーディに穴あけできる

「電動式」なら力がなくてもスピーディに穴あけできる

スピーディに穴をあけたい方におすすめなのが電動式です。スイッチを入れれば自動でドリル刃が回転するため、疲労がたまりにくく、力がなくても簡単に穴をあけられます。たくさん穴をあけていると、疲労で穴の位置がずれたり作業が遅くなったりするため、たくさん穴をあける方にもおすすめです。

電動式にはコードレスタイプとコードありタイプがありますが、長時間使用するならコードありタイプがおすすめ。電池や充電の残量を気にする必要がなく、バッテリー・電池が内蔵されていない分本体が軽量で疲れが溜まりにくいです。

ジェリド・メサ夫

ある程度プラモデル作業に慣れてきてから導入すればOKです。

目的の大きさの穴をあけるには「ドリルサイズ」を確認

対応できる穴のサイズはピンバイスによって違います。自分の作業で必要となるサイズの穴に対応しているモデルを選びましょう。

0.1~3.2mmのドリルサイズに対応しているモデルがおすすめ

0.1~3.0mmのドリルサイズに対応しているモデルがおすすめ

プラモデル作りでピンバイスを使用するなら、0.1~3.2mmのドリルサイズに対応しているモデルを選びましょう。特に初心者の場合、どんなサイズの穴をあける機会が多いか把握できていない方が多いですよね。幅広いサイズの穴に対応できるよう準備しておけば、安心して作品作りに取り組めます。

セットになっているドリルのサイズは重視しない

セットになっているドリルのサイズは重視しない

ピンバイスに付属しているドリル刃のサイズ・種類の数は重視しないようにしましょう。ドリルセットは買い足す前提で、ピンバイスの性能を重視して選ぶのがおすすめです。

プラモデル作りを続けていると、さまざまなサイズの穴をあける必要が出てきます。また、使い慣れていないうちは変な力の加え方をして、折ってしまう方も多いです。

そのため、最初のセットでは足りず、ドリルセットを追加で購入する可能性が高いです。また、付属している刃の切れ味が悪いとの口コミ・レビューも多いため、期待し過ぎないようにしましょう。

ジェリド・メサ夫

最初からたくさんドリル刃があっても、結局、そんなに使わないんですよね。逆に多いと、箱とかも大きくなって場所をとりますし。なので、必要な数本があれば問題ないので、まずはピンバイスの使いやすさが大事です

手が小さい方なら10cm前後の小さめのサイズを選ぼう

手が小さい方なら10cm前後の小さめのサイズを選ぼう

ピンバイスは精密な作業に使用する道具なので、手のサイズに合うかはとても重要。特に手の小さい方は10cm以下のモデルがおすすめです。大きなピンバイスは持ちにくく、疲労の原因になります。

手が小さくて心配な方は、しっかり購入前にサイズを確認するようにしましょう。

ジェリド・メサ夫

大きすぎると、刃先と持ち手の距離も遠くなって、回しにくくなります。また狙ったところにあけにくくなるので、コンパクトさは大事ですよ。鉛筆とか長過ぎると書きにくくなるのと同じですね。

ラバーグリップ付きなら滑らず安定して作業できる

ラバーグリップ付きなら滑らず安定して作業できる

出典:amazon.co.jp

ピンバイスにラバーグリップや滑り止め加工は必須です。特に手動のピンバイスは本体を回して使用するため、手を離す機会が多くとても滑りやすいです。怪我をする可能性もあるので、滑りにくいモデルを選びましょう。

また、ピンバイスは細かい作業をするため、緊張して手に汗をかく方が多いです。汗をかくと滑り止め加工があっても滑りやすいので、ラバーグリップが搭載されているモデルを選ぶのがおすすめです。

ジェリド・メサ夫

初心者であればあるほど、緊張すると思うので、ラバーグリップ付きは必須ですね。

ジェリド・メサ夫

まとめると、初心者なら、片頭式、手動式、対応サイズが0.1~3.2ミリ、ラバーグリップ付きが使いやすくておすすめです。あと、手が大きくないなら大きさ(長さ)が10cm程度のものを選ぶと、さらに使いやすいですね。手に収まるサイズは、使いやすさはもちろん、怪我防止や失敗防止にもなるので、気をつけて選びましょう。

【安いVS 高い】100円ショップのピンバイスは微妙?違いは使いやすさと汎用性

100円ショップのピンバイスの特徴
  • 固定式が多い
  • 交換式の場合、付属しているドリルが2~3本と少ない
  • 耐久性が低い
1,000~2,000円前後のピンバイスの特徴
  • 0.1~3.0mm前後の幅広いサイズのドリル刃に対応
  • 10~20本前後のドリル刃がセットになっている
  • 作りがしっかりしていて頻繁に使っても壊れにくい

セリアやダイソーなどの100円ショップでも、ピンバイスは販売されています。安価に購入できるのがメリットですが、固定式が多く、あけられる穴のサイズは限られています。そのため、穴をあけられればサイズは気にしない方にはおすすめです。

ジェリド・メサ夫

100円ショップのピンバイスだからといって、使いにくいわけではないです。ただ、やはり1,000~2,000円のほうがプラモデル用に使いやすく作られてるので、使う頻度で考えるのもいいですよ。たとえば今回だけ(数回だけ)作業する程度なら100円ショップでもいいですが、これからも作業を続けるなら、使いやすくて耐久性のあるピンバイスを選んだほうがいいです。

専門家おすすめのピンバイス

この記事を監修した、趣味モデラーのジェリド・メサ夫さんがおすすめするピンバイスを1つご紹介します!

ピンバイスおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズタイプ形状対応ドリル径付属ドリル滑り止め加工
MYmama オリジナル電動ピンバイス確認中 楽天市場AmazonYahoo!長さ17cm電動片頭式0.8~2.0mm0.8mm・1.0mm・1.5mm・1.8mm・2.0mm
三花商社 ピンバイス確認中 楽天市場AmazonYahoo!長さ12cm手動片頭式0.5~3.0mm0.8mm×2本・1.0mm×2本・1.2mm×2本・1.5mm・1.8mm・2.0mm・2.2mm・2.5mm・2.8mm・3.0mm
ハレゾラTBP 電動ピンバイス¥2,000 楽天市場AmazonYahoo!長さ12.3×直径3.5cm電動片頭式0.7~1.2mm0.8mm×2本・0.9mm×2本・1.0mm×2本・1.1mm×2本・1.2mm×2本-
ANEX(アネックス) ラバーグリップ ピンバイス収納式 No.98-R¥1,230 楽天市場AmazonYahoo!長さ10.2×直径1.5cm手動片頭式0.1~3.2mm-ラバーグリップ
ORIBAL ミニルーター¥3,680 楽天市場AmazonYahoo!長さ16.3×直径3cm電動片頭式-9本(サイズ不明)
MAEXUS ピンバイス¥790 楽天市場AmazonYahoo!長さ9.3×直径1.4cm手動片頭式0.5~3.0mm0.5mmx5本・0.6mmx5本・1.0mmx3本・1.2mmx2本・1.5mmx2本・1.8 mmx2本・2.0mmx2本・2.35mmx2本・3.0mmx2本
ANEX(アネックス) ピンバイス収納式 94-S¥1,137 楽天市場AmazonYahoo!長さ10.2×直径1.5cm手動片頭式0.1~3.2mm0.6mm・0.8mm・1.0mm
リタプロショップ 三ツ爪チャック式 穴あけ精密ピンバイスセット¥895 楽天市場AmazonYahoo!長さ12×直径2.2cm手動片頭式0.8~3.0mm0.8mm・1.0mm・1.2mm・1.5mm・1.8mm・2.0mm・2.2mm・2.5mm・2.8mm・3.0mm
TANGSHI ピンバイス確認中 楽天市場AmazonYahoo!-手動片頭式0.8~3.0mm0.8mm・1.0mm・1.2mm・1.5mm・1.8mm・2.0mm・2.2mm・2.5mm・2.8mm・3.0mm
よろず生活雑貨屋レーベンウッド ピンバイス確認中 楽天市場AmazonYahoo!長さ10×直径0.7cm手動両頭式0.8~3.0mm0.8mm・1.0mm・1.2mm・1.5mm・1.8mm・2.0mm・2.2mm・2.5mm・2.8mm・3.0mm・
TRUSCO(トラスコ) ピンバイス TPVR-3.2¥913 楽天市場AmazonYahoo!長さ9.8cm手動両頭式0.1~3.2mm-
SOCOCO ツイストドリル確認中 楽天市場AmazonYahoo!長さ12cm手動片頭式0.3~3.6mm0.5mm×5本・0.6mm×5本・1.0mm×3本・1.2mm×2・1.5mm×2本・1.8mm×2本・2.0mm×2本、2.35mm×2本・3.0mm×2本-
EXERT ピンバイス クラフトツール¥1,878 楽天市場AmazonYahoo!長さ9cm手動片頭式0.3~3.4mm0.8mm×4本・1.0mm×4本・1.2mm×4本・1.5mm×2本・1.8mm・2.0mm・2.2mm・2.5mm・2.8mm・3.0mm
MOLATE ピンバイス確認中 楽天市場AmazonYahoo!長さ15.5cm電動片頭式0.5~8mm-
ANEX(アネックス) 強力ピンバイス収納式 No.98-ST¥1,680 楽天市場AmazonYahoo!長さ10.2×直径1.5cm手動片頭式0.1~3.2mm-
POLARIS USB電源 電動ピンバイス¥1,980 楽天市場AmazonYahoo!長さ9×直径2.5cm電動片頭式0.8~1.2mm1.0mm・1.2mm×2本-
GodHand(ゴッドハンド) クイックパワーピンバイス¥3,692 楽天市場AmazonYahoo!長さ8cm手動片頭式4mm六角軸(0.5~3.0mm)-ラバーグリップ

ピンバイスおすすめ人気ランキング17選

ピンバイスのおすすめ人気メーカー

ピンバイスはさまざまなメーカーが販売しています。商品選びに悩んでいる方向けに、特に人気のあるおすすめブランド・メーカーをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

高精度で品質の高い「タミヤ」

高精度で品質の高い「タミヤ」

出典:amazon.co.jp

タミヤクラフトツールシリーズのピンバイスは、使い心地のいいハイクオリティなモデルが充実しているのが特徴。精度がとても高く回転させやすいので、気持ちよく穴をあけられます。ドリル刃は付属していないため、自分に必要なサイズを選んで購入しましょう。

持ちやすい形で疲れにくい「ウェーブ」

持ちやすい形で疲れにくい「ウェーブ」

出典:amazon.co.jp

ウェーブのピンバイスは持ちやすい形のモデルが多いのが特徴。滑り止め加工も施されているため、手汗をよくかく方でも安心して作業ができます。

また、ドリル刃がワンタッチで交換できるモデルもあり、使いやすさを重視する方におすすめのメーカーです。ワンタッチタイプのドリル刃はチタンコーティングが施されているため、耐久性が高く切れ味が長持ちします。

ラインナップが充実している「アネックス」

ラインナップが充実している「アネックス」

出典:amazon.co.jp

アネックスは幅広い種類のピンバイスを取り扱っているのが特徴。どんな長さのドリル刃も使用できる貫通式や、金属のような硬い素材にも使える摩擦に強い強力型など用途に合わせて選べます。用途がはっきり決まっている方や、他のメーカーで欲しいピンバイスが見つからなかった方におすすめのメーカーです。

安いピンバイスが欲しい方におすすめな「ダイソー」

ピンバイスを安く購入したい方におすすめなのがダイソーです。ドリルのサイズは1.0mm・1.5mmの2種類。固定式でドリル刃の付け替えが面倒な方におすすめです。

電動タイプのピンバイスとして使用できるミニルーターもありますが、人気過ぎて品切れのお店が多いです。気になる方は店舗をこまめにチェックしましょう。

ジェリド・メサ夫

「迷ったら、タミヤを選ぶ」でも失敗しないです。それほど、タミヤ製品は品質がいいし、使い勝手にこだわって作られてます。安定のタミヤです。あと、もしタミヤにこだわらないなら、アネックスも品質も高く、使いやすいです。もし、よくあるピンバイスで不満を感じるなら、ウェーブの独特な形状はピッタリです。

ピンバイスの使い方

ピンバイスの使い方

出典:amazon.co.jp

ピンバイスは使い方を間違えると、ドリル刃が折れてしまったり、プラモデルやレジンなどの工作物を台無しにしたりする可能性があります。正しい使い方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ピンバイスの使い方
  • STEP.1
    穴をあけたい場所に、垂直にピンバイスを当てる
    斜めにピンバイスを当ててしまうと、ドリル刃が曲がってしまいます。
  • STEP.2
    ピンバイスのグリップエンドを手のひらに押し当てて、親指・人差し指・中指で本体を回す
    手のひらではなく、人差し指を押し当てて、親指・中指で本体を回す使い方もあります。押さえる力は弱くなりますが、手のひらを押し当てるよりも先端の位置を調整しやすいです。また、両頭式のようなグリップエンドが回らないタイプの場合は、グリップエンドを押さえつけずに使用します。
  • STEP.3
    穴があいたらカスを取り除いて完成
    穴があいたらカスを取り除き、バリがないか確認しましょう。歯ブラシを使うと便利です。

編集部

1.0mmより大きな穴をあける際は、まず1.0mm以下の穴をあけて、0.5mmずつ穴を大きくしていくのがポイント。いきなり大きな穴をあけようとすると、パーツを壊す可能性があります。

ジェリド・メサ夫

ちなみに、穴をあけたい場所に鉛筆やケガキ針などで印をつけると、ブレにくくなります。そして、ピンバイスは強く当てすぎないようにしましょう。力を入れすぎると「0.1ミリ」とか細いドリルだと折れることもあります。回転させるときは、力で彫るのではなく、ドリルの刃で彫るのでゆっくり回転させつつ、確認しながら彫ってくださいね。ゆっくり優しくがポイントです。

ピンバイスの関連商品

ピンバイスを使ってプラモデル作りやハンドメイドをもっと楽しみたい方におすすめの、関連商品をご紹介します。

さまざまなサイズの穴をあけられる「ドリルセット」

ピンバイスを使うときに欠かせないのがドリルセットです。プラモデル作りやハンドメイドでは、穴のサイズが違うとパーツがうまくはまらなかったり、見栄えが悪くなったりします。0.1mm単位でたくさんのサイズを持っておくのがおすすめです。

ドリルセットを選ぶときは、口コミやレビューを確認するのが大切。低品質な商品は、刃先が欠けていたり折れやすかったりして、使っていてストレスになります。

ツールをまとめて収納できる「ツールボックス・工具箱」

工具をたくさん持っている方にはツールボックスがおすすめ。工具を整理して収納できるため、どこに工具があるか探す手間が省けます。

プラモデル作り・ハンドメイドでは大きな工具は必要ないため、小型のボックスタイプがおすすめ。仕切りが多いツールボックスなら小さな工具をすっきり収納できます。どんなツールボックスを選べばいいか悩む方は、こちらの記事も併せて参考にしてみてください。

関連記事:【キャンプにも】ツールボックス・工具箱おすすめ30選|大型やおしゃれな商品を紹介

プラスチックをきれいにカットできる「超音波カッター」

プラスチックやアクリルの素材をきれいにカットしたい方には、超音波カッターがおすすめです。振動によって発生する摩擦熱を利用して素材を切るため、力に自信がない方でも使いやすいです。

価格は高めで2万円以上のモデルが多いですが、1度使うとニッパーやカッターには戻れないほど作業が快適になります。超音波カッターが気になる方は、こちらの記事も併せて参考にしてみてください。

関連記事:工業用にホビー用も!超音波カッターおすすめ10選|用途や切れるもの一覧も

ピンバイスのよくある質問

ピンバイスのよくある質問

出典:amazon.co.jp

ピンバイスはどこで購入するのがおすすめ?

ピンバイスはホームセンター・手芸店・100均などで購入できます。欲しいピンバイスのメーカーがわかるなら、メーカーの販売店をチェックするのがおすすめです。ただし、店舗では取り扱われている商品が限られています。豊富なラインナップから選びたい方は、Amazon・楽天などのネット通販を利用しましょう。プラモデル用なら近くの模型店やおもちゃ売り場のある家電量販店でもおすすめです

ピンバイスとボール盤にはどんな違いがある?

ボール盤は台に工作物を固定して穴をあけます。プラモデルやハンドメイド作品の場合、工作物が複雑な形をしているため、ボール盤での穴あけは難しいです。

ピンバイスは電動ドライバーで代用できる?

電動ドライバーは、木材・金属などの硬い素材に穴をあけるのに適した工具です。プラモデルやハンドメイド作品に使用すると、パワーが強すぎて工作物が壊れる可能性があります。素材に合わせてピンバイスと電動ドライバーを使い分けるのがおすすめです。

おすすめピンバイスまとめ

プラモデル・ラジコン・ミニ四駆などの細部までこだわりたい方にとって、ピンバイスは欠かせないアイテム。レジン作品に穴をあければ、ヒートンを取り付けてアクセサリーを自作できます。

  • 複数のサイズのドリルを装着できる交換式か
  • 形状は作業効率・作業のしやすさのどちらを重視するか
  • 手動式・電動式は作業に合っているか
  • 目的のサイズに合った穴をあけられるか
  • 手に合ったサイズか
  • 滑りにくい加工が施されているか

これらのポイントをチェックして、自分に合ったピンバイスを見つけましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー