【Mac・Windowsパソコン対応】SSDのデータが認識しない時の対処法5つ!外付け・内蔵も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

SSD 認識しない アイキャッチ

ある日突然、パソコン内蔵のSSDや外付けSSDがデータを認識しなくなった…そんなときは、まずは落ち着いて原因を探りましょう。万が一SSDが壊れていたとしても、データ復旧ソフトやデータ復旧業者を利用すればSSDや中のデータを復旧できる可能性はあります。

泣く泣くデータを諦めてパソコンやSSDを買い替える前に、まずはトラブルの原因と復旧の可能性を探ってください。ですが、SSDのトラブルの原因や症状はさまざまで、さらにやってはいけない行動も多数あるため注意が必要です。

そこで今回は、Picky’s編集部がSSDがデータを認識しない際の原因や対処方法について解説します。記事の最後には、SSDのデータ復旧におすすめのデータ復旧ソフトやデータ復旧業者も紹介しています。SSDトラブルでお困りの方はぜひチェックしてください。

SSDのデータを認識しない原因

SSDがデータを認識しない原因は、大きく分けて「論理障害」と「物理障害」があります。

論理障害とは、SSD内のデータそのものに問題が起きている状態

論理障害とは、データそのものに問題が起きている状態

  • システムファイル・OS・ファームウェアにエラーが起きている
  • ウイルスに感染してデータが変換された・消えた
  • データを誤って削除した・初期化した

論理障害とは、「SSDの部品自体に問題はなく、内部のデータにエラーが起きている状態」です。システムファイルやファームウェアにエラーが起きてデータを認識しない、もしくはウイルス感染によってデータに不具合が起きた場合も論理障害に分類されます。

また、操作を間違えて自分でデータを消した場合や初期化(フォーマット)した場合も論理障害です。データを認識しないのではなく、「なぜかSSD内のデータやファイルが見当たらない」場合は削除した可能性を疑いましょう。

物理障害とは、SSD自体に破損などのダメージがある状態

物理障害とは、SSDやパソコン本体に破損などのダメージがある状態

  • SSD内部パーツの故障・経年劣化
  • 落下・衝撃によるパーツの破損
  • 雷や静電気による回路故障
  • 水没や焼失による大ダメージ
  • SSDの書き込み上限を超えた
  • 接続ケーブルの接触不良・断線(外付けSSDの場合)

物理障害とは、その名の通りSSDになんらかの物理的な損傷が起きてデータを認識しなくなっている状態です。パーツの故障や破損が主ですが、その他落雷や静電気によるダメージ、SSDの書き込み上限を超えた状態も物理障害に該当します。また、災害で水没したり焼けてしまったケースも重度物理障害です。

ほかにも、長年使用したSSDのパーツが経年劣化で故障したり、書き込み上限を超えてしまっている場合も物理障害に該当します。SSDの寿命は一般的に5年前後と言われているため、5年以上経過したSSDは突然の故障(いわゆる突然死)に注意しましょう。

編集部

外付けSSDの場合は単純にケーブルが抜けていた、もしくは断線していただけの可能性もあります。LEDが付いていない場合はケーブルを挿し直してみましょう

SSDのデータを認識しないときにやってはいけない行動・避けたい行動

SSDのデータを認識しないときにできるだけ避けたい行動

もしSSDが故障していたとしても、データ復旧ソフトとデータ復旧業者などデータを復旧する方法は残されています。ですが、データを認識しなくなった後の行動次第ではどんな手段を使ってもデータを復旧できず、永久にデータを失ってしまう可能性があります。

SSDがデータを認識しなくなったあとやってはいけない行動
  • 電源をつけたり消したりする
  • 復元コマンドの実行やドライバーの更新
  • SSDのチェックやスキャン
  • パソコンの使用・操作
  • SSDの修理・新品交換・入れ替え

実は、SSDやHDD、SDカードに記憶されているデータは認識しなくなったり消してしまった場合でも、内部にデータが残っている場合があります。内部にデータが残っていれば、データ復旧ソフトやデータ復旧業者で救い出せるかもしれません。

ですが、トラブル後に余計な操作をすればするほど、内部に残ったデータを他のデータで上書きしてしまい次々と完全に消してしまいます。最終的にはすべてのデータを上書きしてしまい、データ復旧の可能性は絶望的になるでしょう。

逆を言えば、データが消えた直後の状態で余計な操作をせずにすぐにデータ復旧ソフトやデータ復旧業者を利用すれば、データを復元できる可能性が高くなります。

従って、極論を言えば「もしデータが消えたらパソコンやSSDの操作を一切行わない」のが理想です。例え些細な操作一つでも、のちのデータ復旧ソフトや復旧業者の復旧作業に影響が出ます。

注意
特にSSDの修理は絶対にダメです。メーカーに修理に出せばSSDは直る、もしくは交換してもらえるかもしれませんが、データは100%失われます

SSDがデータを認識しない時の対処法5つ

SSDがデータを認識しなくなった場合の対処方法です。

まずはデバイスマネージャーでSSDを認識しているかどうか確認する

まずはデバイスマネージャーでSSDを認識しているかどうかの接続を確認する

まず「デバイスマネージャーでSSDが認識されているかどうかを確認」してみましょう。今回はWindows10で解説していますが、Windows11でもほぼ同手順で確認できます。

まず、右下にあるWindowsマークを「右クリック」して「デバイスマネージャー」をクリックしてください。

まずはデバイスマネージャーでSSDを認識しているかどうかの接続を確認する

デバイスマネージャーの中にある「ディスクドライブ」をクリックし、ディスクドライブにSSDが表示されていればパソコンはSSDを正しく認識しています。例えば上記の画面では、「WDC PC SN730」とWestern Digital製のSSDが表示されているため、認識していると判断できます。

パソコンがSSDを認識しているにも関わらず、SSDのデータを認識しない場合は「ドライバーの更新」で直る可能性があります。ドライバーの更新は、SSDを右クリックすれば実行できます。

編集部

BIOS画面での確認方法が分かる方は、BIOSでSSDの認識もチェックしてみて下さい

パソコンを放電してみる

パソコンを放電してみる

パソコンに静電気が溜まると、SSDを認識しなくなる場合があります。パソコンをシャットダウンし、ケーブル類を全部外して10分ほど放置してから再度立ち上げてみて下さい。

ノートパソコンの場合は、バッテリー自体も取り外して放置するといいでしょう。

確実に論理障害とわかっているならデータ復旧ソフトを使用する

論理障害はデータ復旧ソフトを使用するかデータ復旧業者に依頼する

データ復旧ソフトは、認識しなくなったSSDの中に入っているデータを元通りに復元できるソフトです。自分でデータを消してしまった場合や、確実に論理障害だと判明しているケースではデータ復旧ソフトでデータを復元できるかもしれません。

ただし、SSDが認識しない状態でデータを復旧させるには、ソフトをインストールしたり復旧したデータをコピーするための別のSSDやUSBが必要になります。

編集部

データ復旧ソフトは、無料のフリーソフト、もしくは有料でも1万円前後のコストでデータを復旧できます

Picky’sでは、過去にデータ復旧ソフトについて以下の記事で詳しく解説・レビューしています。データ復旧ソフトについてもっと知りたい方は、以下の記事もぜひチェックしてみて下さい。

関連記事:大事なデータをすぐに取り戻せるデータ復旧ソフト4DDiGの使い方&レビュー・検証

関連記事:壊れたUSBメモリからデータ復旧させる方法について解説!実際の復旧手順も

原因不明、もしくは明らかな物理障害はデータ復旧業者1択

物理障害の場合はデータ復旧業者1択

SSDを認識しない原因が不明な場合や、明らかな物理障害が原因でSSDのデータを認識しない場合は、データ復旧業者に依頼する以外にデータを取り戻す方法はありません。データ復旧業者は、故障したHDDやSSDなどの各種メディアからデータを復元するプロフェッショナルです。

ただし、SSDのデータ復旧を業者に依頼すると、最低でも数万円以上のコストがかかります。

編集部

SSDの中に入っているデータが非常に大事なもので、どうしても取り戻したい場合はデータ復旧業者依頼するといいでしょう

Picky’sでは、データ復旧業者についても多数情報を発信しています。以下の記事もぜひ参考にして下さい。

関連記事:【悪質業者を排除】HDDデータ復旧業者おすすめ18選 ! 評判や価格を比較|復旧率は意味がない?

関連記事:「できる限りお客様に情報を公開する」データ復旧率95.2%を実現するデジタルデータリカバリーの挑戦とは?

外付けSSDがデータを認識しない場合はケーブルを挿し直してみる

外付けSSDがデータを認識しない場合はケーブルを挿し直す

内蔵SSDではなく外付けSSDの場合で、SSD側のLEDランプが点灯していない場合は、まずUSBケーブルの接触不良や断線を疑ってみましょう。ケーブルの交換、もしくはケーブルを挿し直すだけでも直る場合があります。

また、パソコン本体側のUSBポートが不具合を起こしている可能性があるため、別のUSBポートや別のパソコンにSSDを接続して試してみてもいいでしょう。

注意
LEDランプが点灯しているにも関わらずデータを認識しない場合、パソコンの再起動やドライバーの更新、BIOSの設定で直る可能性があります。ただし、更新や再起動を行うとデータ復旧の可能性が下がるリスクがあるため注意が必要です。

SSD用データ復旧ソフト・業者の選び方

SSDが認識しないときに利用する、データ復旧ソフトとデータ復旧業者の選び方を解説します。SSDは、HDDやUSBメモリに比べてデータ復旧の難易度が高い媒体です。そのため、SSDに対応したソフトや業者を正しく選ばないと復旧しないうえにお金が無駄になる可能性があります。

正しい選び方を理解して、復旧の可能性を高めましょう。

SSD用データ復旧ソフトの選び方

  • SSDのデータを復旧できる性能を持っているか
  • 無料のフリーソフトか、安定した性能を持つ有料ソフトか
  • 対応するPCやOSに対応しているかどうか

データ復旧ソフトを選ぶポイントは主に上記の3点です。以下で個別に解説します。

SSDのデータを復旧できる性能を持っているか

SSDのデータを復旧できる性能を持っているか

SSDのデータ復旧ソフトを選ぶ際のポイントで一番重要な点が、「SSDのデータ復旧に対応しているかどうか」です。現在、多くのデータ復旧ソフトがSSDに対応していますが、中には非対応のソフトもあります。

また、「SSDのデータ復旧に対応している」のと「SSDのデータ復旧が得意」は別問題です。SSDのデータ復旧が得意なソフトを選ぶと、より高い確率でデータが取り戻せるでしょう。SSDのデータ復旧が得意かどうかはウェブサイトに記載していないケースも多いため、SNSや口コミも参考にしてみて下さい。

無料のフリーソフトか、安定した性能を持つ有料ソフトか

無料のフリーソフトか、安定した性能を持つ有料ソフトか

データ復旧ソフトには、無料のフリーソフトと有料のソフトがありますが、おすすめは有料ソフトです。無料でもSSDのデータ復旧が可能なソフトはありますが、有料ソフトの方が全体的に復旧性能や復旧の可能性が高く安定しています。

できる限り復旧の確率や可能性を高めたい場合は有料ソフトを使用しましょう。

一方で、「絶対取り戻したいほどのデータではないけど取り戻せたら助かる」程度のデータであれば、コストのかからない無料ソフトを試してみてもいいかもしれません。

使用しているPCやOSに対応しているかどうか

対応するPCやOSに対応しているかどうか

データ復旧ソフトは、それぞれ「対応デバイス」「対応OS」があります。特に復旧ソフトの中にはMacに対応していないソフトもあるため、Macユーザーは注意しましょう。

また、Windowsでも「Windows11」「Windows10」「WindowsXP」のように、データ復旧ソフトによって対応バージョンが異なります。必ず自分が使用しているパソコンのバージョンに対応しているかどうかチェックしましょう。

SSD用データ復旧業者の選び方

  • SSDのデータ復旧に対応しているか、復旧事例や実績があるかどうか
  • 分かりやすい料金体系かどうか
  • 成功した際のみ料金を支払う完全成功報酬か
  • その他、特急サービスやセキュリティをチェックする

データ復旧業者を選ぶポイントは上記の通りです。

SSDのデータ復旧に対応しているか、復旧事例や実績があるかどうか

SSDのデータ復旧に対応しているか、復旧事例や実績があるかどうか

データ復旧業者選びでは、データ復旧ソフト同様「SSDのデータ復旧に対応しているかどうか」が重要です。SSDのデータ復旧は難易度が高く、技術力のある業者でないと対応できません。また、対応しているだけでは不十分で、しっかりと復旧実績や事例があるかどうかのチェックも必要です。

中途半端な業者に依頼した結果、データが復旧しなかったうえに高額な作業料を請求されたケースもあります。データ復旧業者の技術力をチェックする際は、長くデータ復旧業界でサービスを提供している大手を選んだり、SNSの口コミをチェックするのがおすすめです。

分かりやすい料金体系かどうか

分かりやすい料金体系かどうか

データ復旧業者の料金はSSDの症状やデータ容量によって変わりますが、さらに各業者によっても価格設定が大きく異なります。極端な話、業者Aでは5万円で、業者Bでは30万円請求されるケースもあります。

そのため、データ復旧業者を選ぶ際は「料金が分かりやすいかどうか」「電話やメールでの相談時にきちんと料金について説明してくれるかどうか」もチェックしましょう。

ただし、どの業者でも「SSDを実際に診断してみないと正確な見積もりが出せない」のはほぼ共通です。電話相談時に提示される金額はあくまでも「概算」である点は理解しておきましょう。

成功した際のみ料金を支払う完全成功報酬制か

成功した際のみ料金を支払う完全成功報酬か

成功報酬制とは、「希望のデータが復旧した場合のみ料金を支払う契約」です。データ復旧業者の中には、データが復旧してもしなくても作業料が発生する業者もいて、その場合「データが戻らなかったのに料金を請求される」可能性があります。

確実にデータを取り戻すため、また無駄な料金を支払わないためにもできれば完全成功報酬制の業者を選びましょう。完全成功報酬を掲げる業者は、自社の復旧技術力に自信がある腕の良い業者が多いです。

ただし、「完全成功報酬の業者は優良、そうじゃない業者は怪しい」と単純に判断はできません。成功報酬制ではないけれど、優良なデータ復旧業者も多数います。そのため、あくまでも目安の一つとして考えておきましょう。

その他、特急サービスやセキュリティをチェックする

その他、特急サービスやセキュリティをチェックする

各データ復旧業者には、別料金を支払えば特急で作業を行ってくれる「特急サービス」や、情報漏洩を防ぐための取り組み「ISO27001」を認証しているなどそれぞれに特長やサービスがあります。

急いでいる方は特急サービスのある業者、企業のデータ復旧で情報セキュリティを重視するならISOを認証している業者を選ぶといいでしょう。

SSD用データ復旧ソフトおすすめ5選比較一覧表

Picky’s編集部がおすすめするSSDのデータ復旧に対応している優秀な復旧ソフト、復旧業者を紹介します。どのソフトや業者もSSD復旧実績も多く安心して利用できるものばかりですので、ソフトや業者選びに迷った際はぜひチェックしてみて下さい
商品最安価格販売会社対応OS(Windows版)対応OS(Mac版)対応メディア
救出データ復元 12 BASIC【ダウンロード版】確認中 楽天市場AmazonYahoo!ソースネクスト株式会社Windows 10/11ULTIMATEのみ対応 macOSv10.14ー13.0HDD/SSD/SD/USB
ファンクション Data Rescue 6 通常版 DRJ601確認中 楽天市場AmazonYahoo!ファンクション株式会社Windows7/10/11macOS10.12(Sierra)- 12(Monterey)HDD/SSD/USBメモリー/SD
Wondershare Recoverit Pro【月額プラン】(Windows版)確認中 楽天市場AmazonYahoo!Wondershare11/10/8.1/8/7/Vista Windows Server 2003-202210.8-10.15HDD、SDD、USB、SDカード他
EaseUS Data Recovery Wizard Professional 最新版 1ライセンス ダウンロード版 [1ヶ月版]¥9,790 楽天市場AmazonYahoo!EaseUS11/10/8.1/8/7macOS14.0/13.0/Big Sur/10.15ほかSATA SSD/M.2 SSD/NVMe SSD/HDD/RAID
ファイナルデータ11plus 特別復元版 ダウンロード版¥7,627 楽天市場AmazonYahoo!AOSデータ株式会社Windows 11/10/8.1(8)/7 Server2008~2022非対応FD/HDD/SSD/MO/各種SDカード/USB/CD/DVD

SSD用データ復旧ソフトおすすめ5選

SSDデータ復旧できるデータ復旧業者おすすめ5選 比較一覧表

商品公式サイト運営会社設立年所在地電話番号営業時間SSDデータ復旧復旧費用(SSDの場合)完全成功報酬その他サービス
LIVEDATA公式サイト株式会社LIVEDATA2006年東京都千代田区0120-895-960平日9:00~22:0099,000円~緊急サービス/出張対応
デジタルデータリカバリー公式サイトデジタルデータソリューション株式会社1999年東京都港区0800-000-860224時間5,000円~出張診断
AOSデータ復旧サービスセンター公式サイトAOSデータ株式会社2015年東京都港区0120-194-11924時間年中無休63,800円~特急サービス/出張サービス
アドバンスデータ復旧公式サイト株式会社アドバンスドテクノロジー2002年東京都港区六本木0120-189-94224時間年中無休4,900円~365日24時間体制
BUFFALO データ復旧センター公式サイト株式会社バッファロー2017年(復旧サービス開始)東京都千代田区(東京)0120-961-869(東京)平日9:30~17:0049,500円~テレビ録画復旧サービス

SSDデータ復旧できるデータ復旧業者おすすめ5選

SSDが認識しないときに!論理障害と物理障害を見分けるポイント

急にSSDがデータを認識しなくなった場合、まずは論理障害なのか、物理障害なのか確認しましょう。パソコンの症状や、データを認識しなくなる直前の行動がヒントになります。もし、原因がはっきりと特定できれば、より適切な対処ができるかもしれません。

論理障害が疑われる症状

論理障害が疑われる症状

  • パソコンが突然落ちる・再起動する
  • データを消した・初期化した覚えがある
  • 起動しない(論理障害・物理障害共通)
  • エラーメッセージが出る(論理障害・物理障害共通)
  • 読み込みが遅くなった・フリーズする(論理障害・物理障害共通)

パソコンが落ちたり再起動を繰り返す場合は論理障害の可能性が高く、自分でデータを消した覚えがあれば間違いなく論理障害です。確実に論理障害とわかっている場合は、安価なデータ復旧ソフトで復旧できる可能性があります。

パソコンが起動しない、エラーメッセージが出る、読み込みが遅い症状は論理障害・物理障害両方で起こります。この場合は、データ復旧業者に相談した方が確実です。

物理障害が疑われる症状

物理障害が疑われる症状

  • 落下・水没・燃えたあとからデータを認識しなくなった
  • 近くで雷が落ちてからデータを認識しなくなった
  • 容量の誤認識(正確な容量が表示されない)
  • 起動しない(論理障害・物理障害共通)
  • エラーメッセージが出る(論理障害・物理障害共通)
  • 読み込みが遅くなった・フリーズする(論理障害・物理障害共通)

落としたり水没させた場合は、SSDそのものが壊れている可能性があるため物理障害です。また、雷が落ちてからデータを認識しなくなった場合も、雷による物理障害と推測できます。ただ、それ以外の症状は論理障害と共通するケースが多く、確実に判断する方法はありません。

物理障害の場合、個人でのデータ復旧はほぼ不可能です。データ復旧業者に依頼しましょう。

編集部

SSDは内部に駆動系パーツがないため、HDDのように異音で故障や寿命の前兆を判断するのは難しいです

SSDが認識しない時のよくある質問

最後にSSDに関するよくある質問をQ&A方式でまとめました。

SSDの故障に備えてできることはありますか ?

バックアップやクローンの作成が有効です。故障する前に、データをコピーしたバックアップやクローンを作成しておけば、万が一の際も中のデータを守れます。楽天市場やAmazonでは、クローンを作成するコピースタンドも数多く販売されています。万が一の際に、データ復旧ソフトやデータ復旧業者を利用するよりはるかに安価で対策が可能です。興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか

SSDの主要メーカーは?

Crucial(クルーシャル)・Western Digital(ウエスタンデジタル)・SanDisk(サンディスク)・KIOXIA(キオクシア)・Transcend(トランセンド)が主なSSDメーカーです。データ復旧業者によっては、特定のメーカー製SSDは復旧料金が安くなる特典もあります。

SSDが認識しないときは、原因を特定して対処しよう

内蔵SSDや外付けSSDがデータを認識しないときは、ほぼSSDの故障と考えて間違いないでしょう。ただ、故障の原因によって対処方法は異なります。

  • SSDがデータを認識しない理由の多くは論理障害か物理障害
  • データ消去といった論理障害ならデータ復旧ソフトでデータを復元できる可能性がある
  • SSDそのものが壊れた物理障害であればデータ復旧業者に依頼するしかない

外付けSSDの場合、ケーブルがきちんと挿し込まれていない単純な原因の場合もあるため、さまざまな可能性を疑ってみましょう。ただし、あれこれ操作しすぎてしまうと、より事態を悪化させてしまう可能性があるため、大事なデータが入ったSSDの場合は早急にデータ復旧業者に相談して下さい。

Picky’sでは、ほかにもSSDに関する記事を多数掲載しています。SSDについて詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひチェックしてください。

関連記事:元PC店員厳選!SSDおすすめランキング34選|HDDの交換・換装方法も徹底解説

関連記事:【プロが教える】SSDデータ復旧業者サービスおすすめ6選!自分でできるソフトも

関連記事:【プロが比較】外付けSSDおすすめ20選!ポータブル・テレビ録画用やデメリットも

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー