ハイレゾ対応も!USBスピーカーのおすすめ15選|マイク内蔵モデルや小型タイプまで紹介【2024年】

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

USBスピーカーおすすめランキング15選

USBに接続するだけで、手軽に利用できるUSBスピーカー。面倒な接続の必要もなく、PC用としてぴったりの小型スピーカーです。しかし、様々なUSBスピーカーが販売されているため、何を基準に選んでいいかわからない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、USBスピーカーの特徴や選び方、おすすめの商品を紹介します。安価なモデルからハイスペックな高音質モデルまで紹介しているので、自分に合ったスピーカー選びの参考にしてください。

USBスピーカーを導入すれば、音楽や動画の視聴がさらに楽しくなりますよ。

USBスピーカーの特徴とは

USBスピーカーの特徴とは

USBスピーカーは、パソコンなどのUSBと接続して利用できるスピーカーです。USBスピーカーの最大の特徴は、デジタル接続のためノイズの発生が少なく音質が良い点です。

ミニジャックなどでつなぐアナログ接続の場合、PC内部にてデジタル信号をアナログ信号へと変換してからスピーカーへ送信します。その際に、ノイズや音質の劣化が発生するのです。

しかしUSBスピーカーなどのデジタル接続の場合、パソコンのデジタル信号がそのままスピーカーへと送信・出力されます。そのためノイズや音質の劣化が少なく、クリアな音を楽しめるのです。

USBスピーカーの選び方

USBスピーカーといっても、音質の高いモデルや利便性に優れたモデル、デスクに置きやすい小型タイプなど、種類は様々です。

自分が何を優先するか、しっかり決めてから選ぶといいでしょう。

用途に合わせて電源方式を選ぶ

 

用途に合わせて電源方式を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

電源方式はUSBバスパワータイプとACアダプタータイプの2種類です。大きな違いは「コンセントを使用するか」と「出力による音量・音質の差」なので、自分の環境や求める音に合わせて選びましょう。

大音量で楽しむなら、高出力の「ACアダプタータイプ」

ACアダプタータイプは、コンセントから電源を供給する仕組みです。USBバスパワータイプよりも電力を多く供給できるので、より迫力のあるサウンドを楽しめます

ただし、電源用のケーブルがいるため配線が増えてしまうのと、コンセントの空きがないと使えないのがデメリット。

高出力のスピーカーを大音量で鳴らしたい方や、音質を重視する方におすすめです。

USBケーブル1本で手軽に使える「USBバスパワータイプ」

USBバスパワータイプは、パソコンのUSBから電源を供給できます。音声信号もUSBから入力できるタイプであれば、USBケーブル1本接続するだけでスピーカーを使えるのが魅力です。

ただし、ACアダプタータイプに比べると出力が劣るため、大音量で鳴らしたい場合や音質を重視する場合には向きません。

パソコン周りの配線をスッキリさせたい方や、スピーカーにコンセントを使いたくない方におすすめです。

高音質を求めるならチャンネル数をチェック

高音質を求めるならチャンネル数をチェック

出典:Amazon.co.jp

スピーカーのチャンネル数についても知っておきましょう。これはスピーカーがいくつ使われているかを示しています

2.0chと2.1chを例に挙げると、2.0chはスピーカーが左右に2つ使われている仕様です。2.1chは左右2つのスピーカーに加えて、1つのサブウーファー(重低音用のスピーカー)が加わえられています。

2.1chのメリットは、2.0chでは不可能な重低音を表現できるためより臨場感を味わえるところです。

2.1chにセンタースピーカーをプラスすると3.1ch、さらに後方に2つプラスすると5.1chといった構成になります。

音質にこだわらない、設置スペースがない場合は、コンパクトに済む2.0chを選びましょう。

ハイレゾ対応なら臨場感のある音を再現できる

ハイレゾ対応なら臨場感のある音を再現できる

出典:Amazon.co.jp

音源に対してより多くの情報量を含み、優れた音質を誇るのがハイレゾ音源です。ハイレゾ音源では、これまでCD音源に収録しきれなかった音の情報量を含んでいます

そのため、CD音源では聞こえなかった音の奥行や繊細さ、ライブの臨場感などを体感できるのです。

商品を選ぶ際はハイレゾ音源対応のモデルを選べば、より高音質で音楽を楽しめます。

出力は10Wあれば十分、大きければ迫力のある音を楽しめる

出力は10Wあれば十分、大きければ迫力のある音を楽しめる

スピーカーの出力を確認すれば、どれくらいの音量が出せるかを知る目安となります。PC向けとして販売されているUSBスピーカーの出力は、2.0chで2〜10Wのものが多いです。

PC用として使うのであれば5~10W程度あれば十分なので、初めてUSBスピーカーを購入される方はこの範囲の出力のモデルを購入することをおすすめします。

PC意外とも接続するなら、Bluetoothやミニプラグの有無もチェック

USB以外の接続方法もチェック

出典:Amazon.co.jp

USBだけでなく、アナログ端子やBluetoothから音源をとれるスピーカーも販売されています。アナログ接続では3.5mmステレオミニプラグが、Bluetooth接続ではその名の通りBluetoothが使用可能です。

アナログ接続はスマートフォンやタブレッドなどにも接続できるメリットがある一方で、上述した通りノイズを拾いやすいデメリットがあります。

Bluetooth接続はBluetoothを搭載したデバイスから音声を飛ばせるため、幅広い使い方ができるでしょう。ただし、スマホ側で接続設定をする手間や、音質が劣るなどのデメリットもあります。

関連記事:【2021年版】最強Bluetoothスピーカーおすすめランキング10選
関連記事:安くておしゃれなBluetoothスピーカーおすすめ15選|木製の北欧風デザインが豊富

デスクに置くなら小型タイプがおすすめ

デスクに置くなら小型タイプがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

PCデスクにスピーカーを置くのであれば、デスクの面積を確保するためにも小型サイズがおすすめです。

例えば幅66×奥行き60×高さ66mmのようなコンパクトサイズであれば、モニター下のスペースにも配置できます。スピーカーを配置する場所にどれくらいの余裕があるのか確かめましょう。

価格帯も安く、初めてUSBスピーカーを買う方にもピッタリと言えます。ただし大型スピーカーと比べて音質や音量で劣ることがあるので、その点は理解しておきましょう。

関連記事:小型スピーカーのおすすめ15選| 高音質&Bluetooth対応の名機が勢揃い【2021年最新版】

USBスピーカーのおすすめ人気メーカー

JBL

JBL

出典:Amazon.co.jp

プロ用のスピーカーから、映画館・ホールなどの音響設備、ヘッドホンやイヤホン、ホームシアターまで、幅広く取り扱っている音響機器メーカーです。オレンジ色のロゴが印象的。

大規模施設の音響を手がけているため、大音量でも高音質なサウンドが特徴です。ジャズやオーケストラなどに向いており、根強いファンも多くいる老舗メーカーの1つとして知られています。

関連記事:【最新版】JBLスピーカーのおすすめ15選|豊富なラインラップをわかりやすく解説

サンワサプライ

サンワサプライ

出典:Amazon.co.jp

各種コンピューター関連のパーツを取り扱っている他、デスクやラックなども販売しているコンピュータサプライメーカーです。小型・中型スピーカーのラインナップが充実しています。

USBスピーカーは、最大出力6Wのコンパクトサイズから、25.6Wの高出力モデルまで用意されています。筐体に木材が使われた個性的なモデルも。低・中価格帯の商品が豊富で、コスパに優れているのが特徴です。

バッファロー

 

バッファロー

出典:Amazon.co.jp

家電をはじめインターネット関連製品を製造するメーカー。愛知県の名古屋市に拠点を置いています。PC用スピーカーもラインナップの1つ。

現行モデルは全て、USB電源かつアナログ接続という仕様。一部モデル(BSSP300Uシリーズ)には、低音域をカバーするバスレフ型エンクロージャーが採用され、迫力のある重低音を再現します

USBスピーカーのおすすめランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ電源方式アナログ端子の有無出力Bluetooth対応
クリエイティブ・メディア PCスピーカー Creative Pebble楽天市場¥5,480 AmazonYahoo!約123 x 120 x 118 mmUSBケーブル有りピーク16W
サンワサプライ コンパクトPCスピーカー MM-SPU8BK楽天市場¥4,800 AmazonYahoo!W66×D60×H66mmUSBポート供給(DC5V 500mA)無し最大3W(1.5W+1.5W)無し
Anker スピーカーフォン PowerConf楽天市場¥13,990 AmazonYahoo!約124 × 124 × 28 mmUSB タイプA無し3W
JBL バスパワードスピーカー JBL Pebbles楽天市場¥7,248 AmazonYahoo!幅78mm × 奥行150mm × 高さ132mmUSBケーブル有り-不可
サンワダイレクト PCスピーカー 400-SP091楽天市場¥6,480 AmazonYahoo!W90 × D100 × H168mmUSBケーブル有り実用最大出力10W(5W+5W)
ロジクール G ゲーミング スピーカー G560楽天市場¥30,510 AmazonYahoo!スピーカー/高さ148 × 幅166 × 奥行118mm、サブウーファー/高さ404mm × 幅255mm × 奥行き207mm-有り総合出力 最大240W
Maboo PCスピーカー サウンドバースピーカー楽天市場¥3,250 AmazonYahoo!高さ2.67 × 幅12.6 × 奥行2.5インチUSBケーブル無し最大6W不可
エレコム PCスピーカー MS-P08USBBK楽天市場¥2,121 AmazonYahoo!幅72 × 奥行74 × 高さ82mmUSBケーブル無し実行最大出力5W無し
Razer PCスピーカー Nommo Chroma楽天市場¥23,980 AmazonYahoo!-USBケーブル有り-無し
THSGRT PC スピーカー楽天市場¥2,999 AmazonYahoo!395 × 70 × 70mmバッテリー、USB給電有り最大10W有り
サンワダイレクト USBスピーカー 400-SP089楽天市場¥3,980 AmazonYahoo!約W205×D36×H68mmUSBポート無し6W(3W+3W)不可
サンワサプライ USBスピーカー MM-SPU10BK楽天市場確認中 AmazonYahoo!W67.5 × D88 × H100.5mmUSBケーブル有り6W(3W+3W)無し
ZETIY PCスピーカー ポータブウルミニサウンドバー楽天市場確認中 AmazonYahoo!189 × 37mm × 54mmUSBケーブル無し6W(3W+3W)無し
サンワサプライ USBサウンドバースピーカー MM-SPU17BK楽天市場¥7,980 AmazonYahoo!-USB無し実用最大出力6W(3W+3W)不可
Edifier デスクトップパワードスピーカー ED-S880DB楽天市場¥28,000 AmazonYahoo!16.8x13.8x23 cm電源コード無し88W(32W×2+12W×2)

USBスピーカーのおすすめランキング15選

バッテリー内蔵タイプなら屋外でも使える

バッテリー内蔵タイプのUSBスピーカーで、なおかつBluetooth対応のモデルを手に入れれば、完全ワイヤレスで音楽を楽しめます。バッテリーが少なくなったら、携帯しているバッテリーやパソコンのUSBから給電すればOKです。

関連記事:【2021年】ワイヤレススピーカーのおすすめ15選|高音質・防水タイプ、BluetoothとWi-Fiの違いも紹介!
関連記事:安いのに高音質!防水Bluetoothスピーカーおすすめ20選|お風呂で使える人気商品を紹介
関連記事:アウトドアにおすすめのスピーカー15選|屋外向けの選び方や人気メーカーも紹介!

仕事で使うならマイク内蔵タイプがおすすめ

すでに紹介したように、マイク内蔵タイプのスピーカーも販売されています。このタイプのスピーカーは、ビデオチャット会議のような大人数でのビデオ通話に便利です。

音楽を聴くだけでなく、在宅ワークでのビデオミーティングにも使えるので、在宅で働く方は使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:【徹底比較】スピーカーフォンおすすめ21選!安い&個人にピッタリな人気商品とは?(2021年版)
関連記事:【実況初心者も使いやすい】コンデンサーマイクおすすめ26選|USBタイプや安いモデルを厳選

USBスピーカーのよくある質問

どこで買うのがおすすめですか?

ネットでは小売店より安値で売られている傾向にあるため、できるだけ安く入手したいとなればこちらがベスト。しかし家電量販店や専門店であれば、実物を見て購入できます。製品によっては試聴もできるため、音質やサイズなどを確認してから購入したい方は実店舗で1度確認しておくのがおすすめです。

PCがUSBスピーカーを認識しない

各スピーカーには取扱説明書が付属しているはずなので、まずはそちらを確認しましょう。操作や設定に問題ないのであれば、PC側の設定の問題が考えられます。使用しているPCのOSに応じて、スピーカーが認識されるように設定を変更しましょう。例えばMACの場合、画面左上のアップルマークから「システム環境設定」を選択し、その中の「サウンド」を選択。「出力」タブを開いて使用するスピーカーを選択することで、スピーカーが機能します。

USBスピーカーの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているUSBスピーカーのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

まとめ

今回はUSBスピーカーについて、基本事項や選び方、おすすめ製品などを紹介しました。

  • USBケーブルから音源を確保することで、ノイズの少ない音を再現。
  • USBバスパワータイプなら、USBケーブル1本で接続できる。
  • 2.1chは低音域が再生できるウーファーを搭載。
  • ハイレゾタイプを探す際にはスペックをチェック。

上記のポイントを理解した上でUSBスピーカーを選び、音楽視聴をこれまで以上に楽しめるようになりましょう。

関連記事:【音質がUPする】スピーカースタンドおすすめ20選|卓上用・木製・クランプも

関連記事:【圧倒的没入感】曲面ディスプレイおすすめ15選|湾曲のメリットについて徹底解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー