へたらないのは?授乳クッションおすすめ27選!厚め・そのまま寝かせられるタイプも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【抱っこより安定する】授乳クッションおすすめ29選|抱き枕や寝かしつけに使えるタイプも

出典:amazon.co.jp

授乳中の赤ちゃんの体を支える「授乳クッション」。ママの腕や身体の負担を軽減し、授乳タイムをサポートする便利なアイテムです。また授乳以外にも、抱き枕や赤ちゃんのお座り補助など、長く使用できるのも魅力ですね。

しかし、いざ授乳クッションを購入するとなると「毎日使ってもへたらない最強クッションが欲しい」「厚めで高さのある授乳クッションが欲しい」と商品選びに悩む人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は授乳クッションの選び方と人気のおすすめ商品27選をご紹介します。助産師がおすすめする授乳クッションも登場!授乳クッションの種類や使い方、ママと赤ちゃんがより快適に過ごせる便利な機能についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

この記事を監修した専門家

助産師/産後ケアホテルマームガーデン葉山アドバイザー
浅井貴子
看護師/助産師

赤ちゃん訪問指導歴約25年以上のキャリアを持つ助産師。毎月20件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。大学病院、未熟児センターでの勤務を経て、フリーランスとなる。生活情報サイト「All About」では母乳育児ガイド・新生児育児ガイドを務め、育児雑誌などへの執筆も多数。「AMOMA(母と子のナチュラルケアブランド)」の商品開発、新生児期~乳児期の赤ちゃんの子育て指南を数多く行う。
最近では産後ケアホテルマームガーデン葉山の総合監修を行う。

授乳中の最強お助けアイテム「授乳クッション」。本当に必要?いつまで使うの?

ママの身体の負担を減らす授乳クッション。いつまで使える?

出典:amazon.co.jp

授乳クッションは、赤ちゃんの体を支えてくれ、授乳中のママをサポートする便利なアイテム。授乳クッションがあれば、腕で赤ちゃんの身体を支えたり前にかがんだりする必要がないので、ママの楽な体勢で授乳ができます。

授乳クッションは必ず必要なものではありませんが、用意しておくとママの授乳の負担をグッと軽減してくれるので購入することをおすすめします。

授乳クッションの使用期間は、授乳中のみと思われがちですが、妊娠中にも役立つのが特徴。大きなお腹は座ったときに重心が背中の方へいくので、クッションで背中を支えてあげれば楽な姿勢を保てますよ。

そして産後、赤ちゃんの授乳補助として使うのは、生後約4〜5ヶ月までが一般的です。それ以降は赤ちゃんのお座りサポートや、枕としてなど、長い期間いろいろなシーンで活用できるのが魅力です。

浅井貴子

授乳クッションはママのお胸の高さと赤ちゃんのお顔の高さを合わせたり、腕で抱かなくてもクッションで赤ちゃんを支えてくれるので、授乳に欠かせないアイテムの一つです。
母乳でなくてもミルクをあげるときにも使います。赤ちゃんの胃が横向きになるので、嘔吐しやすい赤ちゃんには斜めになるように授乳クッションを使うと良いでしょう。
赤ちゃんの寝かしつけやお座りクッションとしても使えるものもあるので、生後半年くらいは使う人が多いようです。

【使い方解説あり】授乳クッションの選び方

授乳クッションを選ぶ際は、形の種類・洗いやすさ・機能性・厚みや硬さをチェックすることがポイントです。それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

授乳クッションは太め&硬めが使いやすい!レビューのチェックは必須

厚みや硬さは使い勝手を左右する。店舗で試す&レビューのチェックは必須

出典:amazon.co.jp

使いやすい授乳クッションを選ぶためには、クッションの厚みと硬さをチェックすることが大切です。

クッションの厚みは太めがおすすめ。授乳の際、赤ちゃんを胸の高さまで持ち上げる必要があるため、適度な厚みがあればママが前かがみになることなく、身体や腕の負担を軽減できます。

クッションの硬さは、へたれにくい硬めのタイプがおすすめです。柔らかいとクッションに赤ちゃんが沈み込むため、高さの調整が必要になってしまいます。赤ちゃんの成長に耐えられるよう、中綿がしっかり詰まった硬めのクッションを選びましょう。

可能であれば、実店舗に足を運び、試着して使用感を確認できるのがベストです。実際に腰にはめて「高さは十分なのか」「授乳をタイミングでスムーズに取り付けられるか」などがチェックできます。ネットで購入するなら、実際に購入した人のレビューを参考にしましょう。

浅井貴子

ママのお胸の高さや身長、赤ちゃんの頭の向き癖などの細かい点でも合う、合わないがあるようです。妊娠中に購入する人もいますが、実際の赤ちゃんで試着できると「これ!」という製品にめぐりあえるでしょう。出産した産院やデパートの授乳室なども覗いて試してみても良いですね。

「U字型・三日月型・Cカーブ型」形の種類を選ぶ

授乳クッションは、U字型・三日月型・Cカーブ型の3種類の形状があります。それぞれの使い方や特徴をチェックし、自分に合ったタイプを選びましょう。

U字型:授乳前に腰にサッと取り付けられスムーズ。お座り期の赤ちゃんにも使える

U字型:授乳前に腰にサッと取り付けられスムーズ。お座り期の赤ちゃんにも使える

出典:amazon.co.jp

U字型は2,000〜3,000円程度とリーズナブルな価格で購入できます。ママの腰にサッとはめるだけで装着が完了。片手で装着できるので、赤ちゃんを抱きかかえながらでも簡単にセットできるのが魅力です。

U字型は、授乳クッションの中でもスタンダードな形状で、カラバリや柄が豊富。たくさんの商品の中から好みのデザインを選べますよ。

また、授乳シーン以外にも、お座り期の赤ちゃんのサポートとして使えるのもポイント。クッションの間に赤ちゃんを座らせれば、転倒防止のお座り補助として活躍します。

三日月型:抱き枕としても使用できる。妊娠中から使えて便利

三日月型:使い方はU字型と同じ。抱き枕としても使用でき出産前に購入する人におすすめ

出典:amazon.co.jp

三日月型の価格は3,000〜5,000円程度。使用時は、クッションを腰に巻いて先端をボタンなどで留めて装着します。U字型と同様に赤ちゃんのお座りサポートとしての使用も可能です。

三日月型は大きく広がるため、抱き枕としても使えるのが魅力。妊娠中の大きなお腹をフワフワのクッションが支えてくれ、無理なく横向きの姿勢を保てます出産前から産後まで長く使いたい人におすすめです。 

関連記事:【かわいい・おしゃれ】抱き枕おすすめ25選!I・9・L・U・C字型の枕を紹介

Cカーブ型:簡易ベッドとして使用可。寝かしつけに悩むママにピッタリ

Cカーブ型:簡易ベッドとして使用可。寝かしつけに悩むママにピッタリ

出典:amazon.co.jp

Cカーブ型は長方形の比較的新しいタイプのクッション。価格は10,000円以上と、3タイプの中ではやや高めです。

Cカーブ型の授乳クッションは、背中部分にあるくぼみで赤ちゃんを包み込むように使います。お腹にいた頃に近い姿勢になるため、赤ちゃんが落ち着いて授乳できる環境が作れますよ。

また、Cカーブ型は簡易ベッドとして使えるのも魅力。授乳中に寝てしまった赤ちゃんを、起こさずそのまま寝かせておけます。寝かしつけに悩むママにぴったりです。

固定ベルト付きだと授乳中にクッションがズレることなく安心

固定ベルト付きだと授乳中にクッションがズレることなく安心

出典:amazon.co.jp

固定ベルト付きの授乳クッションは、授乳中にズレにくいのが特徴です。赤ちゃんは成長するにつれ動きが大きくなり、授乳中にクッションがズレやすくなります。また昼夜の授乳で疲れたママが授乳中にうとうとしてしまい、支える手が緩んでクッションがズレてしまうことも考えられます。

固定ベルト付きのタイプなら、ママとクッションをベルトで固定できるため、ズレを防止でき安心です。安定感や安全性を重視する人はチェックしてみてください。

浅井貴子

授乳クッションも本当に種類も増えてきて、素材だけでなく形や固定ベルトの有無、妊娠中から使用できるものなど実に多様になってきています。

空気で入れるタイプなどは使わなくなったらたたんで収納できるのが良い点ですが、空気をパンパンに入れると反発力が強いので、赤ちゃんがすべりやすくなることがあるので注意が必要です。授乳クッションを使っていても万能ではないので、赤ちゃんが落下しないようにポジションを変えるときや下ろすとき、ゲップのときは気を付けながら使用しましょう。

常に清潔を保てるよう、カバーの取り外しや丸洗いできるタイプがおすすめ

常に清潔を保てるよう、カバーの取り外しや丸洗いできるタイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

授乳クッションは赤ちゃんの吐き戻しや、よだれ・汗などで汚れやすいです

カバーを取り外せるタイプならこまめに洗濯ができますね。また、クッション丸ごと洗えると、汚れが染み込んだ場合でも対処できます。赤ちゃんもママも気持ちよく使えるよう、衛生面についても忘れずチェックしましょう。

浅井貴子

授乳クッションは汗やミルクや母乳などで結構汚れます。専用カバーも取り外しができるものがおすすめです。予備のカバーも最低でも2枚はあると良いでしょう。

専門家おすすめの授乳クッション

この記事を監修した助産師の浅井貴子さんおすすめの授乳クッションをご紹介します。

【お座り補助にも】U字型授乳クッションおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。※ランキングは監修対象外です。
商品最安価格サイズ重量洗濯対応固定ベルト素材
hugmamu(はぐまむ) 授乳クッション AU-188-14楽天市場¥2,899 AmazonYahoo!60×45×16cm660gクッション丸ごと可なしカバー:綿100%・中綿:ポリエステル
カーメイト(エールベベ) 3WAYクッション プレミアム BB713楽天市場¥5,285 AmazonYahoo!52‎x43x18cm880gクッション丸ごと可なしポリエステル
amethyst 授乳用エアークッション楽天市場¥3,700 AmazonYahoo!28.3x20x5cm450gカバーのみ可ありカバー:ポリエステル・インナ:ポリ塩化ビニル
QUEEN ROSE 授乳クッション楽天市場¥2,999 AmazonYahoo!56x45x16cm1200gカバーのみ可なしカバー:ジャージー生地・中綿:ポリエステル
zeroone infinity 授乳クッション楽天市場¥5,480 AmazonYahoo!50x45x10cm1000gカバーのみありカバー:コットン・中綿:ポリエステル
赤ちゃんの城 授乳クッション楽天市場¥4,290 AmazonYahoo!55x40x17cm800gカバーのみなしカバー:コットン・中綿:ポリエステル
Babyshower 授乳クッション楽天市場¥3,980 AmazonYahoo!55x45x16cm720gクッション丸ごと可なしカバー:コットン・中綿:ポリエステル
Richell(リッチェル )ふかふか授乳クッション楽天市場¥5,700 AmazonYahoo!52x50x20cm440gカバーのみ可ありカバー:ポリエステル・インナー:塩化ビニル樹脂
gelato pique(ジェラート ピケ) 授乳クッション楽天市場¥6,490 AmazonYahoo!62x43x14cm750gカバーのみ可なしカバー:コットン・中綿:ポリエステル
10mois(ディモワ)授乳クッション楽天市場¥3,520 AmazonYahoo!55x43x18cm1000gカバーのみ可(クッションは手洗い)なしカバー:コットン・中綿:ポリエステル
10mois(ディモワ) BOBO(ボボ) 授乳クッション楽天市場¥3,850 AmazonYahoo!55x43x18cm580g手洗いのみなしカバー:コットン・中綿:ポリエステル
MOGU(モグ) パウダービーズ授乳クッション楽天市場¥5,385 AmazonYahoo!67x48x19cm800gカバーのみ可なしコットン・ポリエステル・ナイロン・ポリウレタン
トコちゃんベルトの青葉 授乳クッション楽天市場¥7,260 AmazonYahoo!50x43x23cm890g手洗いのみありコットン・ポリエステル
Ergobaby(エルゴベビー) ナチュラルカーブ・ナーシングピロー楽天市場確認中 AmazonYahoo!60.3x38.1x16.5cm約1250gクッション本体は手洗いのみ。カバーは洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うことができます。ありカバー:コットン・中綿:ポリエステル

【お座り補助にも】U字型授乳クッションおすすめ人気ランキング14選

【抱き枕にもなる】三日月型授乳クッションおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量洗濯対応素材
Babyshower 授乳クッション楽天市場確認中 AmazonYahoo!120x30x19cm860gクッション丸ごと可コットン・ポリエステル
PUPPAPUPO 授乳クッション楽天市場確認中 AmazonYahoo!110x46x18cmクッション丸ごと可コットン
Dear Cologne 授乳クッション楽天市場確認中 AmazonYahoo!手洗いのみコットン・ポリエステル
hugmamu(はぐまむ)枕授乳クッション AU-193-03楽天市場¥3,899 AmazonYahoo!110×30×20cmクッション丸ごと可コットン・ポリエステル
たまひよ 授乳クッション楽天市場確認中 AmazonYahoo!51×42×30cmクッション丸ごと可コットン
ANGELIEBE(エンジェリーベ ) 授乳クッション楽天市場¥6,380 AmazonYahoo!110×26×18cm1300gクッション丸ごと可コットン・ポリエステル
LOWYA(ロウヤ) 授乳クッション楽天市場¥6,990 AmazonYahoo!1000gクッション丸ごと可コットン・ポリエステル
こだわり安眠館 授乳クッション楽天市場¥3,980 AmazonYahoo!120×30×19cm600g可(クッションは手洗いのみ)コットン・ポリエステル
SANDESICA(サンデシカ) 授乳クッション楽天市場確認中 AmazonYahoo!140×23×19cm1190gクッション丸ごと可コットン・ポリエステル
クラスアップ 授乳クッション楽天市場確認中 AmazonYahoo!105x31x19cm750g手洗いのみコットン・ポリエステル
たまひよ 妊娠~授乳用お助け抱き枕楽天市場確認中 AmazonYahoo!120x44x19cm1460gクッション丸ごと可コットン・ポリエステル

【抱き枕にもなる】三日月型授乳クッションおすすめ人気ランキング11選

【そのまま寝かせられる】Cカーブ型授乳クッションおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量洗濯対応素材
ママ代行ミルク屋さん おやすみたまごプラス楽天市場¥19,800 AmazonYahoo!68x43x22cm1800g可(クッションは手洗いのみ)コットン・ポリエステル・ポリウレタン
ボーネルンド キャンディード マルチリラックス エトワール楽天市場確認中 AmazonYahoo!30x20x20cm1200g手洗いのみコットン

【そのまま寝かせられる】Cカーブ型授乳クッションおすすめ人気ランキング2選

授乳クッションのおすすめ人気メーカー・ブランド

コスパ最強◎リーズナブルでやさしい色合いが魅力の「西松屋」

リーズナブルでやさしい色合いが魅力の「西松屋」

出典:24028.jp

西松屋の授乳クッションは、U字型と三日月型の2種類があります。どちらも3,000円以下のリーズナブルな価格で気軽に使用できるのが魅力です。特に三日月型は抱き枕として出産前から使えるので、長く使えてコスパがよいものをお探しの人におすすめ。色味を抑えたカラーも特徴で、インテリアの邪魔にならず部屋にマッチします。

接触冷感素材でママも赤ちゃんも快適な「ニトリ」

接触冷感素材でママも赤ちゃんも快適な「ニトリ」

出典:nitori-net.jp

ニトリの授乳クッションは、接触冷感素材「Nクール」を採用しており、暑い日にもひんやり快適に使用できるのが魅力です。またカバーを取り外して洗えるので、いつでも清潔を保てます。汗ばむ季節の授乳や、汗っかきの赤ちゃんにぴったりです。

やさしい絵柄の三日月型がかわいい「バースデイ」

バースデイの授乳クッションは三日月型が多く、さまざまなデザインから選べるのが特徴です。白地に動物の絵柄などやさしいデザインが多く、授乳中のママを癒してくれます。三日月型にこだわりたい人や、絵本のイラストのようなかわいいデザインが好みの人はチェックしてみましょう。

授乳のしやすさにこだわった「アカチャンホンポ」

アカチャンホンポの授乳クッションは、赤ちゃんの頭を支えるのに便利な「ヘッドアップピロー」が付いているのが特徴です。授乳の際に使えば、赤ちゃんの顔を自然にママの方へ向けらるため、赤ちゃんの顔を腕で支える負担をより軽減できます。授乳のしやすさにこだわりたい人におすすめです。

肌触りがよくへたりにくいのが魅力の「dacco」

肌触りがよくへたりにくいのが魅力の「dacco」

出典:dacco-web.com

daccoの授乳クッションは、カバーに上質なパイル生地を使用しており、肌触りがよいのが特徴です。カラーによって接触冷感生地を使用しているものもあり、暑い季節におすすめ。弾力性に優れた中綿でへたりにくいのも魅力です。またカバー・クッションとも水洗いできるため、衛生的に使いたい人にぴったりです。

浅井貴子

プライベートブランドの授乳クッションも種類が増えてきて見逃せませんね。
価格もリーズナブルなことが多く、気軽に使えるのも良いですね。実家用や寝室用にセカンドクッションとして置いておく人も増えてきています。
また頭を調節するサポートクッションが付いていたり、付属機能が付いているものも出てきていますので、自分はどのような授乳をしたいか、家にあるクッションで代用が可能なのかなど総合的に判断して選びましょう。

授乳クッションの関連商品

洗い替えに便利な「授乳クッション カバー」

授乳クッションカバーを余分に用意しておけば、洗い替えに便利です。特に吐き戻しが多い赤ちゃんに使用する場合や、汗ばむ季節に頻繁にカバーを取り替えられるのは助かりますね。また絵柄の異なるカバーをいくつか用意すれば、気分に合わせてクッションのデザインを変えられるのも魅力です。

来客時や外出時の授乳に便利な「授乳ケープ」

授乳ケープは来客時や外出時に授乳する際、目隠しするのに便利なアイテムです。授乳クッションと合わせて使用することもでき、人目を気にせずママも赤ちゃんも落ち着いて授乳ができます。特に外出時は授乳室が無い場所も多いので、1つ持っておくといろいろなシーンで役立ちます。

関連記事:【カバーしやすい】授乳ケープおすすめ23選|使い方や人気ブランドも解説

授乳時に楽に胸元を開けられる「授乳パジャマ」

授乳クッションに加え、より効率的に授乳を行えるアイテムの1つに授乳パジャマがあります。授乳パジャマは前開きになっているため、授乳の際に素早く胸元を開けられるのが特徴です。授乳パジャマは出産時の入院から着用し、産後も使用できるため、長く着続けられるのも魅力です。

授乳クッションのよくある質問

授乳クッションはほかのもので代用できますか?

授乳クッションは枕で代用できます。長方形なので、正方形に近い普通のクッションより使いやすいのがポイント。ただし授乳クッションのように体にぴったり装着できないので、安定面で心配があります。授乳の際は枕がズレないよう気をつけて使用しましょう。

授乳クッションなしだと授乳はできませんか?

授乳クッションなしでも授乳は可能です。ただし授乳クッションを使う場合に比べ、支える腕が疲れやすくなります。頻繁に左右を入れ替えたり、足を組み膝を高くして赤ちゃんを支えたりなど、対処するのがおすすめです。

授乳クッションは手作りできますか?

授乳クッションは、布と中綿があれば手作りできます。布は90cm幅を1.5m程度、綿は500g〜1kg程度使用します。布は家にあるバスタオルや膝掛けでもOKで、季節に合わせて素材を選べます。また綿はお好みの硬さに調整可能です。授乳クッションの型紙はネットからダウンロードできるので、手作りに挑戦したい人はチェックしてみてください。

授乳クッションを使った赤ちゃんの寝かせ方が知りたいです。

授乳クッションを使用中に寝てしまった場合は、クッションごと布団の上に置きます。 クッションの間にタオルなどを入れ、赤ちゃんが楽な姿勢になるよう高さを調整します。 お尻から静かに寝かせ、様子を見ながら少しずつ手を抜くのがポイントです。

おすすめ授乳クッションまとめ

授乳クッションを選ぶポイント
  • 授乳クッションは授乳以外にも赤ちゃんのお座りサポートもでき長く使用できる
  • 三日月型は抱き枕として産前から使える
  • 厚みと硬さがあるものの方がママの負担が少なくヘタりにくい

今回はママの負担を減らしてくれる便利なアイテム、授乳クッションついてご紹介しました。さまざまなメーカーから多くの商品が販売されていますが、この記事を読めば自分にぴったりの授乳クッションが見つかるはず。形の違いや特徴をチェックして、ママも赤ちゃんも快適になる商品を選びましょう。

関連記事:先輩ママが選んだ哺乳瓶おすすめ20選|ガラス・プラスチックどっちが使いやすい?

関連記事:【作り方解説あり】おしゃぶりホルダーおすすめ15選|おしゃれな木製や布製も

関連記事:タイト・ロングも◎人気マタニティスカートおすすめ23選!オフィス向けもご紹介!

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー