【ニトリ製も】電気あんかおすすめ19選!メリットやデメリット・電気代を解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【ニトリ製も】電気あんかおすすめ19選!メリットやデメリット・電気代を解説

出典:amazon.co.jp

電気あんかは、湯たんぽより手軽に使えて、電気毛布よりコンパクトなのが特徴。消費電力が小さいので電気代も安い暖房器具のひとつです。

布団の中に入れて足元を暖めたり、デスクワーク中に膝掛けとの併用でこたつ代わりにしたりとさまざまな用途で使えます。

とはいえ、電気あんかには山型や平型、大判型など種類があるほか、パナソニックや山善、ニトリなどの複数のメーカーが販売しているため、どれを選ぼうか悩んでしまいますよね。

今回は、電気あんかの選び方や人気メーカー、おすすめ商品をご紹介します。冷え性の方、安い電気代で暖房器具を使いたい方は必見です。

電気あんかとは?メリット・デメリットも解説

電気あんかとは?メリット・デメリットも解説

出典:amazon.co.jp

電気あんかとは、湯たんぽのように使える暖房器具のこと。単体で使うより、布団や毛布などと併用することでより高い暖房能力を発揮するアイテムです。脚を乗せやすい山形や布団の中で腰やお腹に当てやすい平型、広範囲を暖めやすい大判型などさまざまな種類があります。また、商品によってコードレスかどうかも異なります。

寝る30分前くらいに布団の中にセットしておくと、就寝時には布団がポカポカ。寒いと寝つきが悪くなってしまう人でも、快適に眠れるでしょう。ほかには、デスクワーク中の足腰の冷え対策としても使えます。

そんな電気あんかのメリット、デメリットを解説していきます。

【電気あんかのメリット】すぐに温かくなって手軽に使える

【メリット】スイッチを入れるとすぐに温かくなって手軽に使える

まずは、電気あんかのメリットを見ていきましょう。

  • スイッチを入れるとすぐに温かくなる
  • 消費電力、本体価格が安い
  • 温度調節ができる
  • コンパクトなので持ち運びにも便利

電気あんか最大のメリットは、スイッチを入れるとすぐに使えることです。お湯を準備しなくてはならない湯たんぽとは違って、電気あんかはコンセントさえあれば即座に暖まれます。

また、電気毛布など他の暖房器具と比べて消費電力が小さく、電気あんかの価格相場は2,000円ほどと低コスト&リーズナブル。温度調節機能が搭載されているものだと、気温や体調に合わせて好みの温かさを維持できます。

サイズ感は30cm程度のものが多く、コンパクトで持ち運びがラクである点もメリットにひとつ。旅行や出張などにも手軽に持っていけますね☆コードレスならよりかさばらず、使い勝手が良いでしょう。

【電気あんかのデメリット】長時間使うと低温やけどをする可能性がある

【デメリット】長時間使うと低温やけどをする可能性がある

電気あんかは安全性の高い暖房器具ではありますが、使い方によっては低温やけどをしてしまう可能性がある点はデメリットです。

44℃で3~4時間・46℃で30分~1時間・50℃で2~3分直接皮膚に触れ続けると低温やけどになるといわれており、心地良いと感じる温度でも長時間肌に接触するのは危険です。

就寝時に電気あんかを使う際は、「肌に触れない場所に設置する」「布団が暖まったら電源を切る」などの対策を取り、低温やけどをしないよう気を付けましょう。

参考:電気毛布や電気あんかなどによる低温やけどに注意! | 東京くらしWEB

電気あんかの選び方

ここでは、電気あんかを選ぶ際のポイントを5つに分けて解説していきたいと思います。電気あんかの種類や機能について理解し、自分に最適なものを見つけましょう!

コードレスタイプ(充電式)なら場所を選ばず使える

コードレスタイプ(充電式)なら場所を選ばず使える

出典:amazon.co.jp

電気あんかには、コードレスタイプがあります。「蓄熱式湯たんぽ」とも呼ばれ、事前に充電しておけばコンセントを必要とせず使えるのが特徴。

「布団周りにコンセントがない」「車や電車などで使いたい」「キャンプで使いたい」という人におすすめです。

コードレスの電気あんかは、コンセントに繋いで使うタイプより暖かさが若干劣るのがデメリットですが、程よい暖かさを求める方にピッタリです。

しかし、電気あんかに十分な暖房効率を求めている人は物足りなさを感じてしまうかもしれません。しっかり寒さ対策をしたい人はコードレスではなく、電源式の電気あんかを選びましょう。

気温や体調に合わせて温度調節ができると便利

気温や体調に合わせて温度調節ができると便利

出典:amazon.co.jp

温度調節機能が搭載されていると、気温や体調に合わせて温度が変えられるので便利です。特に、就寝時に電気あんかを使いたい人は、低温やけどのリスクを減らすためにも温度調節機能があると安心。

1,000円ほどの安い電気あんかだと、温度調節機能が搭載されていないこともあるので、購入時は要チェックです。

ちなみに、高性能な電気あんかだと温度を自動で調節してくれる「サーモスタット機能」が搭載されていることも。一定の温度を超えないよう、出力を調節してくれるので快適かつ省エネにも繋がりますよ。

用途に合わせて電気あんかのタイプを選ぶ

用途に合わせて電気あんかのタイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

電気あんかには「山型」「平型」「大判型」の3種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

布団の中で使うなら「山型」がおすすめ

山型の電気あんかは、高さがあり布団の中に空間を作ってくれるので布団内が蒸れにくいのが特徴です。また、デスク下に置いて足を乗せてもOK。適度な傾斜が足にフィットしてくれますよ。

「布団の中で使いたい」「座った状態で足裏を温めたい」という人は山型の電気あんかがおすすめです。

コンパクトで持ち運びしやすい!汎用性が高いのが「平型」

平型は、電気あんかの中で最もスタンダードな形です。腰に当てたり、足に乗せたり、お腹に当てたりとピンポイントに体を暖めるのに重宝します。また、30cm弱のコンパクトなサイズ感のものが多く、持ち運びにも最適。

「初めて電気あんかを使う」「デスクワーク中に足腰を暖めたい」という人は平型の電気あんかがおすすめです。

ソフトタイプでひざ掛け代わりにもなる「大判型」

大判型の電気あんかは、山型・平型に比べて広い範囲を暖められます。クッションにしたり、膝に置いてブランケットを掛けると簡易こたつにしたりと使い方の幅が広いのが特徴です。

大判型はソフトタイプ(柔らかいもの)が多いので、電気あんかの硬さが気になるという悩みも解決してくれますよ。「布団の中を広く暖めたい」「こたつ代わりになるものを探している」という人は大判型の電気あんかがおすすめです。

抗菌・防臭機能があると衛生的

抗菌・防臭機能があると衛生的

布団内で使ったり、体に密着させて使ったりしていると、どうしても汗や皮脂で電気あんかに嫌な臭いが染みついてしまいます。そんなとき、抗菌・防臭機能が備わっていると臭いを解消してくれ衛生的に使えます。

電気あんかの使用頻度が高い人は、抗菌・防臭効果のある製品を選びたいですね。

また、電気あんかの中には、カバーが取り外せるタイプもあります。カバーは洗濯機で丸洗いできて、手入れも簡単なのでより衛生的に使いたい人は、カバーが取り外せるタイプがおすすめです。

低温やけどが心配ならタイマー付きのものを

低温やけどが心配ならタイマー機能が搭載されているものを

「長時間電気あんかを使うのは心配」「寝ている間付けっぱなしにしておくのは怖い」という人はタイマー付きの電気あんかを選びましょう。

とくに敏感肌の方や子どもが電気あんかを使う場合は、デメリットでもある低温やけどに注意が必要。タイマー機能は欲しいですよね。

とはいえ、タイマー付きの電気あんかは数が少ないのが現実。時間を決めて電気あんかを使いたい人は「コンセントタイマー」と併用して使うのもありですよ。

消費電力と電気代も見ておこう

電気あんかの消費電力と電気代

電気あんかは数ヶ月にわたって使うものだからこそ、電気代も気になるポイント。まず、電気あんかの消費電力は平均30W~60Wです。1時間当たりの電気代に換算すると約0.78円~1.57円。

消費電力が300W~1200Wほどかかる電気ストーブやエアコンに比べると、低ランニングコストで使用できることが分かります。

ただし、商品によって、消費電力や電気代はさまざまです。「少しでも毎月の電気代を抑えたい」という場合は、省エネ設計の電気あんかを選びましょう。

【コードレス】電気あんか おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量消費電力充電時間連続使用時間蓄熱温度
公成 ECO-TANPO 湯たんぽ 充電式 コードレス (ベージュ)楽天市場¥1,504 AmazonYahoo!170×240×80mm1300kg370W15~20分(室温18~20℃)最大6時間約40℃(保温袋に入れた状態)
MUUK-SHOP FUWA FUWA YUTANPO¥2,280 楽天市場AmazonYahoo!28.5x20.5x7cm約1.35kg320W約18分4~8時間60℃前後
KEYNICE 湯たんぽ楽天市場¥2,060 AmazonYahoo!‎30x20x5cm1.58 kg-15分前後最大10時間-
TONGMO 湯たんぽ¥2,765 楽天市場AmazonYahoo!---約12分最大10時間65℃

【コードレス】電気あんか おすすめ人気ランキング4選

【大判ソフトあんか】電気あんか おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量コードの長さ消費電力温度調節
世界の窓 タイマー式 電気足温器¥3,950 楽天市場AmazonYahoo!40x40cm2.3m-6段階:40~60℃
Panasonic(パナソニック) 電気あんか DW-78P-H¥6,574 楽天市場AmazonYahoo!390×290×30mm500g3m30W弱:約45℃、[2]:約48℃、強:約51℃
山善 電気あんか YDW-S207D楽天市場¥1,977 AmazonYahoo!320×260×30mm360g2m20W不可
コイズミ ソフト電気あんか KSA03213¥2,280 楽天市場AmazonYahoo!370×330×30mm400g2.9m30W不可

【大判ソフトあんか】電気あんか おすすめ人気ランキング4選

【平型】電気あんか おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量コードの長さ消費電力温度調節
KODEN(広電) 電気あんか楽天市場¥1,629 AmazonYahoo!230×160×50mm550g-60W弱、中、強
Mofua(モフア)電気あんか楽天市場¥2,000 AmazonYahoo!230×160×50mm0.57kg--
山善 電気あんか 電気湯たんぽ YDW-H605D¥4,238 楽天市場AmazonYahoo!230×160×50mm660g2m60W弱:約30℃、強:約58℃
コイズミ 平形電気あんか KHA-06212楽天市場¥2,600 AmazonYahoo!220×160×45mm600g2.9m60W弱:約28℃、中:約43℃、強:約58℃

【平型】電気あんか おすすめ人気ランキング4選

【山型】電気あんか おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量コードの長さ消費電力温度調節
LIFEJOY 電気あんか¥2,900 楽天市場AmazonYahoo!約22x24.5x8cm約0.98kg約2m60W弱:約30℃、中:約45℃、強:約60℃
山善 電気あんか¥3,280 楽天市場AmazonYahoo!230×220×90mm1000g2m60W弱:約30℃、強:約58℃
KODEN(広電) 電気あんか楽天市場確認中 AmazonYahoo!245×220×80mm980g2m60W弱:約30℃、中:約45℃、強:約60℃

【山型】電気あんか おすすめ人気ランキング3選

電気あんか おすすめ人気メーカー

ここでは、電気あんかを発売している人気メーカーをご紹介します。

【山善】ソフト/山型/平型と種類が豊富

山善からは、ソフトタイプ・山型タイプ・平型タイプの電気あんかがラインナップされています。価格は2,000円~3,000円ほど。

全製品に「安全装置温度ヒューズ」が装備されているので安心して使えます。山型・平型の電気あんかは弱/中/強の3段階温度調節ができるのも特徴です。

【ニトリ】弱・中・強の温度調整ができる

【ニトリ】弱・中・強の温度調整ができる

出典:nitori-net.jp

ニトリは、平形タイプの電気あんかを取り扱っていました。弱・中・強の温度設定ができるため、熱くなりすぎるのが苦手な方にもおすすめ。

価格も2,000円以下と手が届きやすいため、信頼できるメーカーのお手頃な電気あんかが欲しい方にぴったりです。

→2024年1月現在、在庫なしになっていました。似たアイテムだと、手を入れたり、足元を入れたりできる電気湯たんぽを販売しています。

その他、ニトリには、体をぽかぽかと暖めてくれる冬の家電が多数揃っているので、ぜひチェックしてください。

【パナソニック】温度調節がダイヤル式で操作しやすい

パナソニックの電気あんかは、温度調節がダイヤル式なので直感的に操作ができて便利と評判です。弱/1/2/3/強と5段階で細かく温度調節ができるのも魅力。

布には抗菌防臭加工が施されているので、布団の中で使いたい人や足を乗せて使いたい人におすすめです。

アンケート:この冬買いたい電気あんかについて(2023年)

Picky’sでは電気あんかの購入をした人、購入を考えている人にアンケート調査を行いました。みんなが購入した価格帯、どこの会社・メーカーが人気かをグラフにしています。

質問①:電気あんかを選ぶ上でのポイントを教えてください。

質問②:購入した、購入予定の電気あんかの料金を教えてください。

質問③:購入した、購入予定の電気あんかのメーカーを教えてください。

調査方法:インターネット上でのアンケート調査を行い、回答をポイント集計。 調査対象:電気あんかを購入した、購入を考えていると回答した20代から70代までの男女 有効回答数:220名 調査機関:自社調査 調査期間:2023/12/7~2023/12/14 ※Web媒体にて本アンケートを引用される場合、出典を明記した上で本記事へのリンクをお願いいたします。

電気あんか(でんきあんか)の関連商品

優しい温かさが魅力「湯たんぽ」

電気あんかと良く比べられる湯たんぽ。電気を必要とせず、熱源はお湯なので火事などのリスクがないのが特徴です。現在では、プラスチック、ゴム、陶器など豊富な素材の中から選べ、デザイン性が高い製品もたくさんあります。

「大丈夫と言われているけど、電気あんかは体に悪い気がする」と心配な方でも安心して使えます。

関連記事:【種類比較】湯たんぽおすすめ人気ランキング27選!しまむらにある?プラスチック製も

冷え性の方におすすめ「フットヒーター」

足先の冷えにお悩みの人におすすめなフットヒーター。足を直接入れるタイプのものや、足を乗せて使うものなど多数ラインナップされています。足腰を暖められる電気あんかと、足先を暖められるフットヒーターを併用すれば冬のデスクワークも怖くない!

またメトロのフットヒーターは、足を乗せるだけで温かいのでいつでも手軽に暖まれるのが魅力です。コンパクトなフットヒーターを探している方に適しています。

関連記事:【足元ぽかぽか】フットヒーターおすすめランキング15選!省エネモデルや電気代も解説

違いは温められる面積の広さ!布団全体を温めたい人におすすめ「電気毛布」

布団全体を温めたい、温かな毛布が欲しいという人には電気毛布がおすすめです。電気毛布も電気あんか同様、消費電力が小さく低ランニングコストで使用できるのが特徴。アウトドアにピッタリなUSBモデルもあります。

電気あんかと電気毛布の主な違いは、温められる面積の広さです。電気毛布の方が表面積が大きいので広い範囲を温めるのに適しています。

関連記事:【着る&敷く】電気毛布おすすめ最新ランキング22選!掛け敷き兼用も

電気あんか(でんきあんか)のよくある質問

電気あんかの捨て方を知りたいです。

自治体によりますが、燃えないゴミで捨てれるところが多いです。また使用済み小型家電の回収を行っている場所もあります。プラスチックやレアメタルを取り出し資源にするリサイクルを行っているので、リサイクルに興味がある方はお住まいの地域で行なっているか調べてみてください。

参考:使用済み小型家電の回収事業|千代田区

電気あんかは体に悪いですか?

電気あんかはカバーでくるんで使うので、火傷はしにくいです。しかし、長時間同じ部位を温めると低温火傷になる可能性があるので注意は必要です。

また「電気あんかは体に密着するから、電磁波の影響があるのでは?」「体に悪いの?」と心配になる方もいるでしょう。

電磁波の影響を調査している「国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)」が2010年に定めたガイドラインでは【最新の科学的知見に基づき、ふだんの生活のなかで浴びる磁界のガイドライン値を200マイクロテスラ(50ヘルツ、60ヘルツの商用周波数)とする。】としています。TEPCOによると電磁波は「人体に蓄積されない」ので、何度も製品を使うことで危険になるということもないということです。

また、電磁波の情報提供をする電磁界情報センターのパンフレットには、「通常の環境レベル電磁界へのばく露では、自然流産、奇形、出生時低体重、先天性疾患などの有害な結果が生じるリスクは増加しないことが示されています。」と記載されています。
参考:身のまわりの磁界の強さはどのくらいですか? | 経済産業省なるほど電磁波! | TEPCO妊娠中の電磁波の影響について知りたい | 電磁界情報センター

メーカーによって電磁波の量は多少変わるかもしれませんが、電気あんかは約2.5マイクロテスラ。磁界のガイドライン値200マイクロテスラより低い値です。

もし気になる方、体に悪い気はするけど使いたいという方は、電気あんか20~30cmを離して使うか、お湯を沸かして湯たんぽを使うのがおすすめです。

参考:電気あんかの電磁波を測定しました。長時間の使用はNG? | なんでも電磁波測定隊

電気あんかはどこで買えますか?

電気あんかは、家電量販店やニトリなどのホームセンターで購入できます。調べたところ、100均には売っていないようです。

ネットショッピングモールのAmazonや楽天には多くのアイテムが揃っています。そのため、値段・デザイン・機能がさまざまな種類の中から自分に合った電気あんかを見つけられますよ。

電気あんかはこたつ代わりになる?

電気あんかをひざ掛けや毛布などと組み合わせて、こたつ代わりして使っている方もいらっしゃいます。ただし、よりこたつ代わりに向いているアイテムは、デスクヒーターです。

とくに、足元全体を温めたい方は、筒形×ブランケット付きのデスクヒーターも検討しましょう。

おすすめ
CHAMOKA
最安値 ¥3,999 (税込)

関連記事:【火事リスクが低い】デスクヒーターおすすめ24選!パナソニック製や電気代も解説

電気あんか(でんきあんか)おすすめまとめ

身体の冷えは健康に悪影響。手軽に暖まれて電気代節約にもなる電気アンカーは1つ持っているとちょっとしたときに便利です。

電気アンカは値段が手ごろな製品も多いので、ぜひ購入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

  • 種類(山型・平型・大判型・コードレス)
  • 便利機能(温度調節・防臭・タイマー)

電気アンカを選ぶ際は、上記2点を意識しながら自分にピッタリな製品を見つけてみてください。「電気アンカーは体に悪いような気がする、でも使いたい」という方は20~30cm距離を取って使うのがおすすめです。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー