【おしゃれで暖まる】ハロゲンヒーターおすすめ9選|キッチンや脱衣所などのスポット暖房に!(2024)

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ハロゲンヒーター おすすめ

トイレや脱衣所、キッチンなどで「すぐに温まる暖房器具が欲しい」と感じている人におすすめなのがハロゲンヒーターです。ハロゲンヒーターとは遠赤外線ヒーターのひとつで、スイッチを入れるとすぐ暖かくなり、スポット暖房として最適。

とはいえ、さまざまなメーカーから発売されていたり「電気代はどのぐらいかかるの?」「カーボンヒーターとの違いは?」「おしゃれなモデルはあるの?」など、どれを選べば良いのか迷いますよね。

そこで本記事では、ハロゲンヒーターのおすすめ商品をご紹介するとともに、選び方やハロゲンヒーターとよく比べられるカーボンヒーターとの違いについて解説していきたいと思います。

速暖性に優れているハロゲンヒーターは一家に一台あるとかなり重宝しますよ☆

ハロゲンヒーターとは?

ハロゲンヒーターとは?

ハロゲンヒーターとは、発熱体にハロゲンランプが使用されている暖房器具のことです。電気で発熱させるので一酸化炭素が発生せず、空気が汚れることもなければ、換気の必要もありません。

スイッチを入れるとすぐに暖かくなりますが、温風が出るわけではないのでリビングや寝室などの広い空間を暖めるのには不向き。キッチンやトイレ、脱衣所などの省スペースや自分だけが暖まりたいときの使用に適しています。

無駄なく効率的に暖を取りたい人におすすめです。

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違い

ハロゲンヒーターに似ている暖房器具にカーボンヒーターがあります。どちらも遠赤外線で発熱する仕組みの暖房器具なので違いが分からない人も多いはず。ここでは、ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いについて解説します。

消費電力は大きいが価格が手ごろなハロゲンヒーター

■ハロゲンヒーターの特徴

  • 発熱体はハロゲンランプ
  • スイッチを入れるとすぐ放熱される
  • 本体価格が手ごろ
  • 消費電力が大きいので電気代がかさむ
  • 脱衣所やトイレに置ける小さめのモデルが多い

ハロゲンヒーターの最大のメリットは速暖性に優れていること。スイッチを入れて2秒ほどで暖かさを感じる製品が多く、外出から帰ってきて部屋が暖まるまでの短時間や、トイレや脱衣所などスポット暖房として使うのに最適です。

またカーボンヒーターとは違い値段が安く、3,000円ほどで購入できる製品が多いのも魅力でしょう。

デメリットとしては、消費電力が高く、電気料金がかさんでしまうこと。1時間当たりにかかる電気代の平均は約25円とエアコンや石油ストーブと同等です。

部屋全体を暖める能力がない割には電気代が高くつくので、ハロゲンヒーターをメインの暖房器具として使うことはおすすめしません。

消費電力は低いが価格が高めなカーボンヒーター

■カーボンヒーターの特徴

  • 発熱体は炭素繊維
  • ハロゲンヒーターよりも暖められる範囲が広い
  • 消費電力が低いので電気代を抑えられる
  • 本体価格が高め
  • 脱衣所やトイレに置ける小さめのモデルが多い

カーボンヒーターは、炭素(carbon)でできた繊維を熱源としています。遠赤外線の放出量はハロゲンヒーターの約2倍で、暖房効率が優れているのが特徴です。

編集部

ハロゲンヒーターと比べると暖房効率が優れているだけで、カーボンヒーターも部屋全体を暖める暖房器具というわけではありません。

また、消費電力が平均500wと低く、ハロゲンヒーターと同じ温度に到達するのに約1/2の電気代で済みます。カーボンヒーターは電気代を抑えて使いたい人におすすめです。

一方で、カーボンヒーターは本体価格が高いのがデメリット。1万円を超える製品も多く、導入コストにお金をかけたくない人には不向きでしょう。

ハロゲンヒーターの選び方

ここではハロゲンヒーターの選び方を4つのポイントに絞って解説します。

キッチンや脱衣所で使いたいなら800~1000wあると安心

キッチンや脱衣所で使いたいなら800~1000wあると安心

ハロゲンヒーターは、ワット数が200wと低いものから、1000wを超える大きなものまでさまざまです。

キッチンや洗面所、玄関など部屋全体に向けて使いたいなら800~1000wは欲しいところ。高い温度で素早く暖を取れますよ。

デスク下やトイレなど「足元が暖まればOK」という場合であれば300wくらいで十分です。使う場所やスペース、目的に合わせてワット数を選ぶと省エネにも繋がります。

また、ハロゲンヒーターには、ワット数が切り替えられる製品もあります。ひとつのハロゲンヒーターを家の各所で使いたいという人におすすめです。

キッチンや脱衣所で使うならグラファイトヒーターもおすすめですよ。

関連記事:【2021年】グラファイトヒーターおすすめ13選|寿命は?電気代は?アラジンの人気モデルも紹介

関連記事:【キャンプにも使える】アラジンストーブおすすめ12選 | レトロなデザインが人気

子どもやペットがいるなら安全機能の有無も要チェック

子どもやペットがいるなら安全機能の有無も要チェック

ハロゲンヒーターを選ぶときは、火事ややけどなどのトラブルが起きないよう安全面にも注目しなければなりません。

『転倒時自動オフ機能』が搭載されていると、足や体がぶつかってハロゲンヒーター倒れた場合、自動で電源が切れるので火災予防対策に効果的です。小さな子どもやペットがいる家庭では必須機能といえるでしょう。

『消し忘れ防止機能』が搭載されていると、長時間使い続けていたら自動で電源を切ってくれます。ハロゲンヒーターをつけたまま寝てしまったり、その場を離れてしまっても火災のリスクは抑えられます。

注意
安全機能が搭載されているからといって、火事や火災の可能性がゼロというわけではありません。ハロゲンヒーターを使う際は、細心の注意を払って使用しましょう。

ホコリが溜まりやすいのでお手入れのしやすさも重要

ホコリが溜まりやすいので掃除のしやすさも重要

ハロゲンヒーターは、構造上ホコリが溜まりやすいのが特徴です。溜まったホコリをそのままにして使い続けていると、発煙や火事の原因になることも…。

こまめに掃除をすることで、トラブルのリスクが減るので手入れのしやすさも選ぶ際のポイントです。

カバーの外しやすさ、パーツの少なさに注目してみるとGOOD◎

省スペースで使いたいならおしゃれなタワー型がおすすめ

省スペースで使いたいならタワー型がおすすめ

ハロゲンヒーターは主に3つの種類に分けられます。

  1. パラボラ型
  2. タワー型
  3. 長方形型

① 広い範囲を暖められるパラボラ型

省スペースで使いたいならタワー型がおすすめ

出典:amazon.co.jp

パラボラ型は、扇風機のような形をしており、大きな面から遠赤外線を輻射するのが特徴。ほかのハロゲンヒーターに比べると、広い範囲を暖められます。

製品によっては、首の角度が調節できたり、首振り機能が搭載されているものもありますよ。

② 狭い場所でも使いやすいタワー型

省スペースで使いたいならタワー型がおすすめ

タワー型は縦に細長い形をしているので、設置スペースが限られている場所におすすめです。またスタイリッシュなデザインが多いので、おしゃれなインテリアにもなるハロゲンヒーターを探している方にもおすすめです。トイレなどの狭い場所に置いても圧迫感がなく、キッチンに置いても作業の邪魔になることはないでしょう。

しかし、タワー型は高さがある分、転倒のリスクは高めです。荷物をぶつけたり、衣類が引っ掛かったりしないよう気をつけましょう。

③ 体のどこを暖めたいかで決める!長方形型

省スペースで使いたいならタワー型がおすすめ

長方形型といっても、縦型・横型と種類があります。

縦型のハロゲンヒーターの場合、立っていれば下半身、座っていれば上半身を暖めることができます。

横型のハロゲンヒーターは、主にフットヒーターとして使う人が多いです。デスク下やダイニングテーブルの下に設置すると、冷えやすい足元をポカポカと暖めてくれます。

編集部

足元用としてハロゲンヒーターを探している人は、高さ30cmくらいを目安にするといいですよ♪

関連記事:火事のリスクが低い!デスクヒーターおすすめ24選|マグネット式や人感センサー付きも(2021)

関連記事:【2021】フットヒーターおすすめランキング10選|人感センサー付き・USBタイプも紹介!人気メーカーを厳選

ハロゲンヒーター 人気おすすめランキングの比較一覧表

商品最安価格サイズ(幅×奥行×高さ)重量消費電力安全機能タイマー機能
Chrester ハロゲンヒーター HEAT-S-101WA¥39,820 楽天市場AmazonYahoo!460mm×75mm×190mm約2kg1000Wサーモスタットなし
テクノス ハロゲンヒーター PH-1211W楽天市場¥4,680 AmazonYahoo!340×235×645mm3.3kg800/1200w転倒時自動電源オフ/高温時自動電源オフなし
TEKNOS(テクノス) スリムハロゲンヒーター PH-319/PH-318K¥3,278 楽天市場AmazonYahoo!19.0×19.0×49.0cm0.71kg300W転倒オフスイッチなし
テクノス パラボラ型ハロゲンヒーター床置 PH-800楽天市場¥5,000 AmazonYahoo!420×328×464mm2.1kg400/800w転倒時自動電源オフなし
メトロ ハロゲンフットヒーター MFH-181ET¥12,100 楽天市場AmazonYahoo!465×218×107mm3kg180w連続使用時自動電源オフ(5時間)なし
メトロ ハロゲンヒーター火鉢 MK-44-GN¥8,900 楽天市場AmazonYahoo!外径44.0×高さ32.0cm約16kg480W温度ヒューズなし
ユアサプライムス YA-H410D(W) 1灯管ハロゲンヒーター ホワイト¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!18.5×18.5×51.2cm約1.0kg400W温度過昇防止装置/温度ヒューズ/転倒オフスイッチなし
KAKAMI-Home ハロゲンヒーター楽天市場確認中 AmazonYahoo!15cm×25cm×90cm約4.1kg600W/900W/1500W転倒防止機能なし
ZAPJQL ハロゲンヒーター ‎SF-1500楽天市場¥39,600 AmazonYahoo!56.5×56.5×160cm15kg600W/900W/1500W転倒防止/過熱保護なし

ハロゲンヒーター 人気おすすめランキング9選

アンケート:この冬買いたいハロゲンヒーターについて(2022-2023年)

Picky’sではハロゲンヒーターの購入をした人、購入を考えている人にアンケート調査を行いました。みんなが購入した価格帯、どこの会社・メーカーが人気かをグラフにしています。

※Web媒体にて本アンケートを引用される場合、出典を明記した上で、記事へのリンクをお願いいたします。

ハロゲンヒーターの関連商品

ハロゲンヒーターと併せてチェックしたいおすすめの関連商品をご紹介します。

デスクワークの人の冬のマストアイテム「デスクヒーター」

デスクヒーターは、その名の通り机の下で使う暖房器具です。電気で発熱させるうえ、高温になりすぎないので火事のリスクが圧倒的に低く、赤ちゃんやペットのいる家庭で人気です。首振りによる温度のムラもないので、安定した温度で温まりたい方にもおすすめ。

コンパクトに収納できるパネルヒーターは、デスクヒーターの中でも人気の高い種類となっています。

関連記事:火事のリスクが低い!デスクヒーターおすすめ24選|マグネット式や人感センサー付きも(2021)

経済的でエコ☆「充電式カイロ」

充電式カイロは繰り返し使えてお財布に優しいのが魅力。おしゃれでかわいいデザインのものも多く、多くの女性から人気を得ています。モバイルバッテリーとして使えたり、LED機能が搭載されている製品だと季節や用途を問わず使うことができます。小さめのモデルであればカバンに入れて持ち運びできるので、外出先で使いたい方におすすめです。

関連記事:【おしゃれで便利】充電式カイロおすすめ15選|選び方・モバイルバッテリータイプを解説【2021年】

「湯たんぽ」は昔からある暖房アイテム

湯たんぽは、電気やガスを使わない古くから親しまれている暖房アイテムです。価格も安いうえ、ランニングコストがかからず、火災事故などの危険性もほとんどないのでコスパ最強なのが特徴です。

関連記事:【2021年最新】湯たんぽの選び方とおすすめ15選|かわいい柔らか素材も!

カバンに入れておくと安心「使い捨てカイロ」

冬の外出時、手軽に暖を取りたいときに重宝するのが使い捨てカイロです。サイズも小さいので、カバンに入れておいても邪魔になることがなく使い勝手の良さが魅力。暖かい状態が持続するのも使い捨てカイロの特徴です。長いと丸1日持続するものもあります。

関連記事:【時間や温度を徹底比較】使い捨てカイロおすすめ20選!貼る・貼らないタイプ別に紹介【2021年】

冷え性の人におすすめな「フットヒーター」

暖房が付いていても足先だけが暖まらない…。という人におすすめなのがフットヒーターです。足を直接入れるタイプ、床からの冷気をシャットアウトしてくれるマットタイプ、下半身全体を暖めてくれるパネルヒーターなど種類が豊富なのが特徴です。

関連記事:【2021】フットヒーターおすすめランキング10選|人感センサー付き・USBタイプも紹介!人気メーカーを厳選

キャンプでも大活躍!「ガスストーブ」

ガスストーブは、その名の通りガスを燃料としたストーブです。カセットボンベ式もあり、キャンプやアウトドア、登山などで利用する人も多くいます。温風を利用せずに部屋を暖められるので乾燥対策にも繋がります。

関連記事:【2021年最新】ガスストーブを徹底解説!アウトドア用や非常時にもおすすめ

暖まりながら団らんできる「こたつ」

こたつは、暖を取りながらくつろげるのが魅力の暖房アイテムです。大型家具のひとつなので、こたつのデザイン次第で部屋の印象を決めてしまうのも特徴。レトロテイストのものや、北欧デザインのものなど、豊富なラインナップがあります。

関連記事:【2021年】オシャレなこたつおすすめ20選|ソファーやハイテーブルもご紹介

手先を暖めてくれる魔法の手袋「電熱グローブ」

冬の通勤、通学時はもちろん、ウインタースポーツ時に重宝するのが電熱グローブです。ツーリングや釣り、キャンプなど使い方はさまざま。防水機能が搭載されているアイテムもありますよ。

関連記事:【2021年】電熱グローブおすすめ 18選| おしゃれで温かいヒートグローブを徹底比較

5つの種類をまとめて紹介!「遠赤外線ヒーター」

遠赤外線ヒーター(電気ストーブと呼ばれることもあります)といっても、今回ご紹介したハロゲンヒーターをはじめ、シーズヒーター、カーボンヒーターなど種類があります。下記の記事では、5つの種類の違いやおすすめ商品を紹介しているので、ハロゲンヒーターと比べてみてくださいね☆

関連記事:【コスパ最強】遠赤外線ヒーターおすすめ30選|省エネモデルや人感センサー付きも!(2021年)

体を直接暖めてくれる「電気毛布」

体を直接暖めてくれる電気毛布。底冷えせず暖まれるのが魅力です。布団と組み合わせれば、冬場の冷たい布団に入ることもなくなり、寝つきが良くなること間違いなし。ローブのように羽織るタイプのものも発売されていますよ。

関連記事:【2021】おしゃれな電気毛布おすすめ18選|使い方・洗い方・電磁波も徹底解説【ニトリ/しまむらも】

時間をかけてゆっくりと体感温度を高めてくれる「オイルヒーター」

速暖性はないものの、体を芯から暖めてくれるのがオイルヒーターです。温風が出るわけではないので乾燥知らず。暖房効率の弱さは否めませんが、サーキュレーターなどと併用すれば、暖かな空気を部屋に循環させることができます。

関連記事:【2021年】極寒地でも温かいオイルヒーターおすすめ15選!選び方や電気代など詳しく解説

本体価格も安く、燃料不要の小型暖房アイテム「セラミックファンヒーター」

セラミックファンヒーターは、何かを燃やして発熱するタイプではないので火事や火傷のリスクが低く、安全性な暖房器具として注目されています。スイッチを入れれば温風がすぐに出るのが特徴。一人暮らしの人からも人気です。

関連記事:【2021年最新版】セラミックファンヒーターおすすめ人気ランキング20選と製品選びのコツ・ポイントを徹底解説!

電源不要でアウトドア時にも活躍「石油ストーブ」

電源を必要とせず、灯油があれば使用できるので、キャンプなどのアウトドア時やコンセントがない屋外で人気な石油ストーブ。空気を乾燥させず、静音性に優れ、周りを強力に暖める効果があります。50畳以上もの距離を暖められる製品もあります。

関連記事:【2021年】石油ストーブのおすすめ機種15選紹介&徹底比較!選び方やメリット・デメリットも詳しく解説

即効性のある暖房器具が欲しい人におすすめ「石油ファンヒーター」

石油ファンヒーターは、灯油を燃焼して熱を発生させ、ファンで放射。部屋全体に暖かな風を素早く巡らせます。エアコンなどの電気系の暖房器具よりも速暖性が高く、暖かさが強いのが特徴です。定期的な換気は必要なのがデメリットです。

関連記事:[2021年最新版] 石油ファンヒーター おすすめ人気ランキング15選!おしゃれ & 激安モデルを徹底比較

ハロゲンヒーター まとめ

スイッチを入れたらすぐに暖まれるハロゲンヒーター。スポット暖房として家に一台あると便利です。

ちなみに、ハロゲンヒーターの使用可能時間は、3,000時間~5,000時間ほどといわれています。

1日3時間の使用で約5年は使えることになります。(※夏は使わないことを想定して計算)

とはいえ、使い方・オフシーズン時の保管の仕方・メンテナンスによって、寿命は短くなる可能性もあるので丁寧な扱いを心がけましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー