【耐久性抜群】ロストルおすすめ22選!焚き火調理など使い方に合わせた選び方を解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ロストル おすすめ

出典:amazon.co.jp

バーベキューグリルの上に置いたり、焚き火台の底に敷いて使用するロストル。普通の焼き網と比べて耐久性が高いため、使い勝手が良い点が魅力です。

ロストルには焼き網として使えるものから、焚火台の底に敷く専用ものなど、用途別にさまざまな種類があります。そのため、どれを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。ソロキャンプから複数人のキャンプまで、幅広く使える汎用性の高い商品が欲しい方も多いと思います。

そこで今回は、お気に入りのロストルを見つけるための選び方のポイントをご紹介。タイプ別の特徴や、長く使うための正しいお手入れ方法なども詳しく解説するので、ぜひチェックしてくださいね。

ロストルとは、耐久性に優れた網のこと

ロストルとは、耐久性に優れた網のこと

出典:rakuten.co.jp

ロストルは、焚火台やグリル・ストーブなどと合わせて使用する耐久性の高い金属製の網のこと。一般的な焼き網に比べて軸が太く、丈夫な素材で作られているものが多いため、耐久性に優れています。

ロストルは用途や使い方によって形やサイズが全く異なります。焼き網と同じように食材を焼いたり鍋を乗せて調理用に使う商品は特に豊富。その他に焚き火台の底に置く炭床用やダッチオーブンの底網として使うなど、重たいものを乗せることを前提として作られている商品もあります。

利用するシーンや、一緒に使いたい焚き火台やグリルとの相性を考えて選びましょう。

ロストルの選び方

ロストルは、使用用途・素材・サイズ・合わせて使いたいアイテムとの相性の4つをポイントにして選びましょう。

用途に合わせて種類を選ぶ

ロストルは用途によって適したタイプが異なります。それぞれのタイプが、どんな用途に適しているのかをチェックしましょう。

調理用に使う場合は、焼き網・五徳タイプが最適

焼き網タイプ

調理用に使う場合は、焼き網・五徳タイプが最適

出典:rakuten.co.jp

五徳タイプ

調理用に使う場合は、焼き網・五徳タイプが最適

出典:rakuten.co.jp

食材を並べて焚き火台でバーベキューをしたい方や、ケトルやスキレットなどを使って焚火調理をしたい方には、焼き網・五徳向けのロストルが最適です。小さめの食材を焼きたい場合は、軸の間隔が狭いものを選びましょう。9mm以下なら食材が落ちてしまう心配も少なくなります。

重たい調理器具を乗せたい場合は、軸が太く安定性が高いものを選びましょう。軸の直径が5mm以上が目安です。石や木に橋掛けをして枝などで火をくべて、五徳として使う方法もあります。

おすすめのケトルは下記の記事で紹介しているので、あわせてチェックしてみましょう!

関連記事:手軽にお湯を沸かす!キャンプ用ケトルおすすめ37選|火を使わない方法や必要道具も

いろいろなアイテムを置きたいなら、安定感のあるスタンド付きがおすすめ

いろいろなアイテムを置きたいなら、安定感のあるスタンド付きがおすすめ

出典:rakuten.co.jp

スタンド付きのロストルは高さがあるので、焚き火台とロストルのサイズがフィットしなくても使えます。安定感があり、ケトルやスキレット、調理グッズなどさまざまなアイテムを置けて便利です。

高さを調整できたり、焚き火台の形状を問わず使える点もメリット。コールマンのファイヤーディスクなど、直接ロストルを置きづらい形状の焚き火台でも使えますね。

炭床・底網として使う場合は、専用の商品を選ぼう

炭床用

炭床・底網として使う場合は、専用の商品を選ぼう

出典:rakuten.co.jp

底網用

炭床・底網として使う場合は、専用の商品を選ぼう

出典:rakuten.co.jp

炭床用のロストルは、炭の下に空気の通り道を作り、燃焼効率を高めてくれます。また、ダッチオーブンの底網として使うロストルは食材の焦げ付きを防止する役割があり、焚火調理で大活躍。どちらも一緒に使うグリルや焚き火台とサイズがぴったり合うことが重要になるため、専用の商品を選びましょう。

ソロストーブやUCOなど独特な形をした焚き火台の場合は、専用ロストルでないと上手く使えないので特に注意してくださいね。専用のものが無い場合は、サイズや形状をよく確認してから購入しましょう。

おすすめのダッチオーブンは下記の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

関連記事:キャンプで盛り上がること間違いなし!ダッチオーブンおすすめ20選|使いやすい家庭用モデルも

素材で選ぶ

素材によって耐久性や重さ、使い勝手も異なります。それぞれの素材の特徴をチェックしましょう。

使い勝手の良さが抜群のステンレス製

使い勝手の良さが抜群のステンレス製

出典:rakuten.co.jp

ステンレス製のロストルは、お手入れが簡単で軽量な点がメリットです。形状にもよりますが、チタンや鋳鉄などの他の素材と比較して1,000円ほど安く、コスパを重視する方にもおすすめ。

強度を重視する方には、ステンレスの中でも特に強度や耐食性、耐熱性に優れた「ステンレス304」がおすすめです。価格は他のステンレスに比べて1,000円程度高くなりますが、保温効果が高く錆に強いなどの特徴があります。

重い物を乗せるなら、鉄製がおすすめ

重い物を乗せるなら、鉄製がおすすめ

出典:rakuten.co.jp

鋳物(いもの)と呼ばれる素材の1つである、鋳鉄製のロストルは耐熱性が高い点が魅力。熱で変形してしまう心配もありません。炭床として使いたい場合におすすめの素材です。見た目も無骨でかっこいいですね。

ただし重量があるので、荷物を軽くしたい登山などを伴うキャンプには向きません。長時間焚火を楽しみたい方、耐熱性を重視する方には最適です。

合わせて使う焚き火台やグリルとのサイズ感も確認しよう

合わせて使う焚き火台やグリルとのサイズ感も確認しよう

出典:rakuten.co.jp

焚き火台やグリルの上に設置する場合は、ロストルが大きすぎるとバランスが悪くなってしまいます。失敗しないためには、少し小さめのサイズを目安に選ぶのがポイントです。同じメーカーから販売されている専用のロストルなら、ぴったりサイズで使えるのでより安定しますね。

編集部

購入したユーザーがどんな焚き火台と合わせて使っているのか、口コミをチェックするのもおすすめです!

【焼き網・五徳】ロストルおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ素材重量その他特徴
TokyoCamp 専用焼き網¥1,860 楽天市場AmazonYahoo!約260×165mmステンレス304約280g永久保証
MAGNA(マグナ) 永久保証 ヘビーロストル¥3,480 楽天市場AmazonYahoo!約335×335mmステンレス3041250g永久保証
チタングリルプレート ロストル FIELDOOR¥2,860 楽天市場AmazonYahoo!約250×110mmチタン約150g収納袋付
キャンピングムーン 焚き火台用 ゴトク MTG-2G¥1,260 楽天市場AmazonYahoo!約240×90mmステンレス304約130g(1本)2点セット
キャンピングムーン 軽量焚き火台 MTG-2F¥1,080 楽天市場AmazonYahoo!約235×90×18mmステンレス30488g(1本)電解研磨仕上げ
キャンピングムーン MTG-CB¥2,950 楽天市場AmazonYahoo!約500×130㎜ステンレス304約800g電解研磨仕上げ
キャンピングムーン MTG-B¥1,872 楽天市場AmazonYahoo!約500×130mmステンレス304約500g電解研磨仕上げ
キャンピングムーン 極ロストルW12¥2,952 楽天市場AmazonYahoo!約335×335㎜ステンレス304約1250g-
SOLOGEAR スマートグリル B5 焼き網¥1,200 楽天市場AmazonYahoo!約175×245mmステンレス304約448g-
キャンピングムーン 焚き火ゴトク MTG-D¥1,539 楽天市場AmazonYahoo!約400×130mmステンレス304480g-

【焼き網・五徳】ロストルおすすめ人気ランキング10選

【炭受け・底網用】ロストルおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ素材重量その他特徴
ファイアグリル ヘビーロストル キャンプ 焚火¥3,700 楽天市場AmazonYahoo!約335×335mmステンレス鋼約1.2kgファイアグリル専用
ユニフレーム ファイアグリル 交換用¥1,210 楽天市場AmazonYahoo!約335×335mmステンレス鋼-ファイアグリル専用
ダッチオーブン 底網 8インチ用¥920 楽天市場AmazonYahoo!約170×20mmステンレス304--
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン ロストル 25cm用¥990 楽天市場AmazonYahoo!約190×20mmクロムメッキ--
キャンピングムーン 炭床Pro xs¥1,690 楽天市場AmazonYahoo!約175×175mm鋳鉄1.25kg-
ロゴス(LOGOS) 炎の達人ロストル・2個セット¥1,980 楽天市場AmazonYahoo!約180×110mmステンレス145g(1個)2個セット
Solo Stove ソロストーブ ロストル¥1,643 楽天市場AmazonYahoo!約110×110mmステンレス304100gソロストーブ専用
ユニフレーム 焚き火ベース 450 ロストル¥3,261 楽天市場AmazonYahoo!約330×140㎜ステンレス鋼約315g焚き火ベース450専用

【炭受け・底網用】ロストルおすすめ人気ランキング8選

【スタンド付き】ロストルおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ素材重量その他特徴
グリルスタンド 焚き火スタンド FIELDOOR¥4,510 楽天市場AmazonYahoo!約1440×780mmスチール12kg-
グリルスタンド 焚き火スタンド 幅86cm FIELDOOR¥5,940 楽天市場AmazonYahoo!約860×400mmスチール5.6kg-
キャンピングムーン 焚き火スタンド MTG-TLA¥5,470 楽天市場AmazonYahoo!約446×130mmステンレス304205g電解研磨仕上げ
アイアンクラフト IRONCRAFT イザナミ¥22,700 楽天市場AmazonYahoo!約500×960mmスチール10kg-

【スタンド付き】ロストルおすすめ人気ランキング4選

ロストルのおすすめ人気メーカー

高い耐久性が魅力の「スノーピーク」

スノーピークは品質の高さが魅力のアウトドアブランド。スノーピークのピラミッド型焚き火台と合わせて使える炭床用ロストルを取り扱っています。頑丈な鋳鉄製のロストルで、燃焼効率を高めてくれます。品質重視の方には特におすすめですよ。

種類が豊富な「キャプテンスタッグ」

キャプテンスタッグでは、炭床用・底網用・焼き網用などさまざまな用途に合わせたロストルが販売されています。手入れのしやすいステンレス製の製品が多く、使い勝手の良さは抜群です。リーズナブルな価格で購入できるため、コスパ重視の方におすすめですよ。

コスパが高い「キャンピングムーン」

個性的なアイテムを多数販売しているキャンピングムーン。おしゃれな柄のロストルや、スタンド付きのロストルなどを取り扱っています。軸が太く、丈夫な小型のロストルが多くラインナップ。ソロキャンプをする方には特におすすめです。

汎用性の高いロストルが人気の「ロゴス」

ロゴスでは、特殊な形状の「炎の達人ロストル」が人気です。ロゴスの卓上グリルにフィットするサイズですが、市販のグリルや焚き火台にも使用できます。燃焼効率が格段にアップして、炭や薪の燃え残りが少なくなるため、後片付けも楽になりますよ。

ロストルのお手入れ方法

ロストルのお手入れ方法

出典:rakuten.co.jp

ロストルは正しくお手入れをすれば、より長持ちします。素材別のお手入れ方法を解説するので、チェックしましょう。

  • ステンレス製ロストルのお手入れ方法
  • STEP.1
    炭を取り除く
    火が消えて十分に温度が下がったら、スコップなどで残った炭を取り除く。
  • STEP.2
    水洗いをする
    ブラシなどを使って、汚れを落とす。水洗いか、油汚れが気になる場合は洗剤を使う。
  • STEP.3
    乾かして保管する
    しっかりと乾かして、水分をクロスなどでふき取り保管する。
  • STEP.4
    漂白する
    焦げ付きやヤニが気になる場合は、オキシクリーンなどの漂白剤を使ってつけ置き洗いをする。使用頻度により、3ヵ月~半年に1回を目安に行う。
  • 鋳鉄製ロストルのお手入れ方法
  • STEP.1
    炭を取り除く
    火が消えて十分に温度が下がったら、スコップなどで残った炭を取り除く。
  • STEP.2
    汚れを取る
    ブラシなどを使って、汚れを落とす。洗剤は使わず、お湯を使うと汚れが落ちやすい。
  • STEP.3
    乾かして保管する
    しっかりと乾かして、水分をクロスなどでふき取り保管する。鋳鉄はさびやすく、水分が残らないよう注意。

ロストルは身近なアイテムで自作、代用できる?

ロストルを使ってみたいけれど、購入を迷っている方もいるでしょう。自作や代用ができないか検討している人も多いと思います。そこで、実際に自作できるのか・代用できるアイテムはあるのかを調査しました。

本格的な自作は難しいので要注意!100均のアイテムで自作をする人も

本格的な自作は難しいので要注意!100均のアイテムで自作をする人も

キャンパーの中には、ロストルを自作している方もいます。本格的なものを作るためには、鉄の加工が必要なので、経験や知識のない方には難しいでしょう。耐荷重などの保証がないため、重いものを乗せて使いたい方にはおすすめしません。

また、100均のアイテムを使って簡易的なロストルを作っている方もいます。こちらもある程度DIYの知識が必要になりますが、小さめの焚き火台やグリル用のロストルなら比較的難易度は低めです。気になる方は以下の動画の作り方をチェックしてくださいね。

普通の焼き網をロストルとして代用できる場合もある

普通の焼き網をロストルとして代用できる場合もある

ロストルではなく、普通の焼き網をロストル代わりに炭床として使っているキャンパーもいます。ただし、製品として販売されているロストルのような耐久性はありません。熱でゆがんでしまう可能性が高いので、試験的に使用する場合のみ代用すると良いでしょう。ダッチオーブンなどの重いものを乗せるときは、耐久性のない焼き網だと危険なので注意してくださいね。

ロストルの関連商品

ロストルの他にも、焚き火やバーベキューで活躍するキャンプグッズはたくさんあります。中でもおすすめのグッズをご紹介します。

焚き火台で串焼きが楽しめる「串焼き台」

キャンプで串焼き料理を楽しむなら網焼きや五徳として使えるロストルでも十分ですが、専用の串焼き台を使うのもおすすめです。焼き鳥はもちろん、魚の塩焼きなども上手く焼けるので、より美味しい焚き火料理が楽しめます。

用途に合わせて揃えたい「焚き火台」

焚き火台にはいろいろな種類があるので、1つだけではなく用途に合わせて持っておくのもおすすめ。サイズもソロキャンプ向けからファミリーキャンプ向けまで幅広く、形状もさまざまです。利用するシーンに合わせて選んでくださいね。

人気の焚き火台をチェックしたい方は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事:【ソロ〜ファミリーまで使える】焚き火台おすすめ15選|人気のコールマン、スノーピークも

火おこしを楽にしてくれる「固形燃料」

1人サイズの焚き火台やグリルの火おこしには、固形燃料を使うのがおすすめです。少しお湯を沸かす程度なら固形燃料のみでOK。炭や薪と合わせて使えば火おこしが楽になります。ソロキャンプで焚き火や焚き火調理を楽しみたい方は、いくつか持っておくと便利なのでチェックしましょう。

着火におすすめのガストーチはこちらの記事で紹介しています。

関連記事:【火力最強】ガストーチおすすめ19選!SOTOやイワタニなど人気メーカーも紹介

ロストルのよくある質問

ロストルのよくある質問

出典:rakuten.co.jp

100均のロストルはどうですか?

100均では丸型の小さいストーブに合わせて使う、五徳用のロストルが販売されています。ソロストーブと合わせて使っているキャンパーもいました。耐久性は低いですが、試しに使ってみたい方には適しています。

中古のロストルはどうですか?

メルカリやヤフーオークションなどのサイトでは、中古のロストルが数多く販売されています。通常の価格より安く購入できますが、傷や使用感、耐久性などが気になる方は新品を購入した方が良いでしょう。

おすすめロストルまとめ

おすすめロストルまとめ

出典:rakuten.co.jp

この記事では、おすすめのロストルや選び方について紹介しました。

  • 焼き網・五徳・炭床など用途に合わせて形状を選ぶ
  • サイズは合わせて使いたい焚き火台やグリルに合うものを選ぶ
  • ステンレス製は手入れがしやすく軽量で便利
  • 鋳鉄製は丈夫で、長期間使いたい方におすすめ

ロストルといっても用途によって形状やサイズは全く異なります。キャンプやバーベキューでどんな風に使いたいのかをよく考えて最適なものを選んでくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー