【砂が入らないのは?】マリンシューズ人気おすすめ22選!安い&おしゃれな商品も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【レディース&メンズ】マリンシューズ人気おすすめ22選!ワークマン・しまむらも

マリンシューズは、海・川などのマリンレジャーやマリンスポーツなどのアクティビティで、足元を軽快にしてくれる心強いアイテム。リーフツアラー・アディダス・ナイキを始め、ワークマンやしまむらにも個性豊かなマリンシューズが販売されています。

とはいえ、タイプや形状の違う多くの種類の中から砂が入りにくいモデルや、滑りにくく歩きやすい商品を探すのは大変ですよね。

そこで本記事では、マリンシューズの選び方や人気商品をじっくり解説。レディース・メンズ別のおすすめ人気ランキングでは、おしゃれでコスパのいい商品も登場するのでぜひ、チェックしてくださいね。

ケガから足を守る!マリンシューズとは?

怪我から足を守る!マリンシューズとは?

出典:rakuten.co.jp

海や川で大活躍するマリンシューズはウォーターシューズとも呼ばれています。普通のサンダルとは違い、グリップ力や柔軟性のあるソール・水中でも脱げにくい素材や形状など、機能性が高いのが特徴。岩場・砂浜などでも滑りにくく、不意のケガから足を守る安全性も兼ね備えています。

速乾性・通気性もあり、水中だけでなく陸上でも使える水陸両用タイプが主流。砂が入らない工夫が施された商品も人気です。最近のマリンシューズは色やデザインも豊富で、おしゃれ感覚で商品を選べます。

砂が入らず滑りにくい!マリンシューズの選び方

マリンシューズの選び方のポイントを6つ解説します。使う場所やシーンを思い浮かべながら選んでみましょう。

スリッポン?ハイカット?3つのタイプの特徴で選ぶ

マリンシューズのタイプは、スリッポン・スニーカータイプ・ハイカットの3つがあります。

スリッポンタイプ:軽量で着脱しやすい。リーズナブルな価格で初心者におすすめ

スリッポンタイプ:軽量で着脱しやすい。リーズナブルな価格で初心者におすすめ

出典:amazon.co.jp

マリンシューズの中で、種類が多いのが「スリッポンタイプ」。足を入れるだけで脱ぎ履きできる手軽さが特徴です。伸び縮みもしやすく軽量なので、初めてマリンシューズを購入する人におすすめ。色やデザインが豊富で、安いものなら500円前後で買えます。

しかしソールが薄いものが多く、凹凸が激しい岩場など足場の悪い場所にはあまり向きません。細かいサイズ調整はできないため、サイズが合っていないと脱げてしまう恐れがあります。スリッポンタイプを選ぶ場合は、足にぴったり合うサイズを選びましょう。

スニーカータイプ:靴紐でフィット感を調整できるので脱げにくい。安全性を重視したい人に

スニーカータイプ:靴紐でフィット感を調整できるので脱げにくい。安全性を重視したい人に

出典:amazon.co.jp

ベルクロ(マジックテープ)やドローコード(留め具付きの紐)で締め具合を調整できる「スニーカータイプ」は、安全性を重視する人におすすめです。自分の足にフィットするため脱げにくく、履き心地に満足できます。靴のサイズ選びで悩む甲高・幅広や、幅の狭い足の形の人にもおすすめです。

ハイカットタイプ:くるぶしまでカバーできる。砂が入るのが気になる人に

ハイカットタイプ:くるぶしまでカバーできる。砂が入るのが気になる人に

出典:amazon.co.jp

靴の中に砂が入るのが気になるなら「ハイカットタイプ」のマリンシューズを選びましょう。くるぶしまで覆う高さがあるので、小石や砂の侵入・歩行時のズレを気にせずアクティビティが楽しめます。シュノーケリングで使用するフィンの装着もOK。

しかし、スリッポン・スニーカータイプと比べて脱ぎ履きしにくいのはデメリット。脱ぎ履きを少しでも楽にしたい場合は、ファスナー・ドローコード・ベルクロ付きがおすすめです。履き口からの隙間もカバーできます。

岩場・砂浜の凹凸で刺激を感じるなら0.5cm以上の厚みのあるソールがぴったり

岩場・砂浜の凹凸で刺激を感じるなら0.5cm以上の厚みのあるソールがぴったり

出典:amazon.co.jp

岩場の釣りなど、凸凹のある場所で使用するなら、0.5mm以上の厚みがあるソールがおすすめ。厚さのあるソールは小石や貝殻の感触を足に感じにくく、快適な歩行が可能です。刺さったような感覚がなく、足裏をしっかりカバーしてくれるため、安心感もアップします。踏み込みをためらう珊瑚が多い海での使用もおすすめです。

速乾性のあるメッシュ・ネオプレーン生地なら、陸に上がった後も歩きやすい

メッシュ

速乾性のあるメッシュ・ネオプレーン生地なら、陸に上がった後も歩きやすい

出典:rakuten.co.jp

ネオプレーン

速乾性のあるメッシュ・ネオプレーン生地なら、陸に上がった後も歩きやすい

出典:rakuten.co.jp

陸上でも快適な履き心地を体感したいなら、メッシュ・プレーン生地を使用したマリンシューズがおすすめです。メッシュ加工が施されたものは、通気性はばっちり。メッシュの目が荒いと砂が入りにくいため、砂が入るのが気になる人は、細かい目のメッシュを選びましょう。

防水性を重視するなら、ネオプレーン生地がおすすめ。ネオプレーン生地とはウェットスーツにも使用される合成ゴム素材で、防水性の他、伸縮性・対摩擦性に優れています。また保温性も高いため、水中での冷えの防止にも役立ちます。

動きやすさを重視するなら片足200gの軽量モデルがベター

動きやすさを重視するなら片足200gの軽量モデルがベター

出典:amazom.co.jp

フィンを付けてダイビング・シュノーケリングをする人や、マリンシューズの重さを気にせず泳ぎたい人は軽量モデルを選びましょう。販売されているマリンシューズの重さは約150〜400g。水が入ったり、水分を含むと重くなることを考慮すると、水中・陸上でも動きやすい片足200gを目安に選ぶのがおすすめです。

片足200g程度なら、靴下や素足のような感覚で歩行もOK。ただし、軽量さを重視しすぎると、ソールやアッパーが薄かったり、足を守る機能が劣るモデルもあるので注意しましょう。

関連記事:2点or3点?シュノーケルセットおすすめ22選!マスクやフィンの選び方も解説

脱ぎ履きのしやすいさを求める人は、プルストラップ付きかチェック

脱ぎ履きのしやすいさを求める人は、プルストラップ付きかチェック

出典:amazaon.co.jp

マリンシューズは足にぴったりフィットする感触ですが、履き口が狭いので濡れた状態だと履きにくくなります。スムーズな脱ぎ履きがしたい人は、かかとにプルストラップが付いたモデルがおすすめです。足をマリンシューズに入れて、プルストラップを引っ張れば吐き口が広がり履きやすくなります。

大きめのプルストラップなら穴に指を引っ掛けて引っ張れるので、履き直しの時間も短縮できます。プルストラップ付きを購入する場合は、穴の大きさもチェックしましょう。

脱げたり転倒したりしないように、普段より-0.5cm小さいサイズを選ぶ

脱げたり転倒したりしないように、普段より-0.5cm小さいサイズを選ぶ

出典:rakuten.co.jp

マリンシューズは自分の足のサイズより0.5cm小さいサイズを選びましょう。普段使いのスニーカーなどは0.5cm程度大きめのサイズを選ぶのが一般的ですが、マリンシューズの場合、シューズと足の間に隙間ができると足が固定されず転びやすくなったり脱げやすくなります。また、砂・小石が入りやすくなりがちです。

きつくて痛いように思えますが、マリンシューズは優れた伸縮性が特徴。-0.5cm以下のサイズなら、足にぴったりフィットして自然な力で踏ん張りやすくなります。

編集部

マリンソックスを履く場合は、普段のサイズより+0.5〜1cm前後の大きめサイズを選ぶのがおすすめです。

関連記事:【釣り・シュノーケリングに】ライフジャケット人気おすすめ21選!桜マーク付きも紹介

【レディース】マリンシューズおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ陸上/水中の重さ素材タイプソールの厚さ機能性水陸両用折り畳み
AIRWALK マリンシューズ¥1,998 楽天市場AmazonYahoo!18〜28cm陸上150g(23cm)ポリエステル・合成ゴムスリッポンタイプ(kaepaデザインはベルクロ付き)-柔軟性・通気性・速乾性ローカットAIRブラック・AIRブルー・AIRピンク・KAPブラック・KAPネイビー他全7色
ジュンダジャパン マリンシューズ¥1,499 楽天市場AmazonYahoo!22.5~28.5cm-ポリエステルスリッポンタイプ-通気性・排水性・柔軟性・伸縮性・耐摩耗性ローカットブラック・ブルー・グリーン・グレー・ピンク・ブラック・ブラックグリーン・ブラックグレー・ブラックピンク
マリンシューズ ビーチシューズ ウォーターシューズ アクアシューズ 2mm厚 水陸両用 靴 メンズ レディース キッズ シュノーケリング 海 川 岩場 フィットネス マリンスポーツ アウトドア¥1,999 楽天市場AmazonYahoo!12〜28cm陸上:約170g(24cm)ネオプレーンスリッポンタイプ2mm速乾性・防水性・軽量性ローカットチャコール・ブラック・ネイビー・カーキ・イエロー・ローズピンク他全20色
軽くて持ち運びラクラク!マリンシューズ¥1,580 楽天市場AmazonYahoo!13.5〜29cm-PVC・ポリエステル・ポリウレタンスリッポンタイプ-速乾性・伸縮性・保温性・ストレッチ性ローカットピンク×ホワイト・ピンク×ブラック・ターコイズ・ライトグリーン他全17色
マリンシューズ¥1,580 楽天市場AmazonYahoo!22〜29cm-メッシュ素材スリッポンタイプ-排水性・速乾性・軽量性・ローカットブルー・オレンジ・ピンク・マップ・グリーン他全6色
SIMARI マリンシューズ¥5,940 楽天市場AmazonYahoo!21.5〜29cm-ポリエステル・TPR(サーモグラフィックゴム)スリッポンタイプ-柔軟性・撥水性・通気性ローカットストライプブラック・ダークブルー・レッド・惑星他全37色
ケイ・ララ シンプル マリンシューズ¥583 楽天市場AmazonYahoo!18〜29cm--スリッポンタイプ-軽量性・速乾性ローカットブラック・グリーン・ローズレッド・バイオレット他全9色
JOKBEN マリンシューズ A06¥2,699 楽天市場AmazonYahoo!ピンクブルー:23~26cm 他のカラー:23~28cmポリエステルスニーカータイプ-通気性・排水性・柔軟性・伸縮性ローカットブラック・ブルー・ホワイトグレー・ピンクブルー
Wonder Stage マリンシューズ¥1,380 楽天市場AmazonYahoo!23〜27cm陸上:80g(24cm)ポリエステル・ポリウレタン・TPRスリッポンタイプ-柔軟性・速乾性・軽量性・ローカットピンク・ライトピンク・ミントグリーン・オレンジ・ライトグレー他全9色
Dobetiger マリンシューズ¥1,399 楽天市場AmazonYahoo!22〜27.5cm-ポリエステル・スパンテックススリッポンタイプ-携帯性・通気性・速乾性・伸縮性ローカットピンク・パープル・ブラック・ブルー・
TTMIX マリンシューズ 484¥2,799 楽天市場AmazonYahoo!22.5〜28.5cm-ポリエステルスリッポンタイプ(ベルクロ付き)-速乾性・通気性・耐久性・柔軟性ローカットブラック・ダークブルー・ライトブルー・イエロー・ローズレッド・グレー他全9色

【レディース】マリンシューズおすすめ人気ランキング11選

【メンズ】マリンシューズおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ陸上/水中の重さ素材タイプソールの厚さ機能性水陸両用折り畳み
TEDDY SHOP マリンシューズ¥1,580 楽天市場AmazonYahoo!22〜18cm122gソール:PVC・アッパー:ポリウレタン、ポリエステルスリッポンタイプ1.2cm排水性・通気性・速乾性ローカットクレー×ホワイト・ブラック×ブルー・ブラック×グリーン・ペイント他全20色
Sixspace マリンシューズ ウォーターシューズ 水陸両用楽天市場¥2,599 AmazonYahoo!22〜28.5cm-ポリエステル・スパンテックススリッポンタイプ-吸湿性・速乾性・伸縮性・通気性・排水性ローカットブルー・グリーン・黒・パープル・ピンク・ローズ他全25色
ヘレイワホ マリンシューズ¥2,280 楽天市場AmazonYahoo!22〜28cm-ネオプレーンスリッポンタイプ-耐久性・保温性・軽量性・柔軟性ローカットライトグリーン・イエロー・フラッシュピンク・ネイビー・ブラック他全7色
ヘレイワホ ウォーターシューズ AQ2309¥1,698 楽天市場AmazonYahoo!22〜28cm-アッパー:4wayストレッチスペーサーファブリック・ソール:天然ラバースリッポンタイプ-通気性・透湿性・排水性・軽量性・速乾性ローカット杢ブラック・杢グレー・杢ネイビー
水陸両用マリンシューズ 191シリーズ¥1,999 楽天市場AmazonYahoo!22.5〜29cm-ポリエステルスニーカータイプ-通気性・排水性・柔軟性・ローカットオリーブ・ブラック・パープル
AROPEC(アロペック) マリンシューズ AQ2309¥1,199 楽天市場AmazonYahoo!22〜28cm-ネオプレーン・メッシュスリッポンタイプ(アジャスターケーブル付き)-通気性・柔軟性・耐久性・速乾性ローカットブラック×シルバー
ユニセックス マリンシューズ¥1,580 楽天市場AmazonYahoo!22〜28cm陸上:片足122gアッパー:ポリエステル、ポリウレタン・ソール:PVCスリッポンタイプ1.2cm撥水性・通気性・ローカットホワイト・ブラウン・カーキ・ブロックチェック・ボタニカル・パームリーフ他全12色
マリンシューズ 水陸両用¥1,278 楽天市場AmazonYahoo!22.5〜29.5cm-ポリエステル・ゴムスリッポンタイプ-柔軟性・排水性・速乾性・通気性ローカットマゼンタ・ブルー・ホワイト・ダークブルー・グリーン他全9色
リーフツアラー マリンシューズ RA0107¥2,466 楽天市場AmazonYahoo!21〜28cm陸上:430gナイロン・ポリエステル・プロロプレンゴムスリッポンタイプ-伸縮性・排水性・通気性・速乾性ハイカットブラック・ブルー・バイオレット・-
tusa sport マリンシューズ ハイカット仕様 UA-0105¥3,186 楽天市場AmazonYahoo!21~28cm-ナイロン・発泡クロロプレーンゴム・合成ゴムハイカットタイプ-排水性-ハイカットイエロー・カーキ-
RACQUA マリンシューズ¥3,649 楽天市場AmazonYahoo!23〜31cm-PVC・スニーカータイプ(ベルクロ付き)-速乾性・軽量性・柔軟性・伸縮性・通気性ローカットブラック・ホワイト・ブルー/オレンジ

【メンズ】マリンシューズおすすめ人気ランキング11選

マリンシューズのおすすめ人気メーカー・ブランド

「理想のマリンシューズが見つからない!」という人は、メーカーやブランドから選ぶのもおすすめ。人気のメーカー・ブランドをご紹介します。

本格的な水陸両用までオールマイティに使える「ナイキ(NIKE)」

スポーツシューズの有名ブランド「ナイキ」。トレッキングなど本格的なアウトドアなど、オールマイティーに使えるマリンシューズが揃っています。高品質で履き心地が良いのが特徴。動きやすく、滑りにくいクッション性の高いアウトソールは、街歩きにもおすすめです。

価格帯は5,000円前後〜3万円前後と幅が広いですが、ベビー・キッズ用・大人用まで多彩なラインナップ。トレーニング用に開発された「ウィメンズ フリー コネクト」は、抜群のフィット感と通気性でマリンシューズとしても活用されています。

安心の耐久性を持つおしゃれなフォルムの「AQA」

「AQA 」は、日本有数のゴムメーカー「鬼怒川ゴム工業」を母体とする「株式会社キヌガワ」のシュノーケリング関連商品のブランドです。ゴムを知り尽くしているからこそできる技術とアイデアがぎっしり詰まったマリンシューズが販売されています。

伸縮性のあるエアプレーン生地が、足首までしっかり包み込み脱げにくい設計。岩場や水中でのケガの防止に大活躍します。おしゃれなデザインの「AQA ベアフットシューズ」は、軽量でコンパクトに持ち運びが可能。約2,800円〜4,500円前後で購入できて、カラーバリエーションも豊富です。

大人も子供も楽しめる。シュノーケリングに特化した「リーフツアラー」

ダイビング器材からシュノーケリング用品などの製造・販売を手がける株式会社タバタのブランド「リーフツアラー」。ファミリーでシュノーケリングを存分に楽しめるさまざまな商品が販売されています。マリンシューズは、甲高・幅広が多い日本人の足にフィットするデザインが豊富。長時間、履き続けていても快適です。

約1,800円〜3,800円程度で購入できるのも◎。キッズから大人用までサイズの幅が広く、家族みんなでお揃いのマリンシューズもいいですね。踵部分には滑りにくいラバー素材が使用され、磯遊び・川遊びにおすすめ。さらに、フィンストラップのズレ防止にも役立ちます。

充実の機能性。ムレない・滑りにくい「アディダス」

「アディダス」のマリンシューズの特徴は、スポーツブランドならではの充実した機能性。独自開発によるテクノロジーが搭載されており、水中・濡れた岩場などでも滑りにくく、通気性・速乾性にも優れています。また、垢抜けたデザインはスニーカー感覚で履けるため、普段使いもOK。7,000円前後〜9,000円程度で購入できます。

アディダスの3本ラインが一際目立つ「テレックス ジャパウ スリッポン」は、効率よく水を外に排出する機能を搭載。抜群のフィット感とグリップ力が魅力です。アッパーと踵部分の2ヶ所にプルストラップが付いていて、脱ぎ履きが楽にできます。

おしゃれなデザインが特徴の「キャプテンスタッグ」

キャンプなどのアウトドア用品を取り扱っている「キャプテンスタッグ」のマリンシューズは、おしゃれな色とデザインが特徴。スリッポンタイプのマリンシューズの他に、メッシュタイプの「マリンシューズNEO-2」など、キッズから大人サイズまで種類が豊富。税込み2,000〜4,000円台で購入できます。

鮮やかなライトブルー・タイダイブルー・ネイビーの3色を展開している「HULA ドロップウォーターシューズ」は、収納ケース付きでおしゃれ感満載。外側にキャプテンスタッグのゴロも入っているので、テントやグランドシートなどのアウトドア用品と揃えるのもおすすめです。

関連記事:テントを快適に!グランドシートのおすすめ20選!コールマンやDODなど人気製品を紹介

安いVS 高い!マリンシューズの比較

マリンシューズは、1,000円前後〜3万円程度が価格の相場。おしゃれなデザインや満足できる機能があればベストですが、値段も気になりますよね。そこで、1,000円以下で買える安いモデルと、高額の2万円前後のモデルを比較してみました。

安いマリンシューズの特徴(1,000円以下のモデル)

1,000円以下で買える安いマリンシューズはスリッポンタイプが多いのが特徴。柔らかく通気性の良いナイロン生地もあり、プール・砂浜・浅瀬の川などレジャーにぴったりです。高いマリンシューズと比べて靴底は薄めで、グリップ力は劣ります。

ゴツゴツした岩場や滑りやすい場所には向いていませんが、シュノーケリングやダイビングでマリンソックスとしても十分使えます。また、サイズの設定はあるもののフィット感に欠ける商品もあるので、購入時にはサイズをしっかり確認しましょう。

こんな人におすすめ
  • ワンシーズンだけで使えればOK
  • マリンソックスとしても兼用したい
  • 予算を抑えたい

高いマリンシューズの特徴(2万円前後のモデル)

値段の高いマリンシューズは、防水性・軽量性・グリップ力・通気性に優れている商品が多いです。

ナイキ・サロモンなどの有名メーカーやブランドが独自に開発した最新技術が搭載された生地が使用されています。水陸両用タイプの商品が豊富で、足にぴったりフィットして履き心地も快適。

耐久性もばっちりでシュノーケリングをはじめ、ダイビング・ヨット・サーフィン・岩場での釣りなど、さまざまなマリンスポーツに対応できます。さらに、おしゃれなデザインのものが多く、普段使いも可能。違和感なく街歩きができます。

こんな人におすすめ
  • 機能性重視の人
  • 水陸両用で普段使いもしたい
  • 長く使いたい

編集部

海外輸入品は関税や送料が高く、最終的に高額になるケースがあるので注意しましょう。

マリンシューズはどこで売ってる?

楽天・amazonなどのネット通販でも買えるマリンシューズですが、実際の商品を見たい人や複数のお店で比べてみたい人は、どこで売っているのか知りたいところ。そこで、Picky’s編集部ではマリンシューズを取り扱っているお店を調査しました。

ドンキホーテ・カインズにはマリンシューズの取扱あり

2023年11月現在、Picky’s編集部が調査したところ、ドンキホーテでは、スリッポンタイプでノーブランドのマリンシューズが販売されています。値段はプルストラップなしの500円台。店舗にもよりますが、S〜XXLまでサイズは揃っています。

カインズホームでも取り扱いはありますが直接オンラインショップで購入はできず、店舗に取りに行く「店舗取り置き」ができますお店に買いに行く場合は、店舗によって取り扱いや在庫の違いがあるので、事前に確認しましょう。

参考:水が抜けるアクアシューズ|カインズホームオンラインショップ

ワークマン・しまむら・100均・イオンにはマリンシューズの取扱いは確認できなかった

ワークマン・しまむら・100均・イオンにはマリンシューズの取扱は確認できなかった

Picky’s編集部は同時期に、ドンキホーテやカインズホーム以外の取扱店を調査をしましたが、ダイソーやセリアなどの100均でマリンシューズは販売されていませんでした。

ワークマンでは2023年8月頃までスニーカータイプの「ベアマリンシューズ」が、オンラインストアで購入できましたが、現在は販売終了になっています。こちらも店舗によって在庫や取り扱いがある場合があるので、入手したい人はお店に問い合わせてみましょう。 

また、取扱い店舗は限られていますが、イオンのネットスーパー「おうちでイオン」で、リーフツアラーのマリンシューズが購入できます。スリッポンのハイカットタイプで税込み3,280円。サイズは22〜27cmまであります。

参考:おうちでイオン イオンネットスーパー

マリンシューズの関連商品

マリンシューズと併せて購入すると、海・川などのレジャーがもっと楽しめるおすすめの関連商品をご紹介します。

サイズ感が合わない時・「マリンソックス」

「フィンソックス」「スノーケリングソックス」とも呼ばれている「マリンソックス」。フィンを装着するシュノーケリングに使われますが、マリンシューズのサイズ感が合わない時におすすめです。

マリンシューズと足の隙間ができず、ぴったりフィット。肌に当たって擦れないため、靴擦れ防止に役立ちます。初めてマリンシューズを履く人にもおすすめです。くるぶしまでの丈や長めの丈もあるので、履きやすく動きやすい長さを選びましょう。

貴重品・着替えの水濡れ防止に役立つ「防水バッグ」

「防水バッグ」は、プール・釣り・磯遊びでの貴重品や着替えの保管におすすめです。防水機能が搭載されており、外側が濡れてもバッグの中身が濡れる心配がありません。反対に、濡れたマリンシューズの収納もでき、移動中の車内での水濡れを防止できます。

ショルダーバック・トートバッグなど形状のタイプはさまざま。5〜70lまで容量の幅が広く、用途・家族やメンバーの人数に合わせて選べます。

ダイビング・シュノーケリングのお供に。水中でも撮影できる「防水ビデオカメラ」

海や川の美しい景色が撮影できる「防水ビデオカメラ」。水を気にせず撮影ができるので、ダイビング・シュノーケリングにぴったりです。水の他に汚れやホコリにも強く、キャンプや登山でもOK。汚れたらそのまま水で丸洗いもできる優れものです。

防水ケースがなくても深さ10mまでの水中の撮影が可能。4Kの高画質・手ブレ補修・リモコン機能などプロ並みの映像が撮影できます。

関連記事:【2023年】防水カメラおすすめ20選!旅行やダイビングに人気の機種をご紹介!

関連記事:【2023年】水中でも撮影できる!オススメの防水ビデオカメラの種類と選び方

マリンシューズのよくある質問

マリンシューズのよくある質問

出典:amazon.co.jp

マリンシューズは洗濯機で洗えますか?おすすめの洗い方を教えて下さい。

洗濯機で洗えるマリンシューズもありますが、乾燥機はNGです。基本的なお手入れは、水で海水・砂をきれいに洗い流し、タオルなどで水気を取ってから風通しの良い日陰で干します。保管をする際は、完全に乾いた状態にして風通しの良い場所で保管しましょう。

300均の商品がメインの3COINSのマリンシューズは海でも使えますか?

海・川でも使えます。ビニールケース付きなので持ち運びに便利です。23.5cmと26.5cmの2サイズのみで、500円(税抜)で購入できます。

フィットボクシングでもマリンシューズを使っても大丈夫ですか?

重心移動より、足裏への負担が大きいフィットボクシングにマリンシューズはおすすめです。マリンシューズは柔らかい素材が多いため、膝・足首への負担を軽減できます。

マリンシューズの代用になる靴はありますか?

クロックスやサンダルでも代用はできますが砂・砂利が入りやすく、岩の上を歩く時は滑らないように注意しましょう。シュノーケリングなど、歩くことが少ない場合は、素足に直接貼る「ネイクフット」がおすすめです。

おすすめマリンシューズまとめ

おすすめマリンシューズまとめ

出典:amazon.co.jp

  • マリンシューズは、海・川で快適に過ごすためのアイテム
  • 初めてマリンシューズを買う人は、軽量で履きやすいスリッポンタイプがおすすめ
  • しっかりしたフィット感を重視するならスニーカータイプを選ぼう
  • 砂利・砂が入らないマリンシューズが欲しい人はハイカットがおすすめ
  • 水陸両用を選ぶなら素材はネオプレーンがぴったり
  • 普段のサイズより-0.5cmを選べば快適なアクティビティが楽しめる
SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー