最強はどれ?モンキーレンチおすすめ25選!なめにくい仕様・人気メーカーも紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

サイズが豊富!モンキーレンチおすすめ25選!ラチェットとの違い・使い方も解説

出典:amazon.co.jp

1本でさまざまなサイズのボルト・ナットを締めたり緩めたりできる「モンキーレンチ」。ボルトやナットのサイズに合わせて口の開きを調整できるため用途が幅広く、DIYには欠かせない工具です。

しかしモンキーレンチはショート・ロング、ラチェット機能付きなど種類が豊富なので、どれを選べばいいか迷いますよね。「なめない&緩まない、最強のモンキーレンチが欲しい」と思っている方もいるはず。

そこでこの記事では、後悔しないモンキーレンチの選び方と人気商品ランキング、おすすめメーカーを紹介します!ランキングは、ロング・ショート・多機能に分けて厳選。初心者におすすめな商品やガタなしタイプ、狭い場所に最適な首振りタイプもご紹介します。

モンキーレンチは、ラチェット・スパナと違って汎用性が高い

モンキーレンチモンキーレンチとラチェット・スパナとの使い方の違いとは?
ラチェットレンチモンキーレンチとラチェット・スパナとの使い方の違いとは?
スパナモンキーレンチとラチェット・スパナとの使い方の違いとは?

モンキーレンチとラチェット・スパナとの違いは、なんと言っても部品を挟むアゴの幅を調整できること。ラチェット・スパナは1本で対応できるボルト・ナットのサイズが決まっていますが、モンキーレンチなら1本で多くの用途に使用できます。

工具の種類 特長・メリット デメリット
モンキーレンチ
  • 部品に合わせてアゴ幅の調整が可能
  • ボルト頭に横からアクセスできる
  • 頑丈な構造で力が入れやすい
  • 汎用性が高く、さまざまな作業に対応
  • 本体が大きく取り回しがしにくい
  • 重量があり、腕が疲れやすい
  • アゴがズレて頂角をなめやすい
ラチェットレンチ
  • ラチェット機構搭載で連続回転が可能
  • ヘッドを部品から外さず連続使用できる
  • 軽量で腕が疲れにくい
  • ラチェット機構が繊細で壊れやすい
  • 狭い場所での使用には不向き
  • 何本も用意する必要がある
  • 横からのアクセスができない
スパナ
  • ボルト頭に横からアクセスできる
  • 軽量で腕が疲れにくい
  • ボルトの頂角をなめやすい
  • 強い力での締めには不向き
  • 何本も用意する必要がある

モンキーレンチは、重量があり頑丈な造りのため、本締めなど力をしっかり入れる作業にも使えるのがメリット。ただしボルト・ナットを回転させるたびに、口を脱着する必要があるため仕上げの締め・最初の緩めに適しています。

ラチェットレンチは、レンチ口のソケットが歯車機構になっているレンチ。ソケットをボルト・ナットに装着したまま連続回転ができるので、スピーディーに作業をこなしたい方にぴったりです。ただし、繊細で壊れやすい機構のため、仮締めに使いましょう。

スパナは、モンキーレンチと同じく、ヘッドの口が開いているアイテム。部品に対し横からのアクセスができるため、水道周りの袋ナットにも使用できます。ただしボルト・ナットを2面で支える構造のため、頂角をなめやすいのがデメリット。力を入れる本締めには向かないため、仮締めへの使用がおすすめです。

モンキーレンチの選び方

モンキーレンチの購入を検討する際は、アゴ部分の最大開口幅・本体サイズ(長さ)・付属する機能性に注目しましょう。特にショートタイプ・ロングタイプで、使用できる場所・アイテムが異なるのでしっかりと確認が必要。ここからは、それぞれ詳しく解説します。

使用するボルト・ナットの大きさに合わせて開口幅をチェック

使用するボルト・ナットの大きさに合わせて開口幅をチェック

モンキーレンチを選ぶ際はまず、使用するボルトやナットに合わせて、開口幅をチェックしましょう。モンキーレンチの最小開口幅は0~8mmほど。最大開口幅は、13~50mmほどと商品によって幅があります。

部品の接続に使われるボルトネジ・ナットへの使用には、最大開口幅が35mm以内ほどのモンキーレンチでも十分です。

配水管など管を接続するリング状の大きい袋ナットに使用するなら、最大開口幅400mm以上の商品をチェックしましょう。ただし、開口幅が広いモンキーレンチは、ヘッドの幅が広く周辺の部品と干渉しやすいのがデメリット。使用する場所の広さに合わせて、本体サイズをしっかり確認しましょう。

使用する場所や用途に合わせて本体・グリップの長さを選ぶ

使用する場所や用途に合わせてグリップの長さを選ぶ

モンキーレンチを購入する際は、本体サイズもしっかりチェックしましょう。モンキーレンチの長さは、短いタイプで100mmほど、長い商品では300mmほどです。それぞれメリット・デメリットが異なるので、使用する場所や、持ち運びなど用途に合わせて選んでください。

硬いボルトには、「ロングタイプ」のモンキーレンチが力が入りやすい

硬いボルトには、「ロングタイプ」のモンキーレンチが力が入りやすい

硬く締まったボルトを緩めたい、ナットをしっかり締めたい方には、力が入りやすい「ロングモンキーレンチ」がおすすめです。ロングタイプは、本体長さが200~350mmほどのモンキーレンチ。アゴの開口幅も、25~50mmほどと広いタイプが多いため、サイズの大きいボルト・ナットにも使いやすいタイプです。

ロングモンキーレンチは、グリップ部分だけでも150~250mmほどと長めのタイプ。グリップの先を持てばテコの原理でしっかりと力がかかります。ロングタイプはグリップが長い分、両手持ちでの操作も可能。力が弱い女性・高齢者の方でも締め・緩めがスムーズにできます。

ただし、ロングタイプのモンキーレンチはグリップが長い分、周囲の部品と干渉しやすいのがデメリット。エンジン周り・水栓周りなど狭い場所で作業する方にはショートタイプがおすすめです。また力が入りやすいためオーバートルク(締め過ぎ)により部品を傷める場合も。使用の際は、力加減に注意しましょう。

グリップが干渉しやすい狭い場所では「ショートタイプ」が便利

グリップが干渉しやすい狭い場所では「ショートタイプ」が便利

出典:amazon.co.jp

バイク・自動車のエンジン回り、オーディオの電気配線など、狭い場所での使用には、「ショートタイプ」がおすすめです。ショートモンキーレンチは、本体長さが100~200mm未満ほどのコンパクトなタイプ。持ち手のグリップ部分の長さも50~150mmほどと短いため、狭い場所で使用しても周りの部品と干渉しにくいレンチです。

ショートモンキーレンチは、アゴの開口幅が15~25mmほどと小さい商品が多いものの、45mmほどの広い商品も選択可能。使用するボルト・ナットに合わせても選びやすいタイプです。重量も50~150gほどと軽量なため、腰袋に入れての作業や、ツーリングなどへの持ち運びにも便利ですよ。

ただしショートモンキーレンチはグリップが短い分、てこの原理が働きにくく力が入りにくいのがデメリット。両手持ちもできないため、サイズの大きいボルト・ナットの本締めには向きません。自転車・椅子・テーブル・コネクターなど、小さい部品への使用や仮締めにおすすめです。

作りが良く使いやすい製品か確認

モンキーレンチを選ぶ際は、使用する部品などに合わせて使いやすさもチェックしましょう。モンキーレンチには薄口・ガタつき無しなど、さまざまな機能性で使いやすさに配慮された商品が豊富。モンキーレンチの使用頻度が多い方はチェックしてみてください。

モンキーレンチの使いやすい追加機能
  • 薄口タイプ:アゴの厚さが2~6mmほどで、細かい部品に使いやすい
  • ガタなし・ガタゼロ:調整用下あごを固定し、ズレを軽減
  • 軽量タイプ:軽金属仕様・穴あけ軽量化加工で軽く、腕が疲れにくい

小さい・薄いボルトやナットに使用するなら「薄口タイプ」がおすすめ

小さい・薄いボルトやナットに使用するなら「薄口タイプ」がおすすめ

出典:rakuten.co.jp

自転車・電気配線・計器類など、小さくて薄いボルトやナットに使用する方には「薄口タイプ」がおすすめです。モンキーレンチのアゴの部分の厚さは、ヘッド部分と同じ厚さで10~20mmの商品が多数。アゴが厚ければ力は加わりやすいものの、薄いボルト・ナットに使用すると滑りやすく、なめ・傷の原因になります。

薄口のモンキーレンチは、アゴの先にかけて厚さを薄くしたタイプ。アゴ先が2~7mmほどの商品が豊富なため、薄い・小さいボルトやナットも繊細にキャッチできます。アゴが薄い分ケーブル・部品などとも干渉しにくいため、キャスター・同軸コネクターへの使用にもおすすめです。

強い力で使用するなら「ガタなし・ガタゼロ」表記をチェック

強い力で使用するなら「ガタなし・ガタゼロ」表記をチェック

出典:amazon.co.jp

固く締まったナットの緩め・ボルトの本締めなど、強い力で使用したい方は「ガタなし・ガタゼロ」表記がある商品を選びましょう。モンキーレンチはアゴ幅の調整ができる分、下アゴが動きやすいのがデメリット。強い力を加えると下あごがズレてバックラッシュ(ガタ)が起き、ボルト・ナットの頂角をなめる・破損する場合があります。

「ガタなし・ガタゼロ」のモンキーレンチは、アゴ幅を調整するウォーム部分に、ズレを防ぐ機構を搭載。下アゴを上アゴ方向に押し付けるように働き遊びが無いため、強い力で締めてもズレにくいですよ。メガネレンチなど他の工具が少なく、できるだけモンキーレンチ1つで作業を行いたい方にもおすすめです。

作業の時間が長いなら、軽量タイプの商品がぴったり

アルミニウム合金製

作業の時間が長いなら、軽量タイプの商品がぴったり

出典:rakuten.co.jp

穴空け軽量化タイプ

作業の時間が長いなら、軽量タイプの商品がぴったり

出典:rakuten.co.jp

モンキーレンチを使った長時間の作業が多い方、腕力に自信が無い方には、軽量化に配慮した商品がおすすめです。モンキーレンチの重量は、ロングタイプの重い商品だと350~600gほど。タブレットほどの重さなので、長時間使用すると腕が疲れます。

軽量化に配慮したモンキーレンチは、材質に軽量なアルミニウム合金を使用した商品が豊富。また重いクロムバナジウム合金鋼を使用していても、グリップに大きく穴を空けるなどして軽量化しています。

軽量なモンキーレンチは、ロングタイプで150~250gと小さい缶コーヒーほどの重量。ショートタイプでは、80~150gほどとスマホくらいの重さです。軽量で取り回しがしやすいため、腕力の弱い女性・高齢の方・お子さんの使用にもぴったりです。

腕力に自信が無い方には、3面でボルト・ナットを支えるタイプがおすすめ

腕力に自信が無い方には、3面でボルト・ナットを支えるタイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

ボルト・ナットの締めや緩めの作業の際、腕力に自信が無い方には、3面で支えるタイプのモンキーレンチがおすすめです。モンキーレンチは、ボルト頭・ナットを2面で支える商品が多いもの。2面で支えるタイプは、力が抜けやすいため、ズレ・なめ・ガタつきが多くなりやすいタイプです。

六角が多いボルト・ナットの3面を支えるヘッド構造の商品なら、ガタつきやなめを軽減。モンキーレンチを回す力を余すことなく、ボルト・ナットに伝えます。少ない力でもスムーズに締め・緩めができるため、作業効率を重視する方にもおすすめです。

使い心地をよくする便利機能の有無をチェック

モンキーレンチの使用頻度が多い方は、使い心地の良くなる便利機能にも注目しましょう。モンキーレンチには、機能性がアゴの調整のみのタイプだけでなく、ラチェット機能・ノギス付きなど多機能タイプも選択可能。使用する部品・用途に合わせて確認してみてください。

モンキーレンチの便利機能
  • ラチェット機能:ラチェット機構搭載で、連続回転が可能
  • クイックアジャスト機能:ウォームをギアから浮かせて、アゴ幅の一発調整が可能
  • 首振り機能:ヘッドの角度を変更可能。狭い場所で使いやすい
  • ノギス付き:アゴ下の目盛りで、アゴ幅を手元で調整可能

ラチェット機能付きなら、連続回転ができて作業時間の時短に

ラチェット機能付きなら、連続回転ができて作業時間の時短に

出典:amazon.co.jp

ボルトやナットの、締め・脱着の作業を効率化するなら、ラチェット(歯止め)機能搭載のモンキーレンチがおすすめです。モンキーレンチはネジを回す際、ボルト・ナットからアゴを外して角度を変え、装着し直す必要があるアイテム。

何度も脱着が必要なため、作業の効率の低さがデメリットです。しかしラチェット機能搭載なら、脱着を繰り返す必要が無く、装着したままの回転が可能。工具を交換せず使用できるため、作業効率が数段スムーズになりますよ。

ただし、ラチェット機能搭載のモンキーレンチは、「力が入りにくい」「固定機能が無いと使いにくい」など口コミ評価が悪い商品が多数。選ぶ際は、楽天市場・Amazonなどネット通販サイトでの、口コミ評価を確認しての購入がおすすめです。

「クイックアジャスト機能」付きなら、面倒なサイズ調整も時短できる

「クイックアジャスト機能」付きなら、面倒なサイズ調整も時短できる

出典:rakuten.co.jp

モンキーレンチの、サイズ調整の手間が煩わしい方には、「クイックアジャスト機能」付き商品もおすすめです。クイックアジャスト機能とは、サイズを調整するウォームを、下アゴのギアから浮かせてダイレクトにサイズ調整ができる機能。

フォームとギアが離れるので、ウォームを回さず下アゴをスライドさせ、好みの幅に瞬時に調整ができます。アゴを閉じて収納していた際の使い始めも、楽に幅調整ができるので、作業の時短にもなりますよ。

ただしクイックアジャスト機能を搭載した商品は、数・種類が少ないのがデメリット。近隣のホームセンターでは販売されていないケースが多いので、楽天・Amazonなど通販サイトで検索してみてください。

「首振りタイプ」を選べば、狭い場所でも作業がしやすい

「首振りタイプ」を選べば、狭い場所でも作業がしやすい

出典:amazon.co.jp

自動車のボンネット内・農業機器のエンジンなど、入り組んだ場所で使用するなら、「首振りタイプ」もおすすめです。首振りタイプとは、ヘッドの部分が片側90度、左右に180度折れ曲がるモンキーレンチのこと。狭くて遠い箇所にも、入り込んで作業を助けます。

モンキーレンチは、ヘッドとグリップが一体で、棒状の商品が多数。狭い場所で使用すると、周りの部品・壁面と干渉して使いづらい場合があります。しかし首振りタイプなら、どんな狭い場所でも角度を調整&固定してスムーズに使用が可能。パイプが複雑に入り組む、水栓周りへの使用にもおすすめです。

「ノギス付き」なら、瞬時にアゴ幅を調整できる

「ノギス付き」なら、瞬時にアゴ幅を調整できる

さらにモンキーレンチを使用した作業をスムーズにするなら、ノギス付きの商品もおすすめ。ノギスとは、メモリが付いた本尺と、スライドする副尺で構成される、物体の寸法を図る機構です。

ノギス搭載のモンキーレンチは、ヘッドの上アゴ・下アゴの真下にメモリを付属。使用するボルト・ナットに合わせて一発で幅の調整が可能です。ノギス無しのモンキーレンチは、いちいち対象に近づけて幅を調整するのが面倒ですよね。ノギス付きなら対象に合わせず手元で幅調整できるため、作業がよりスムーズになりますよ。

モンキーレンチの人気おすすめメーカー

経験値・用途に合わせて選びやすい「BAHCO(バーコ)」

1886年に創業し、モンキーレンチを世界で初めて開発したことで有名な、スウェーデンの工具メーカー「BAHCO(バーコ)」。モンキーレンチは、ショート・ロングを合わせて40種類以上を販売しています。

バーコのモンキーレンチの特徴
  • 薄口タイプ・ノギス付きなど機能性の高い商品が豊富
  • 握りやすく操作性の高い、ラバーグリップタイプは、モンキーレンチ初心者におすすめ
  • 電気機器のメンテナンスにも使用できる、完全絶縁仕様のモンキーレンチも販売

バーコのモンキーレンチは、初心者からプロまで、経験値・用途に合わせて選びやすいのが魅力です。初心者には太めのラバーグリップ・ノギスが付いた、操作性の高いモンキーレンチがぴったり。完全絶縁仕様のモンキーレンチも販売しているため、電気部品のメンテナンスに使用したい方にもおすすめです。

軽量でしっかりした造りの「KTC(京都機械工具)」

創業以来60年以上の歴史を持ち、手動・電動工具の販売で驚くほど高いレビュー評価を得る、京都のメーカー「KTC」。モンキーレンチは、ショート・ロングを合わせて5種類以上を展開しています。

KTCのモンキーレンチの特徴
  • アゴの構造は、ボルトナットをなめにくい3面接触仕様
  • ショートタイプは、グリップ部分に滑り止めのディッピング加工を採用
  • ロングタイプは、グリップに穴を空けた軽量タイプ取り回しがラクチン

KTCのモンキーレンチは、軽量で使いやすいのが魅力です。ロングタイプでも、アゴの開口幅24cmタイプなら90g。開口幅36mmの大型タイプでも、300gと軽量です。口コミでも、カッチリした仕上がりで、ガタつきも少ないと好評なので、モンキーレンチ初心者の方におすすめです。

機能性が高い「ロブテックス・ロブスター」

大阪府に本社を置き、DIY・プロ用の電動・手動工具を幅広く展開する株式会社ロブテックス。モンキーレンチは、エビ印が目印の自社ブランド「ロブスター」から、ショート・ロング合わせて10種類以上を販売しています。

ロブスターのモンキーレンチの特徴
  • 下アゴの付根に、バネとポールを入れて遊びを減らす、独自のG-LESS(ガタレス)機構を搭載
  • アゴの構造には3面で支え、効率よくパワーを伝える独自のX-DRIVE機構も搭載
  • 電気機器の作業にも使いやすい、絶縁機能付きモンキーレンチも販売

ロブテックス・ロブスターのモンキーレンチは、機能性の高さが魅力です。ヘッドのアゴ下には独自のG-LESS(ガタレス)機構を搭載。ガタ無し機構のため、精度の高いモンキーレンチをお探しの方にぴったりです。

またボルト・ナットを3面で支えパワーを余すことなく伝える、独自のX-DRIVE機構も搭載。女性・高齢者など、腕力が弱い方にもおすすめのメーカーです。

操作性の高さに配慮された「Snap-on(スナップオン)」

ラチェット・レンチ・プライヤーなど手動電動工具の販売で、アメリカでもトップクラスのシェアを誇るSnap-on(スナップオン)。モンキーレンチとして、ワイドアジャスタブルレンチ「ADHW6A」「ADHW8A」の2種類を販売しています。

スナップオンのモンキーレンチの特徴
  • ADHW6Aは、アゴの最大開口幅32mmとワイドなモンキーレンチ
  • ADHW8Aは、アゴの最大開口幅38mmと幅広なモンキーレンチ
  • 手袋・脂のついた手でも操作がしやすい、ラバー仕様のクッショングリップを搭載

スナップオンのモンキーレンチは、操作性の高さに配慮した機能性が魅力です。グリップには、手袋をしたままでも滑らない、ラバー仕様のクッショングリップを搭載。オイルが付いた手でも滑りません。

またウォーム部分は、手袋をしたままでも回しやすいよう隙間を大きめに。機械部品のボルト・ナットに使用したい方におすすめです。

【ロング】モンキーレンチおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。

グリップが長く、てこの原理で力が入れやすいため、本締めなど力がいる作業に適したロングモンキーレンチ。ガタなし・軽量など、さまざまなタイプをご紹介します。

商品最安価格サイズ(長さ×幅×厚さ)開口幅本体素材グリップ素材重量機能性付属品その他特徴
高儀 M&M モンキーレンチ楽天市場¥825 AmazonYahoo!305×85×17mm0~36mmカーボン鋼カーボン鋼655gノギス、安全コード用穴
ロブテックス ハイブリッドモンキーレンチ UM30楽天市場¥1,806 AmazonYahoo!200×-×12mm0~30mm合金鋼合金鋼170g安全コード用穴アゴ先は厚さ6mmの薄口仕上げ
Donext モンキーレンチ楽天市場¥1,530 AmazonYahoo!300×95×13mm0~35mmクロムバナジウム合金鋼ゴム820gノギス、安全コード用穴金属部分は電気メッキ仕上げ
BIGMAN ワイドモンキーレンチ BM-20WM¥1,135 楽天市場AmazonYahoo!210×70×15mm0~40mmクロムバナジウム合金鋼PVC素材290g安全コード用穴ガンメタリック仕上げ
SK11 ワイドモンキレンチ スパイダーシリーズ SPD-36WM¥2,280 楽天市場AmazonYahoo!250×55×14mm0~34mmクロムバナジウム合金鋼クロムバナジウム合金鋼340gノギス、安全コード用穴ガンメタリック仕上げ
KENOH モンキーレンチ楽天市場¥625 AmazonYahoo!203×55×15mm0~24mmクロムバナジウム合金鋼クロムバナジウム合金鋼255gノギス、ガタ無し、安全コード用穴、ウォームプロテクタ左右の厚さが異なるハンドルでグリップ力をアップ
DURATECH モンキーレンチ ワイド楽天市場¥2,280 AmazonYahoo!250×-×-mm0~50mmクロムバナジウム合金鋼TPR素材570gノギス、安全コード用穴金属表面に防サビフェルマイト処理
トップ ハイパーモンキー ZERO楽天市場¥5,536 AmazonYahoo!317×92×18mm6~43mmクロムバナジウム合金鋼クロムバナジウム合金鋼90.7gノギス、ガタ無し、安全コード用穴、ウォームプロテクタ左右の厚さが異なるハンドルでグリップ力をアップ
ロブテックス ハイブリッドモンキX UM24XD楽天市場¥2,082 AmazonYahoo!206×66×13mm0~24mm樹脂素材90.7gノギス、ガタ無し、Xドライブボルト・ナットの3面に接触するXドライブ機構を搭載
DURATECH モンキーレンチ楽天市場¥1,980 AmazonYahoo!234×81×24mm0~41mmクロムバナジウム鋼TPR素材310gノギス、吊り下げ穴

【ロング】モンキーレンチおすすめ人気ランキング10選

【ショート】モンキーレンチおすすめ人気ランキング比較一覧表

グリップの長さが片手で持てるほどと、狭い場所でも取り回しがしやすいショートモンキーレンチ。中でも、口コミ評価が高い商品だけを厳選してご紹介します。

商品最安価格サイズ(長さ×幅×厚さ)開口幅本体素材グリップ素材重量機能性付属品その他特徴
Pay Off Store モンキーレンチ ワイド¥539 楽天市場AmazonYahoo!190×5595×-mm8~68mmスチール・アルミニウム合金スチール・アルミニウム合金166g安全コード用穴シルバーメッキ仕上げ
高儀 ショートワイドモンキー GISUKE SWM-24楽天市場¥768 AmazonYahoo!117×46×11mm0~24mmラバー素材87gノギス、安全コード用穴シルバーメッキ仕上げ
Re.took ワイドモンキーレンチ zm1459¥1,000 楽天市場AmazonYahoo!200×55×9mm6~68mmアルミニウム合金アルミニウム合金安全コード用穴シルバーメッキ仕上げ
エンジニア スマートモンキーレンチ TWM-07¥1,754 楽天市場AmazonYahoo!164×46×10mm0~24mmクロムバナジウム合金鋼クロムバナジウム合金鋼130g安全コード用穴アゴの先端は厚さ2mmの薄口
トップ工業 ワイドモンキーレンチ HY-38S楽天市場¥2,719 AmazonYahoo!157×67×13mm8~38mmクロムバナジウム合金鋼硬質ビニール215g安全コード用穴・指かけフック付きヘッド出っ張らないラック、アゴ先は厚さ6.5mmの薄口タイプ
ロブテックス ポケットモンキーレンチ UM24XDS楽天市場¥2,209 AmazonYahoo!118×-×10mm6~24mm発泡ディッピング80gノギス、ガタ無し、Xドライブボルト・ナットの3面に接触するXドライブ機構を搭載
TRUSCO ワイドモンキーレンチ ショートタイプ TRMW-24S楽天市場¥973 AmazonYahoo!118×21×13mm0~24mmクロムバナジウム合金鋼クロムバナジウム合金鋼90g安全コード用穴ニッケルクロムメッキ仕上げ、グリップは梨地加工
TONE ショートモンキレンチ MWRS-26楽天市場¥1,917 AmazonYahoo!110×49×11mm0~26mm構造用鋼構造用鋼80gノギス、安全コード用穴ガンメタリック仕上げ
WORKPRO モンキーレンチ楽天市場¥980 AmazonYahoo!110×-×-mm0~20mm鋼鉄鋼鉄90gノギス、安全コード用穴ガンメタリック仕上げ

【ショート】モンキーレンチおすすめ人気ランキング9選

【多機能】モンキーレンチおすすめ人気ランキング比較一覧表

ラチェットレンチ付き・首振りタイプなど、使いやすい機能を搭載した商品を厳選しました。

商品最安価格サイズ(長さ×幅×厚さ)開口幅本体素材グリップ素材重量機能性付属品その他特徴
フジ矢 ギア付モンキーレンチ FGL-38-BG楽天市場¥2,361 AmazonYahoo!220×-×139mm0~38mm280gノギス、安全コード用穴、10・13mmメガネレンチ、17mmラチェットレンチ黒金仕上げ
Happy Smiles 多機能モンキーレンチ¥1,280 楽天市場AmazonYahoo!250×-×-mm0~35mmクロムバナジウム合金鋼プラスチック素材410gノギス、六角レンチ2種類・ギアレンチ最大開口でもシャフトが飛出しが少ない設計
TINMARDA ラチェット式モンキーレンチ ny335楽天市場¥2,399 AmazonYahoo!255~315×-×-mm0~31mmクロムモリブデン鋼PVC素材630g安全コード用穴、アーム長さ3段階調整、ヘッドの首振り・回転機能、ラチェット機能シルバーメッキ仕上げ
三共コーポレーション ミニモンキーレンチ TRAD楽天市場¥642 AmazonYahoo!100×-×-mm0~15mmクロムバナジウム合金鋼クロムバナジウム合金鋼50gノギス・安全コード用穴、キーホルダーアタッチメント梨地加工
高儀 軽量ワイドモンキー GISUKE LWMW200楽天市場¥1,520 AmazonYahoo!207×117×34mm0~30mmクロムバナジウム合金鋼クロムバナジウム合金鋼254gノギス、安全コード用穴、17mmギアレンチシルバーメッキ仕上げ
Wera Joker XL 自動調整 モンキーレンチ楽天市場¥7,845 AmazonYahoo!256×-×16mm19~24mmクロムモリブデン鋼クロムモリブデン鋼387g地同調性ヘッド、ラチェット機能、安全コード用穴専用ケース・化粧箱ニッケルクロムメッキ仕上げ

【多機能】モンキーレンチおすすめ人気ランキング6選

安い100均VS高級!モンキーレンチの値段比較

ダイソー・キャンドゥなど、100均のモンキーレンチは220~330円ほどで購入が可能。しかしホームセンターなどで販売される市販のモンキーレンチは、1本600~6,000円ほどと高価です。

これだけ差があると何が違うのか気になりますよね。この章では、安い100均のモンキーレンチと、ホームセンターなどで販売される市販のモンキーレンチの違いをご紹介します。

安い100均のモンキーレンチの特徴(220~330円のモデル)

安い100均のモンキーレンチの特徴(220~330円のモデル)

出典:daisonet.com

大手100均ブランドでは、セリアではモンキーレンチの販売は無く、ダイソーでは220円・キャンドゥでは330円で販売されています。100均のモンキーレンチは、ショートタイプが多いのが特徴。ダイソーでは、長さ150×幅42×厚さ10mmのモンキーレンチを販売。

キャンドゥでは、長さ150×幅44×厚さ13mmのカーボングリップ付きモンキーレンチが販売されています。どちらもアゴの最大開口幅は20mmほどとコンパクト。自転車・オーディオ機器など、ボルト・ナットのサイズが小さいアイテムへの使用におすすめです。重量も80gほどと軽いので、持ち運びにも便利ですよ。

こんな人におすすめ
  • 自転車・オーディオ・椅子など、ボルトやナットが小さいアイテムに使用する方
  • サイクリングなどに持ち運んで使用したい方
  • モンキーレンチの使用頻度が低く、機能性を重視しない方

高いモンキーレンチの特徴(600~6,000円のモデル)

ホームセンターやネット通販などで購入できるモンキーレンチは、用途に合わせて選びやすい機能性の高さが魅力です。ショートタイプ・ロングタイプに関わらず、アゴの最大開口幅は40mm以上の商品が選択可能。部品接続用のボルト・ナットだけでなく、配水管の袋ナットなどにも使用できます。

商品によっては、強い力で回してもしっかりガタつきを防止する。「ガタなし」機能も搭載。ボルトを3面で支えるアゴタイプを選べば、腕の力をしっかり伝えるので、腕力が弱い方でも使いやすいですよ。またラチェット機能・ノギス付きなど作業を効率化する機能も豊富。モンキーレンチの使用頻度が高い方におすすめです。

こんな人におすすめ
  • ボルト・ナットに加え、幅が広い袋ナットにも使用したい方
  • なめが少なく、ボルト・ナットを傷めにくい商品をお探しの方
  • モンキーレンチの使用時間が長い方・使用頻度が高い方

モンキーレンチの正しい使い方

モンキーレンチの正しい使い方

この章では、モンキーレンチの正しい使い方をご紹介します。モンキーレンチはアゴ幅を調整し、ボルト・ナットに装着して回すだけ、なんて思っていませんか?しかし、回す方向など使い方を間違うと、モンキーレンチ本体や、ボルト・ナットを傷める場合も。以下を参考に上手に使用してください。

  • モンキーレンチの正しい使い方
  • STEP.1
    サイズをぴったり合わせる
    モンキーレンチのアゴ幅を調整する際は、部品との隙間ができないようしっかり合わせます。まずアゴの口径を対象物より少し広めに開いて装着し、アゴをウォームが回らなくなるまでしっかり密着させてください。装着の際は、奥までしっかり差し込みましょう。
  • STEP.2
    必ず下あご側に回す
    モンキーレンチを使用する際は、回す向きにしっかり注意しましょう。モンキーレンチでボルト・ナットを回転させる際は、下アゴ側に回るように調整します。上アゴ側に回すと、下あごがズレて、なめや傷の原因になります。
  • STEP.3
    使用後はメンテナンスを
    モンキーレンチの使用後は、ギア部分にメンテナンス油を差しましょう。ギアの動きが良くなるので、ガタつきも軽減できますよ。

モンキーレンチの関連商品

幅広な袋レンチへの使用に最適な「モーターレンチ」

蛇口の交換・水栓周りのメンテナンスなど、幅広の袋ナットにレンチを使用したい方には、モーターレンチもおすすめです。モーターレンチは、モンキーレンチと同じようにアゴの幅を手元のダイヤルで調整できるレンチ。最大開口幅が、60~90mmほどと大きく開くのが特徴です。

モーターレンチの形状は、モンキーレンチに似た縦型と、グリップのサイドにアゴが付いた横型レンチが選択できます。グリップが干渉しやすい狭い場所での作業には、コンパクトな縦型レンチがおすすめ。直径が大きいナットに使用するなら、口開き幅が大きい横型ナットがぴったりです。

関連記事:モーターレンチおすすめ10選!メーカーや選び方を紹介

固定された顎で頂角をなめにくい「スパナ」

モンキーレンチと同じように、ボルトやナットの締め・緩めの作業が多い方には、スパナの使用もおすすめです。スパナとは、モンキーレンチと同じ形状ながら、アゴの幅調整はできないタイプ。アゴが固定されているので、きちんとサイズを選べばボルト・ナットの頂角をなめにくいアイテムです。

スパナのメリットは、ヘッドが円形のメガネレンチ・ラチェットレンチと異なりヘッドが開いているところ。ボルト・ナットに横からアクセスできるため、管の連結に使用する袋ナットにも使用できます。口幅が8~20mmほどがセットになったダブルタイプの商品なら、部品に合わせて調整がしやすいですよ。

関連記事:スパナおすすめ15選!レンチとの違いや選び方も紹介

必要な工具がまとめて揃う「工具セット」

DIYをこれから始める初心者の方には、DIY工具セットの購入もおすすめです。DIY工具セットとは、専用のケースに、レンチ・ペンチ・ニッパー・ドライバー・ノコギリなどの工具がひとまとめに入った商品。同シリーズの工具が専用ケースでセットになっているため、統一感・収納性がバツグンです。

DIY工具セットの内容は、ドライバー・レンチなど10アイテムの少量セットから、100アイテムほどの大容量セットが選択可能。DIYの頻度・制作するアイテムに合わせて選べます。ケース内部は、工具に合わせてきっちりはめ込めるタイプが豊富なため、整頓して美しく収納したい方にもぴったりです。

関連記事:【DIYやバイク修理に】工具セットおすすめ19選|人気の電動ドライバー付きも

関連記事:揃える優先順位を解説!初心者おすすめのDIY工具25選!女性向けモデルも

関連記事:【用途別】最強ニッパーおすすめ17選|DIY・爪切り・プラモデル・ネイル用も!

モンキーレンチのよくある質問

モンキーレンチの代わりになる工具は何ですか?

モンキーレンチの代用には、スパナ・ペンチが使用できます。ただしペンチを使うとボルト・ナットの頂角をなめやすく、傷が入りやすいので気をつけましょう。

モンキーレンチの分解方法は?

モンキーレンチの分解は、本体ウォーム横についているネジを外して行います。マイナスドライバーでネジを緩め、ネジを取外したらウォームが外れ、下アゴも分解できます。

モンキーレンチはコンビニでも購入できますか?

モンキーレンチは、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートでは販売されていません。

モンキーレンチはどこで売ってる?おすすめの販売店は?

モンキーレンチの購入は、楽天市場・Amazonなど通販サイトがおすすめです。モンキーレンチはホームセンターでも購入が可能。しかし実店舗では展示数が少ないため、開口幅・デザインなど好みの商品が見つからない場合も。楽天市場・Amazonなど通販サイトなら、100種類以上のモンキーレンチから、好み・用途にぴったりの商品が見つけられますよ。

おすすめモンキーレンチまとめ

この記事では「モンキーレンチ」の開口幅・サイズ・機能性による選び方と、おすすめアイテムを解説しました。

  • 配管の袋レンチなど、幅広い部品に使用するなら、最大開口幅40mm以上の商品がおすすめ
  • エンジンルームなど狭い場所で使用するなら、部品と干渉しにくいショートレンチをチョイス
  • 薄いボルト・ナットに使用するなら、アゴ先の厚さが2~6mmの薄口タイプがぴったり
  • 強い力でしっかり締めるなら、アゴがズレにくい「ガタなし・ガタゼロ」商品をチェック
  • ラチェット機能付きなら、連続回転できて作業効率がアップ

最適なモンキーレンチは、「どこで使うか」「どんな部品に使用するか」「使用頻度」などで人により異なります。この記事を参考に、手にすっぽり収まるショートタイプ、首振り・ラチェット機能搭載の多機能タイプなど、あなたにぴったりのモンキーレンチを見つけてください。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー