ipadのデータ復旧 復元ソフトと専門業者どちらがオススメなのか徹底解説

プライベートから企業、店舗まであらゆる場面で使用されているiPad。

特に最近では店舗運営用のアプリを活用してiPadで注文を受けたり、レジとして使用するなど店舗で使用されている方も多いのではないでしょうか。

そんなiPad、もし万が一壊れてしまったら一大事。

  • エラー画面が出て動かない
  • 落としたら電源が入らない

こんな症状が出たらどうしますか?

使用できなくなるのはもちろん、中には顧客データや仕事で使用している大事なデータがあるはずです。

端末は買い替えれば使えますが、中のデータはそうはいきません。

そんなときは「データ復旧ソフト」と「データ復旧業者」で、大事なデータを復旧させましょう。

今回は消えてしまったiPadのデータを復旧させる方法についてPicky’s編集部が解説します。

【無料診断】iPadの復旧に強いDATA SMARTに見積もり依頼

データ復旧できるiPadの機種一覧

まずは現在発売されているiPadの種類をまとめました。

データ復旧業者に依頼する場合、機種によって料金が変わる可能性があります。

また、復旧業者に依頼する際、機種を伝えることでやり取りがスムーズに運びます。

自分で購入した方は把握していると思いますが、会社で支給されている方はモデルを詳しく知らない、という方もいるはず。

事前にチェックしておきましょう。

機種 特徴
iPad 比較的安価で、必要十分な性能を持ったiPadのスタンダートモデル
iPad Air iPadよりも性能が高く、画面も大きく使いやすいのに薄くて軽い、持ち運びに最適なモデル
iPad Pro 非常に高性能で、PCとしても使え、動画編集もサクサクこなせるiPadの最上位モデル
iPad mini 7.9インチ画面で、スマホより大きくて使いやすい。ちょっとした調べものや作業に最適なモデル

どのiPadを使っているのかアマゾンでチェックする

iPadのデータが消える原因は?

iPadの中にあるデータが消える原因は主に2つ。

内部のデータ破損等による「論理障害」と直接機器が損傷する「物理障害」です。

どちらの理由で壊れたかによって、復旧方法や復旧費用に大きな違いが出てきます。

まずはこの2つの障害の原因と症状について確認しておきましょう。

iPadの論理障害と主な症状

論理障害とは、iPad内でデータやファイルに異常が起き、エラーを起こしたり誤作動、フリーズといった症状が出る障害です。

通常使用をしていて、ある日突然異常が起きたらこの論理障害を疑ってください。

論理障害が起きると以下のような症状が現れます。

iPadの論理障害 主な症状
  • iOSが正しく起動しない(リカバリーループ・リンゴループ等)
  • ファイルが消えた(原因不明や自分で消した場合含む)
  • ファイルにアクセスできない
  • パスコードロックが解除できなくなった
  • 画面が真っ黒やブルースクリーンになる
  • 再起動を繰り返す

傾向としては「電源は入るけど何かがおかしい」という症状が多いです。

ひとことメモ
電源自体は入ることから、軽症であればデータ復旧ソフトなどを使用して自力でデータを救い出すことも可能です

iPadの物理障害と主な症状

iPadの物理障害とはiPad本体を落下させたり、水没させたことで起きた機器そのものの損傷による障害です。

落としたら画面が割れたとか、電源が入らないなどが代表的な症状です。

このほかにも、経年劣化等で自然と部品が壊れ、不具合が出た場合も物理障害に分類されます。

iPadの物理障害 主な症状
  • iOSが正しく起動しない(リカバリーループ・リンゴループ等)
  • 落下や水没によって電源が入らなくなった
  • 液晶が割れて操作ができない
  • ストレージ(外付けHDD含む)を認識しない

電源が入らない、操作できないといった致命的な症状が多いです。

もちろん自力で直すのはほぼ不可能です。

ひとことメモ
物理障害のiPadからデータを救い出すには、ほとんどの場合データ復旧業者に依頼するしかありません

iPadのデータ復旧 ソフトと業者どっちがいいの?

復旧ソフトのメリット・デメリット

メリット
  • 費用が安い
  • 自力で素早く復旧できる
デメリット
  • 復旧確率と復旧割合がそれほど高くない
  • 復旧できるケースは限られ見極めも困難
  • 1度失敗すると業者でも復旧ができない

復旧ソフトのメリットは、比較的費用が安く済む点です。

データ復旧は専門知識と高度な技術が必要なため、業者に依頼すると費用がかかります。

ですが復旧ソフトであれば、数千円~数万円程度でデータが戻る可能性があります。

ただし、業者に比べて確実性に欠けるうえ、100%すべてのデータが戻るとも限りません。

ひとことメモ
それほど大事なデータが入っていない場合は、データ復旧ソフトでもいいでしょう

復旧業者のデメリット・デメリット

メリット
  • 大切なデータを高い確率で取り戻せる
  • 電源が入らない等の重度障害も復旧可能
  • ロックが掛かったipadにも対応
  • 急ぎの場合でもすぐに対応してくれる
デメリット
  • 復旧料金が比較的高額
  • 信頼できる業者選びが難しい

データ復旧業者のメリットはなんといってもその復旧確率の高さです。

復旧ソフトとは比べ物にならないほど高い確率で、データを復旧させることができます。

また、復旧ソフトでは手に負えないような重度障害からのデータ復旧も可能です。

費用は確かにかかりますが、確実にデータを救い出したいならデータ復旧業者がおすすめです。

ひとことメモ
重要なデータを確実に取り戻したいなら、データ復旧業者に依頼

どっちが良いのかまとめ

「データを復旧させる」という点でのみ考えた場合は、データ復旧業者以外の選択肢はありません。

非常に高い確率でデータ復旧が可能ですし、データの復旧割合も復旧ソフトとは比べ物になりません。

また、エラー画面が出ていても、電源が入らなくてもデータを復旧させることができます。

唯一、業者は費用が掛かる点がネックですが、仕事上の大事なデータを取り戻せるなら決して高くはないでしょう。

ひとことメモ
  • 大事なデータ復旧は専門業者
  • たいして重要でないデータは復旧ソフト

iPad データ復旧ソフト おすすめ3選

そこまで重要ではないデータを復旧させるなら、復旧ソフトが良いでしょう。

データ復旧におすすめのソフトを3つ紹介します。

EaseUS Mobisaver Pro

⇒公式サイトはこちら

EaseUS Mobisaver Proの料金
  • Mobisaver Pro  5,980円

EaseUSのモビセイバープロはiPadからあらゆるデータを復旧させる、iOS専用復旧ソフトです。

エラー画面やデータを削除してしまったなどの論理障害はもちろん、一部の物理障害にも対応しています。

iPadのデータ復旧に最適なソフトです。

PhoneRescue for iOS

⇒公式はこちらから

PhoneRescue for iOSの料金
  • 1年ライセンス     6,980円
  • 永続ライセンス   9,980円
  • ビジネスライセンス 31,980円

PhoneRescue for iOSはウィザード形式で、専門知識のない方でも簡単にデータ復旧ができるソフトです。

24時間年中無休のカスタマーサービスも付帯しますので、いつでもサポートが受けられます。

パソコンやiPadの詳しい知識が無くても使用できる、初心者におすすめのデータ復旧ソフトです。

dr.fone for iOS Suite

⇒公式はこちらから

dr.fone for iOS Suite データ復元の料金
  • 起動障害復旧   4,980円
  • 消失データの復旧 4,980円
  • 全機能完全版   9,960円

dr.fone for iOS Suiteはあらゆる障害からのデータ復旧を可能とする多機能ソフトです。

データそのものだけではなく、起動障害からも復旧したり、パスコード画面を解除したりと様々なトラブルに対応しています。

症状ごとにソフトを選択できますが、全ての機能が入った集大成版(完全版)がおすすめです。

やや料金体系が分かりにくいので、購入時はよく確認するようにしてください。

このほかにも、データ復旧ができるソフトやアプリは沢山あります。

以下の記事も参考にして、自分に合ったソフトを探してみて下さい。

関連記事:【2021年最新】スマホのデータ復旧おすすめのアプリ10選

iPad データ復旧業者の選び方

iPadのデータ復旧を業者に依頼する際は、信頼できる優良な業者を選びましょう。

データ復旧の業者は無数にあり、良い業者もあればそうでもない業者もあります。

ここではそんな業者選びのポイントを解説します。

信頼できるデータ復旧業者の条件
  • 完全成果報酬型の業者であること
  • 技術力の高い業者であること
  • iPadに対する知識や技術が豊富な業者であること
  • セキュリティやプライバシーを遵守している業者であること

完全成果報酬型の業者であること

完全報酬とは「データが復旧した場合のみ料金を払う」システムです。

一昔前までは「データが復旧しなくても料金を支払う」のが当たり前でしたが、現在では大手のほとんどがこの完全成功報酬制を採用しています。

完全成功報酬制なら、「データが戻らなかったのに費用を請求された」というトラブルを無くすことができます。

ひとことメモ
支払いトラブルはかなり多いので、完全成功報酬の業者が安心です

技術力の高い業者であること

技術力の高さは取引企業や実績を見ればある程度判断できます。

また、先ほどの完全成功報酬制の業者であれば、技術力は高いと判断できるでしょう。

なぜなら、完全成功報酬だと復旧しないと利益にならないため、「復旧技術に自信がある業者」なのです。

ひとことメモ
完全成功報酬制の業者は比較的技術も高い

iPadに対する知識や技術が豊富な業者であること

iPadは通常のパソコンとはちがい、apple独自の技術やシステムで構成されています。

そのため、apple製品に対する専門知識が無いとデータ復旧も難しいです。

実際データ復旧を行っている業者でも「appleはやっていない」とか「iPadは対象外」といったところも多いのです。

仮に対応していても「一応できる」では、大事なデータ復旧を任せるのは不安ですよね。

iPadのデータ復旧実績があるかどうか、確認しましょう。

セキュリティやプライバシーを遵守している業者であること

iPadの中にはプライベートな情報や、仕事の重要なデータを入れている方もいるはず。

そんなデータが業者から流出してしまったら大変なことになります。

そんなことが起こらないよう、データに対するセキュリティがしっかりしている業者を選びましょう。

情報に対するセキュリティを判断する3つのポイント
  • 情報セキュリティ体制が適切である証明の国際規格「ISO27001」の表示
  • 個人情報の取り扱いが適切である証明「プライバシーマーク」の表示
  • 機密保持を法的に約束する「NDA(機密保持契約)」の締結

プライバシーマークは個人情報保護、ISOは情報全般の保護を遵守している業者に与えられる証明です。

この2つのどちらか(特にISO)がある業者は、データセキュリティに力を入れている業者と見ていいでしょう。

NDAはデータ復旧の際に業者が知りえた情報を第三者へ開示しない、また漏洩させないよう締結する契約です。

NDAを結んだから100%安心、というわけではありませんが少なくともNDAがある業者を選ぶことで、セキュリティ意識の低い業者は避けられるでしょう。

以下の記事はHDDの復旧業者についてですが、iPad復旧の参考にもなります。

参考にしてみて下さい。

関連記事:【徹底解説】データ復旧業者の正しい選び方!大切なデータを復旧するには?

iPad データ復旧業者 おすすめ6選

最後にiPadのデータ復旧におすすめの業者を紹介します。

いずれも技術力、セキュリティにおいて信頼できる業者ばかりです。

DATA SMART(データスマート)

DATA SMART HP

⇒公式はこちらから

DATA SMARTのiPadデータ復旧料金
  • データ復旧    24,800円~
  • ソフトウェア異常 10,000円~

DATA SMART(旧Smartfix)はiPadやiPhoneなどの、apple社製品のデータ復旧に特に強い業者です。

データ復旧だけではなく、画面割れの修理や水没からの電源復旧など、apple社製品の修復全般に強いのでiPad修理なら真っ先に相談したい業者です。

症状によってはデータの取り出しではなく、簡易処置でiPadそのものの復旧が可能かもしれません。

関連記事:Smartfix(スマートフィックス)の口コミや評判は?料金・対応まで徹底解説

Advance Design (アドバンスデザイン )

⇒公式はこちらから

アドバンスデザインのiPadデータ復旧料金
  • 初期診断  55,000円
  • 復旧料金  100,000円~

アドバンスデザインは重度障害からのデータ復旧に強い業者です。

他社で断られたレベルの重度の物理障害からでも復旧できるケースがあるため、他社で断られた、もしくは断られそうなレベルの障害はこちらに相談してみましょう。

データを外部に持ち出せない法人向けにオンサイト(現地)での復旧作業にも対応しています。

法人向けサイトはこちら

関連記事:[口コミで見る]アドバンスデザインを徹底検証!料金や対応まで徹底解説

バッファローデータ復旧サービス

⇒公式はこちらから

アドバンスデザインのiPadデータ復旧料金
  • 初期診断  55,000円
  • 復旧料金  100,000円~

外付けHDDなどPC周辺機器の大手メーカー・Buffaloが提供するデータ復旧サービスです。

アドバンスデザインから技術提供を受けており、ありとあらゆるタイプのメディアに対応しています。

関連記事:[評判/口コミ]BUFFALO データ復旧サービスの料金や対応、口コミ、悪い評判まで徹底解説!

Win Disk Rescue (ウィンディスクレスキュー)

⇒公式はこちらから

ウィンディスクレスキューのiPadデータ復旧料金
  • 軽度復旧作業(16GB以下) 50,000円~
  • 中度作業(16GB以下)   60,000円~
  • 重度作業(16GB以下)   80,000円~
  • 最難度作業(16GB以下)  応談~

ウィンディスクレスキューは軽度から重度の障害まで対応したデータ復旧業者です。

症状の重さによって料金が異なり、簡単な障害であれば50,000円~から復旧が可能です。

その他のメディアにも強いので、iPad以外のデバイスも持っている方はこの業者をブックマークに登録しておくといいでしょう。

GLC (ジーエルシー) データテクノロジー

⇒公式はこちらから

ジーエルシーデータテクノロジーのiPadデータ復旧料金
  • データ復旧   25,000円~
  • データ破損修復 50,000円~

ジーエルシーデータテクノロジーは高度なデータ復旧技術を持つ業者です。

特にパスワード・セキュリティロック・暗号保護データの解析に強いため、複雑なロックがかかるiPadのトラブルはジーエルシーデータテクノロジーに相談してみて下さい。

簡単なデータ復旧なら25,000円~と格安対応が魅力です。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーのiPadデータ復旧料金
  • iPadの金額の詳細については業者へお問い合わせください

データ復旧業者は今回紹介した以外にもたくさんあり、それぞれ特徴や料金が異なります。

以下の記事で色々な業者を見ておくといいでしょう。

関連記事:【2021年】HDD (ハードディスク) 復元・復旧業者 おすすめ20選 ! 主要ポイントを徹底比較!

大事なデータはデータ復旧専門業者に依頼するべき

重要なデータの入ったiPadが故障してしまったら、そのまま何もせずそっとしておき、すぐにデータ復旧業者に依頼しましょう。

色々いじってしまうと、復旧できるデータがどんどん上書きで消えていってしまいます。

すぐに復旧依頼をすることで、大事なデータの大半が取り戻せるかもしれません。

特に仕事で使っている重要なiPadの復旧は復旧ソフトではなく、復旧確率の高い専門業者に依頼したほうが良いでしょう。

一方、プライベートで使っていて、特に重要なデータが入っていないiPadなら復旧ソフトを試してみてもいいかもしれません。

いずれにしても万が一の際に慌てないよう、各復旧方法のメリットや特徴は把握しておきましょう。

なお、MacやiPhoneもiPad同様、故障してもデータを復旧させることができます。

以下の記事で詳しく解説していますので是非参考にしてください。

関連記事:【プロが教える】Mac(マック) データ復元・復旧する方法 & おすすめ業者 5選

関連記事:【プロが教える】iPhone 自分でできるデータ復元・復旧方法10選!

データ復旧業者・サービスに関する記事はこちら

関連記事:Smartfix(スマートフィックス)の口コミや評判は?料金・対応まで徹底解説

なお住んでいる地域別にデータ復旧業者を探す場合は、地域ごとのデータ復旧業者について解説した以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:【東京のデータ復旧サービスを口コミ比較】池袋・新宿・秋葉原・銀座の人気業者 おすすめ5選

関連記事:[2021年口コミ比較]大阪(関西) データ復旧サービス業者 人気おすすめ4選|梅田・新大阪エリア

関連記事:[愛知(名古屋)・滋賀・三重・岐阜]データ復旧サービスおすすめ3選 口コミで徹底比較

関連記事:【北海道エリア】データ復旧サービスを解説!おすすめ業者3社紹介・比較&口コミ調査!

関連記事:沖縄のデータ復旧業者はどこがおすすめ?口コミ比較で選んだおすすめ業者4社を解説

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー