NUROモバイルは格安SIM最安値でおすすめ!料金プランと特徴・乗り換え手順を解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

nuroモバイル

出典:mobile.nuro.jp

数ある格安SIMの中でも、特に基本使用料が安いと評判の格安SIMがNUROモバイルです。スマホの維持費を徹底的に下げたい方にとって、第一候補になるでしょう。回線やプランの選択肢も多く、使い方に合わせていろいろ選べるのも魅力です。

ただ、NUROモバイルは若干料金プランや仕組みが複雑です。公式サイトを見ても把握がなかなか難しく、乗り換えをためらってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、NUROモバイルについてくわしく解説していきます。NUROモバイルのシステムと各種料金プラン、メリットやデメリット、乗り換え手順や注意事項についてわかりやすく解説しているので、是非参考にしてみてください。

この記事を監修した専門家

通信費節約専門家/スマホ乗り換えアドバイザー
河村亮介(カワムラリョウスケ)
WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。通信費節約専門家/スマホ乗り換えアドバイザーとして、各種メディアの光回線・携帯電話・ポケット型W-Fiなどの記事執筆や監修を手掛ける。

NUROモバイルの料金プラン

NUROモバイルの料金プランはやや複雑です。まず、NUROモバイルは3つの大手キャリア回線が選べます。

  1. ドコモ回線(dプラン)
  2. au回線(Aプラン)
  3. ソフトバンク回線(Sプラン)

そしてSIMカードの機能も3種類から選べます。

  1. 音声通話+データできる「音声通話付きSIM」
  2. 音声通話ができない「データ+SMS」
  3. 音声通話とSMSが利用できない「データ専用」

どのキャリアを選んだか、そしてどのSIMカードを選んだかによって、選べる料金プランや基本使用料が大きく異なります。まずは各SIM別にそれぞれの料金プランやできること、どの回線で各プランが選べるのかをまとめました。

音声通話+データできる「音声通話付きSIM」の料金プランと対応回線

音声通話付きSIMは、通話が可能な一般的なSIMカードです。通常の乗り換えは、この音声通話付きSIMを選択してください。

音声通話付きSIM
プラン名
データ容量 対応回線 月額基本料金(税込) データフリー あげ放題 Gigaプラス
NEOプランLite 20GB ドコモ回線 2,090円
NEOプラン 20GB 全回線対応 2,699円 NEOデータフリー 15GB
NEOプランW 40GB 全回線対応 3,980円 NEOデータフリー 15GB
VSプラン 3GB 全回線対応 792円
VMプラン 5GB 全回線対応 990円 バリューデータフリー 3GB
VLプラン 10GB 全回線対応 1,485円 バリューデータフリー 6GB
かけ放題プラン 1GB ドコモ回線
au回線
1,870円

※2023年14月時点での情報です。

  • NEOプランLiteはドコモ回線のみ
  • VS・VM・VL(バリュープラス)プランは全回線対応
  • かけ放題プランはドコモ回線とau回線のみ

注目は2023年3月8日に開始された「NEOプランW」です。

格安スマホとしては珍しく、月間40GBもの大容量プランとなっているのが特徴で、キャリアの実質データ無制限プランからの乗り換えにも十分対応できる魅力的なプランとなっています。

そのほかにも、月間20GBまで利用できる「NEOプラン」「NEOプランLite」も用意されており、使い方に応じた最適なプランを選択できます。

ただし、NEOプランLiteではドコモ回線しか選択できない点に注意しましょう。

また、各プランにはオプションや特典が付帯しています。各オプションの機能は以下の通りです。

名称 機能・内容
NEOデータフリー LINE・Twitter・Instagram・TikTok利用時に消費データ容量がカウントされなくなる
※LINEビデオ通話は対象外
バリューデータフリー LINEの消費データ容量がカウントされなくなる
※LINE音声通話・ビデオ通話は対象外
あげ放題 上り(データ送信・アップロード)時にデータ通信量を消費しなくなる
Gigaプラス 契約プラン3カ月継続ごとにボーナスとしてデータ容量がもらえる
※もらえるデータ容量はプランにより異なる

※2023年4月時点での情報です。

いずれも対象プランに契約すれば無料で使用できますが、機能によっては申し込みが必要です。またデータフリーは、外部リンクや一部機能を使用する際はデータフリー対象外となるため注意しましょう。

音声通話ができない「データ+SMS」の料金プランと対応回線

データ+SMSは、インターネット通信とSMS送信・受信は利用できますが、音声通話ができないSIMカードです。iPadやandroidタブレット用に、データ通信とSMS認証だけできればいいといったユーザーにおすすめ。

ただし音声通話付きSIMと基本料金は変わらないため、今後通話機能を使うかもしれない、といった方は通話機能付きSIMにしても良いでしょう。

データ+SMS
プラン名
データ通信容量 対応回線 月額基本料金(税込) データフリー機能 Gigaプラス
VSプラン 3GB ドコモ回線
au回線
792円
VMプラン 5GB ドコモ回線
au回線
990円 バリューデータフリー 3GB
VLプラン 10GB ドコモ回線
au回線
1,485円 バリューデータフリー 6GB
お試しプラン 0.2GB ドコモ回線
au回線
495円

※2023年4月時点での情報です。

データ+SMSプランでは、音声通話付きSIMにあった20GBの大容量プランがなくなっています。代わりに乗り換え前のテストに最適な、0.2GB利用できる「お試しプラン」が追加されています。

また、データ+SMSプランはドコモ回線とau回線のみ対応で、ソフトバンク回線は利用できません。どうしてもソフトバンクでデータ通信専用SIMが必要であれば、後述のSMS機能の無い「データ専用プラン」を選びましょう。

音声通話とSMSが利用できない「データ専用SIM」の料金プランと対応回線

データ専用SIMは、音声通話もSMSも利用できないネットサーフィン専用SIMカードです。SMS機能が無い分、音声通話付きSIMやデータ+SMSよりも基本料金が安くなっています。子供に持たせるタブレット用など、SMS認証が必要ないネット閲覧専用端末におすすめ。

データ専用
プラン名
データ通信容量 対応回線 月額基本料金(税込) データフリー機能 Gigaプラス
VSプラン 3GB 全キャリア回線対応 627円
VMプラン 5GB 全キャリア回線対応 825円 バリューデータフリー 3GB
VLプラン 10GB 全キャリア回線対応 1,320円 バリューデータフリー 6GB
お試しプラン 0.2GB 全キャリア回線対応 330円

※2023年4月時点での情報です。

データ専用プランは、価格は異なるもののデータ+SMSプランと同じプランが用意されています。また、ドコモ・au・ソフトバンクすべての回線で使用できます。

NUROモバイルの通話料・SMS送信料金

NUROモバイルの通話料とSMS送信料金です。NUROモバイルでは、専用通話アプリ「NUROモバイルでんわ」を利用した発信と、通常発信の2種類があります。

項目 利用料金(税込)
通常発信
NUROモバイルでんわ発信
30秒11円
国内SMS送信(国内SMS受信は無料) 1通3円~

※2023年4月時点での情報です。

専用のアプリで発信しないと通話料金が割高になる格安SIMもありますが、NUROモバイルでは、通常の電話アプリで通話をしてもNUROモバイルでんわ発信と同様に割引が適用される「プレフィックス番号」が自動的に付与されるようになりました。

NUROモバイルでんわアプリのダウンロードや、通話先の電話番号の頭に付けるプレフィックス電話番号の付与といった特別な操作は不要です。

格安SIMでは通話料が30秒22円の会社も多いため、それを考えるとNUROモバイルの通話料は安いと言えます。また、NUROモバイルでんわはインターネット回線を利用した050IP電話ではなく、通常回線を使用した通話アプリのため通話品質にも問題はありません。

ただし、0120のフリーダイヤルやナビダイヤル、110番などの3ケタ番号への発信はNUROモバイルでんわ対象外となり、30秒22円の通話料がかかります。

編集部

なお、海外への通話やSMS送信、海外から日本国内への通話(国際ローミング)は上記の料金体系とは異なります。

NUROモバイルのオプション

NUROモバイルには様々なオプションがあります。ここでは主なオプションについていくつか解説します。

通話定額オプション:月額490円~880円(税込)

通話定額オプションは、月額料金を支払えばプランに応じた時間分の国内通話が無料になるいわゆる「かけ放題オプション」です。

定額通話オプション 対応回線 月額料金(税込) 内容
5分かけ放題 全回線対応 490円 5分以内の通話が無料
10分かけ放題 全回線対応 880円 10分以内の通話が無料
かけ放題 ドコモ回線
au回線
1,430円 120分以内の通話が無料

※2023年4月時点での情報です。

「5分かけ放題」「10分かけ放題」オプションでは、無料通話時間を超過すると通常のNUROモバイルでんわ通話料金に30秒11円が加算されます。

「かけ放題」オプションでは、1回120分までの通話が何度でも利用可能になります。120分を超過すると通話は切断されてしまいますが、回数の制限は無いのでよほどの長電話をしない限りは実質無制限で通話が可能です。

参照:通話定額オプション(5分/10分/かけ放題)|NUROモバイル

端末補償:月額550円(税込)

NUROモバイルでは、月額550円でスマホが破損・故障・水没した際に交換機や修理代金を負担してくれる、端末保証オプションがあります。(盗難や紛失は対象外)

NUROモバイルで購入した端末はもちろん、乗り換えの際そのまま使用したいスマホも対象にできます。ただし、どちらの保証も新規契約時、もしくは乗り換え契約時のみの加入となり、途中加入はできないため注意が必要です。

NUROモバイルで購入した端末とそれ以外の端末では補償内容や条件が異なります。詳しくは以下の比較表をチェックしてください。

保証内容 NUROモバイル購入の端末 NUROモバイル購入以外の端末
補償期間 無期限 発売日より3年後の年末まで
補償開始日 端末を受け取った日以降 保証利用開始の翌々月1日から
補償内容 端末交換 端末交換または修理
水濡れ 〇(ただし37カ月目からは対象外)
破損 〇(ただし37カ月目からは対象外)
自然故障
1回目の自己負担金 5,500円
一部機種で例外あり
5,500円
(修理費用4万円以上は実費)
2回目の自己負担金 8,800円
一部機種で例外あり
8,800円
(修理費用4万円以上は実費)
3回目以降の自己負担金 実費 実費

※2023年4月時点での情報です。

NUROモバイルで購入した端末の方が若干補償内容が手厚いですが、それ以外の端末でも十分な補償を受けられます。スマホは高価で買い替えも簡単ではありません。心配な方は端末保証に入っておきましょう。

河村亮介

NUROモバイルは2023年からサービス拡充が著しく、非常に利用しやすいサービスとなりました。
特に「実質無制限かけ放題」の追加と、月間40GBまで利用できる「NEOプランW」の投入は、キャリアの実質パケット無制限プランからの乗り換えを検討している方には非常に利用しやすいプランとなっています。
もし「月間7GB以上は使うし通話もたくさんするけど、キャリアの料金が高い」と思っているのであれば、NUROモバイルは最適な乗り換え先なのではないでしょうか。

NUROモバイルを利用する8つのメリット

NUROモバイルには数多くのメリットがあります。

  1. 格安SIMの中でも基本使用料が安い
  2. ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリア回線に対応
  3. 用途別にプランやSIMカードが豊富に選べる
  4. 通話料金が安い
  5. NEOプラン・NEOプランLiteは制限速度に強い!
  6. 余ったデータ容量を翌月に繰り越せる
  7. 対象プランではSNSやLINEがデータフリー
  8. NURO光・So-net光契約で割引

格安SIMの中でも基本使用料が安い

NUROモバイル最大のメリットは、格安SIMの中でもトップクラスに安い基本料金です。

会社名 3GB 5GB 10GB 20GB 40GB
NUROモバイル 792円 990円 1,485円 2,090円
(NEOプランLite)
3,980円
(NEOプランW)
イオンモバイル 1,078円 1,298円 1,848円 1,958円 4,158円
OCNモバイルONE 990円 1,320円(6GB) 1,760円
mineo(マイネオ) 1,518円 1,958円 2,178円
BIGLOBEモバイル 1,320円 1,650円(6GB) 5,720円
LINEMO(ラインモ) 990円 2,728円
楽天モバイル 1,078円 2,178円
povo2.0(トッピング) 990円 2,700円
ahamo(アハモ) 2,970円

※全て税込・2023年4月時点での情報です。

上記の価格は無料通話分や家族割などの割引特典を考慮していません。あくまでも音声通話付きSIMカードの価格のみの単純な比較ですが、この条件ならNUROモバイルはどのデータ容量プランでも最安クラスであることが分かります。価格面に関しては現時点で最強の格安SIMと言っても過言ではありません。

編集部

スマホの使い方にそこまでこだわらない方で、維持費の安さを重視する方はNUROモバイルがおすすめです。

docomo・au・Softbankの3キャリア回線に対応

NUROモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンク3つの大手キャリア回線に対応しています。そのため、大手キャリアからの乗り換え、大手キャリアの回線を使用しているあらゆる格安SIMから乗り換えがスムーズです。

乗り換えの際、ドコモからauといったように回線が変わると、いろいろな問題や確認事項が発生します。

  • 今までの回線では快適だったが、回線を変えたら繋がりにくくなった
  • 回線を変える際にスマホにSIMロックがかかっていて解除が面倒
  • 端末と電波(バンド・周波数)の相性を確認するための動作確認が必要

詳しいチェックの内容については後述の乗り換え手順で詳しく解説しますが、キャリアの回線を変えると乗り換え前にチェックが必要だったり、最悪乗り換え後の通信環境が大きく変わってしまう可能性があります。

3キャリア対応のNUROモバイルであれば、どの回線からの乗り換えでも同じ回線が選択できるため、乗り換え前のチェックや乗り換え後の影響が最小限で済むでしょう。

編集部

ただし、NEOプランLiteに関してはドコモ回線のみしか選択できなかったり、かけ放題プラン・バリュープラン・かけ放題オプションでは、ソフトバンク回線が選択できないなどの制限があるため、注意が必要です。

用途別にプランやSIMカードが豊富に選べる

NUROモバイルは音声通話SIMやデータ専用SIMといった用途別にSIMカードが選べ、プランも小容量から大容量までバランスよく揃っています。3キャリア回線対応である点と併せて、あらゆるユーザーの使い方にマッチする格安SIMです。

au回線やソフトバンク回線を選択するとプランやSIMカードが制限されてしまうといった注意点はあるものの、それでも多くの方が乗り換えしやすいでしょう。

編集部

プランについてはそこまで細かく分かれているわけではありませんが、その分選択肢の多さで迷わなくて済みます。

通話料金が安い

NUROモバイルは基本料金だけではなく、通話料も安いです。専用通話アプリを使用しなくても自動的に割引対応となる付与番号(プレフィックス番号)が付くため、30秒11円と一般的な通話料のおよそ半額で通話が可能となっています。

編集部

5分と10分の定額かけ放題に加えて、実質無制限のかけ放題オプションもあるため、仕事やプライベートで電話をかけることが多い方も安心して利用できるでしょう。

河村亮介

キャリアから乗り換えたいけど、家族内通話が無料にならないため躊躇っていた方にもおすすめできます。

NEOプラン・NEOプランLiteは速度制限に強い

大容量のNEOプラン・NEOプランLiteの2つは、他のプランとは異なり専用の帯域を使用しているため、速度制限に強いです。

例えば、NUROモバイルのバリュープラスプランや他の格安SIMでは、お昼や夕方の混雑する時間帯は通信速度が著しく低下し、条件や地域によってはまともな通信も難しくなってしまいます。ですが、NUROモバイルのNEOプランとNEOプランLiteは、お昼休みや夕方でも速度低下が起こりません。

Picky’s編集部が通信速度を測ってみたところ、お昼でも実測値で40~50Mbps以上、高画質のYouTube動画もサクサク読み込める高速で通信できました。他の時間帯に比べると多少は落ちますが、それでもいつも通りにスマホを利用できる大手キャリア並みの安定した通信が可能です。

編集部

ただしNEOプランLiteはドコモ回線専用プランになっています。

河村亮介

NEOプランの大きな特徴としては、やはり混雑時間帯の速度低下が小さいことが挙げられます。
ただし、公式サイト上に掲載されているデータは「ドコモ回線を用いた2022年の測定結果」となっており、他2回線では混雑時間帯にどのくらいの速度低下が起こるかについては明記されていません。
SIMロックの解除が難しい端末を利用しているケースを覗いては、ドコモ回線を選択した方が無難でしょう。

余ったデータ容量を翌月に繰り越せる

NUROモバイルでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越せます。(お試しプランは対象外)

特に20GBのNEOプランになると、毎月きっちり使い切れるユーザーはあまりいないと思います。そんなときも余った容量は翌月に繰り越しができ、翌月余裕を持ってデータを使用できます。

繰り越したデータ容量は翌月末に無くなってしまいますが、その月のデータ容量が余ればさらに翌月に繰り越せます。

編集部

データ容量繰り越しがあると、「来月長い休みがあって動画をたくさん観たい」なんてときに「じゃあ今月容量を節約するか」といった調整が可能です。

対象プランではSNSやLINEがデータフリー

NUROモバイルの一部のプランでは、LINEやSNS接続時にデータ容量を消費しなくなる「バリューデータフリー」「NEOデータフリー」が無料で付帯しています。

データフリー 機能 対象プラン
バリューデータフリー LINE利用時にデータ容量を消費しない VMプラン・VLプラン
NEOデータフリー LINE・Twitter・Instagram・TikTok利用時にデータ容量を消費しない NEOプラン

さらにNEOプランには、メール送信やSNS投稿といったデータ送信でデータ容量を消費しなくなる、「あげ放題」も付帯しています。ライブ配信や、オンラインストレージへの画像・動画の保存の際に便利です。

大容量データの画像や動画メインのInstagramやTikTokが利用し放題になる、NEOデータフリーは特にお得です。各種コンテンツを毎日長時間楽しみたい方はNEOプラン必須と言えるでしょう。

なお、どのサービスも対象プランに加入していれば無料で利用できますが、一部のサービスは申し込みが必要です。

編集部

ただし、いずれもアプリ内から外部サイトへ飛んだ場合や、ビデオ通話・ビデオチャットといった一部の機能はデータフリーの対象外となります。

NURO光・So-net光契約で割引

SONYが運営しているNUROモバイルでは、同じくSONYが運営する光回線インターネットサービス「NURO光」「So-net光」とのセット割特典があります。

NUROモバイルと、どちらかの光回線インターネットサービスを申し込むと、ご利用開始月を除く12カ月間、月額基本使用料から792円が割引となります。例えば、月額使用料792円のVSプランをセット割にすると、1年間基本使用料が無料で使えます。

1年間のみの割引となるため、わざわざ割引のために回線を申し込む必要はありません。NUROモバイル契約と一緒に光回線を引く予定があって、光回線に特にこだわりがないならNURO光、So-net光を検討してみてください。

編集部

なお、光割引は他の一部のキャンペーンとの併用も可能です。乗り換え前に一度公式サイトのキャンペーンページをチェックしてみて下さい。

NUROモバイルの気を付けたい5つのデメリット

NUROモバイルにはいくつかデメリットもあります。比較的大きいデメリットもあるため、乗り換えの際はメリット以上にデメリットをしっかり把握しておきましょう。

  1. 全体的に仕組みや仕様がわかりづらい
  2. au・ソフトバンク回線は制限がありプラン選びで若干不利
  3. NEOプラン以外はお昼や夕方の混雑する時間帯に通信速度が低下する
  4. キャリアメールアドレスとキャリア決済は使用不可

全体的に仕組みや仕様がわかりづらい

NUROモバイル最大のデメリットは「仕組みやプランの複雑さ」です。格安SIMは仕組みが複雑な会社が多いのですが、その中でもNUROモバイルは複雑です。

  • NEOプラン・NEOプランLite・VSプラン・VMプランといった独特の固有名詞が多い
  • バリューデータフリー・NEOデータフリー・あげ放題とオプション名もかなり独特
  • ドコモ・au・ソフトバンクで契約できるプランや機能の差が大きい
  • NUROモバイルでんわも公式の記載だと仕様がわかりにくい

上記のように、基本の仕組みを理解するだけでもかなり大変です。

さらに注意事項も細かく、各プランやオプションに小さな注意書きや条件がたくさんあります。例えば、かけ放題プランの場合、プランの下に「ドコモ回線とau回線のみ」や「通話は最大120分まで(かけ直しは可能)」といったような細かい条件がたくさん記載されています。

他にも、公式以外で調べないと出てこない情報も多々あり、評価・レビューサイトでも、「条件や設定がよくわからない」といった声が多く載せられていました。乗り換え前に仕様や条件をしっかりと確認しておかないと、いざ乗り換えたときに「こんなはずじゃなかった」となってしまうかもしれません。

初めて乗り換えるユーザーや、しっかり調べるのが苦手なユーザーは、もっとシンプルな格安SIMの方が向いているかもしれません。

編集部

格安SIMの記事を専門に書いているPicky’s編集部スタッフですら、公式サイトで仕様をある程度把握するのにかなり時間がかかりました。

au・ソフトバンク回線は制限がありプラン選びで若干不利

NUROモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応していますが、すべての回線が同じように使えるわけではありません。

  • 大容量20GBのNEOプランLiteはドコモ回線のみ
  • かけ放題プランはドコモ回線とau回線のみ
  • データ+SMSプランはドコモ回線とau回線のみ
  • 国際SMS利用時ドコモ回線は50円~で、au・ソフトバンク回線は100円~

上記のように、回線によって選べるプランや料金に違いがあります。

特にソフトバンク回線は、大容量プランが契約できないばかりか、かけ放題もデータ+SMSプランも利用できないとやや制限が多めです。

河村亮介

2023年からは、大容量のNEOプラン・NEOプランWでは全回線対応となりました。

編集部

ドコモユーザー以外は、乗り換え前に希望のプランや機能が利用できるかどうか確認しておくと良いでしょう。

NEOプラン以外はお昼や夕方の混雑する時間帯に通信速度が低下する

すべての格安SIMに共通するデメリットですが、NUROモバイルのNEOプラン・NEOプランLite以外のプランでは、お昼や夕方の利用者が多い時間帯は通信速度が極端に低下します。

地域や利用している回線、端末といった条件によって大きく変わりますが、遅い所では1Mbpsを切るときもあります。実際にPicky’s編集部でスピードテストを行った際は3~5Mbps程度でした。

1Mbpsだとすると通信速度としてはかなり遅く、低画質でYouTubeが何とか観られる程度です。また、画像が多いサイトは表示に時間がかかります。用途を絞ればそれなりに使えますが、少なくとも快適にサクサクと使える速度ではありません。

お昼にスマホを快適に使いたい場合は、速度の落ちにくいNEOプランを利用するか、全時間帯で安定している大手キャリア、またはahamoやpovo2.0、LINEMOといったMNO回線を選びましょう。

河村亮介

NUROモバイルに関しては、様々なユーザーの希望に応えるために、新しくプランを追加して行った結果、かなり複雑になってしまったという背景があるように思います。
おそらく現在のニーズに幅広く答えることができて、選んでも後悔が少ないのは「NEOプラン」でしょう。
全回線に対応しているため、どの回線を選びたい方でも問題なく利用することができます。
ソフトバンク回線の方のみ、かけ放題オプションを選択することができませんが、月間20GBの容量があるため、LINEビデオ通話を長時間行ってもデータ容量が不足する事態にはなりにくいと思います。公式サイトのデータを参考にすると、1GBで3時間程度のビデオ通話が可能、音声通話であれば約55時間の通話が可能が可能な計算となっているため、安心できるでしょう。

NUROモバイルの口コミ・評判

NUROモバイルに実際乗り換えたユーザーの声を、レビュー・口コミサイトやブログ、SNSで調査してまとめました。良い書き込みも悪い書き込みも紹介していますので、乗り換えの際の参考にしてください。

NUROモバイルの良い口コミ・評判

  • めちゃくちゃ安い
  • NEOプランだと安くて通信速度が速く快適

NUROモバイルの良い口コミで一番多かったのは、「安い」「安すぎる」といった基本使用料の安さに関する口コミでした。確かに3GBや5GBの場合、格安SIM全体で見てもNUROモバイルは現在最安値クラスです。

特に5GBプランの場合、Gigaプラスで3カ月ごとに3GBもらえるため、1カ月間に利用できるデータ量は、実質6GBで月額990円(税込)とさらに安くなります。

口コミでは、ほとんどが価格に関するものでしたが、少数意見としてNEOプランに契約している方からは「格安SIMなのにお昼も遅くならない」と、NEOプランの特徴でもある専用帯域の快適さを絶賛する声もありました。

NUROモバイルの悪い口コミ・評判

  • バリュープラスプランだとお昼や夕方が致命的に遅い
  • 仕様が複雑すぎて公式HPを見ても全然分からない

NUROモバイルに関する悪い口コミでは、お昼や夕方の通信速度の遅さを指摘する声が多数でした。NUROモバイルでは、NEOプラン・NEOプランLite以外のプランは他の格安SIM同様、混雑時の通信速度がかなり落ちます。

地域にもよるため、一概に全員が非常に遅くなるわけではありませんが、大なり小なり確実に速度が落ちるのは間違いないでしょう。

また、「仕様が複雑すぎる」との声も多かったです。自分の希望する回線やプランの細かい仕組みや条件が分からず何回もQ&Aを探したり、サポートに問い合わせた方も多いようです。

NUROモバイルは確かに安いですが、乗り換え前に綿密な下調べや確認をしたほうが良さそうです。

【結論】nuroモバイルのおすすめな人・おすすめではない人

NUROモバイルの特徴を踏まえて、おすすめできる人とおすすめできない人をまとめました。

NUROモバイルがおすすめな人

  • スマホの維持費を徹底的に下げたい方
  • 毎月20GB程度使う、お昼や夕方も動画やゲームを楽しみたい方
  • 大手キャリアのデータ実質無制限プランから乗り換えたい方

NUROモバイルの最大の特徴は価格の安さです。とにかく維持費は安ければ安いほど良い、と考えている方であれば格安SIMの中でもトップクラスの安さを誇るNUROモバイルがおすすめです。

特に3GBや5GBであれば1,000円以下でスマホを維持できるため、あまりデータを使わない方やサブ回線としてもおすすめ。

他にも動画やゲームが好きで、毎月20GBほど使う方にもおすすめできます。NUROモバイルのNEOプラン・NEOプランLiteは、20GB使えて料金は安価、さらに専用帯域を使用しているため混雑時も通信速度があまり落ちません。価格は格安SIM、快適さは大手キャリア並みと良いとこ取りができます。

また、「NEOプランW」では、月間40GBまで利用でき、かけ放題オプションも追加できます。かけ放題オプションはソフトバンク回線では選択できませんが、「月間20GB以上は使うし、たくさん通話もするけどもっと安くしたい」という方に特におすすめです。

また、3キャリア回線対応のNUROモバイルですが、すべてのプランを自由に選べるのはドコモ回線のみです。そのため、ドコモからの乗り換えやドコモ回線を使用している格安SIMからの乗り換え先としてもおすすめです。

編集部

乗り換えを機に、他の回線からエリアが広く地方や山間部に強いドコモ回線への乗り換えを検討している方も、NUROモバイルを検討してみてください。

河村亮介

NUROモバイルは、総合的に見ると格安スマホの中でも特におすすめできる携帯電話事業者となっています。
たくさん用意されているプランですが、選ぶのに迷ったら「NEOプラン」が良いでしょう。月間20GBという通信容量上限は、総務省の発表データから見ても、携帯電話利用者の約6割に当てはまるため、多くの方が満足できるでしょう。
月間20GB以上利用する方であれば、「NEOプランW」も用意されているため、幅広いニーズに対応できる通信事業者と言えます。

NUROモバイルがおすすめではない人

  • 乗り換え前に細かい点をしっかり調べるのが苦手な方

NUROモバイルはプランの内容や仕様がかなり細かく複雑なため、事前にしっかり調べたり、確認する作業が面倒な方にはおすすめできません。安易に乗り換えてしまうと、あとから想定外のトラブルや費用が発生してしまうかもしれません。

編集部

逆を言えば、ライトユーザーで事前にある程度しっかり調べられる方であれば、NUROモバイルは特に欠点の無い優秀な乗り換え先です。

関連記事:年間最安440円・大容量100GB!格安SIMのおすすめ用途別比較ランキング16選

NUROモバイルの乗り換え手順

NUROモバイルの乗り換え手順・流れについて解説します。NUROモバイルの乗り換えには3つの方法があります。

  1. NUROモバイル公式サイトから申し込み
  2. エントリーパッケージを購入して公式サイトから申し込み
  3. 正規取扱店舗PC DEPOTで契約

乗り換えに必要なものを含め、3通りの申し込み手順全て解説します。なお、申し込みはスマホからでもパソコンからでも可能です。

NUROモバイル契約に必要なものを準備する

NUROモバイルへの乗り換えに必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 支払い用クレジットカード
  • 連絡用メールアドレス
  • MNP転出する場合はMNP予約番号と電話番号
  • いままで使っていた端末を使用する場合は動作確認端末チェックを行う
  • プランや申し込み方法によっては初期費用(事務手数料)がかかる

NUROモバイルの支払い方法はクレジットカードのみで、デビットカードや口座振替は使用できません。その他の注意点については以下で個別に解説します。

ただし、端末代金はクレジットカード以外にも代金引換、デビットカード、電子マネーでの支払いが可能です。

参照:支払方法について知りたい|NUROモバイル

MNP転出で必要なMNP予約番号について

MNP転出とは、今使っている電話番号のままで他社の会社に乗り換えることです。その際に、乗り換え前の会社で発行してもらう10ケタの「MNP予約番号発行」が必要になるため、乗り換え前に発行してもらう必要があります。

現在の電話番号を引き継がずに、新しい電話番号で契約したい場合にはMNP予約番号は不要です。

動作確認済端末の確認について

今使っているスマホをNUROモバイルでもそのまま使いたい方は、事前に動作確認済端末かどうか確認しましょう。

動作確認済端末でない場合、NUROモバイルが正常に利用できない場合があります。公式サイトではスマホのモデル名から検索することができます。

河村亮介

動作確認済端末でも、SIMロック状況によっては動作しない可能性があるため注意が必要です。
基本的に、SIMロックを解除しない状態で利用できるのは、元々利用していたキャリア回線と同一回線をNUROモバイルで契約した時です。
以前利用していた回線とは異なる回線を契約して使用したい際は、SIMロック解除を行いましょう。

NUROモバイル契約時にかかる初期費用について

NUROモバイルでは、契約するプランや申し込み方法によって契約時の事務手数料・初期費用が変わります。

申し込みプラン・方法 登録事務手数料(税込) SIMカード準備料(税込)
NEOプラン・NEOプランLite 0円 0円
バリュープラス(VSプラン他)・かけ放題プラン 3,300円 440円
エントリーパッケージを利用した場合 0円 440円

ただし、後述のエントリーパッケージを利用した場合、バリュープラスプランにかかる3,300円の登録事務手数料が無料になります。

NUROモバイル公式サイトから申し込み

NURO公式ウェブサイトからの申し込み手順です。

  1. 公式サイトから「お申込み」をクリック
  2. 回線タイプ・契約タイプ(SIMカードタイプ)・容量プランを選択
  3. 利用端末(SIMカードのみか端末セットか)を選択
  4. SIMカードサイズ(nanoSIM・microSIM・標準SIM)を選択
  5. 通話オプションとMNPの有無を選択(MNPの場合はMNP番号などの入力)
  6. 契約者情報入力
  7. 支払い方法(クレジットカード情報)の入力
  8. 最終確認して完了

手続きが終わると、数日以内にSIMカード(端末セットで購入した方は端末とSIMカード)が自宅に届きます。SIMカードが届いたら開通手続きとAPN設定を行ってください。ただし、契約手続きの内容次第では不要です。

開通予約と開通手続き手順

MNPを利用して音声通話付きSIMを契約した方は、開通予約と開通手続きが必要です。開通手続きとは、NUROモバイルのSIMカードを使用できる状態にする手続きです。

手順ですが、まずNUROモバイルご利用者向けページから、電話番号とSIM裏面に記載された初期パスワードを使ってマイページにログインします。次にマイページ右上の「開通予約する」をタップし、開通希望日を選択して完了です。

手続きが完了すれば、選択した開通希望日にNUROモバイルのSIMカードが使えるようになります。開通日までは今まで他の会社で使用していたSIMが利用可能です。

参照:SIMが届いた後の設定方法が知りたい|NUROモバイル

APN設定手順

NUROモバイル契約後はAPN設定が必要です。APN設定とは、端末に新しいインターネットのアクセスポイントを認証させる手続きです。NUROモバイルで、SIMカードと一緒に端末を購入して機種変更した方は設定済になっているためAPN設定は不要です。

APN設定の方法は、AndroidとiPhoneで大きく異なります。

AndroidのANP設定方法
  1. WiFiをオフにする
  2. 「設定」をタップ
  3. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  4. 「モバイルネットワーク」をタップ
  5. 「詳細設定」「アクセスポイント名」をタップ
  6. APN設定一覧から「So-net LTE」を選んでタップ

もし、最後の手順6で「So-net LTE」が無かった場合、上の「+」をタップしAPN設定情報で以下を入力してください。

名前 NUROモバイル(好きな名前でOK)
APN so-net.jp
ユーザー名 nuro
パスワード nuro
認証タイプ PAPもしくはCHAP

入力が完了したら、再度APN一覧から登録したAPN設定を選択すれば完了です。

iPhoneのAPN設定
  1. WiFiに接続します
  2. 構成プロファイルをダウンロード
  3. 「設定」をタップし「プロファイルがダウンロード済み」をタップ
  4. 「インストール」をタップ
  5. インストールが終わったら「設定」「一般」「プロファイル」をタップ
  6. NUROモバイルのプロファイルが表示されているのを確認
  7. ネット通信ができるかどうか確認して完了

開通手続きやAPN設定が分からない場合は公式サイトのマニュアルを参考にしてください。

参照:SIM カード挿入・接続設定方法|NUROモバイル

編集部

契約手続きからSIMカードが届いて開通完了までに日数がかかるため、時間に余裕を持って乗り換え手続きを行ってください。

エントリーパッケージを購入して公式サイトから申し込み

エントリーパッケージとは、パッケージを購入し、中に記載されているエントリーコードを入力すると事務手数料3,300円(税込)が無料になるお得なクーポンです。エントリーパッケージ自体は安い所で1,100円(税込)で売られているため、約2,200円ほどお得になります。

使い方はNUROモバイル公式サイトから申し込む際、パッケージ記載のエントリーコードを入力するだけです。エントリーパッケージを購入したらエントリーコードを入力し忘れないようにしましょう。

ただし、エントリーパッケージ利用には3つ注意点があります。

  1. NEOプラン・NEOプランLiteは事務手数料無料のためエントリーパッケージ不要
  2. エントリーパッケージを利用すると公式特典はほぼすべて対象外になる
  3. 2022年11月現在ヤマダウェブコム(ヤマダ電機)のみの取り扱い

NEOプラン・NEOプランLiteは事務手数料無料のためエントリーパッケージ不要

NEOプラン・NEOプランLiteは、元々登録事務手数料がかかりません。そのため、NEOプラン・NEOプランLite希望の方は、エントリーパッケージを購入してもメリットがありません。

参照:料金プラン|NUROモバイル

エントリーパッケージは、バリュープラン希望の方のみ購入してください。

エントリーパッケージを利用すると公式特典はほぼすべて対象外になる

エントリーパッケージを利用すると、公式の特典がほぼ受けられなくなるため、人によってはお得どころか損をしてしまいます。

NUROモバイルでは、キャッシュバックのようなお得な特典やキャンペーンが多いです。各種特典を利用したい方はエントリーパッケージを利用せず、そのまま公式サイトから申し込みましょう。

編集部

まずはキャンペーンや特典をチェックし、特典が全て対象外だった場合のみエントリーパッケージを購入しましょう。

2023年4月現在ヤマダウェブコム(ヤマダ電機)のみの取り扱い

NUROモバイルのエントリーパッケージが買える場所はかなり限られていて、2023年4月現在ではヤマダ電機のオンラインサイト、ヤマダウェブコムのみでした。Amazonや楽天では、在庫切れが長期間続いています。

以前はヤマダウェブコム以外のジョーシンやエディオンでも取り扱いがあったようですが、こちらも現在は在庫がないか販売を終了しています。

編集部

エントリーパッケージが必要な方はヤマダウェブコムで購入しましょう。

正規取扱店舗で契約

NUROモバイルは全国にあるPCショップ、「PC DEPOT(ピーシーデポ)」が正規取扱店になっていて、店舗窓口での直接契約も可能です。スタッフに分からない点や困っている点を相談しながら手続きできるため非常にスムーズに契約できます。

しかも、契約後の面倒なネットワーク設定や、メールの設定をサポートしてくれる「プラチナサービス(有料)」もあるため、乗り換えの手続きや設定が不安な方はデポでの契約がおすすめです。必要なものを準備して店舗を直接訪れてください。

ただし、SIMカードは即日発行されず、後日発送となります。

参照:NUROモバイル プラチナサービス|PC DEPOT

河村亮介

NUROモバイルへ乗り換える際の手続きは、公式サイトが最も特典が大きい印象があります。最近ではやはりNEOプランの人気が高いせいか、エントリーパッケージは一部オンランストアでしか取り扱っていません。
対面での契約手続きに慣れてしまった方はオンラインでの手続きに抵抗があるかもしれませんが、キャッシュバックなどの特典を考えると、WEBからの申し込みの方がお得です。
ぜひこの記事を参考に乗り換えにチャレンジしてみてください!

NUROモバイルの解約手順

NUROモバイルの解約手順です。NUROモバイルの解約はNUROモバイルご利用者向けページから行えます。

NUROモバイル解約手順
  • NUROモバイルご利用者向けページにログイン
  • 「その他のお手続き」項目の「サービスを解約する」をクリック
  • 通常解約は「月末解約」、MNP転出は「MNP転出による解約」をクリック
  • 「解約を完了する」をクリックして完了

解約完了後のキャンセルは一切できないため、解約は慎重に行ってください。

なお、NUROモバイルでは最低利用期間や契約期間の縛りが無く、いつ解約しても転出料や違約金、解約金はかかりません。ただし基本料金は日割り計算返還されないため、契約月に解約しても1か月分の利用料がかかります。

河村亮介

NUROモバイルは、いつ解約しても月額料金は満額請求となっているため、解約するタイミングは月末の方がお得と言えるでしょう。
ただし、MNP転出番号の発行が即日できないMVNOも中には存在するため、ある程度余裕を持って解約手続きをするようにしてください。

NUROモバイルのよくある質問

最後に、NUROモバイルでよくある質問をQ&A方式でまとめました。

NUROモバイルはeSIM対応ですか?

NUROモバイルはeSIMには対応していませんが、2034年3月の「新料金プラン発表会」で、2023年度上期を目途にeSIMの提供を開始する予定であることが発表されました。
参考:ケータイWatch
すぐにeSIMを利用したい場合はIIJmioなどのeSIM対応格安SIM回線への乗り換えがおすすめです。

NUROモバイルで対応機種端末は買えますか?

可能です。人気のXperiaやOPPO、AQUOSなどを販売しています。特にXperiaの場合、最新モデルも購入可能です。また、モバイルルーターも扱っています。

ただしiPhoneの取り扱いはないため、iPhoneで機種変更したい方は自分で購入する必要があります。

NUROモバイルは法人契約できますか?

NUROモバイルでは法人契約はできません。

NUROモバイルは5Gに対応していますか?

NUROモバイルは5Gにも対応しています。5G対応端末を持っている方は、5Gオプションに申し込めば4Gと5Gが利用可能です。

5Gオプションの対象プランは以下の通りです。

  • かけ放題プラン/NEOプランLite/NEOプラン/NEOプランW
  • 音声通話付き/データ通信専用SIM:バリュープラス/お試しプラン/データ使い放題プラン
  • au回線のデータ通信+SMSプラン:SIMのバリュープラス、お試しプラン

参照:5Gオプション|NUROモバイル

NUROモバイルは格安SIMの中でも特に安く、快適に使える回線!

NUROモバイルは、3GB~40GBプランがある格安SIMの中では基本料金が特に安い回線です。また、3キャリア対応でどの回線からの乗り換えもスムーズなため、多くのユーザーにおすすめできます。

特に以下のような方には、NUROモバイルがおすすめです。

  • スマホの維持費を徹底的に下げたい
  • お昼でも通信速度が落ちず快適に使える格安SIMにしたい
  • 大手3キャリアからの乗り換えで基本使用料を安くしたい

中でも「NEOプラン」なら20GBもの大容量を安価に利用できるだけでなく、混雑時間帯の速度低下が少ないという大きなメリットがあるため、多くの方に適したプランといえるでしょう。

ただし、NUROモバイルは若干仕組みが複雑です。あまりにもややこしいと思ったら、もっとシンプルな格安SIMへの乗り換えも検討してみましょう。格安SIMの中にはシンプルで使いやすい回線も多数あります。

Picky’sでは、様々な格安SIMを紹介しています。いろいろ比較したい方は以下の記事もぜひ読んでみてください。

関連記事:povo2.0の最低維持費は年間440円!トッピングの上手な使い方や料金プランの解説も

関連記事:通話料無料の楽天モバイルはどんな人におすすめ?評判やメリットデメリットを紹介

関連記事:【スタンプ無料】LINEMOに変えて1年以上経過した、元ソフトバンクユーザーの感想レビュー。評判や申し込み方法も

関連記事:eSIMが使えるIIJmioはおすすめなのか?評判やメリットからどんな人にマッチするのか調べてみた

関連記事:安心安全のトーンモバイルの評判や口コミを徹底解剖!本当におすすめな人を紹介

関連記事:OCNモバイルONEの機種変更をする前に!新コースのデメリットや評判、手続き方法を解説

関連記事:日本通信SIMの最安プランは月額290円!全プランの特徴や乗り換え手順を解説

関連記事:無制限プランもある!mineo(マイネオ)の契約すべき人とおすすめではない人を徹底解説

関連記事:イオンモバイルは近所の店舗で気軽に乗り換えできる!料金プランやメリットを徹底解説

関連記事:ワイモバイルはプランがシンプルで高品質!主なメリットや乗り換え手順について解説

関連記事:donedoneはどんな人におすすめ?評判や意外と気にならないデメリットまで徹底解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー