初心者用からプロ用まで!使いやすいスプレーガンおすすめ20選!使い方まで詳しく解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

車の塗装やDIYなどに使えるスプレーガン。霧状にした塗料を噴射して、スピーディーに着色します。刷毛で塗るよりも手早く均一に仕上がるので、使ってみたい方が多いのではないでしょうか。

しかし、初心者でも簡単に使えるものがあるのか、ノズル口径やカップ容量はどれくらいが適切なのかなど、初めて買うときはわからないことがたくさんありますよね。

この記事では、スプレーガンの用途や選び方、使い方、そして人気のおすすめモデルをご紹介します。評価の高い商品を徹底的に探したので、スプレーガンの購入を検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スプレーガンの用途とは?初心者向けからプロ用とさまざま

スプレーガンは、圧縮した空気を利用して塗料を噴射する仕組みの塗装機器。主に、次のような着色塗装に使われます。

  • DIY
  • プラモデル
  • 車・バイク
  • 外壁
  • フェンス

自作の家具の塗装やバイクの部分補修塗装、車のボディ全体を塗り替える全塗装など、スプレーガンの用途は多岐にわたります。また、初心者でも扱いやすいモデルからプロ仕様の本格的なモデルまで、その種類もさまざま。

スプレーガンを選ぶ際には、用途やレベルに合っているかをチェックする必要があります。

スプレーガンを使用するために最低限必要なものは、スプレーガンのほかに塗料、エアーコンプレッサー、エアホース、洗浄用のシンナーです。エアーコンプレッサーはスプレーガンの動力源となる圧縮空気を作り出し、エアホースを通ってスプレーガンに送ります。

編集部

スプレーガンは着色塗装以外にも、錆止め剤の塗布や水による洗浄、そして料理や製菓にも使われています。

スプレーガンの選び方

スプレーガンは、使用目的や作業者のレベルに合ったものを選びましょう。そのほか、押さえておきたいポイントは次の通りです。

  • 種類
  • 噴射方式
  • パターン形状
  • ノズル口径
  • 分解できるかどうか
  • グリップの握りやすさ
  • カップ容量
  • 電動タイプ

用途や使い方に合わせて、スプレーガンの種類を選ぼう

スプレーガンの種類は、吸い上げ式・重力式・圧送式の3つに分けられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

塗料を入れたまま置けて作業しやすい「吸い上げ式」

塗料を入れたまま置けて作業しやすい「吸い上げ式」

出典:amazon.co.jp

吸い上げ式のスプレーガンは、底が平らなカップを下部に取り付けるので、塗料を入れた状態で置くことができます。カップ容量の大きなモデルが多く、広範囲を塗装したいときに便利。

塗料をたくさん入れると重たくなりますが、置いたまま作業できるので、長時間の塗装が必要な方にもおすすめ。

また、作業中にカップを取り外して色合わせできる点もメリットのひとつです。

カップの角度を調節できる「重力式」はDIYに最適

カップの角度を調節できる「重力式」はDIYに最適

出典:amazon.co.jp

重力式のスプレーガンは、上部に取り付けたカップの角度を調節できるので、DIYの細かな作業に向いています。塗料は重力によって下に落ち、少量でも最後まで使い切りやすいです。

カップ容量は小さく、軽量のモデルが多い傾向にあります。バリエーションが豊富で安価な商品もあるので、初心者の方が試しに使ってみるのにぴったりです。

一度に広い面積を塗装できる「圧送式」

一度に広い面積を塗装できる「圧送式」

出典:amazon.co.jp

圧送式は、加圧タンクやペイントポンプにホースをつなぎ、塗料をスプレーガンに送って塗装する仕組みです。大容量の塗料を使って、一度に広い面積を塗装できます。

扱い方にはコツがいるので、ペイントに慣れた方向け。2~10Lの塗料が入るモデルもあるので、家の外壁を全部塗り替えるときにもおすすめです。

噴射方式によって仕上がりが異なる

「霧化方式」や「環状テーパー方式」は、一部のスプレーガンに採用されている優れた技術です。2つの噴射方式について、そのメリットをご紹介します。

霧状に吹き付けて、滑らかに塗装する「霧化方式」

霧状に吹き付けて、滑らかに塗装する「霧化方式」

出典:amazon.co.jp

霧化方式のスプレーガンは、吹き付けるときに塗料を細かい霧状にする仕組みです。塗料が微粒化することで、滑らかな美しい仕上がりになります。

また、塗装の際に塗料ミストが跳ね返りにくいので、作業者や周りへの汚れを最小限に抑えるメリットも。無駄なく使えて、コスト削減にもつながります。

飛び散りにくい「環状テーパー方式」は仕上がりがキレイ

飛び散りにくい「環状テーパー方式」は仕上がりがキレイ

出典:amazon.co.jp

環状テーパー方式は、低圧力で塗料を微粒化するため、霧化方式よりもさらに塗料の飛び散りや跳ね返りを抑えます。効率よく塗装できるので無駄が出ず、仕上がりもきれい。ただし、優れた技術を採用している分、価格は高めです。

パターン形状は塗装するものに合わせよう

塗料が対象物に付着したときの模様と、噴出する塗料の霧の形を「パターン」といいます。塗装するものに合わせて、丸型・水平型・垂直型を使い分けましょう。

細かい部分を塗りやすい「丸型」

細かい部分を塗りやすい「丸型」

出典:amazon.co.jp

塗料を円形に吹き付ける丸型のパターンは、細かい部分への塗装に向いています。プラモデルの塗装にもおすすめ。円の大きさは調節できるので、大きな丸型にすれば、広い範囲の塗装もできます。

用途に応じて使い分けが可能で、塗料の量を調節できる点もメリットです。

縦方向に塗装するなら「水平型」

縦方向に塗装するなら「水平型」

水平型は、横長の楕円形に吹き付けるパターンです。スプレーガンを縦方向に動かすと、上下左右を一度に効率よく塗り進められます。庭の柵や倉庫のシャッターなどを、手早く塗装したい方におすすめ。

縦長で横幅が狭い対象物にも向いていますが、横にはみ出さないように気を付けて塗装するのがコツです。

「垂直型」は車の塗装に便利

「垂直型」は車の塗装に便利

横に長い水平型に対して、垂直型は縦長の楕円形に噴射します。上下に長く吹き付けるので、スプレーガンを横方向に動かすと作業がスピーディー。横長の対象物に塗装すると効率的です。

車を全体的に塗り替えたいときには、垂直型が便利ですよ。

小さい部品には1mm以下のノズル口径がおすすめ

小さい部品には1mm以下のノズル口径がおすすめ

出典:amazon.co.jp

小さい部品や細かい箇所には、口径1mm以下のノズルだときれいに塗装できます。

ノズル口径は、スプレーガン先端に付いている、塗料が噴出する開口部の直径です。口径が小さいほど細かい塗装に向いていて、大きくなるほど広い範囲を効率的に塗装できるようになります。

壁や車など広い範囲を塗装するときや、粘度が高い塗料を使用するときは大きめの口径が適しています。

また、「○○塗装用」と用途を限定するスプレーガンは、ノズル口径が決まっているので迷わずに済みます。しかし、複数の用途に使えるスプレーガンは、対象物に合った口径のノズルが使えるかチェックが必要です。

塗料の種類によって最適なノズル口径も変化

塗料の種類によってノズル口径を選ぶときは、以下の表も参考にしてみてください。例えば、粘度が高くて厚塗りが必要なサフェーサーは、大きめの口径が適しています。

塗料の種類 特徴 ノズル口径
メタリック塗料   金属のような光沢がある 1.4mm前後
パール塗料  パールのような光沢がある  1.4mm前後
クリヤコート  上に塗り重ねてツヤを出す  1.4mm前後
ソリッド塗料  メタリックやパールが含まれていない塗料  1.4mm前後
サフェーサー  本格的な塗装前の下地塗料  1.8~2mm前後

分解できるモデルは手入れがしやすい

分解できるモデルは手入れがしやすい

出典:amazon.co.jp

塗料が詰まりやすいスプレーガンは、こまめな手入れが欠かせません。本体の分解ができてカップやノズル先端を外せるモデルだと、簡単に洗浄できるのでおすすめです。

せっかく買ったのに、塗料を詰まらせて使えなくなったらもったいないですよね。ストレスにならないように、メンテナンスが楽なスプレーガンを選びましょう。

グリップの握りやすさも大切

グリップの握りやすさも大切

出典:amazon.co.jp

スプレーガンは、ピストルの引き金を引くような動作で塗料を噴射させます。そのため、グリップの握りやすさは重要です。手の大きさに合わないグリップだと、作業がしにくくなって効率が下がります。また、長時間使用すると疲れてしまう可能性も。

実店舗で確認できるなら、実際に握ってみるのがおすすめ。通販の場合は、記載されている情報や口コミを参考にしましょう。

カップ容量は1,000cc以下だと扱いやすい

カップ容量は1000cc以下だと扱いやすい

出典:amazon.co.jp

広い範囲を塗装するのでなければ、塗料を入れるカップの容量は1,000cc以下がおすすめ。容量の大きなカップだと重たくなり、作業がしにくくなるからです。

初心者の方は、カップ容量が小さめのスプレーガンで、DIYや小さな部品への使用から始めるといいですよ。

ただし、対象物によっては小さすぎるカップだと塗料が途中で足りなくなるので注意しましょう。

初心者にやさしい充電式の電動タイプも

初心者にやさしい充電式の電動タイプも

出典:amazon.co.jp

初心者の方には、扱いやすい電動タイプも向いています。電動のスプレーガンは、エアーコンプレッサーがなくても均一に塗装できるのが魅力。

充電式のコードレスタイプなら、電源のない場所でも作業できてさらに便利です。コードが絡まる煩わしさもないので、快適に作業を進められます。

安いVS 高い!スプレーガンの比較

スプレーガンには、1,000円台で買えるものから1万円以上の高価なものまであります。安いモデルと高いモデルはどこが違うのか、比べてみました。

安いスプレーガンの特徴(2,000円以下のモデル)

安いスプレーガンは、カップ容量が小さめでシンプルなつくりです。低価格ながらも、スプレー幅やパターン形状などの調整ができて、さまざまな対象物への塗装が可能。

口コミによると、仕上がりの美しさや耐久性は値段相応のようですが、使い道によっては安いもので十分だと言えます。スプレーガンを使うのが初めての方や、DIY塗装、車の部分補修などへの使用におすすめです。

こんな人におすすめ
  • スプレーガンを使うのが初めての人
  • DIY塗装や小さな箇所への塗装をしたい人
  • 仕上がりの美しさにあまりこだわらない人

高いスプレーガンの特徴(1万円以上のモデル)

高いスプレーガンは、「塗着率が高い」「跳ね返りが少ない」など、プロも満足する性能の良さが目立ちます。

また、高粘度の塗料にも対応していたり、吐出量の微調整ができたりときめ細かなつくりです。無駄な飛散が抑えられると、塗料の節約にもなります。

広い範囲をムラなく塗装したい方や、とにかくきれいに仕上げたい方には高価なスプレーガンがぴったりです。

こんな人におすすめ
  • きれいな仕上がりにこだわる人
  • 広い範囲を手早く塗装したい人
  • 長持ちするスプレーガンがほしい人

スプレーガンおすすめ人気ランキング比較一覧表

スプレーガンは、塗装したいものによって最適なモデルが異なります。売れ筋の商品の中から、目的に合ったものを選びましょう。

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格種類ノズル口径容量重量
暮らしの幸便 スプレー ガン ペンキ屋くん¥11,672 楽天市場AmazonYahoo!吸い上げ式2.0、3.5mm800ml1.25kg
Litorange スプレーガン¥2,710 楽天市場AmazonYahoo!重力式1.5mm400ml650g
アネスト岩田C AIRREX スプレーガン PS-9513B-04¥8,062 楽天市場AmazonYahoo!重力式1.3mm400ml640g
お宝ワールド 電動スプレーガン¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!吸い上げ式1.5、1.8、2.2、2.6mm1000ml1.6kg
Holedaya コードレススプレーガン楽天市場¥5,999 AmazonYahoo!吸い上げ式不明800ml1.13kg
明治機械製作所 スプレーガン FINER-FORCE TypeB¥27,169 楽天市場AmazonYahoo!重力式1.6mm450ml325g(本体)
SK11 ハンドエアースプレーガン SPGK-13G¥8,480 楽天市場AmazonYahoo!重力式1.3mm400cc550g
明治機械製作所 スプレーガン FINER2 PLUS G-14¥28,923 楽天市場AmazonYahoo!重力式1.4mm450ml295g
XOOPON 電動式スプレーガン確認中 楽天市場AmazonYahoo!吸い上げ式1.2、1.5、1.8、2.0、2.5、3.0mm1000ml不明
明治機械製作所 スプレーガン FINER-FORCE TypeT¥20,789 楽天市場AmazonYahoo!重力式1.4mm325g
JUTOSU プロ仕様 エアスプレーガン確認中 楽天市場AmazonYahoo!吸い上げ式1.5mm600ml450g
日本ワグナー 低圧電動スプレーガン FLEXIO 570¥23,200 楽天市場AmazonYahoo!吸い上げ式不明800ml1.9kg
アネスト岩田 スプレーガン KIWAMI-1-13B10確認中 楽天市場AmazonYahoo!重力式1.3mm400g
アネスト岩田 スポット塗装用エアースプレーガン W-50-124BPG¥17,417 楽天市場AmazonYahoo!重力式1.2mm185g
viva 吸上式 エアースプレーガン¥3,278 楽天市場AmazonYahoo!吸い上げ式2.5mm1000ml631g
億騰 スプレーガン¥7,721 楽天市場AmazonYahoo!圧送式4、6、8mm3.5L0.95kg
TDAGRO スプレーガン¥6,890 楽天市場AmazonYahoo!吸い上げ式1.5、1.8、2.2、2.5mm1200ml1.45kg
IROHA エアー スプレーガン K-3¥2,911 楽天市場AmazonYahoo!重力式0.5mm150ml360g
アネスト岩田 自動車補修・金属塗装用少量吐出低圧スプレーガン¥14,136 楽天市場AmazonYahoo!重力式1mm222g
moonfarm エアー スプレーガン W-77¥4,180 楽天市場AmazonYahoo!重力式3mm400ml本体440g+タンク90g

スプレーガンおすすめ人気ランキング20選

スプレーガンのおすすめ人気メーカー

技術力に優れたプロ用モデルを販売する「明治機械製作所」

明治機械製作所は、圧縮機器や塗装機器関連の総合メーカー。スプレーガンの品ぞろえが豊富で、汎用タイプのほか、低圧霧化タイプや高粘度タイプなどの製品があります。

塗着率の向上、飛散の低減など、高い技術力を生かしたプロ仕様のモデルが多く、長く使用できるのがメリットです。その一方で、初心者でも使いやすいモデルもそろっています。

ラインナップ豊富!世界的に有名な「アネスト岩田」

圧縮機や真空機器、塗装機器を扱うアネスト岩田は、世界各国で高いシェア率を誇るメーカーです。特にハンドスプレーガンは国内市場の70%以上。塗装技術には定評があります。

製造・販売しているスプレーガンの種類は、吸い上げ式、重力式、圧送式とさまざま。たくさんのモデルの中から自分に合ったものが見つけられます。

環境に優しい製品を開発している「DEVILBISS(デビルビス)」

地球環境に優しい製品を開発し、機能と品質の向上に努めているデビルビス。

スプレーガンは、塗料ミストの微粒化が最大の特徴です。塗着率が高く、VOC(揮発性有機化合物)削減に寄与。また、ガンボディにはリサイクル性に優れたマグネシウムを採用しています。

スプレーガンの使い方

スプレーガンの使い方

出典:amazon.co.jp

スプレーガンを使うときは、汚れても良い服装で防毒・防塵マスクをしましょう。また、十分に換気ができる場所で行うことも重要です。

  • スプレーガンの使い方
  • STEP.1
    カップを洗う
    使う前に、洗浄液でカップを洗浄。
  • STEP.2
    エアーをつなぐ
    コンプレッサーやエアホースを接続する。
  • STEP.3
    塗料を入れる
    カップに塗料を入れる。
  • STEP.4
    調整する
    パターン形状や吐出量、エアー量を調整。
  • STEP.5
    吹き付ける
    グリップを握って塗料を吹き付ける。

スプレーガンは、対象物より15~25cm離れたところから吹き付けましょう。塗装面に対して水平または垂直に、速度は一定を保ちます。

スプレーガンの関連商品

動力源になる圧縮空気を作り出す「エアーコンプレッサー」

エアーコンプレッサーは、空気を圧縮して高い圧力で吐出する機械です。圧縮された空気は、スプレーガンを始め、さまざまな機械の動力源となります。

潤滑剤としてオイルを使用するタイプもありますが、軽作業には潤滑油を使わないオイルレスコンプレッサーがおすすめ。メンテナンスが楽というメリットがあります。

明るく照らして塗装面を見やすくする「スプレーガン用ライト」

夜間や暗い場所での塗装作業に便利なのがスプレーガン用ライト。塗装面を明るく照らして作業がしやすくなります。

使い方は、スプレーガンの先端やカップに取り付けるだけ。塗装しながら色の染まり具合を確認するのに最適です。軽量のものを選ぶと作業の妨げにならず、使いやすいですよ。

内部も外部も一気に洗う「スプレーガン洗浄機」

スプレーガンの使用後は、毎回きれいに洗浄する必要があります。その手間を軽減するのが、スプレーガン洗浄機です。汚れたスプレーガンを洗浄機の中にセットすると、洗浄液が噴射して素早く一気に洗います。

5万円程度のモデルもあるので、頻繁にスプレーガンを使う方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

スプレーガンのよくある質問

スプレーガンのホルダーやスタンドは自作できますか?

はい、ホームセンターや100均で買える材料で自作が可能です。作業場の棚にスチール板を設置すると、マグネットで作ったホルダーを付けられます。マグネットを付ける場所がないときは、木材に脚を付けて自立するスタンドを作るのがおすすめです。

スプレーガンを使うとき、塗料の粘度はどれくらいが適切ですか?

スプレーガンで塗装する場合、塗料は5~15%を目安に薄めます。粘度が高いとスプレーガンを詰まらせてしまう恐れがあるので注意が必要です。試しに吹き付けてみて塗料が出ないときは、もう少し薄めましょう。

スプレーガンで塗装する際に必要なものは何ですか?

最低限必要なものは、スプレーガンのほかに塗料、エアーコンプレッサー、エアホース、洗浄用のシンナーです。エアーコンプレッサーはスプレーガンの動力源となる圧縮空気を作り出し、エアホースを通ってスプレーガンに送ります。

おすすめスプレーガンまとめ

スプレーガンのおすすめポイント
  • 初心者には重力式が使いやすい
  • 美しく仕上げる噴射方式をチェック
  • パターン形状は塗装するものに合わせる
  • ノズル口径は塗装する範囲に合ったものを選ぶ
  • 分解できるタイプはメンテナンスが楽
  • グリップの握りやすさも確認しよう
  • カップは1,000cc以下でOK
  • 電動タイプは初心者向け

数多くの種類があるスプレーガン。どのモデルが自分に合っているかわからなかった方も、この記事を読んでご理解いただけたのではないでしょうか。仕上がりが美しいと、塗装作業が楽しくなります。ぜひ、満足のいくスプレーガンを見つけてくださいね!

関連記事:ガンプラ塗装やアートに!エアブラシおすすめ13選!初心者も分かりやすい選び方解説付き

関連記事:揃える優先順位を解説!初心者おすすめのDIY工具25選!女性向けモデルも

関連記事:【DIYやバイク修理に】工具セットおすすめ19選|人気の電動ドライバー付きも

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー