【写真付きで解説】消えたWindows11/10のデータ復元方法5選!おすすめソフト・業者も紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

Windowsのデータが消える理由

「Windowsパソコンのデータ・ファイルがある日突然消えた!」は、パソコンではよくあるトラブルです。Windowsパソコンのデータが消える原因はいくつかあり、また原因によって対処方法も分かれます。

結論から言うと、消えたデータを復元する方法はあります。初期化しても復元できる可能性はあるため、とにかくまずは慌てずに原因と対処方法を探りましょう。落ち着いて対応すれば、消えたデータを元通り復元できるかもしれません。

今回は、Windowsパソコンのデータが消えてしまった際の原因と、データ復元方法を写真付きで解説します。記事の最後には、より高い確率でデータを復元できる可能性のあるデータ復元ソフトと、復元業者も紹介しています。

Windowsのデータが消える理由

Windowsのデータが消える理由

Windowsのデータが消える原因は、主に以下が挙げられます。

  • 操作を間違えてファイルやデータを削除・初期化してしまった
  • データを保存している記憶媒体(HDDやSSD)に故障やエラーが起きた
  • ソフトウェア・OS・ファームウェアの不具合
  • ウイルス感染

上記のトラブルが起こると、パソコンからファイルやデータが消えてしまいます。ただし、いずれの原因であっても正しい対処でデータを復元できます。まずは思い当たる原因がないかどうか確認してみましょう。

編集部

ただし、パソコンを修理に出してHDDを丸々交換したなどの理由でデータそのものが無くなった場合はどうやっても復元できません

Windowsのデータ復元の注意点

消えたWindowsのデータを確実に復元したい場合、できればあれこれ操作しない

Windowsのデータ復元方法を解説する前に、重要な点を1つ覚えておいてください。それは、「確実にデータ復元をしたい場合、パソコンを操作しないほうがいい」という点です。

後述しますが、消えたデータの復元で最も確実なのが「データ復元ソフトの使用」か「データ復元業者に依頼する」です。どちらも高い確率で消えたデータを復元できますが、実はデータが消えてからあれこれとパソコンを操作してしまうと、復元できる確率がどんどん下がっていきます。

パソコンのデータは表面上消えてしまっても、一定期間はパソコンの内部に「データのかけら」が残っています。データ復元ソフトやデータ復元業者では、このデータのかけらを復元する技術を持っているため、データを元通りに修復可能です。

ですが、復元の前に余計な操作をしてしまうと、データのかけらが他のデータで上書きされて完全に消去されてしまいます。そのため、データが消えた際はできればパソコンを操作せず、すぐに復元ソフトや復元業者を利用するといいでしょう。もちろんある程度原因が分かっていて、自分で復元できる場合は操作しても構いません。

復元確率を減らさないためのポイント
  • 消えたデータを探してあれこれ操作しない
  • データを探す操作はもちろん、そのほかの操作もしない
  • 電源をつけたり消したりを繰り返さない
  • できるだけ速やかにデータ復元ソフトかデータ復元業者を利用する

データが消えたら、「いろいろ試して自力で復元する」か「操作せず復元ソフト・復元業者に依頼する」の2択になると覚えておきましょう。

Windowsのデータ復元方法5つと手順紹介

Windowsでトラブルが起きた際、データを復元する方法について解説します。なお、今回は主にWindows10で解説していますが、XPや11でも多少手順や画面が異なるだけで同じように対処が可能です。

操作ミスでデータを消してしまった場合は、ゴミ箱から簡単に元に戻せる

ゴミ箱から元に戻す

間違って手動でファイルを削除してしまった場合は、ゴミ箱の中にそのままファイルが残っているため簡単に復元可能です。

ゴミ箱の中に消えてしまったファイルがあったら、ドロップでデスクトップに持ってくるか、マウスを右クリックして「元に戻す」をクリックすればすぐに復元します。

バックアップを設定済みなら「以前のバージョン」や「ファイルのバックアップ」から復元できる

「以前のバージョン」や「ファイルのバックアップ」から復元する

ファイル履歴の設定やバックアップを取っていた場合、消えてしまったデータを数日前の状態に戻せる「以前のバージョンの復元」や「バックアップ」でデータを復元できるかもしれません。ただし、どちらの方法も事前にパソコン設定で「ファイル履歴」をオンにするか、バックアップを設定していないと復元できません。

以前のバージョンに戻して復元する場合は、データが消えたファイルを探し「右クリック→以前のバージョンの復元」から復元できます。

ゴミ箱から元に戻す

バックアップしたファイルを呼び戻す場合は、Windowsの「更新とセキュリティ」「ファイルのバックアップ」「その他のオプション」から復元できます。

編集部

どちらの方法も、自動的にバックアップされた日時の状態まで戻して復元するため、表示された日時以降に追加や変更を加えたデータは消えてしまう点に注意してください

システムの不具合ならシステムの復元ポイントから復元する

システムの復元ポイントから復元

写真やデータ、ドキュメント自体ではなくシステムの不具合によってデータが消えた場合は、「システムの復元ポイント」から復元できる可能性があります。「システムの復元ポイントからの復元」とは、Windowsで定期的に保存されている日時ポイントまで遡ってシステムを復元する機能です。

パソコンのアップデートやソフトウェアのインストール後に、Windowsの調子が悪くなった際はシステムの復元ポイントを試してみて下さい。まず、「設定」の検索欄を開き「復元ポイントの作成」と入力してください。

システムの復元ポイントから復元

システムのプロパティが表示されるので、「システムの復元」をクリックします。次に復元ポイントが表示されるため、復元したいポイントを選択して画面に指示に従っていけば、選択した日時の状態へと戻ります。

ただし「以前のバージョンに戻す」や「バックアップ」同様、設定された日時まで遡って戻ってしまうため、設定日時から今日までのデータやインストールしたデータはすべて消えてしまいます。また、この方法はあくまでもシステムの復元のため、写真や音楽データ、メモ帳といったドキュメントファイルは一切回復しません。

その場で素早くデータを復元したい場合はデータ復元ソフトを使用する

高い確率でデータを復元できる復元ソフトを使用する

消えたデータを復元する最も手軽で現実的な方法が「データ復元ソフト(データ復元ツール)」を使用する方法です。データ復元ソフトを使用すれば、その場ですぐにデータ復元が可能で、しかも高い確率でデータを復元できます。1秒でも早くデータを復元したい方は、データ復元ソフトを試してみましょう。

データ復元ソフトは、各メーカーのウェブサイト、またはAmazonや楽天市場で購入し、ダウンロードして使用します。中にはサイトから無料でダウンロードできる無料のフリーソフトもあります。ソフトをダウンロードしたら、画面の指示に従って操作すれば誰でも簡単に復元できます。

データ復元ソフトは、HDDやSSD以外にもスマホやSDカードといったほかのメディアのデータ復元も可能です。データ復元ソフトを持っていれば、Windowsパソコン以外でトラブルが起きた際もすぐに対処できるため、あらかじめ準備しておくのもいいでしょう。

編集部

ただし、データ復元ソフトで復元できるのは削除・消去や内部的なエラーでデータが消えた「論理障害」に限定されます。落下の衝撃や静電気でHDDやデバイスが物理的に壊れた「物理障害」は復元できません。

Picky’sでは、以前いくつかのデータ復元ソフトを実際に使用してレビューしました。データ復元ソフトについて知りたい方、操作方法や価格を知りたい方は以下の記事をチェックしてみて下さい。

関連記事:大事なデータをすぐに取り戻せるデータ復旧ソフト4DDiGの使い方&レビュー・検証

関連記事:壊れたUSBメモリからデータ復旧させる方法について解説!実際の復旧手順も

最も確実な方法は、データ復旧のプロであるデータ復元業者に依頼する

データ復旧のプロであるデータ復元業者に依頼する

絶対に復元させたい重要なデータの場合、プロのデータ復元業者に依頼するのがおすすめ。データ復元業者は、データ復元ソフトよりも高い確率でデータを復元してくれます。さらに、データ復元ソフトでは対応できない「落下で壊れた」「パソコンが水没した」といった重度の物理障害からもデータ復元が可能です。

データ復元業者に依頼する場合、まずデータ復元業者にメールや電話で連絡します。その後、壊れたパソコンを業者に送り、診断や見積もりを経て復元作業を依頼します。データが無事復元したら復元したデータを受け取り、料金を支払えば完了です。

編集部

データ復元ソフトとデータ復元業者、どちらもメリット・デメリットがあります。どちらに依頼したらいいかは次で詳しく解説します

最終的なWindowsのデータ復元には、ソフトと業者どっちがいい?

データ復元ソフトとデータ復元業者のメリット・デメリットを解説します。自力でデータ復元が難しい場合、ソフトと業者のメリット・デメリットを理解したうえで、自分の希望や予算に合った方法を選んでください。

項目 データ復元ソフト データ復元業者
費用 安い(無料~1万円前後) 高い(数万円~数十万円)
かかる時間 早い(ダウンロードなら即日復元) 遅い(数日~1ヶ月で復元)
復元精度・確率 比較的高い 非常に高い
対応できる障害 論理障害のみ 論理・物理障害ともに対応可能

データ復元ソフトは完璧ではないが無料・もしくは安価で復元できる

データ復元ソフトは無料・もしくは安価で復元できるが完璧ではない

データ復元ソフトの特徴
  • 復元にかかる費用は無料~1万円程度でコストが非常に安い
  • ダウンロードすればその場ですぐに復元が可能
  • 状況次第だが、復元割合や精度も決して低くない
  • 論理障害しか対応できない

データ復元ソフト最大の特徴は、「その場ですぐに、しかも安価でデータ復元が可能な点」です。1回使用する程度であれば数千円~1万円程度の費用で済み、しかも復元しやすい条件が整えば8~9割程度のデータが戻ります。

復元しやすい条件とは?
データが消えてすぐにソフトを使用する・軽度の論理障害など

ただし、復元率や復元割合はデータ復元業者ほど高くはありません。例えば、1,000枚の写真を復元した場合、データ復元業者なら980枚~1,000枚復元できるのに対して、ソフトの場合800枚~950枚しか復元できないといったように精度には多少差があります。また、パソコンの電源が入らない、HDD破損で物理的に壊れている場合はデータ復元ソフトでは対応できません。

急いでデータを復元したい方や、多少データが欠けてもいいからとにかく安価でデータ復元したい方は、安価で迅速にデータ復元できるソフトを使用しましょう。

なお、復元ソフトは無料もありますが、無料ソフトは性能のバラツキが激しく、良いソフトと劣悪なソフトの見極めが難しいためおすすめできません。有料ソフトであれば基本的に安定した復元性能を発揮します。

編集部

基本的には有料ソフトがおすすめですが、そこまで重要でないデータであれば無料ソフトを使用してもいいでしょう

データ復元業者は、高額だが非常に高い精度で復元してくれる

データ復元業者は復元の可能性が非常に高いが高額

データ復元業者の特徴
  • 復元ソフトに比べてより確実にデータを復元してくれる可能性が高い
  • 落下破損・水没・焼失で壊れた重度物理障害のパソコンからもデータ復元が可能
  • 復元費用は最低でも数万円からとやや高額
  • パソコンを送って作業して戻すため日数がかかる

データ復元業者に依頼すれば、高い確率でデータを復元可能です。しかも、技術力の高い業者であれば故障はもちろん、水没や焼失したパソコンからもデータを復元できます。そのため、災害でデータを失った場合も諦めずに業者に相談してみるといいでしょう。

ただし、復元業者を利用した場合、費用は症状次第ですが最低でも数万円~数十万円と高額です。それだけの費用を払ってでも復元させたいデータかどうかを考える必要があるでしょう。また、パソコンを送ったり作業したりと時間がかかるため、復元に1週間~1ヶ月ほどかかります。

仕事で使う大事なデータや、撮り直しのできない思い出の写真など、時間や費用がかかっても確実に取り戻したい重要なデータ・ファイルを復元したい場合は、データ復元業者に依頼しましょう。

編集部

多くの業者で相談や初期診断は無料です。気になった方はまずは電話で問い合わせてみてはいかがでしょうか

Windows用データ復元ソフト・復元業者の選び方

Windowsパソコンのデータ復元用ソフト・復元業者の選び方を解説します。

Windows向けデータ復元ソフトを選ぶ際のポイント

Windows向けデータ復元ソフトの選び方

  • 自分の使用しているWindowsOSに対応しているかどうか
  • 復元したいファイル形式やデバイスに対応しているかどうか
  • 使用期間と料金をチェック

まずは、自分のパソコンのOSにソフトが対応しているかどうかをチェックしましょう。現在復元ソフトのほとんどがWindowsに対応していますが、Windowsと言ってもXPや10や11とさまざまなバージョンがあります。また、ソフトによっては「Mac用」「Windows用」で分かれているソフトもあるため、間違って購入しないようにしてください。

復元できるファイル形式やデバイスが一致しているかどうかも重要です。現在販売されている復元ソフトの多くは、エクセルやパワーポイント、写真や動画のファイル形式にはほぼすべて対応しています。また、HDD・SSDにも対応しているソフトがほとんどです。そのため、よほど珍しいデバイスやファイルの復元でない限り、ファイル形式やデバイスに関してはそれほど心配はいりません。

最後に使用できる期間と料金をチェックしてください。復元ソフトは、ソフトごとに料金が異なります。また、同じソフトでも1ヶ月版や永久版といったように使用期間によって料金が変わります。今回限りの復元であれば、一番短い使用期間のライセンスを購入するといいでしょう。

Windows向けデータ復元業者を選ぶ際のポイント

Windows向けデータ復元業者の選び方

  • 技術力が高く、ノウハウや実績が多数ある業者を選ぶ
  • 完全成果報酬制で、料金が分かりやすい業者を選ぶ

復元業者を選ぶ際に最も重要な点が、「技術力と実績」です。なかなか見極めるのは難しいですが、大手のデータ復元業者を選べば復元実績もノウハウも豊富で、また料金も相場通りであるケースが多いため安心して依頼できるでしょう。さらにデータが無事復元したときのみ料金を支払う「完全成果報酬制」の業者であればより安心です。

ただし、大手のデータ復元業者でも各業者ごとに料金に大きな差があります。できれば複数の復元業者に問い合わせて、納得できる料金や対応をしてくれる業者に依頼するといいでしょう。

【Windows用】データ復元ソフトおすすめ3選比較一覧表

Picky’s編集部がWindowsで評判の良いデータ復元ソフトとデータ復元業者を独自調査し、特におすすめできるソフトと業者をまとめました。ソフトや業者選びに迷ったら今回紹介する中から選んでみてはいかがでしょうか
商品最安価格販売会社対応Windows対応デバイス対応データ形式料金(公式)
Wondershare Recoverit Pro【月額プラン】¥5,980 楽天市場AmazonYahoo!Wondershare11/10/8.1/8/7/Vista Windows Server 2003-2022HDD、SDD、USB、SDカード他ドキュメント、画像、音楽、メールなど、1000種以上月額5,980円~
【ダウンロード版】EaseUS Data Recovery Wizard Pro¥2,013 楽天市場AmazonYahoo!EaseUS11/10/8.1/8/7HDD/SDカード/USBほかJPG/JPEG/DOC/PDF/AVI/MOV/MP/AIF/AIFF/M4A/MP3ほか1ヶ月9,790円~
ファイナルデータ11plus 特別復元版 ダウンロード版¥7,627 楽天市場AmazonYahoo!AOSデータ株式会社11/10/8.1/8/7 Windows Server 2008-2022FD/HDD/SSD/MO SD/CD/DVD/BDほか永久8,188円~

【Windows用】データ復元ソフトおすすめ3選

【Windows用】データ復元業者おすすめ3選比較一覧表

商品公式サイト運営会社運営年数所在地電話番号営業時間見積もり費用/診断料データ復旧費用(HDD)セキュリティ店舗持ち込み完全成果報酬制
アドバンスデザイン公式サイトアドバンスデザイン株式会社1995年東京都千代田区0120-290-189平日9:00~17:30無料33,000円~ISO9001/ISO27001
データスマート公式サイト株式会社ブレイディア2020年(データ復元)東京都中央区03-6774-7164平日10:00~18:00無料55,000円~機密保持契約の締結可能
デジタルデータリカバリー公式サイトデジタルデータソリューション株式会社1999年東京都港区0120-706-33224時間365日無料500GB未満5,000円~ISO27001

【Windows用】データ復元業者おすすめ3選

データトラブルに備えて事前にWindows用バックアップソフトを利用しよう

データトラブルに備えて事前にWindows用バックアップソフトもおすすめ

あらかじめデータ消去トラブルに備えておきたい方は、Windows用のバックアップソフトがおすすめです。バックアップソフトであらかじめバックアップを取っておけば、万が一データが消えても自力で復元できます。

確かにデータ復元ソフトや業者は頼りになりますが、費用も時間もかかってしまう上にデータを100%取り戻せるかどうかはわかりません。一方で、バックアップを取ってあれば、データが消えてしまってもすぐに、しかも簡単にデータを元通りに復元できます。

どうしてもWindowsのデータ復元ができないときは復元ソフトや復元業者がおすすめ!

Windowsパソコンで、データやファイルが消えてしまった場合、まずは原因を簡単にチェックしてみましょう。それでもデータが戻らなかった場合、最終的にはデータ復元ソフトや復元業者がおすすめです。

  • データが消える理由は消去やエラーなどさまざま
  • データが消えた原因によって復元方法は異なる
  • できれば余計な操作はせず、すぐにデータ復元ソフトかデータ復元業者を利用する

データが消えてしまっても、ほとんどのケースでデータの復元は可能です。ただし、焦って余計な操作をすると本来復元できたデータも失う可能性があります。もしデータが消えてしまったら、いったん深呼吸をして落ち着いて対処しましょう。

Picky’sでは、データ復元に関する情報をまとめた記事を多数配信しています。データ復元についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事もぜひチェックしてみて下さい。

関連記事:【完全比較】SDカードのデータ復元 !! 無料ソフトと復旧業者どちらオススメ?

関連記事:【無料診断も】スマホのデータ復旧・復元おすすめ業者15選!料金目安も紹介

関連記事:【悪質業者を排除】HDDデータ復旧業者おすすめ18選 ! 評判や価格を比較|復旧率は意味がない?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー