【1万円以下も】安いコードレス掃除機おすすめ15選!高コスパや吸引力の強い商品も紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

邪魔なコードがなく、コスパが高い安いコードレス掃除機。1万円以下で購入できる商品もあるため、一人暮らしのメイン掃除機や家族世帯のサブ掃除機として人気です。

でも、「安いコードレス掃除機は吸引力が不安」「一人暮らしなのに掃除機はいるの?」など、安くても購入を迷っている方も多いですよね。

そこで今回は、安いコードレス掃除機の選び方と、おすすめ人気ランキングをご紹介します。省スペースで使えるスティッククリーナーや、1万円以下のモデル、中には買って良かったと評判の製品も。この機会に安いコードレス掃除機を買って、家をピカピカにしましょう!

関連記事:【軽いモデルも】コードレス掃除機 おすすめ16選!口コミと合わせて徹底比較

安くても大丈夫!安い掃除機を買うメリット

安くても大丈夫!一人暮らしでも買って良かったと思えるメリット

ワンルームの一人暮らしなら「掃除はコロコロとクイックルワイパーのみで十分」と、思っていませんか?しかし、畳やフローリングの隙間に入り込んだホコリ、ベッドのマットレスなど、ほうきやコロコロだけではとれないホコリが部屋にはいっぱい!月に1回でも掃除機をかけるかどうかで、部屋を清潔に保てるかが変わります。

掃除機を置く場所がないという方は、コンパクトに収納できるハンディ両用タイプの選択もあり!隙間掃除にも適している上に、布団用のアタッチメントを別途購入すれば、睡眠環境を衛生的に保つこともできますよ。最近では5000円台の安いコードレス掃除機も販売されているので、家で快適に過ごすためにも安いコードレス掃除機を試してみませんか?

コードレス掃除機とコードありの掃除機の違い

出典:amazon.co.jp

コードレス掃除機はその名の通り電源コードがないため、掃除したい場所に届かなくて困ることがありません。充電が必要で充電が切れていると使えないデメリットもありますが、お手軽にどこでも掃除機をかけられるのは大きな魅力です。ハンディ両用タイプなら車内の掃除など、外に持ち運んでも問題なく使えるでしょう。

対してコードありの掃除機は比較的安い製品も多く、電源コードに制限されるものの、充電切れで掃除を中断するような事態には陥りません。また、安定して電源を供給できるため比較的吸引力が強いのも特徴で、パワフルな掃除機を探している方はコードありの掃除機を選ぶのも1つの手です。

関連記事:【吸引力最強】キャニスター掃除機おすすめ21選!サイクロン・紙パック式製品を紹介

    安いコードレス掃除機の選び方

    コンパクトで使いやすいと人気の安いコードレス掃除機ですが、ご家庭によって選び方が異なります。安いコードレス掃除機を選ぶときに、ご自身がどのように掃除をしたいかチェックするのがポイントです。

    絨毯やカーペットを掃除したいなら「回転ブラシ」がおすすめ

    回転ブラシヘッド
    回転ブラシなしヘッド

    コードレス掃除機のヘッドは、回転ブラシ付きとブラシがなく口をパックリ開けたものの2種類。絨毯やカーペットのゴミをしっかり吸い取りたいなら、回転ブラシ付きを選びましょう。繊維に絡まったゴミもしっかり掻き出してくれますよ。

    一方、回転ブラシは、吸い取った髪の毛がブラシに巻きつくため、お手入れが面倒というデメリットも。フローリングのみを掃除するご家庭は、回転ブラシのないヘッドが向いています。

    比較!ランニングコスト不要のサイクロン式 VS お手入れが楽な紙パック式

    サイクロン式

    比較!ランニングコスト不要のサイクロン式 VS お手入れが楽な紙パック式

    出典:amazon.co.jp

    紙パック式

    安いコードレス掃除機には、ダイソンなどにも代表されるサイクロン式と、吸い込んだゴミが紙パックの中に集まる紙パック式の2種類あります。メンテナンスに手間をかけたくない人には、紙パックを交換するだけでゴミ捨てが終わる紙パック式が断然おすすめ!

    ペットの毛や子どもの食べこぼしの掃除に苦労している方は、吸引力が落ちにくいサイクロン式が向いています。以下の表ではサイクロン式と紙パック式のメリット・デメリットと、おすすめモデルのポイントを紹介していますので、ご自身のスタイルに合ったものを選んでくださいね。

    メリット デメリット おすすめモデル
    サイクロン式 ・吸引力が高く落ちにくいモデルが多い
    ・購入後のランニングコストが不要
    ・メンテナンスの手間がかかる ・ダストカップが水洗いできるものだと衛生的
    紙パック式

    ・ゴミ捨てが楽
    ・ダストカップのメンテナンス不要

    ・紙パックのランニングコストがかかる ・100均の紙パックが代用できると経済的

    関連記事:【吸引力が強い】サイクロン掃除機おすすめランキング20選!コードレスや軽い製品も

    関連記事:【コードレスも】紙パック式掃除機おすすめランキング18選!日立・パナソニックなどを比較

    安くても吸引力が強い製品を選ぶには、吸込仕事率をチェック

    安くても吸引力が強い製品を選ぶには、吸込仕事率をチェック

    安いコードレス掃除機の中から吸引力が強いものを選びたい人には、「吸込仕事率」が50W以上のモデルがおすすめ。吸込仕事率は掃除機の吸引する力を示しており、数値が高いモデルほど強い吸引力が期待できます。実際の吸引力には、ヘッドの機能や集じん方式なども影響しますが、一つの目安として吸込仕事率が参考になりますよ。

    吸込仕事率が公表されていないモデルは、ゴミを浮き上がらせる力を示す「真空度」の高さを参考にチェックしましょう。価格が1万円以下なら10,000Pa以上、2万円以下なら20,000Pa以上の真空度があれば、力の強さは十分でコスパ良好です。

    ただし、パワーが強く価格が安いモデルは、連続使用時間が短い場合もあります。使用時間も考慮して、使いやすいバランスの製品を選んでくださいね。

    軽くて安いコードレス掃除機はお掃除楽ちん!ハンディー両用モデルもおすすめ

    軽いコードレス掃除機はお掃除楽ちん!ハンディー両用モデルも

    出典:amazon.co.jp

    棚の上や網戸など、手が届きにくい高い場所を掃除したいなら、持ち上げて使える2kg以下の軽いモデルがおすすめ!ノズルと本体をホースで繋いでいるキャニスター式掃除機と違い、安いコードレス掃除機は本体ごと持ち上げなければならないので、軽い方が移動も楽ですよ。

    一部メーカーからは、ロングノズルを取り外して使える、ハンディー・スティック両用タイプが販売されています。アタッチメントを取り替えることで、広い場所も隙間掃除もできるので、安いコードレス掃除機でも徹底的に掃除したい方にぴったりです。

    関連記事:【吸引力を比較】ハンディクリーナーおすすめランキング20選!コスパ最強の安いモデルも

    安いコードレス掃除機の連続使用時間の目安は30分

    安いコードレス掃除機の連続使用時間の目安は30分以下

    安いコードレス掃除機を選ぶなら、連続使用時間は30分を目安にするのがおすすめ。最大45分ほど連続使用のできるモデルもありますが、連続使用時間の長いモデルを探すとどうしても価格が上がってしまいます。

    予算2万円前後なら連続使用時間を基準に選んでも問題ありませんが、1万円以下で安いコードレス掃除機を探すなら、30分前後のを目安にしたほうが見つかりやすいですよ。

    編集部

    コードレス掃除機は充電式なので、バッテリー残量がわかるモデルが便利。あとどれくらい使用できるかがわかれば、お掃除もしやすいですよ。

    安い掃除機でもバッテリー式なら充電が手軽で長く愛用できる

    コードレス掃除機

    出典:amazon.co.jp

    充電をスマートに行いたい人は、バッテリー式の安いコードレス掃除機を選びましょう。一般的な掃除機に内蔵されているバッテリー部分が取り外せるようになっているため、充電時にスペースをとりません。メーカーによっては、電動ドリルなどの工具と兼用できるモデルもあるので、DIYが趣味の方にはお得ですよ。

    注意
    安いコードレス掃除機の中には、バッテリー式と記載があっても、本体ごと充電しなければならないモデルがあります。購入前にバッテリーを取り外して充電できるかは、必ず確認しておきましょう。

    アイリスオーヤマの掃除機JCL108は、外付けバッテリーをコードレス工具シリーズと兼用可能!便利ですね。

    安いコードレス掃除機は、駆動音が60db以下なら比較的静か

    なるべく音が静かな掃除機を選びたい方は、駆動音が60db以下の商品を探しましょう。音が小さいほど価格も上がるので、予算は1万円以上で考えるのがおすすめ。15,000円前後のコードレス掃除機で60db以下の製品なら、十分にコスパの高い買い物です。

    1万円以下のコードレス掃除機なら、60~65db程度が一般的。人の話し声と同等の騒音値なので、夜間などに掃除機をかける予定がないなら、価格重視で安いモデルを選ぶのもいいですね。

    【1万円以下!】安い コードレス掃除機 おすすめ人気ランキングの比較一覧表

    Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
    商品最安価格吸引力連続使用可能時間騒音レベル重さゴミ捨て方法特殊機能
    Generic スティッククリーナー楽天市場¥4,899 AmazonYahoo!18000Pa標準モード:45分、強力モード:20分標準モード:60dB、強力モード:72dB900gダストカップハンディとの2WAY、HEPAフィルター搭載
    天通ライト サイクロン式 コードレスクリーナー xr-s006楽天市場確認中 AmazonYahoo!85W/12000Pa1.2kgダストカップハンディとの2WAY、LEDライト搭載
    Zeelec コードレスクリーナー楽天市場¥5,099 AmazonYahoo!120W/18000Pa最大30分65dB450gダストカップハンディとの2WAY、超軽量、HEPAフィルター搭載
    AND・DECO 2WAYスティッククリーナー¥9,998 楽天市場AmazonYahoo!42W/15000Pa最長35分66dB(弱運転時)1.15kgダストカップハンディとの2WAY、長さ4段階調整、静音設計、急速チャージ
    AZMKOO コードレス サイクロンクリーナー V642-D1楽天市場¥6,980 AmazonYahoo!23000Pa弱モード:45分、パワフルモード:20分915gダストカップサイクロン式、ハンディとの2WAY、HEPAフィルター搭載
    Everystep コードレスクリーナー¥5,980 楽天市場AmazonYahoo!90W/15000Pa標準モード:約30分、強力モード:約15分1.0kgダストカップハンディとの2WAY、HEPAフィルター搭載
    Eripro コードレススティッククリーナー楽天市場確認中 AmazonYahoo!12000Pa最大18分84dB660gダストカップハンディとの2WAY、HEPAフィルター搭載、超軽量、LEDライト搭載
    SOUYI コードレス サイクロン式掃除機 SY-089¥9,980 楽天市場AmazonYahoo!9000Pa最大30分65dB2.0kgダストカップサイクロン式、ハンディとの2WAY

    ※ランキングは記事制作時の値段を参考にしています。

    【1万円以下!】安い コードレス掃除機 おすすめ人気ランキング8

    ここでは1万円以下の安いコードレス掃除機を紹介します。

    【2万円以下!】コスパのよい安い コードレス掃除機 おすすめ人気ランキングの比較一覧表

    商品最安価格吸引力連続使用可能時間騒音レベル重さゴミ捨て方法特殊機能
    マキタ コードレス掃除機 CL107FDSHW¥15,904 楽天市場AmazonYahoo!32W(パワフル)パワフル:約10分/強:約12分/標準:約25分1.1kg紙パック式LEDライト
    Tailulu サイクロン式クリーナー¥13,980 楽天市場AmazonYahoo!30000PA標準モード:約45分、パワフルモード:約25分78dB1.98kgダストカップサイクロン式、5重濾過システム、ハンディとの2WAY
    マキタ コードレス掃除機 CL108FDSHW楽天市場¥14,405 AmazonYahoo!30W(パワフル)パワフル:約10分/強:約12分/標準:約25分1.0kgカプセル式高輝度LEDライト
    アイリスオーヤマ 充電式サイクロンスティッククリーナー SCD-184P楽天市場¥11,990 AmazonYahoo!標準モード:約27分(ブラシ回転切)、約20分(ブラシ回転入)、ターボモード:約10分1.5kgダストカップサイクロン式、準HEPAフィルター搭載、ハンディとの2WAY、充電スタンド付き、急速充電器(別売)対応
    アイリスオーヤマ 充電式サイクロンスティッククリーナー SCD-183P楽天市場¥10,800 AmazonYahoo!標準モード:約27分(ブラシ回転切)、約20分(ブラシ回転入)、ターボモード:約10分-1.5kgダストカップサイクロン式、準HEPAフィルター搭載、ハンディとの2WAY、急速充電器(別売)対応
    シャーク 充電式サイクロンスティッククリーナー CH966J¥19,800 楽天市場AmazonYahoo!最大20分1.66kgダストカップハンディ・布団クリーナーとの3WAY、サイクロン式
    パナソニック コードレススティック掃除機 MC-SB32J楽天市場¥20,900 AmazonYahoo!ON:最大約30分、HIGH:約6分75~約65dB1.6kgダストカップサイクロン式、立てかけ収納、ハンディとの2WAY

    【2万円以下!】コスパのよい安い コードレス掃除機 おすすめ人気ランキング7選

    ここでは2万円以下の安いコードレス掃除機をご紹介します。

    【高コスパ!】安い コードレス掃除機 おすすめ人気メーカー

    軽くて吸引力の強い「マキタ」

    電動工具において国内で60%、世界では第2位の25%のシェアを誇るグローバルトップブランドです。掃除機としては、機能はもちろん軽さや耐久性にも優れるため、新幹線やテーマパークなどの清掃などの業務用にも多く使われています。製品には共通のリチウムイオンバッテリーを使用しているため、1つのバッテリーを電動工具などに使いまわせる利便性があり。営業拠点が多く、アフターサービスの体制が整っています。

    種類豊富で確かな吸引力「アイリスオーヤマ」

    家庭用プラスチック業界における国内最大手メーカー。家電製品を主にインテリア用品や日用品など幅広く扱い、低価格で販売することを得意としています。安いコードレス掃除機は、サイクロン式、紙パック式、モップ付きなど種類も豊富です。次々と新製品が出るので、型落ち製品が狙えますね。

    お手頃価格のニトリ。コード付きなら5,000円以下も!

    ニトリの安いコードレス掃除機は、14,000~16,000円のお手頃価格でコスパも十分。コードありなら5,000円以下の商品もあってさらに安いので、掃除機の購入を迷っている人にぴったりです。クリーナースタンドも販売しているので、セットでそろえるのもおすすめですよ。

    アメリカの家庭用フロアケアブランド・Shark(シャーク)

    Sharkはアメリカ・ボストンにある北米有数の家庭用フロアケアブランド。価格的にはやや高めなものの、強力な吸引力とデザイン性の高さで人気です。スティックタイプも含め、基本コードレスなので取り回しがしやすいのが魅力。スチームモップも販売されているので、併用すれば家がピカピカになりますよ。

    信頼の家電メーカーPanasonic(パナソニック)

    Panasonicのコードレス掃除機は、紙パックとサイクロン式の2機種。いずれもブラシやノズルなどのアタッチメントが充実しているので、細かいところもきれいに掃除したい人におすすめです。Panasonicというと高額なイメージがありますが、安いものなら2万円以下で手に入るので、コスパのよいコードレス掃除機を探している人は要チェックですよ。

    安いコードレス掃除機 おすすめ関連商品

    スッキリ収納「スティッククリーナー用スタンド」

    自立しないタイプのコードレス掃除機でも、「スティッククリーナー用スタンド」があれば立たせて収納でき便利です。ばらつきがちなアタッチメントも一緒に収納できるとさらに◎ですね!

    その他、おすすめな掃除機や掃除関連グッズをチェックしたい人はこちらの記事もご覧ください。日立、パナソニック、シャープ、ダイソンなどの人気メーカーの掃除機、高い安い掃除機の違い、お手入れ方法 、2018年〜2019年に販売された型落ちモデルなどもご紹介しています。

    関連記事:【軽いモデルも】コードレス掃除機 おすすめ16選!口コミと合わせて徹底比較
    関連記事:【ミニマリストにも】一人暮らし向け掃除機おすすめ15選!安い高コスパモデルも紹介
    関連記事:布団クリーナー おすすめ 15選 |選びかた・人気メーカー徹底比較!
    関連記事:【吸引力を比較】ハンディクリーナーおすすめランキング20選!コスパ最強の安いモデルも
    関連記事:ペット・介護・タバコ対策におすすめの脱臭機15選|気になる効果やランニングコストを解説
    関連記事:電気代・本体代が安い冷蔵庫おすすめ22選!高コスパな選び方や格安モデルも紹介
    関連記事:【比較】ダイソン掃除機おすすめ人気ランキング14選!最新機種の違いや口コミも紹介

    安いコードレス掃除機 よくある質問

    安いコードレス掃除機の寿命はどれくらい?

    低価格のコードレス掃除機の場合、最初にバッテリーが弱くなり吸引力が落ちるという傾向があります。バッテリーの寿命は3〜5年。外付けバッテリーの場合は交換可能ですが、内蔵タイプの場合はバッテリーの寿命が掃除機の寿命ともいえるでしょう。

    安いコードレス掃除機はバッテリー交換できる?

    コードレス掃除機には、バッテリー内蔵タイプと外付けタイプがあります。内蔵タイプのものは寿命がきても交換できませんが、外付けタイプのものは交換が可能です。ただし、内蔵タイプでも、明らかな初期不良や保証期間中のバッテリー不良の場合は、交換対応になる場合もあります。

    安いコードレス掃除機はどこで買えますか?

    ビッグカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどの家電量販店・電気屋の店頭、もしくはニトリやカインズなどのホームセンターでも販売しています。ドンキホーテのようなディスカウントストアでも購入できます。また、アマゾン・楽天・ヤフーショッピングなどのネット通販サイトの利用がおすすめです。セール時期を狙えばアウトレット価格で購入できる可能性も高いですよ。

    安いコードレス掃除機を捨てるときや処分・廃棄はどうすればいいですか?

    安いコードレス掃除機の処分方法は、以下の3つが挙げられます。

    1.自治体が指定する方法で処分する
    2.不用品回収業者に依頼する
    3.リサイクルショップやネットフリマを利用する

    1.自治体が指定する方法で処分する

    壊れてしまったハンディ掃除機はゴミとして処分するのが一番手っ取り早いです。しかし、処分の仕方がわからないという方も多いのではないでしょうか。家電の処分方法は、お住まいの地域の自治体によってさまざまです。不燃ゴミとして出せる地域もあれば、粗大ゴミ扱いになるところもあります。粗大ゴミの場合は、処理券やシールが必要になるでしょう。自分が住んでいる地域のゴミの出し方を確認し、わからない時は自治体に問い合わせしてみてくださいね。

    2.不用品回収業者に依頼する

    お近くの不用品回収してくれるリサイクル業者に引取りを依頼するのも一つの方法です。製造年や型番にもよりますが、よほど古いモデルでなければ回収してもらえるでしょう。場合によっては有料になる可能性も否定できません。依頼すれば自宅まで引き取りに来てくれることもありますが、持ち込みのみ受け付けている業者もあるので、事前に問い合わせて確認してみましょう。

    3.リサイクルショップやネットフリマを利用する

    まだ使えるものや購入してから日が浅いものは、リサイクルショップで買い取ってくれるかもしれません。購入価格よりもかなり低い買い取り額を提示されるケースもありますが、有料で引き取ってもらうよりははるかにマシなはず。ほとんどのお店で無料査定を行っているので、買取をお願いするかどうかは金額を聞いてから決められますね。また、ネットオークションやネットフリマを利用して売るのもアリでしょう。その場合は、後でトラブルにならないためにも、商品の詳細情報や不具合などを詳しく説明するのが必須です。

    安いコードレス掃除機は中古を買ってもいい?

    メルカリ・Yahoo!などのフリマアプリやネットオークションに中古品が出品されています。また、リサイクルショップや中古家電製品取り扱いショップで購入可能です。ただし、中古の電化製品は壊れやすかったり故障したりしていることもあります。保証がしっかりしている新品を購入することをおすすめします。修理の相談窓口がある場合も多いです。

    安いコードレス掃除機はレンタルできる?

    期間を指定してレンタルできるレンタルサービス運営企業もあります。

    国内メーカーと海外メーカー、どちらがおすすめ?

    安いコードレス掃除機は、海外の聞いたことがないメーカーが多いですよね。ほとんどのメーカーが、購入後1〜2年を保証期間としています。中には、購入後にカスタマー登録をすることで、保証期間がさらに1年延長されるというものもあります。ただし、格安製品に多い海外のメーカーはアフターサービスや問い合わせをWebからのみ受け付けているところが多いため、贈り物などで検討している場合は電話窓口がある国内メーカーが安心ですね。

    東芝、三菱、ツインバードなどの国内ブランドでも格安モデルはありますか?

    国内ブランドの場合は2万~3万円程度するモデルが多いです。ただし、海外製格安ブランドとは違い、吸引力や機能の充実度は優れています。国内ブランドで少しでも安い掃除機がほしいという人は是非こちらをチェックしてみてください。
    関連記事:【軽いモデルも】コードレス掃除機 おすすめ16選!口コミと合わせて徹底比較

    アンケート調査:コードレス掃除機の選び方について(2023年)

    Picky’sではコードレス掃除機の選び方に関するアンケート調査を行いました。購入したコードレス掃除機の価格帯とメーカー・ブランドをグラフにしています。

    質問①:購入、購入予定のコードレス掃除機の料金を教えてください。

    質問②:購入した、購入予定のコードレス掃除機のメーカーを教えてください。

    調査方法:インターネット上でのアンケート調査を行い、回答をポイント集計。 調査対象:コードレス掃除機を購入した・購入を考えていると回答した20代から70代までの男女 有効回答数:220名 調査機関:自社調査 調査期間:2023/4/5~2023/4/12 ※Web媒体にて本アンケートを引用される場合、出典を明記した上で本記事へのリンクをお願いいたします。

    安いコードレス掃除機の人気売れ筋ランキングもチェック

    こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているコードレス掃除機のランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

    安いコードレス掃除機 まとめ

    いかがでしたか?今回はワイヤレスで使いやすい安いコードレス掃除機の選び方とおすすめの商品についてご紹介してきました。

    安いコードレス掃除機選びのポイントは以下の通りです。

    • 格安商品こそ、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ
    • 安いものでも、ちゃんと選べばコスパのいいお買い物になる。

    この記事を読んで、あなたが買って良かったと思える安いコードレス掃除機が見つかることを願います。今の暮らしがさらに豊かになりますように。

    関連記事:【口コミでも人気】電動ちりとりおすすめランキング6選!活用シーンや選び方を紹介

    関連記事:メーカー比較&口コミも!布団クリーナーおすすめ13選!人気のコードレスも紹介

    関連記事:次回の楽天スーパーセールはいつ?おすすめの目玉商品やお買い物マラソンとの違いも解説

      SNS

      Picky’sのSNSアカウントをフォロー