おしゃれで使いやすいサイクリングリュックおすすめ25選!防水モデルや蒸れにくい商品も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

サイクリングリュックおすすめ26選!おしゃれなモデルや防水モデルもご紹介

ロードバイク・クロスバイクなどのカゴがない自転車で荷物を運ぶときに役立つのが、サイクリングリュックです。背面がメッシュで通気性が高かったり、軽量に作られていたりするため、サイクリングを快適に楽しめます。

しかし、サイクリングリュックにはさまざまな容量の商品があり、どのくらいの大きさを選べばいいか悩みますよね。また、普段使いできるようなおしゃれなリュックが欲しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、サイクリングリュックのおすすめランキングをご紹介します。容量の目安や、自転車用でないリュックを選ぶときのポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

サイクリングリュックの選び方

サイクリングリュックを選ぶときのポイントは以下の通りです。

  • 容量はできるだけ小さめがおすすめ
  • 身体にフィットする形状を選ぶ
  • 通気性の高いメッシュモデルがおすすめ

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

容量はできるだけ小さめを選ぶ

サイクリングリュックはできるだけ小さめサイズを選ぶのがおすすめです。特にロードバイク・クロスバイクのようなスポーツ車に乗っている場合、重い荷物を背負って前傾姿勢を取るのは疲れます。荷物をできるだけ減らす習慣を身に付けましょう。

しかし、小さめを選んで荷物が入りきらないのでは意味がありませんよね。使用シーンに応じた容量の目安をご紹介します。

通勤・通学・サイクリングなら、10L前後がおすすめ

通勤・通学・サイクリングなら、10L前後がおすすめ

通勤・通学や日帰りのサイクリングなら、10Lもあれば十分荷物を収納できます。ただし、通勤・通学では、A4サイズの書類やノートパソコン・タブレットなど大きめの荷物を運ぶ場合も多いです。容量と合わせて、どのくらいの大きさの荷物が入るかもチェックしましょう。

宿泊ありの長距離ツーリングなら、20L前後がおすすめ

宿泊ありの長距離ツーリングなら、20L前後がおすすめ

宿泊ありの長距離・長時間のツーリングなら、20L前後の容量がおすすめです。荷物がたくさん入るので、買い物のような普段使いにも役立ちます。

ただし、大きすぎる荷物は腰痛の原因になる可能性があります。20Lでも荷物が入りきらないときは、サドルバッグやサイドバッグを使いましょう。サイドバッグはキャリアが必要ですが、サドルバッグなら簡単に着脱できます。サドルバッグの選び方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事:スマートでおしゃれな大容量サドルバッグおすすめ24選!自作方法も紹介

関連記事:安定感に優れる!自転車用リアキャリアおすすめ15選|取り付けも意外と簡単!

身体にフィットする形状なら、空気抵抗・疲労を抑えられる

身体にフィットする形状なら、空気抵抗・疲労を抑えられる

出典:amazon.co.jp

疲労を抑えたい方やスピードを出したい方は、身体にフィットして空気抵抗を抑えられるモデルを選びましょう。特にロードバイク・クロスバイクに乗る場合、リュックが揺れると前傾姿勢が取りにくく、疲労やストレスの原因になります。チェストベルト・ウエストベルトがあるモデルなら、リュックサックの揺れをしっかり防げるのでおすすめです。

通気性の高いモデルなら、背中が蒸れない

通気性の高いモデルなら、背中が蒸れない

出典:amazon.co.jp

サイクリングを快適に楽しみたいなら、通気性が高く蒸れないモデルを選びましょう。特に背中・肩などの身体と接触する部分がメッシュになっているモデルがおすすめです。熱がこもるのを防ぎ、汗が付着してもすぐ乾きます。

防水性能が高ければ雨の日も安心

防水性能が高ければ雨の日も安心

出典:amazon.co.jp

雨天でも自転車に乗る方や、電子機器を持ち運ぶ方は防水性能をチェックしましょう。特に自転車に泥除けを装着せず走る場合、晴天でも道路が濡れていると後輪が水を巻き上げ、リュック全体に水がかかります。浸水して中身が濡れる可能性もあるため、防水性能が高いモデルを選んでおくと安心です。

ただし、防水性能が高いリュックの内側は乾きにくいので、お手入れに手間がかかる点は要注意。定期的に荷物を空にして乾燥させましょう。

雨の中でリュックを開く必要がある場合は、アイテムごとに防水パックに入れるのもおすすめ。他の荷物を濡らさず、目的のアイテムだけを取り出せます。

自転車向けの機能をチェック

自転車向けの機能が充実している、サイクリング専用のリュックもたくさん販売されています。特に役立つおすすめな機能をご紹介します。

ヘルメットを収納できれば寄り道しやすい

ヘルメットを収納できれば寄り道しやすい

出典:amazon.co.jp

サイクリングの途中に寄り道をしたいなら、ヘルメットを収納できるリュックがおすすめです。ヘルメットを自転車と一緒に置いておくのが楽ですが、盗難・いたずらのリスクがあります。ヘルメットをリュックに固定できれば邪魔にならず、気軽に長時間ショッピングや観光を楽しめます。

ドリンクホルダー・ハイドレーションパック搭載なら、水分補給に便利

ドリンクホルダー・ハイドレーションパック搭載なら、水分補給に便利

出典:amazon.co.jp

長距離のサイクリングが多いなら、ドリンクホルダー・ハイドレーションパック搭載モデルがおすすめです。飲み物をたくさん持ち運べるので、熱中症対策になります。

また、ハイドレーションパックなら、走行中でも気軽に水分補給できるのもポイント。自転車に乗ったままボトルで水を飲むのが苦手な方にもおすすめです。

自転車のカラーと合ったおしゃれなリュックを選ぼう

自転車のカラーと合ったおしゃれなリュックを選ぼう

出典:amazon.co.jp

リュックを選ぶときはデザインも重要。せっかくかっこいい自転車に乗っていても、自転車にマッチしないリュックを背負っていては台無しです。

特にロードバイク・クロスバイクなどのスポーツ車の場合は、スポーティなリュックがおすすめ。フレームに合っていれば派手なカラーも身に付けやすいです。また、派手なカラーは視認性が高く、事故の予防にも役立ちます

自転車専用ではないなら、ヘルメットとぶつからないかチェック

自転車専用ではないなら、ヘルメットとぶつからないかチェック

自転車用でないリュックを選ぶ場合、リュックの上部とヘルメットがぶつからないかをチェックしましょう。特にロードバイクはきつい前傾姿勢で乗るため、ヘルメットが背中の方にきてリュックと接触する可能性が高いです。

リュックとヘルメットがぶつかると前傾姿勢がうまく取れず、左右・後方の確認がしにくくなります。安全のためにも、リュックの上部にはあまり荷物が入らないタイプを選ぶのがおすすめです。

サイクリングリュックおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。

お手入れがしやすく普段使いにもおすすめな、サイクリングリュックのランキングです。

商品最安価格容量重さヘルメットの収納ドリンクホルダーハイドレーションパック
LIFE MEISTER 多機能ランニングバッグ¥2,980 楽天市場AmazonYahoo!8L360g-対応(別売り)
deuter(ドイター) RACE AIR 14+3¥15,840 楽天市場AmazonYahoo!17L940g--
Rainbow hill t.p.c TOPSPEED¥3,120 楽天市場AmazonYahoo!5L240g-対応(別売り)
MALEROADS 多機能バックパック確認中 楽天市場AmazonYahoo!20~25L--対応(別売り)
ラドウェザー ladbag006¥2,880 楽天市場AmazonYahoo!17L---
Santic サイクリングリュック¥3,880 楽天市場AmazonYahoo!11.2L300g--対応(別売り)
Tousen ランニングバッグ¥2,999 楽天市場AmazonYahoo!5L230g-対応(別売り)
MALEROADS サイクリングバッグ¥9,600 楽天市場AmazonYahoo!10~12L---対応(別売り)
シュナイダー デイパック¥1,980 楽天市場AmazonYahoo!-464g--
よキーよ サイクリングバッグ¥3,072 楽天市場AmazonYahoo!-----
swisswin 男女兼用リュック¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!17L600g--
SALOMON(サロモン) トレイルブレイザー¥5,980 楽天市場AmazonYahoo!10L334g-対応(別売り)
マウントハッピー アウトドアリュック¥1,690 楽天市場AmazonYahoo!5L350g-対応(別売り)
Safarire ランニングリュック¥4,048 楽天市場AmazonYahoo!8L300g-対応(別売り)
マウントハッピー サイクリングリュック¥1,390 楽天市場AmazonYahoo!2L440g--対応(別売り)
THE NORTH FACE(ザノースフェイス) Single Shot¥15,136 楽天市場AmazonYahoo!20L740g--対応(別売り)

サイクリングリュックおすすめ人気ランキング16選

防水性能の高いサイクリングリュックおすすめ人気ランキング比較一覧表

雨の日にもサイクリングを楽しみたい方におすすめな、防水性能の高いサイクリングリュックのランキングです。

商品最安価格容量重さヘルメットの収納ドリンクホルダーハイドレーションパック
ラドウェザー 防水リュック¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!25L810g--
ライフ広場2号店 折り畳み式エコリュック¥1,800 楽天市場AmazonYahoo!-700g---
Croogo サイクリングリュック確認中 楽天市場AmazonYahoo!6L340g-対応(別売り)
WINDIX サイクリングリュック¥2,980 楽天市場AmazonYahoo!8L430g-対応(別売り)
素直な虹 防水リュック確認中 楽天市場AmazonYahoo!25L756g---
WestBiking SuperLight10 Back Pack¥2,399 楽天市場AmazonYahoo!10L280g-対応(別売り)
Naturehike 登山バッグ¥2,090 楽天市場AmazonYahoo!18L110g--
KEYNICE ランニングバッグ¥3,199 楽天市場AmazonYahoo!8L350g-対応(別売り)
MUTDY サイクリングバッグ確認中 楽天市場AmazonYahoo!10~15L--対応(別売り)

防水性能の高いサイクリングリュックおすすめ人気ランキング9選

サイクリングリュックのおすすめ人気メーカー

サイクリングリュックはさまざまなメーカーから販売されているため、どれが自分に合っているか悩みますよね。特に人気のメーカーをご紹介するので、重視するポイントを考えながら選びましょう。

フィット感・通気性が高く快適な「deuter(ドイター)」

フィット感・通気性を重視するならドイターがおすすめ。ドイターはメッシュパネルを搭載したリュックを初めて販売したメーカーで、どのモデルも快適に使用できます。容量が大きめのモデルも充実しているので、キャンプツーリングで使用したい方にもおすすめです。

コスパが高く気軽に使える「WORKMAN(ワークマン)」

コスパが高く気軽に使える「WORKMAN(ワークマン)」

出典:workman.jp

コスパの高さを重視するならワークマンがおすすめです。防水性・耐久性の高いリュックが、2,000~3,000円程度で購入できます。サイクリング専用のリュックは販売されていませんが、その分マルチな用途で使用できるのがポイント。普段使いでも違和感なく活用できます。

軽量で通勤やロングツーリングに人気な「SHIMANO(シマノ)」

軽量・高機能を重視するならシマノがおすすめです。自転車のパーツで有名なメーカーですが、自転車向けのグッズも高品質で大人気。オフロード用に作られたリュックも販売しています。

ただし、最近はサイクリングリュックの販売が少ない点は要注意。シマノ製のリュックを使ってみたいなら、中古の利用も検討しましょう。

身体にフィットして空気抵抗を抑える「mont-bell(モンベル)」

軽量・フィット感を重視するならモンベルがおすすめ。ロードバイク・クロスバイク用とマウンテンバイク用のモデルがあり、乗り方に合わせて選べます。また、ハイドレーションパックに対応しているのもポイント。長距離・長時間のサイクリングも快適に楽しめます。

おすすめサイクリングリュックまとめ

サイクリングリュックは、カゴがないタイプの自転車で荷物を運ぶときに役立ちます。軽量で通気性の高いモデルなら、不快感なくサイクリングを楽しめます。

  • 容量はできるだけ小さめを選ぶ
  • 身体にフィットする形状を選ぶ
  • 通気性の高いモデルを選ぶ
  • 雨の中走るなら、防水性能の高いモデルを選ぶ
  • 自転車向けの機能が搭載されているモデルを選ぶ
  • おしゃれなモデルを選ぶ
  • ヘルメットにぶつからないモデルを選ぶ

これらのポイントをチェックして、自分に合ったサイクリングリュックを選びましょう。

関連記事:コンビニで借りれる!自転車レンタルサービスおすすめ8選!旅行や通勤・通学にも

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー