おしゃれでカジュアルなサイクルジャージおすすめ24選!初心者必見の効果・選び方も解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

サイクルジャージおすすめ24選!かっこいいデザイン・おしゃれなデザインを紹介

出典:amazon.co.jp

袖・襟のばたつきがなく、空気抵抗を抑えられる「サイクルジャージ」。ロードバイクやクロスバイクで快適に走るために欠かせないアイテムです。レースやイベントに参加するときはもちろん、休日のサイクリングや日頃の練習でも活躍します。

しかし、派手なカラー・ぴちっとした見た目のせいで、抵抗がある方も多いですよね。そもそも本当に必要なのか、効果はあるのかと疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、スポーティなデザインからカジュアルなデザインまで、人気のおすすめサイクルジャージをランキングでご紹介します。サイクルジャージのメリット・デメリットについても解説しているので、買うか悩んでいる方も参考にしてみてくださいね。

サイクルジャージは派手で着にくい?メリット・デメリットを紹介

メリット:空気抵抗を減らせる

サイクルジャージは派手で着にくい?メリット・デメリットを紹介

サイクルジャージの最大のメリットは、身体にぴったりフィットして空気抵抗を減らしてくれる点です。ロードバイクに乗って時速30km前後で走ったとき、自転車や人体が受ける抵抗の約8割が空気抵抗と言われています。さらにその空気抵抗のうち約8割は人体が受ける空気抵抗なので、身に巻つける服を少し工夫するだけで大きな効果を期待できます。実際に、レース向けのウェアに変えただけで、時速1km以上も速くなったとの口コミも。

また、疲労も軽減でき、袖や襟がばたつきにくいです。サイクルジャージは前傾姿勢で使用する前提で作られているため、背中の生地が長めになっているのも特徴。前傾しても背中の生地が突っ張ったり、めくれたりする心配がありません。背中にポケットが搭載されている商品も多く、荷物の持ち運びにも便利です。

デメリット:独特のカラーと身体のラインがはっきり出る

デメリットは独特な見た目。車やバイクに視認されやすくするために、派手なカラーリングの商品が多いです。また、身体にぴったりと張り付くようなウェアなので、身体のラインがはっきり出てしまいます。ただし、最近はカジュアルな商品やフィット感が緩めの商品も販売されているので、見た目が気になる方でも着やすくなっています。

サイクルジャージの選び方

サイクルジャージを選ぶときのポイントは以下の通りです。

  • 用途に合った形状か
  • 身体に合ったサイズか
  • 季節に合った素材が使われているか
  • おしゃれなデザインか

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

用途に合わせて形状を選ぶ

サイクルジャージには、セパレート・ワンピース・セパレートワンピースの3種類の形状があります。それぞれ違うメリットがあるので、用途に合った形状を選びましょう。

街乗りで使うなら、トイレに行きやすい「セパレート」がおすすめ

街乗りで使うなら、トイレに行きやすい「セパレート」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

レースだけでなく、街乗りやサイクリングでも使いたい方にはセパレートがおすすめです。セパレートは上下が分かれているので、着脱しやすいのがメリット。トイレにも行きやすいです。

ただ、お腹周りの締めつけがあるため、ワンピース・セパレートワンピースに比べると着心地はよくありません。しかし、普段の服装と同じで違和感が少なく、初心者でも気軽に着用できます。

スピード重視なら、「ワンピース」「セパレートワンピース」がおすすめ

ワンピース型

スピード重視なら、「ワンピース」「セパレートワンピース」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

セパレートワンピース型

スピード重視なら、「ワンピース」「セパレートワンピース」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

少しでも空気抵抗を抑えたい方には、ワンピース・セパレートワンピースがおすすめです。どちらも上下が一体化していて、身体にぴったりフィットします。ウエスト部分にゴムがないため締めつけ感もなく、包み込まれるような心地よさが魅力です。

ただし、着脱しにくく、トイレに行く際はサイクルジャージを全部脱がなければなりません。普段使いよりも、レースやイベントでの着用に向いています。

ワンピースとセパレートワンピースの違いはお腹の部分。セパレートワンピースはお腹の部分だけが分離していて、上着部分を大きく開けます。ワンピースより着脱しやすいため、上下が一体化したサイクルジャージに初めて挑戦する方にもおすすめです。

タイプ 特徴
ワンピース
  • チャックがおへそのあたりまでしか下がらない
  • フィット感が高く、空気抵抗を抑えられる
セパレートワンピース
  • おへその下までチャックが下がり、お腹部分が分離していて上着部分を左右に開ける
  • お腹の部分が突っ張りにくく、上体を起こしても違和感が少ない

セパレートなら上下セットがおすすめ

セパレートタイプなら上下セットがおすすめ

出典:amazon.co.jp

セパレートタイプなら上下セットがおすすめ

出典:amazon.co.jp

セパレートを選ぶ場合は、サイクルパンツとセットの商品がおすすめです。サイクルパンツはサドルと当たる部分にクッションが搭載されているため、お尻の痛みを軽減できます。上下セットの商品はデザインに統一感があり、見た目がおしゃれ。別々で購入するよりお得なケースも多いです。

セットになっているサイクルパンツには大きく分けて、ビブパンツ・スパッツの2種類があります。それぞれ違ったメリットがあるので、以下の表を参考に自分に合っている方を選びましょう。

タイプ 特徴 おすすめな方
ビブパンツ
  • 肩ひもが付いている
  • ウエスト部分の締めつけがなく、前傾姿勢をとりやすい
  • フィット感が高くずれにくい
  • めくれてお腹や背中が見える心配がない
  • 脱ぐときに手間がかかる
  • 長距離サイクリングに使用したい方
  • フィット感・スピード重視の方
スパッツ
  • 普通のズボンと同じ感覚で履ける
  • 着脱が簡単
  • 街乗りが主な方
  • 肩ひもが嫌いな方

サドルカバーもお尻の痛みを和らげられるアイテム。自転車に取り付けるので、サドルを汚れや傷から守れるのがメリットです。気になる方はこちらの記事もチェックしてみてください。

関連記事:【痛くない】自転車サドルカバーおすすめ19選!防水・クッション・電動対応も

身体に合ったサイクルジャージを選ぶ

身体に合わないサイクルジャージを選ぶと不快感の原因になり、ストレスや疲労が溜まりやすくなる可能性もあります。具体的な注意ポイントをご紹介します。

ジャストサイズなら、空気抵抗を抑えて気持ちよく走れる

ジャストサイズなら、空気抵抗を抑えて気持ちよく走れる

出典:amazon.co.jp

サイクルジャージはジャストサイズを選ぶのが最も重要。ぴったりした見た目や着心地が苦手だからといって、大きめサイズを選ぶのは避けましょう。

サイクルジャージは首元・袖口がばたつかないのがメリット。しかし、大きめサイズにすると、普通のスポーツウェアのように風でばたついてしまいます。背面ポケットに入れた荷物も揺れやすくなるので、不快感が大きくなります。

また、大きめサイズはだらしない印象になり、おしゃれに見えません。ぴったりした見た目が気になるなら、ジレ(ベスト)を羽織るのがおすすめです。

ゆったり着たいなら、ラグランスリーブタイプ・ストレッチ性の高い生地を選ぶ

ゆったり着たいなら、ラグランスリーブタイプ・ストレッチ性の高い生地を選ぶ

出典:amazon.co.jp

ゆったり着たいなら、ラグランスリーブタイプ・ストレッチ性の高い生地を選ぶ

出典:amazon.co.jp

ゆったりした着心地が好みなら、ラグランスリーブ・ストレッチ性の高い生地がおすすめです。ラグランスリーブとは、上の画像のように襟から袖にかけての部分が1枚の布で作られているタイプ。フィット感を抑えられ、肩を動かしやすいのが特徴です。肩で生地が切り替わっているウェアはセットインスリーブといい、空気抵抗を抑えられますが、フィット感が強くなります。

ストレッチ性の高い生地が使われている商品も、ゆったりした着心地になります。ストレッチ性については、商品の説明だけではわからないので、口コミ・レビューも参考にしてみましょう。

また、フィット感の緩い商品を選ぶのもおすすめです。フィット感の呼び方はメーカーごとに違うので、代表的な例をご紹介します。

フィット感 呼び方 特徴
きつめ
  • レースフィット
  • 空気抵抗を抑えられる立体的な作り
  • 前傾姿勢に合わせて作られているので、直立時は違和感がある
  • レースでの着用を想定した高機能な商品が多い
標準的
  • ノーマルフィット
  • ベーシックフィット
  • レギュラーフィット
  • 適度なフィット感で初心者でも着やすい
緩め
  • カジュアルフィット
  • ルーズフィット
  • シティライドフィット
  • 普通のTシャツに近い感覚
  • 機能性の低い商品が多い

メンズ・レディースもチェック

メンズ・レディースもチェック

出典:amazon.co.jp

メンズ・レディースもチェック

出典:amazon.co.jp

デザインが気に入ったからと、男性が女性用を選んだり女性が男性用を選んだりするのは避けましょう。サイクルジャージはフィット感が重要。身体的性別に合った商品を選ばないと、肩幅・胸囲などの性別差が大きくなる部分がフィットしなくなります。どうしても好みのデザインの商品がないなら、後述するオーダーメイド商品を検討しましょう。

季節に合った素材のサイクルジャージを選ぶ

サイクルジャージを選ぶときは、どの季節に着るのか考えるのも大切。着用シーズンに合った素材のサイクルジャージを選びましょう。

春・夏・秋は吸湿速乾性の高い「ポリエステル」がおすすめ

春・夏・秋は吸湿速乾性の高い「ポリエステル」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

春・夏・秋は吸湿・速乾性の高いポリエステル素材がおすすめです。汗を素早く乾かしてくれるので、不快に感じたり冷えたりするのを防げます。

春・秋は保温性が高い素材の方がいいのではと思う方も多いですが、自転車に乗るときの体温調節は重ね着が基本。サイクルジャージ1枚で対応するのはおすすめできません。春・秋は1日の中でも気温差が大きく、保温性の高い素材では日中に汗をかきやすくなります。そして、夕方に気温が低くなると、汗が冷えて風邪をひいてしまう可能性が高いです。

また、初めてサイクルジャージを購入する場合、春・秋用と夏用を分けて揃えるのはお金がかかります。保温性の高い商品を購入してもアウターは必要になるので、涼しいサイクルジャージとアウターを購入するのがおすすめです。

冬は防風性・保温性の優れた「フリース」「裏起毛」がおすすめ

冬は防風性・保温性の優れた「フリース」「裏起毛」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

冬はフリース・裏起毛などの保温性・防風性の高い素材がおすすめです。ただし、重ね着をするので、アンダーウェア・アウターとのバランスを考えて生地を選びましょう。

例えば、アンダーウェアが保温性がとても高い生地なら、サイクルジャージは防風性を重視するのがおすすめ。サイクルジャージをアンダーウェア代わりに使う場合は、保温性が高いものを選び、防風性能の高いアウターを羽織りましょう。

1年中使いたいなら、夏も冬も快適な「メリノウール」がおすすめ

1年中使いたいなら、夏も冬も快適な「メリノウール」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

オールシーズン使いたい方にはメリノウールがおすすめです。保温性・吸湿性が高いので、冬は暖かく夏は涼しい理想的な素材です。防臭性も優れているため、臭いが気にならないのもポイント。サイクリングの途中でも、気軽にお店に立ち寄れます。

ただし、価格が高いのがデメリット。安いものでも1万円、有名ブランドなら4~5万円の商品もあります。ポリエステルの商品なら安ければ3,000円、有名ブランドの製品でも1~2万円程度で購入できます。

また、メリノウールは羊毛なので、管理・洗濯方法に注意が必要。洗濯表示に従ってお手入れし、防虫剤・除湿剤を使ったり、密封性の高い保存袋に入れたりして保管しましょう。

長袖はいらない?半袖・アームカバーの併用が便利でおすすめ

長袖はいらない?半袖・アームカバーの併用が便利でおすすめ

出典:amazon.co.jp

サイクルジャージは半袖がおすすめです。サイクルジャージには夏用の涼しい商品でも長袖タイプがあり、夏用の長袖は紫外線対策になります。しかし、紫外線対策はアームカバーで対応した方が便利です。

アームカバーは防寒タイプ・冷却タイプがあり、気温に合わせて調整できます。着脱しやすいのもメリット。長袖だと袖を着脱できないので体温調整が難しく、邪魔に感じても外せません。また、アームカバーはサイクルジャージより価格が安く、気軽に購入できます。

まずは、半袖のサイクルジャージとアームカバーを使ってみましょう。アームカバーがずり落ちてくる、口部分の締めつけ感が不快など使いにくさを感じたら、買い替え時に長袖を購入するのがおすすめです。

背面ポケット付きならお出かけに使いやすい

背面ポケット付きならお出かけに使いやすい

出典:amazon.co.jp

背面ポケット付きならお出かけに使いやすい

出典:amazon.co.jp

背面ポケットはサイクルジャージに必須の機能です。背面ポケットなら荷物が落ちる心配がなく、ペダリングの邪魔にもなりません。補給食・財布・アウターなどを収納するのに最適です。また、鍵やスマホなどの貴重品を収納したいなら、ファスナー付きのバックポケットが搭載されている商品がおすすめです。

おしゃれでサイクリングに出かけたくなるデザインを選ぼう

サイクルジャージはデザインも重要。お気に入りのデザインが見つかれば、サイクリングがもっと楽しくなりますよ。デザインを選ぶときは、自転車・ヘルメットなどのカラーとの相性もチェックしましょう。

街乗りで使いたいなら、カジュアルなデザインがおすすめ

街乗りで使いたいなら、カジュアルなデザインがおすすめ

出典:amazon.co.jp

街乗りで使いたいなら、カジュアルなデザインがおすすめ

出典:amazon.co.jp

街乗りで使いたいなら、カジュアルなデザインがおすすめ

出典:amazon.co.jp

街乗りで使いたいなら、普段着のようなカジュアルなデザインを選びましょう。カフェやスーパーなどに気軽に立ち寄れます。

また、カジュアルなサイクルジャージはフィット感が緩めの商品が多く、前傾姿勢でなくても違和感が少ないです。速乾性・伸縮性が高く、背面ポケット搭載と高機能なので、普段着としても活躍します。普段着として着用するなら、グレー・ブラックなどの落ち着いたカラーを選ぶと、他のファッションアイテムと合わせやすいです。

アニメ好きなら、アニメとコラボしたデザインがおすすめ

アニメ好きなら、アニメとコラボしたデザインがおすすめ

出典:amazon.co.jp

アニメ好きなら、アニメとコラボしたデザインがおすすめ

出典:amazon.co.jp

アニメ好きなら、アニメとコラボしたデザインがおすすめ

出典:amazon.co.jp

アニメや特定のキャラクターが好きな方には、コラボモデルがおすすめです。キャラがプリントされた痛ジャージや、作中でキャラが着用しているジャージなどが販売されています。目立つので、イベントにチームで参加するときは目印としても役立ちます。

ただし、コラボモデルはノーブランドの商品が多い点は要注意。品質にもこだわりたいなら、パールイズミのような有名ブランドの商品を選びましょう。

安全性重視なら、視認性の優れたデザインがおすすめ

安全性重視なら、視認性の優れたデザインがおすすめ
安全性重視なら、視認性の優れたデザインがおすすめ

出典:amazon.co.jp

安全性重視なら、視認性の優れたデザインがおすすめ

出典:amazon.co.jp

夜間に自転車に乗る機会が多いなら、視認性の優れた派手なカラーがおすすめです。特に蛍光色は光を反射しやすく、車からも視認されやすいので、安全性を高められます。

また、反射材が使われている商品も視認性が高くておすすめ。反射材のサイズが小さくても、背面ポケット・袖口など数か所にあれば周りから見つけてもらいやすいです。

もちろん、ウェアだけでなく反射板やテールライトで視認性を高めておくのも大切。視認性の高いテールライトはこちらの記事を参考に選んでみてください。

関連記事:明るく視認しやすい!自転車用テールライトおすすめ24選|取り付けは義務?疑問も解決

こだわりがある方やチームで揃えたい方はオーダーもチェック

こだわりがある方やチームで揃えたい方はオーダーもチェック

好みのデザインが見つからない方や、チームで揃えたい方はオーダーしてみましょう。自分で自由にデザインできるので、イベントやレースでも他人と被る心配がありません。

オーダーは1枚から受け付けているメーカーもありますが、3枚からのメーカーが多いです。相場は半袖だと6,000~1万2,000円程度。1度にたくさん注文すると、1枚あたりの価格が安くなります。1人で注文するなら、洗い替えも一緒に購入しましょう。

【春~秋用】メンズサイクルジャージおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。

速乾性が高く暑い時期におすすめな、春~秋用メンズサイクルジャージのおすすめ人気ランキングです。

商品最安価格形状セットスリーブ素材半袖・長袖背面ポケット
Mto-yama サイクルジャージ¥4,050 楽天市場AmazonYahoo!セパレートラグランスリーブポリエステル半袖
Darevie サイクルジャージ楽天市場¥3,099 AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル半袖
Wellcls サイクルジャージ¥3,970 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル半袖
TELEYI サイクルジャージ楽天市場¥3,799 AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル半袖
シャトン サイクルジャージ¥4,222 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル半袖
Morethan サイクルジャージ¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-セットインスリーブポリエステル半袖
パールイズミ フリージーポタージャージ¥7,722 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-セットインスリーブポリエステル半袖

【春~秋用】メンズサイクルジャージおすすめ人気ランキング7選

【冬用】メンズサイクルジャージおすすめ人気ランキング比較一覧表

保温性が高く寒い時期におすすめな、冬用メンズサイクルジャージのおすすめ人気ランキングです。

商品最安価格形状セットスリーブ素材半袖・長袖背面ポケット
Aogda サイクルジャージ¥6,854 楽天市場AmazonYahoo!セパレートラグランスリーブポリエステル・裏起毛長袖
CATENA サイクルジャージ楽天市場確認中 AmazonYahoo!セパレート-セットインスリーブポリエステル・フリース・裏起毛長袖
NUCKILY サイクルジャージ¥16,800 楽天市場AmazonYahoo!セパレートラグランスリーブ防風複合起毛機能生地長袖
Morethan サイクルジャージ¥4,798 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル・裏起毛・フリース長袖
AIRFRIC サイクルジャージ確認中 楽天市場AmazonYahoo!セパレートラグランスリーブライクラ(ポリウレタン)・裏起毛長袖

【冬用】メンズサイクルジャージおすすめ人気ランキング5選

【春~秋用】レディースサイクルジャージおすすめ人気ランキング比較一覧表

速乾性が高く暑い時期におすすめな、春~秋用レディースサイクルジャージのおすすめ人気ランキングです。

商品最安価格形状セットスリーブ素材半袖・長袖背面ポケット
パールイズミ UVプリントジャージ確認中 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-セットインスリーブポリエステル半袖
ZEROBIKE サイクルジャージ楽天市場¥2,599 AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル半袖
Santic サイクルジャージ確認中 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル・スパンデックス半袖
Santic サイクルジャージ楽天市場確認中 AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル半袖
JPOJPO サイクルジャージ楽天市場¥3,780 AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル・スパンデックス半袖
Santic サイクルジャージ¥7,312 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブポリエステル半袖
Aogda サイクルジャージ¥4,799 楽天市場AmazonYahoo!セパレートセットインスリーブポリエステル半袖

【春~秋用】レディースサイクルジャージおすすめ人気ランキング7選

【冬用】レディースサイクルジャージおすすめ人気ランキング比較一覧表

保温性が高く寒い時期におすすめな、冬用レディースサイクルジャージのおすすめ人気ランキングです。

商品最安価格形状セットスリーブ素材半袖・長袖背面ポケット
Santic(サンティック) レディースサイクルジャージ楽天市場確認中 AmazonYahoo!セパレート-ラグランスリーブ裏起毛・フリース長袖
パールイズミ 長袖ジャージ楽天市場¥5,980 AmazonYahoo!セパレート-セットインスリーブポリエステル長袖
Aogda サイクルジャージ¥5,890 楽天市場AmazonYahoo!セパレートラグランスリーブポリエステル長袖
パールイズミ プリントジャージ確認中 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-セットインスリーブポリエステル長袖
Wellcls サイクルジャージ¥5,970 楽天市場AmazonYahoo!セパレート-セットインスリーブ前面:ポリエステル・背面:ポリエステル・スパンデックス長袖

【冬用】レディースサイクルジャージおすすめ人気ランキング5選

サイクルジャージのおすすめ人気ブランド・メーカー

サイクルジャージは有名ブランド・メーカーからノーブランドまで、幅広く販売されています。特に人気のあるブランド・メーカーをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

コスパの高さが魅力な「ワークマン」

コスパの高さが魅力な「ワークマン」

出典:workman.jp

安いサイクルジャージが欲しい方にはワークマンがおすすめ。ワークマンのサイクルジャージは1,000円前後で購入でき、背面ポケットも搭載。洗い替えにも便利です。

フィット感は緩めで、ぴったりし過ぎないのが特徴。タウンユースしたい方にもおすすめです。

高機能・低価格が魅力な「パールイズミ」

有名メーカーの商品で低価格なウェアが欲しい方には、パールイズミがおすすめです。高機能なウェアが充実している日本のメーカーですが、価格は他の有名メーカーに比べると1~2割前後安いです。

アニメとのコラボ商品も多く、アニメ好きにもおすすめ。コラボ商品でも安っぽさがなく、レースやイベントでも使える性能があります。

アフターサービスが充実、シンプル・おしゃれ・高機能な「ラファ」

高級メーカーのサイクルジャージが欲しい方には、ラファがおすすめです。価格は高いですが、機能性が優れていて人気のブランド。シンプルなデザインも魅力です。

アフターサービスが充実しているのもポイント。落車や経年劣化でウェアが破損した場合、次回オンラインストアでの購入時に約4割引きの価格で購入できます。割引きを受けるにはネットから申請する必要がありますが、破れたウェアを送る必要はなく、手軽に申請できます。

編集部

以前は無料リペアサービスを行っていましたが、現在はサービス停止中です。再開時はホームページで発表されるので、気になる方は定期的にチェックしてみましょう。

カジュアルなデザインが魅力な「カペルミュール」

カジュアルでおしゃれなサイクルジャージが欲しい方には、カペルミュールがおすすめです。カペルミュールはライオンのロゴが印象的な日本のメーカー。街中を歩いても違和感のないデザインで、観光や買い物に自転車で出かけるときも活躍します。サイクルパンツもデニム風やクロップドパンツなどカジュアルな商品が多いので、コーディネートを楽しめます。

サイクルジャージの関連商品

もっと快適にサイクリングを楽しみたい方におすすめの、サイクルジャージの関連商品をご紹介します。

手の疲れを軽減してくれる「サイクルグローブ」

手の疲労を軽減したい方におすすめなのがサイクルグローブ。サイクルグローブはクッション性が高く、手に伝わる振動をしっかり吸収してくれます。

親指部分がタオル生地になっている商品が多く、汗を拭きたいときにも活躍します。また、指先は冷えやすいので、冬用のサイクルグローブは防寒に必須です。

冬のサイクリングに必須な「サイクルジャケット」

自転車は風を体に受けて走るので、冬の防寒にサイクルジャケットは必須です。サイクルジャケットもサイクルジャージと同じように、自転車をこぐ姿勢にフィットするよう作られています。

冬でも自転車をこぐと汗をかくので、保温性・防風性だけでなく、適度な通気性も必要です。前面は防風素材、背面は通気性の高い素材と使い分けている商品がおすすめです。

ペダルにしっかり力を伝えてくれる「サイクルソックス」

自転車を効率よくこぎたい方はサイクルソックスを履きましょう。生地が薄めになっていて、グリップ力があるので、力をしっかりペダルに伝えられます。

また、蒸れにくい素材や防臭性の高い素材が使われているのもポイント。長距離ツーリングも快適に楽しめます。

サイクルジャージのよくある質問

サイクルジャージのよくある質問

プロチームの選手が着ているようなサイクルジャージは購入できる?

レプリカが販売されているので、サイクルショップや通販で購入できます。特に人気なのが、ツール・ド・フランスで総合優勝・ポイント賞・山岳賞・新人賞を獲得した選手に贈られる4賞ジャージ。2021年まではle coq sportif(ルコックスポルティフ)が、2022年からはSantini(サンティーニ)が製造しています。

オーダーメイドするときのデザインはどうやって作成すればいい?

オーダーする際の手順はメーカーによって異なります。デザインの作成が難しそうな方は、シミュレーターでデザインを作成できるメーカーを選ぶのがおすすめ。実物がどんな見た目になるか簡単に確認できます。

イタリアやイギリスなど、海外ブランドのサイクルジャージを選ぶときのポイントは?

海外ブランドの商品には、日本人の体型に合ったサイズが少ないです。特に欧州・欧米では手足が長い人が多く、袖が長めに作られています。ジャストサイズを知るためにも、最初は日本製の商品を購入するのがおすすめ。シマノ・パールイズミ・mont-bell(モンベル)などの日本メーカーは、日本人の体型に合った商品を作っています。

サイクルジャージは通勤時もおすすめ?

自転車をこいでいるとどうしても汗をかくので、通勤時はサイクルジャージを着るのがおすすめ。仕事着に汗がつくのを防げます。また、サイクルジャージは速乾性が高いため、退勤時も気持ちよく自転車に乗れます。

おすすめサイクルジャージまとめ

前傾姿勢にぴったりフィットして、快適な着心地のサイクルジャージ。風でばたつかないので空気抵抗を抑えられ、スピードを出したい方にもおすすめのアイテムです。

  • 用途に合った形状か
  • 上下セットになっているか
  • 身体に合ったサイズか
  • 季節に合った素材が使われているか
  • 長袖・半袖のどちらなのか
  • 背面にポケットは搭載されているか
  • おしゃれなデザインか

これらのポイントをチェックして、自分に合ったサイクルジャージを選びましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー