【首がすわったらOK】ジャンパルーおすすめ20選|折りたたみ式や人気のニモも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

出典:amazon.co.jp

まだ一人で歩けない赤ちゃんの体を支えて、ジャンプを可能にするジャンパルー。歩行に向けた筋力アップが期待できるほか、「楽しそうにジャンプする姿がかわいい!」と、子育て中のパパママから人気のおもちゃです。

しかし、ジャンパルーとひとくちにいっても、据え置き・吊り下げなどの形状や、付属するおもちゃはさまざま。どれを選ぶべきか悩みますよね。また、本体サイズが大きいので邪魔にならないか心配している方も多いでしょう。

この記事では、ジャンパルーの種類や選び方、おすすめのジャンパルー20商品をランキング形式でご紹介します。ジャンパルーが気になっていた方はぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を監修した専門家

子どもと女性サポートライター/ベビーシッター
平あかり
保育士/幼稚園教諭2種免許
保育園で16年勤務後、ライターとベビーシッターの複業フリーランスへ転身。女性向けのWEB記事、子育て、食品関連などを中心に1000記事以上執筆。インタビュー・取材ライターや著者と活動の幅を広げています。3人の子どもたちも成人し、第二の人生に向けて準備中。
著書:「保育士資格を生かして自由に働く!ベビーシッターで生きる道」(デザインエッグ社)

ジャンパルーのメリットは?いつから使える?

遊びながら足や脳が鍛えられるジャンパルー。メリットは?いつから使える?

出典:amazon.co.jp

ジャンパルーとは、「ジャンパー」とも呼ばれる赤ちゃん用おもちゃ。赤ちゃんのお尻がすっぽり入るシートに体を預け、バネやロープの支えによってぴょんぴょんと飛び跳ねて遊びます。

ジャンパルーの多くにはおもちゃが付属しており、遊びながら体を動かせるのが最大の魅力です。

ジャンパルーのメリット
  • 歩行に向けて足の筋力を鍛えられる
  • 視覚、聴覚、触覚など、五感に刺激を与えられる
  • 赤ちゃんが楽しく遊んでくれる

編集部

ジャンパルーは、歩行に向けての筋力が鍛えられるだけで、歩行を促すおもちゃではありません。

「ご機嫌斜めで泣いていた赤ちゃんを、ジャンパルーで遊ばせると笑顔になる」という声も多数。いつも抱っこばかりで疲れているパパママのお助けグッズとしても優秀です。

ジャンパルーは首がすわったら使ってOK

ジャンパルーの使用時期は、赤ちゃんの首座り時期から自分で歩行できるようになるまで。一般的な使用期間は3.4ヵ月~1歳前後の半年~1年弱ほどです。

対象年齢の表記は商品によってさまざまですが、推奨開始時期はほとんどの製品が3~6ヵ月から。とはいえ、赤ちゃんの成長には個人差があるので、首がしっかり安定するまでは使用を控え、安心して見守れる時期をお待ちくださいね。

逆に、卒業するタイミングは商品のスペックによってかなり開きがあります。購入時は、取扱説明書をしっかり読み、上限の身長や体重を確認しておきましょう。

平あかり

ジャンパルーは、各メーカーから「首が座ってから使いましょう」と推奨されています。首座りは「うつ伏せで寝かせると腕と胸の力を使い首を上げ、まわりをキョロキョロ見たりおもちゃで遊んんだりできる」「縦抱っこをしたときに、大人や抱っこひもの補助がなくても首がガクンとならない」という状態を目安にしてください。

赤ちゃんが全体重を預けるおもちゃなので、取り扱い説明書をよく読んで、安全に遊べるよう配慮してくださいね。

ジャンパルーの選び方

ここからはジャンパルーの選び方を解説していきます。どんな種類のジャンパルーがあるのか、何を基準に選べばよいかを確認しておくと商品選びがスムーズになりますよ。

安定感ばっちりな「床置き」省スペースで遊べる「吊り下げ」部屋に合わせて選ぼう

ジャンパルーは大きく分けると「床置きタイプ」と「吊り下げタイプ」の2種類。必要とするスペースや収納サイズ、携帯のしやすさに違いがありますので、目的に合わせて選びましょう。

床置きタイプ:安定感があり思いっきり遊べる。折りたたみ式もあり

床置きタイプ:安定感があり思いっきり遊べる。折りたたみ式もあり

出典:amazon.co.jp

ジャンパルーの多くが「床置きタイプ」です。頑丈な脚でしっかりと支えてくれるため安定感抜群。激しく赤ちゃんが動いても倒れる心配がありません。

ただし、最大で直径1m弱のスペースを取るため、部屋のスペースによっては置けなかったり邪魔になったりするのがデメリット。

スペースが心配な方は、直径70cm程のコンパクトなタイプや、ソファ下に収納できるほど小さくなる折りたたみタイプがおすすめです。

編集部

購入後に後悔しないよう、しっかりと展開時のサイズと収納サイズの両方をチェックして選びましょう。

床置きタイプの価格相場は1~2万5千円程度。型落ち商品は1万円弱と、手に取りやすい価格で販売されていることもあります。費用を抑えたい方は型落ち商品を狙うのもおすすめです。

吊り下げタイプ:省スペースに設置OK。カバンに入れて持ち運ぶことも可能

吊り下げタイプ:省スペースに設置OK。カバンに入れて持ち運ぶことも可能

出典:amazon.co.jp

部屋のスペースを広く取れない方におすすめなのが「吊り下げタイプ」です。ドアフレームや鴨居(和室上部の横木)に引っかけて使用するため省スペースで使えるのが大きなメリット。使用後は折り畳んで収納でき、持ち運びも可能です。

おもちゃが付いておらず、スタイリッシュなデザインなので、インテリアにこだわりのあるご家庭にも好まれます。

価格は3,000円~2万円程度と商品によって差があります。予算に合わせて商品をチェックしてみてくださいね。

長く使いたいなら高さ調節できるものをチェック

できるだけ長く使いたいなら高さ調節できるものをチェック

出典:amazon.co.jp

ジャンパルーを使用する3.4ヵ月~1歳前後の間に、赤ちゃんの身長は10cm以上伸びます。参考:平成22年乳幼児身体発育調査の概況について|厚生労働省

成長スピードや赤ちゃんの身長には個人差があるため、赤ちゃんに合わせて高さ調節できるジャンパルーが理想です。

高さ調節できるものの多くは3~5段階に微調整でき、その時々のベストな高さでジャンプできます。低すぎたり高すぎたりするとケガや疲労につながるので、お子さんの成長に合わせて調節してあげましょう。

衛生面も重要。シートを取り外して洗えるタイプがおすすめ

衛生面も重要。シートを取り外して洗えるタイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

よだれや吐き戻し、おむつ漏れは赤ちゃんにとって日常茶飯事。そんな事態に備えて、シートが汚れたら取り外して洗濯機で丸洗いできるタイプがおすすめです。

シートのほか、付属するおもちゃやぬいぐるみもこまめに拭いたり、洗濯をしたりして常に清潔を保ってあげたいですね。

ニモやアンパンマン・メロディー付きや回転式など赤ちゃんの興味に合わせて選ぶのもあり

ニモやアンパンマン・メロディ付きや回転式など赤ちゃんの興味に合わせて選ぶのもあり

出典:amazon.co.jp

どのジャンパルーも魅力的でなかなか決められないときは、お子さんが好きなキャラクターで選んでみてはいかがでしょうか?

ジャンパルー 人気のキャラクター
  • アンパンマン
  • はらぺこあおむし
  • ディズニー
  • サンリオ
  • ニモ

多くのママから注目度の高いニモのジャンパルーはベビーザらス限定商品。ECサイトへの流通量は多くありませんが、楽天からなら購入可能です。

加えて、子供が喜ぶ「メロディー付き」や「360度回転式」もチェックしましょう。メロディー付きならお気に入りの歌でご機嫌に。 日本語や英語のラーニング機能が付いているものもあり、遊びながら耳を育てて言語習得に役立てたい方にはうってつけです。

また、360度回転式は赤ちゃんの動きに合わせてシートが回る仕様で、後方のおもちゃにも手が届きます。赤ちゃん自らの意思で動ける範囲が広がるため「これがやりたい!」という赤ちゃんの好奇心に応えてくれますよ。

平あかり

赤ちゃんにとって、ジャンパルーは目線が変わり自分で体を上下に動かせるところに楽しさがあります。さらにメロディー付きなら聴覚も刺激され、赤ちゃんがご機嫌な時間も長くなるでしょう。

360度回転は自分の思うようにおもちゃに触れられるので、ほとんどの赤ちゃんが喜びます。パパママがいる方に自分で体を向けられるのも嬉しいようです。

専門家おすすめのジャンパルー

この記事の監修者平あかりさんおすすめのジャンパルーをご紹介します。

ジャンパルーおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。※おすすめ人気ランキングは監修対象外です。

商品最安価格タイプサイズ重量対象年齢高さ調節折りたたみシートの洗濯360度回転
フィッシャープライス レインフォレスト ジャンパルーII楽天市場¥5,980 AmazonYahoo!床置きタイプW70×D70×H23.2cm7㎏3~12ヵ月
ベビーザらス限定 フィッシャープライス レインフォレスト・ジャンパルー¥14,999 楽天市場AmazonYahoo!床置きタイプ--3ヶ月~1歳半頃
フィッシャープライス スペース・コンパクト・ジャンパルー GPT46楽天市場確認中 AmazonYahoo!床置きタイプW72×D79×H80㎝-3ヵ月~11.3㎏まで×
日本育児 はらぺこあおむし アクティビティジャンパー楽天市場¥16,496 AmazonYahoo!床置きタイプW83.5×D72×H116cm8.5㎏6ヵ月~12㎏まで×
SKIP HOP スキップホップ 3ステージ アクティビティセンター 0 FTSH303325楽天市場¥19,600 AmazonYahoo!床置きタイプW79×D79×H47cm5.92㎏4ヵ月~×
アンパンマン 元気いっぱい! アンパンマン ベビージャンパー楽天市場¥11,500 AmazonYahoo!床置きタイプW82cm×D90cm×H71cm8.93㎏首座り~身長81cm体重12kgまで
SKIP HOP バウンス&カウント・アクティビティージャンパー FTSH304350楽天市場¥16,800 AmazonYahoo!床置きタイプW85.09×D73.03×H88.01cm6.35㎏4ヵ月以上
フィッシャープライス(FisherPrice) 2Wayで長く使える クルマでも遊べる!スイーツ・ジャンパルー HDY19 ブルー楽天市場¥18,787 AmazonYahoo!床置きタイプW90.7×D82.4×H83.8cm12.6㎏4ヵ月~3歳×××
日本育児 コンパクトにたためる ポップアップジャンパー 4つの楽しいおもちゃ付き楽天市場¥9,500 AmazonYahoo!床置きタイプW85×D85×H53cm4㎏6~12ヵ月-
フィッシャープライス サンリオベビー スペース・コンパクト・ジャンパルー 【日本正規品】 GXL75楽天市場¥7,880 AmazonYahoo!床置きタイプW79×D72×H82 cm6.5㎏3~18ヵ月-
ジャンパルー Gaorui(ガオルイ)楽天市場¥5,999 AmazonYahoo!吊り下げタイプ‎W43.29×D23.8×H11.5cm1.54㎏6ヵ月~2歳(最高体重:16㎏)
Baby Einstein ベビーアインシュタイン ネプチューン・オーシャンディスカバリー・ジャンパー(10455)by KidsⅡ楽天市場¥13,492 AmazonYahoo!床置きタイプW81.3×D81.3×H84.2cm2.86㎏6ヶ月(腰がすわった子)~身長76cmまで n耐荷重:11kg×-
ブライトスターツ (Bright Starts) ジャンパー ディズニーベビー・ミニーマウス/ピーカブー・アクティビティ・ジャンパー (10299)楽天市場¥22,430 AmazonYahoo!床置きタイプ78.7×68.6×86.4 cm5㎏6ヵ月~11㎏まで
フィッシャープライス アニマルアクティビティ ジャンパルー楽天市場確認中 AmazonYahoo!床置きタイプW82.5×D82.5×H88cm6.4㎏3ヵ月~2歳×
赤ちゃんの出入り口のジャンパー楽天市場¥5,999 AmazonYahoo!吊り下げタイプ全長:175cm〜200cmn接続ベルト:約20㎝nバネ:約33~45㎝-6ヵ月~2歳
ジョリージャンパー #108 ポータスタンド楽天市場¥18,920 AmazonYahoo!吊り下げタイプ96×54×7.5cm5㎏3~18か月-
【Amazon.co.jp限定】 フィッシャープライス ジャンパルー ピンクフラワー FBL67楽天市場¥8,800 AmazonYahoo!床置きタイプW88×D88×H100㎝8㎏3ヵ月~体重12㎏まで
PROKTH ベビージャンパー ベビードアウェイジャンパー楽天市場¥2,549 AmazonYahoo!吊り下げタイプ-1.2㎏6ヵ月~2歳--
バイリンガル ジャンパルー FBL68 フィッシャープライス ポップアップジャンパー楽天市場¥7,980 AmazonYahoo!床置きタイプW70.6×D70.1×H26cm(梱包時)11.2㎏首すわり~12kg以下/81cm以下
Jolly Jumper(ジョリージャンパー)#104Original オリジナルニューモデル楽天市場¥12,997 AmazonYahoo!吊り下げタイプW‎47.5×D6×H21cm1.03㎏首座り3ヵ月~13㎏×

ジャンパルーおすすめ人気ランキング20選

 

ジャンパルーのおすすめ人気メーカー・ブランド

ジャンパルー選びに迷ったときは、人気メーカーの製品から選んでみてはいかがでしょうか?多くの方に選ばれている人気メーカーならではの安心感は魅力です。豊富な販売実績があり、口コミやレビュー数が多い点も商品選びをする上で嬉しいポイントですね。

世界で人気の安全安心な「フィッシャープライス」

フィッシャープライスはアメリカのベビーおもちゃメーカー。150ヵ国以上もの国で販売実績を誇り、日本でも「保育士認定」や「ママリ口コミ大賞」など多数受賞しています。

赤ちゃんが使うに相応しい安全性や耐久性を保つため、独自の厳しい安全基準を設けて品質のチェックを行っています。

「かわいい我が子に安全安心な製品を使わせてあげたい」という親の思いに応えてくれるメーカーです。商品ラインナップが豊富なため選択肢が多い点も魅力です。

日本企業ならではのサポートが魅力の「トイザらス」「ベビーザらス」

日本のベビー用品&おもちゃ店として有名な「トイザらス」「ベビーザらス」。元々は世界展開しているアメリカの企業ですが、日本法人化しており、日本ならではの丁寧なサポートが魅力です。

日本各地に実店舗があるため、店舗で商品を実際に見たり、対面で購入後のトラブルに対応してもらえるのは安心感があります。

「トイザらス」「ベビーザらス」でしか購入できない限定商品も販売されているので、ぜひチェックしてみましょう。

平あかり

ジャンパルー選びに迷ったときは、色やキャラクターの好みもあるとは思いますが、人気メーカーから選ぶのもおすすめです。

しかし他のおもちゃと違い、赤ちゃんが全体重を預けるものなので、ベビーカーや抱っこひものように見た目よりも安全面を重視したいですね。

お試しで使ってみたい人はレンタルもあり。価格相場もご紹介

「せっかくジャンパルーを購入しても、赤ちゃんが興味を示してくれなかったらどうしよう」と不安に感じている方は、お試しにレンタルしてみるという方法もあります。

レンタル相場は、1ヶ月で3~4千円、3ヵ月パックでも5千円程度です。スマホで簡単に注文できるのでぜひ活用してみましょう。

これから2人目、3人目のお子さんを希望している方は購入した方が費用を抑えられる可能性が高いですが、1人の場合は保管場所に悩んだり処分の手間を考えるとレンタルは賢い選択のひとつです。

平あかり

ジャンパルーは赤ちゃんのおもちゃの中でも場所を取ります。「興味を示してくれなかったらどうしよう。置き場所もとるし・・・」と、考えてしまいますよね。

さらにジャンパルーは他のおもちゃに比べて高価で使う期間も短いため、レンタルを視野に入れるのはおすすめです。

赤ちゃんの性格によっては、初めて見るものは興味を示さないことがあります。しばらく部屋に置いておくと興味を示すことがあるので、赤ちゃんが機嫌の良いときに遊びに誘ってみましょう。

ジャンパルーの関連商品

ジャンパルーに加えて、気になるアイテムをチェックしておきましょう。

転倒を防ぎ歩行をサポートする「歩行器」

歩行器のメリットは、転倒を防ぎながら脚を前に運ぶ練習ができること。

つかまり立ちから伝い歩きの時期は、転倒して頭を打つのが心配で親は目が離せません。歩行器があれば、体を支えてくれるので安心して見守れます。赤ちゃんも自分の意思で前に進めるのでとっても楽しそうですよ。

カトージ
最安値 ¥7,707 (税込)
永和
最安値 ¥6,990 (税込)

関連記事:【安全に使える】歩行器おすすめ18選|おもちゃ付きや、おしゃれデザインなど

ねんね期から幼児期まで使える「ベビージム」

ゆらゆらと揺れるおもちゃがついたベビージムは、ねんね期の赤ちゃんが目や耳、手を使って楽しめる便利アイテム。ねんねを卒業した後はおもちゃを取り外してプレイマットとして活躍するものや、歩行器に変身するタイプが便利です。

日本育児
最安値 ¥11,038 (税込)

脳の発達や運動神経に効果ありの「ボールプール」

たくさんのカラフルなボールに囲まれたボールプール。メリットは、ボールを投げて運動神経を鍛えられるほか、全身に触れるボールの感覚やカラフルな色が脳を刺激して、脳の発達に良い影響を与えること。ボールが柔らかく安全に遊べる点も大きなメリットです。

野中製作所
最安値 ¥4,563 (税込)

関連記事:【子どもが夢中になる】ボールプールおすすめ21選 |おしゃれなテントタイプも

ジャンパルーのよくある質問

ジャンパルーを使うことで悪影響を及ぼす可能性はありますか?

ジャンパルーによる悪影響として、「揺さぶられ症候群」や「股関節脱臼」を心配する声があります。

ジャンパルーはお子さんの意思で揺れる程度なので、脳への影響は考えにくく、危険な行動をしないか見守ってあげていればケガをするリスクはほぼありません。

また、股関節脱臼に関しても心配ありません。ジャンパルーのサドルは脚が開くように設計されており、理想的なカエル脚へ導いてくれます。ただし、足が地面に付くよう高さ調節してあげることをお忘れなく。

ジャンパルーは西松屋で販売されていますか?

西松屋公式オンラインストアでは取り扱いがありませんでした。お近くの店舗に問い合わせてみてくださいね。

ジャンパルーは腰すわり前でも使えますか?

はい、使えます。

商品によって推奨使用時期はさまざまですが、一般的には首が据わった3~4ヵ月頃から使用できます。

ジャンパルーの使用時間の目安が知りたいです。

楽しそうな姿を見るとついつい長時間やらせてしまいたくなりますよね。

フィッシャープライスの製品の取扱説明書には「20分まで」と記載があります。製品のスペックやメーカーによって違いがありますので、取扱説明書を確認して使用してください。

ジャンパルーは何歳まで(いつまで)使えますか?

赤ちゃんがひとりで歩けるようになったら、ジャンパルーを卒業します。歩きはじめる時期は個人差があるため、卒業のタイミングは人それぞれですが1歳前後と考えておくと良いでしょう。

ジャンパルーを長く使いたい人は、卒業後におもちゃやテーブルとして使える2WAY、3WAYタイプを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめジャンパルーまとめ

ジャンパルーで楽しく遊ぶわが子を想像して買ってあげたいと思う反面、「長く使えないのでは?」「場所を取るのでは?」と不安を抱えていた人も多かったと思います。

本編を通してジャンパルーへの不安や疑問が解消され、ジャンパルーを前向きに検討していただけますと幸いです。

最後にジャンパルーのメリットと選び方をおさらいしましょう。

ジャンパルーのメリット
  • 歩行に向けて足の筋力を鍛えられる
  • 目や耳、手などの五感に刺激を与え、脳の発達に役立つ
  • 赤ちゃんが楽しく遊んでくれる
ジャンパルー選びで押さえておくべきこと
  • スペースがあるなら安定感のある「床置きタイプ」
  • 手軽で場所を取りたくないなら「吊り下げタイプ」
  • 常設が難しいなら「折りたたみ」できるかチェック
  • 長く使いたいなら「高さ調節」できるものをチョイス
  • 「シートを取り外しできるタイプ」なら衛生的に使える
  • 「お気に入りのキャラクター」で選ぶのもアリ

ぜひお気に入りの一台を見つけて、赤ちゃんにプレゼントしてあげましょう。きっと、とびっきりの笑顔を見せてくれるはずですよ。

平あかり

ジャンパルーは大きなおもちゃなので、購入に迷われるパパママも多いでしょう。しかし私がベビーシッターでお伺いしたときは、ほとんどの赤ちゃんが楽しんで遊んでいました。

実際にジャンパルーで遊ぶ赤ちゃんを見てきましたが、どの子もしっかり遊ぶからか、ぐっすり眠る子が多かったです。
ジャンパルーは室内でしっかり体を使え、知的好奇心もくすぐるおもちゃとしておすすめです。

全身を動かして遊ぶので、思わぬ事故にならないよう、楽しそうに遊んでいても目の届く範囲にいるようにしましょう。安全に注意しながら使用してくださいね。

Picky’sではほかにも育児に役立つアイテムを多数紹介しています。0歳から1歳に向けて役立ちそうな記事をピックアップしましたので、合わせてチェックしてみてくださいね。

関連記事:【漏れない&洗いやすい】ストローマグおすすめ21選|リッチェル・bboxなど

関連記事:【階段上やキッチンに】ベビーゲートおすすめ21選|置くだけ・突っ張りタイプなど幅広く

関連記事:【ママが選んだ】ベビー鼻吸い器・鼻水吸引器おすすめ15選!電動タイプの使いやすさなど解説【2023】

関連記事:【2023】ママ向けバスローブ&ベビー用おすすめ19選 |出産祝いにも!愛用者がワンオペ風呂の流れを解説

関連記事:首がすわったら使える!前向き抱っこ紐おすすめ15選|人気のコニーやエルゴも紹介

関連記事:知育&泣きやみに!ベッドメリーおすすめ15選|おしゃれな北欧やディズニーデザインも

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー