人気のバーベキュー用炭おすすめ20選!必要量や火起こし・処理方法もチェック

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

人気のバーベキュー用炭おすすめ20選!必要量や火起こし・処理方法もチェック

キャンプや庭先でのバーベキューに欠かせない「バーベキュー用の炭」。アウトドアシーンで活躍するアイテムで、炭火でジューシーに焼き上げた肉や魚は絶品です。

しかし、バーベキュー用の炭といっても、黒炭や白炭、オガ炭など種類が豊富。「初心者に扱いやすい炭はどれ?」「家族でバーベキューするならどれくらいの量が必要なんだろう?」と商品選びに迷いますよね。

そこで本記事では、バーベキュー用炭の選び方と人気ランキングをご紹介します。バーベキュー初心者向けに、使用量の目安や火の起こし方・片付け方も徹底解説。バーベキュー用の炭選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を監修した専門家

七輪バーベキューブロガー
みそかりん
日本バーベキュー協会(JBBQA)認定初級バーベキューインストラクター
猫と旦那と暮らす主婦。バーベキューの魅力にハマり気がつけばBBQ歴18年。週末は自宅の庭でバーベキュー。より専門的な知識を得るために初級バーベキューインストラクターの資格を取得。簡単に楽しめるバーベキューテクニックやノウハウをブログで発信しています。バーベキュー人口を増やすのが目標!

バーベキュー用炭の選び方

安いものから高いものまで種類が豊富なバーベキュー用の炭。自分に合う炭を選ぶためには、着火のしやすさや使用量、使うシチュエーションを確認することが大切です。それぞれのポイントをチェックしていきましょう。

着火のしやすさで炭の種類を選ぶ

初めてバーベキューをするときには、まず火を起こせるか不安ですよね。そこで、難易度別に分けておすすめのバーベキュー用炭をご紹介していきます。

初心者向け:火のつきやすい「黒炭」「着火加工成型炭」がおすすめ

初心者向け:火のつきやすい「黒炭」「着火加工成型炭」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

初心者向け:火のつきやすい「黒炭」「着火加工成型炭」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

バーベキュー初心者には、火がつきやすい「黒炭」がおすすめです。黒炭とは、原料となる木材を400〜700°ほどで焼き上げたあとに、密閉鎮火して作られる炭のこと。国産と外国産の2種類があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • 国産:ナラやクヌギなどの広葉樹を使用。火持ちが良く扱いやすい。
  • 外国産:安価なマングローブ炭が主流。火はつきやすいが煙が多く独特の臭いがある。

相場は国産が1kgあたり400円前後、外国産が200円前後です。

また、火起こしが不安な人には、着火剤成分を染み込ませた「着火加工成形炭」もあります。チャッカマンなどで手軽に火を付けられるので、火起こしに苦労したくない人にうってつけですよ。着火成形炭は便利な分値段は高めで、1kgあたり1,000円程度が相場です。

編集部

成形炭の一種として、アメリカ生まれの「チャコールブリケット」も人気です。天然素材から作られた環境に優しい炭で、アメリカ式バーベキューの定番です。

中級者向け:安価で長時間燃焼する「オガ炭」がコスパ良し

中級者向け:安価で長時間燃焼する「オガ炭」がコスパ良し

出典:amazon.co.jp

「オガ炭」は木材加工の際に出るおが屑で作られた人工的な燃料です。真ん中に丸い穴が開いている独特な形状が特徴。

黒炭や着火加工成型炭と比べると、燃焼時間が長く煙も少ないため、庭でのバーベキューにも使いやすいですよ。ただし、着火のしやすさは黒炭や着火加工成型炭に劣るので、火起こし方法はしっかりチェックしておきましょう。

相場は1kgあたり200~300円程。高級炭として人気の備長炭に近い性能を持ちながら手の届きやすい価格で販売されているので、コスパの良さを求める中級者にピッタリです。

上級者向け:料理にこだわるなら火力が安定する「白炭(備長炭)」が◎

上級者向け:料理にこだわるなら火力が安定する「白炭(備長炭)」が◎

出典:amazon.co.jp

調理のプロが使用する炭として有名な「備長炭」。1200°程の高温で焼き上げ、消火の際に消し粉の灰が白くつくため「白炭」とも呼ばれます。

白炭の特徴は、堅くて燃焼時間が長く、強い火力を安定して維持できること。煙がほとんど出ず、遠赤外線効果によって食材の旨みを最大限に引き出してくれるのが白炭の魅力です。

ただし価格が高く、相場は1kgあたり1,000円程度。また、火が付きにくく爆ぜることもあるため、初心者には扱いにくいのも難点です。料理の美味しさにこだわる人や、バーベキュー上級者におすすめです。

炭の量は「大人1人あたり1kg」を目安に用意しよう

炭の量は「大人1人あたり1kg」を目安に用意しよう

バーベキューの途中で炭が足りなくなるのは避けたいですね。そこで、事前にどの程度の炭が必要か把握しておくことが重要です。

炭の使用量の目安
  • 大人1人あたり:1kg
  • 子供1人あたり:大人の半分~2/3程度

    たとえば、大人4人・子供4人のグループでバーベキューをするときには、大人4人分で4kg、子供4人分で2~3kg、合計6~7kgほど用意しておくと安心です。

    また、炭の燃焼時間の目安は「1kgあたり1~2時間」ということも押さえておきましょう。ただし、炭の種類によって燃焼時間は前後し、コンロの大きさによっても消費量は変わります。

    「大人1人あたり1kg」「1kgあたり1~2時間」を目安に調節してみてくださいね。

    使用する場所に合わせて「煙」や「ニオイ」が出ないものを選ぼう

    使用する場所に合わせて「煙」や「ニオイ」が出ないものを選ぼう

    バーベキュー用の炭を選ぶときは、炭を燃やした際の煙やニオイの量にも注意が必要です。自宅の庭でバーベキューをすると、干している洗濯物にニオイがついたり、家の中に煙が入ってしまったりと、ご近所トラブルの原因になりかねません。

    100均やホームセンターで売られているマングローブ炭は煙やニオイが出やすいので、庭でのバーベキューには不向きです。住宅街でバーベキューをするなら、煙やニオイの少ない備長炭がおすすめ。

    しかし、備長炭は火起こしに時間がかかるのと高価なのでそこが引っかかる方は、お手頃価格で備長炭よりも火起こしが楽なオガ炭を選んでみてください。

    楽しく庭でバーベキューをするためにも、炭選びからご近所への配慮を忘れないようにしましょう。

    子供と一緒なら火の粉が舞いにくい炭がおすすめ

    子供と一緒なら火の粉が舞いにくい炭がおすすめ

    美味しい料理と開放的な雰囲気を楽しめるバーベキューですが、炭が弾けたり火の粉が舞ったりと、火傷の危険がある点には注意が必要です。特に、子供はバーベキューコンロや火の位置に目線が近いので気をつけてください。飛んできた火の粉で怪我をしたり、洋服に穴が開いたりすることがあります。

    子供と一緒にバーベキューを楽しむ場合、火の粉が出にくい「オガ炭」がおすすめ。オガ炭はおが屑を圧縮して形成しているため、爆ぜることがほとんどありません。着火のしやすさや燃焼時間の長さなどメリットが多く、ファミリーでバーベキューをするときに使いやすいですよ。

    みそかりん

    の最高峰は備長炭です。燃焼時間、煙の少なさ、遠赤外線の放出量の多さ(多いと料理が美味しく仕上がる)においては敵う炭はないと言えます。ですが着火の難しさ、高価ということを考慮するとプロの料理人、バーベキュー上級者向けです。初心者のうちは火起こしが簡単な黒炭からスタートして慣れた頃にオガ炭、さらに上を目指したい方は備長炭にぜひチャレンジしてみてください。

    専門家おすすめのバーベキュー用炭

    この記事を監修したみそかりん様おすすめのバーベキュー用炭をご紹介します。

    【黒炭・形成炭】バーベキュー用炭おすすめ人気ランキング比較一覧表

    Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
    商品最安価格内容量原料産地
    ヒマラヤ バーベキュー用炭 ビジョンピークス 木炭3KG VP1656003C楽天市場¥599 AmazonYahoo!5kgマングローブタイ
    ウェーバー(Weber) バーベキュー用炭 チャコールブリケット5㎏楽天市場確認中 AmazonYahoo!5kg天然ココナッツの殻アメリカ
    岩手切炭 バーベキュー用炭 高級岩手切炭 なら 6㎏楽天市場¥2,150 AmazonYahoo!6kgナラ岩手
    DCM バーベキュー用炭 L13−063 6Kg¥1,240 楽天市場AmazonYahoo!6kgマングローブマレーシア
    ナエムラ株式会社 バーベキュー用炭 岩手なら炭 堅一級 木炭 2.5kg楽天市場¥1,680 AmazonYahoo!2.5kgナラ岩手
    キングスフォード バーベキュー用炭 オリジナルチャコール 約8.16kg×2袋セット楽天市場¥5,975 AmazonYahoo!8.16kg×2袋天然素材アメリカ
    ロゴス バーベキュー用炭 エコココロゴス ラウンドストーブ2 83100102¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!10個(2個入り×5袋)ヤシガラ-

    【黒炭・形成炭】バーベキュー用炭おすすめ人気ランキング7選

    【オガ炭】バーベキュー用炭おすすめ人気ランキング比較一覧表

    商品最安価格内容量原料産地
    大雪備長炭 バーベキュー用炭 オガ炭 1級品 10kg×2箱(20kg)楽天市場¥4,180 AmazonYahoo!20kg(10kg×2箱)おが屑
    炭魂 バーベキュー用炭 大黒オガ備長炭 一級品 10kg楽天市場¥2,904 AmazonYahoo!10kgおが屑
    炭職人 バーベキュー用炭 オガ炭 30kg (10kg×3箱)¥8,480 楽天市場AmazonYahoo!30kgおが屑(アカシア)ベトナム
    トータルフーズシステム バーベキュー用炭 オガ炭 松葉 備長炭 10kg楽天市場¥2,550 AmazonYahoo!10kgおが屑中国
    おしぼり屋 バーベキュー用炭 「かぐや備長」竹100%¥2,989 楽天市場AmazonYahoo!10kgおが屑(竹)中国
    炭職人 バーベキュー用炭 10kg 20kg 30kg オガ備長炭楽天市場¥2,980 AmazonYahoo!10kg、20kg、30kgおが屑(アカシア)ベトナム
    たかやま バーベキュー用炭 金獅子 オガ備長炭 10kg¥3,200 楽天市場AmazonYahoo!10kgおが屑海外

    【オガ炭】バーベキュー用炭おすすめ人気ランキング7選

    【白炭・備長炭】バーベキュー用炭おすすめ人気ランキング比較一覧表

    商品最安価格内容量原料産地
    紀州備長炭 バーベキュー用炭 白炭 1kg楽天市場¥1,870 AmazonYahoo!1kgうばめがし和歌山
    炭や匠 バーベキュー用炭 ラオス産高級備長炭 15kg Mサイズ¥7,150 楽天市場AmazonYahoo!15kgラオス
    豊栄燃料 バーベキュー用炭 土佐備長炭 バラ 2kg楽天市場¥2,440 AmazonYahoo!2kgうばめがし国産
    上土佐備長炭、馬目特割れ12kg¥15,950 楽天市場AmazonYahoo!12kgうばめがし高知
    西岡燃料 バーベキュー用炭 土佐備長炭「馬目樫(うばめがし)一級(備徳)」3kg¥4,097 楽天市場AmazonYahoo!3kgうばめがし高知県
    神鍋白炭工房 バーベキュー用炭 神鍋白炭 2.5kg楽天市場¥2,880 AmazonYahoo!2.5kg広葉樹兵庫県

    【白炭・備長炭】バーベキュー用炭おすすめ人気ランキング6選

    炭の置き方にも注目!バーベキュー用炭の火の起こし方

    バーベキュー用炭の火の起こし方

    バーベキューに向けて、火の付け方も確認しておきましょう。火起こしには着火剤やバーナーを使うなどさまざまな方法がありますが、ここでは誰でも用意しやすい新聞紙を使った火起こしの方法をご紹介します。注:黒炭向けの方法です。この方法では備長炭やオガ炭の着火は難しいです。

    新聞紙を使った火起こしの材料
    • 新聞紙
    • 木炭
    • 炭ばさみ
    • 軍手
    • ライター
    • 新聞紙を使った火の起こし方
    • STEP.1
      新聞紙を井桁に組む
      棒状にひねった新聞紙をあらかじめ作っておきます(約10本くらい)。

      コンロに炭のかけらを置いて、その上に新聞紙を井桁に組みます。 

    • STEP.2
      炭を並べる
      井桁に組んだ新聞紙の周りに炭を立てて、全体を煙突状の筒のように並べます。あまり大きな炭を使うと火が回りにくくなるので、小さめの炭を使うのがポイントです。
    • STEP.3
      火をつける
      中央の新聞紙の上にも炭を1~2個置いて、新聞紙に火を付けましょう。数分後には新聞紙を中心にして、全体に火が回ります。

    みそかりん

    特別な道具が要らない、簡単で画期的な方法です。チムニースターター(火起こし器)を使ったときのような煙突効果で、空気が下から上に循環してスムーズに着火できます。そのためうちわで仰ぐ必要がなく、ほったらかしでOKですよ。逆にうちわで仰ぐと火が消えてしまうので注意してくださいね。

    参考:超簡単な火起こし方法!バーベキューやキャンプの焚き火もコレでOK|CAMP HACK

    火を起こすにはガストーチもおすすめです。

    関連記事:【火力最強】ガストーチおすすめ19選!SOTOやイワタニなど人気メーカーも紹介

    バーベキュー用炭の消し方・後始末方法

    バーベキュー用炭の始末方法

    出典:totalfoods.jp

    バーベキュー後の炭の消し方や処理方法も覚えておきましょう。炭は土に還らないため、土に埋めるのはNGです。灰は肥料として土に撒くこともできますが、余った炭は火消しつぼや下記の方法を使って消化し、燃えるゴミに出してくださいね。

    • バーベキュー用炭の始末方法
    • STEP.1
      水で火を消す
      水の入ったバケツを用意して、水の中に炭を入れます。炭が多い場合はプラスチックのバケツだと溶けてしまうのでなるべく金属製のバケツが良いです。
    • STEP.2
      炭火が鎮火するのを待つ
      10~20分程度水に浸けておくと火が消えます。ただし、オガ炭や備長炭は鎮火まで時間がかかるので、丸一日水の中に浸けておきましょう。
    • STEP.3
      鎮火したら燃えるゴミに捨てる
      完全に鎮火したら燃えるゴミに捨てます。ゴミの分別や捨て方に不安があれば、お住いの自治体に確認してください。

    編集部

    この後のQ&Aで、炭の再利用についても解説しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

    みそかりん

    火消ししようとしてコンロの中の炭に直接水をかけるのは絶対にやめてくださいね。水蒸気が発生して火傷の危険があり、コンロを痛める可能性もあります。特に七輪を使用している場合は七輪が割れてしまうかもしれません。火消しつぼを使う方法はとてもおすすめで、入れるだけで空気を遮断して安全に消火できます。これから何度かバーベキューをする予定のある方は持っておくと良いです。

    参考:【炭屋が解説】バーベキュー炭の後処理や火の始末の方法は3ステップ|株式会社トータルフーズシステム

    バーベキュー用炭の関連商品

    バーベキュー用炭と一緒に使える関連商品をご紹介します。

    バーベキューには欠かせない「バーベキューコンロ」

    バーベキューを楽しむにはバーベキューコンロが必要です。卓上で使えるミニサイズ、持ち運びに便利な折り畳み式、火力を安定させるために風を送ってくれるファン付きのものなど種類が豊富。高さも選べるので、人数やシチュエーションに合うバーベキューコンロを選びましょう。

    関連記事:大人数からソロキャン用まで!バーベキューコンロおすすめ20選|持ち運びに便利な折り畳みモデルも

    雰囲気良く炭火料理が楽しめる「七輪」

    スタイリッシュなバーベキューコンロと違って、昔ながらの雰囲気の良さが魅力の七輪。コンパクトなモデルが多いので、気軽に庭先やキャンプで炭火調理を楽しめます。中には、室内で使える煙の出にくいタイプや、大人数で使える大きめサイズもあります。秋には旬のサンマを七輪で焼いて食べたいですね。

    関連記事:炭火が香ばしい !七輪おすすめ20選|キャンプやバーベキュー向けのモデルも紹介

    本格ピザを自分で作れる「キャンプ用ピザ窯」

    お店で食べるような本格ピザをアウトドアで楽しめる「キャンプ用ピザ窯」。炭を使って高火力で焼き上げたピザは絶品です。ピザは子供から大人まで人気なので、バーベキューが盛り上がること間違いありません。キャンプ用のピザ窯はコンパクトかつリーズナブルなものもあるので、焼きたてのピザを味わいたい人はチェックしてみてくださいね。

    関連記事:専門店の味を再現!キャンプ用ピザ窯おすすめ20選|高火力で焼ける本格オーブン

    バーベキュー用炭のよくある質問

    バーベキュー用炭は、どこで買うのが安いですか?

    コスパ重視であれば、値段の安い100均やホームセンターのマングローブ炭がおすすめです。通販の訳あり商品を探すと、高品質の炭がお手頃価格で買えることもあるのでぜひ探してみてください。

    バーベキューで使いかけの炭は再利用できますか?

    はい、再利用できます。火消しつぼや水で鎮火した後、しっかり乾燥させて、湿気の少ない場所で保管しておきます。長期保管する場合は、乾燥材などを使うのもおすすめです。再利用する炭は非常に着火しやすいので火起こしがスムーズになります。次回バーベキューの予定がある方は、ぜひ火消しつぼを活用してみてください。

    おすすめバーベキュー用炭まとめ

    バーベキュー用炭の選び方をおさらいします。

    バーベキュー用炭の選び方
    • 着火のしやすさから種類を選ぼう
    • 炭の夜は「大人1人あたり1kg」が目安
    • 使用する場所によって「煙」や「ニオイ」が出ないものが◎
    • 子供と一緒なら火の粉が舞いにくいものをチョイス

    今回は、バーベキューのマストアイテムのひとつ「バーベキュー用炭」をご紹介しました。着火しやすい黒炭や着火加工成形炭、火力や火持ちに優れた白炭、コスパに優れたオガ炭などさまざまな炭がありましたね。

    本記事の内容を参考に、着火のしやすさや火持ち、価格、煙、ニオイなどの特徴をチェックして、最適なものを見つけてくださいね。

    関連記事:【焼肉やBBQに】おすすめ岩塩プレートランキング10選!人気のロゴスや使い方も

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー