5,000円以下も!安いスマートウォッチおすすめ20選!コスパ最強や電子マネー対応も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

安い スマートウォッチ

出典:amazon.co.jp

最近では安いスマートウォッチでも、機能性が高いモデルが多く発売されています歩数や睡眠などの活動ログはもちろん、心拍数や血圧を計測できるものまで。また、登山に強いGPSや防水機能の高いモデル、電子マネー対応など、安いスマートウォッチでも自分の利用用途によって選ぶことができます。

ただ、安いので十分と考える人がいる一方「安いのでもちゃんと使えるの?」「コスパ最強はどれ?」「Google fitアプリと連携できるモデルはある?」など気になる方も多いはず。この記事では、失敗しない安いスマートウォッチの選び方と、人気商品をご紹介!

「安いシリーズ」「ビジネスと兼用できる丸型」など、タイプごとにご紹介するので、ライフスタイルに合わせて適したスマートウォッチを見つけてみてください。

スマートウォッチの安いモデルと高いモデルの違い

スマートウォッチは「安いから悪い」「高いから良い」というわけではありません。価格の違いは機能の多さや質によるものと言えます。機能の多い機種でも使わなければ損になることも……。

自分にとってコスパ最強かどうかは、使うシーン・用途・好みのデザインをふまえてトータルで判断しましょう。

値段が安いスマートウォッチの特徴(3,000円~1万円のモデル)

値段が安いスマートウォッチの特徴(3,000円~1万円のモデル)

出典:amazon.co.jp

  • 時間・天気・日にちなど一括表示でき、文字盤のデザインも切り替えできる
  • 運動の量や消費カロリーの計測、管理が可能で、ダイエットやトレーニングの効率化ができる
  • Bluetoothでスマホと連携し、メールやLINE、電話の着信を教えてくれる
  • 1万円以下でも心拍数を計測する光学式心拍センサーを搭載している機種がある
  • 数種のスポーツに合わせた計測が可能な「スポーツモード」が使える

安いスマートウォッチとはいえ、最近では搭載機能がとても豊富です。5,000円以下の製品でも上記の機能を全て搭載している製品も。5,000円~1万円ほどになると「血中酸素濃度」や睡眠の質を計測する「睡眠モニタリング」などの機能もついておすすめです。

ただし、電子マネー対応ではないアイテムが多く見られます。トレーニング管理や着信通知機能などの日常利用ができれば十分、また複雑な操作が不要でシンプル機能がいいという方には、1万円以下のスマートウォッチをおすすめします。

関連記事:【実機レビュー】激安Redmi Smart Band 2を徹底検証!Xiaomi Band 7と比較も

値段が高いスマートウォッチの特徴(1万円~30万円のモデル)

高いスマートウォッチの特徴(1万円~30万円のモデル)

出典:Amazon.co.jp

  • 「iOS」や「Wear OS by Google」などOS搭載でスマホのように使える
  • GPS機能搭載で正確な距離の測定、地図機能や現在位置の表示機能が使える
  • SuicaやPay、Felicaなどの電子マネー対応
  • LINE返信機能付き
  • ストレージ(記憶装置)搭載で、音楽などをダウンロードできる
  • カシオ・ソニー・ガーミンなど高級腕時計メーカーが作っている

値段の高いスマートウォッチは「iOS」や「Wear OS by Google」などのOSの搭載が特徴でスマホのように便利に使える製品が多いです。

アプリをダウンロードすることで電子マネー決済ができたり、スマートウォッチ本体だけで音楽を楽しめるため、普段スマホを持ち歩けない方や、特定の競技用アプリを使いたい方にもおすすめ。

しかし、スマホに比べデバイスのサイズが小さいので、操作がしづらいのがデメリット。常にスマホを持ち歩く方は、値段が1万円以下でOS非搭載の安いスマートウォッチで十分でしょう。

値段が安いスマートウォッチの選び方

安いスマートウォッチを選ぶポイントは5つ。それぞれ解説します。

  • 健康管理機能や活動ログ機能の種類と精度
  • GPS機能の有無と、防水・防塵機能の高さ
  • LINEやメール、電話の着信機能の有無
  • 音楽再生や電子決済などスマホとの連携しやすさ
  • 用途に合わせたデザイン

スマホと連携:OS非搭載&Bluetoothタイプが1番安い

スマホと連携できるモデルを選ぶ:Wear OSが安い?

スマホと連携を求めるなら、OS非搭載のBluetooth接続タイプが1番安いです。スマホでデータ管理できたり、スマホ内音楽をスマートウォッチから再生できることも。

Bluetooth接続では、基本的にメーカー独自のアプリでしかデータを共有できないことに注意しましょう。アプリの使いやすさにも違いがあるので、アプリストアの評判などから製品を選ぶのも1つの手です。

もしスマホと同じようにアプリをダウンロードして使うのであればOS搭載機種を選びましょう。OSは主に、アップル社の「iOS」とGoogleの「Wear OS by Google」があります。

しかし、iOSを搭載したApple Watchは3万円以上と高価。コスパを重視するなら1万円ほどから購入できる「Wear OS by Google」搭載機種がおすすめですよ。

バッテリーの持ち時間を確認

電源タイプとバッテリーの持ち時間を確認

高機能な1万円以下のスマートウォッチはほとんどが充電式です。野外で長時間使用する方や、毎日充電をするのが面倒な方は、フル充電での連続稼働時間も確認してください。

4,000円~1万円の安いスマートウォッチでは、時間・カレンダー・電池残量のみを表示する「通常モード」使用で、最大稼働時間が4日~14日間ほど。値段が高いほど稼働時間も長い傾向です。しかし、活動ログ計測やGPS機能などを使うとバッテリーは1日~3日間ほどに短縮されます。負荷の高い機能をよく使う方は、できるだけ稼働時間の長い製品を選ぶようにしましょう。

電子マネー対応(Suicaなどの決済機能付き)だと便利

Suicaなどの電子マネー決済機能があると便利

スマートウォッチが電子マネー対応であれば、スマホを取り出さず片手でサクッと会計ができます。ただし電子マネー決済をするには、OSが必須。また、OS搭載でも製品によって決済できる電子マネーや、ダウンロードできるアプリに制限があることもあります。購入前に必ず、使用したい電子マネーに対応しているかを確認してくださいね。

ちなみにSuica対応の製品は、通常モデルよりも価格が2万円ほど高い傾向にあります。なるべく価格を抑えたい人は、スマホの携帯Suica機能を利用して使い分けるのがいいでしょう。

関連記事:SONY(ソニー)のスマートウォッチおすすめ3選!最新モデルや撤退の噂について解説

ストレージ機能搭載なら音楽も楽しめる

音楽再生機能があればランニング中も楽しめる

ランニングやワークアウト中に音楽を楽しみたい方は「ストレージ(記憶装置)」搭載機種をチェックしましょう。ストレージ搭載機種ならアプリから音楽をダウンロードできます。ストレージ1GBで約200曲ほど、5GBで1,000曲ほどダウンロードできますよ。

ストレージ搭載のスマートウォッチは15,000円ほどから購入可能です。イヤホンやヘッドホンはBluetooth接続で使用するので、ワイヤレスタイプを用意してくださいね。

ビジネスや普段使い、用途に合った「デザイン」かどうかをチェック

1万円以下の安いスマートウォッチの形状には主に「丸型」「リストバンドタイプ」「スクエアタイプ」の3種類があります。使いやすさや見た目が異なるので、用途や使うシーンに合わせて選びましょう。

日常生活で利用:オーソドックスなスクエアタイプ

出典:amazon.co.jp

スマートウォッチと言えばこの形というのがスクエアタイプ。丸型やスリムなタイプと比較して画面が大きいため、表示が見やすく操作もしやすいのが特徴です。

快適な操作を求める場合や、通知や返信などをスマートウォッチで済ませたい方におすすめ。オーソドックスな形状で商品の種類も多く、値段も4,000円前後からあるため、好みの機能やデザインを選びやすいでしょう。

ビジネス利用:丸型の腕時計デザインがおすすめ

ビジネス利用:丸型の腕時計デザインがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

ビジネスでもスマートウォッチを兼用する方には、丸形で腕時計デザインのタイプがおすすめです。

高級デザインの丸型タイプのデイスプレイにアナログ時計の文字盤を表示すれば、スーツ姿でも違和感なく使用できます。丸型デザインのスマートウォッチは5,000円ほどから購入可能。仕事利用が多い人は丸型をチェックしておきましょう。

安いスマートウォッチには極まれにフレームにチタン素材、ディスプレイにサファイヤガラスを使った製品があります。

屋外・スポーツ利用:軽量デザイン・シリコンバンド

屋外・スポーツ利用:軽量デザイン・シリコンバンド

出典:amazon.co.jp

スポーツやワークアウト、アウトドアで使用する方には、汚れや汗に強いシリコン素材を使った軽量のバンドタイプがおすすめ。操作性が高いタイプを好む方はディスプレイの縦×横が4cm×4cmほどのスクエアタイプを選ぶといいですね。

また、バンドタイプは丸型に比べると値段が安いのが特徴。4,000円ほどから購入できるので、選択の幅が広がりますね。

関連記事:【女性スタッフが選ぶ】おしゃれなスマートウォッチおすすめ26選!レディース編・かわいいモデルを厳選

関連記事:【実機レビュー】Xiaomi Smart Band 8を徹底検証!コスパは良い?7との比較も

用途に合わせて重さやサイズもチェック

用途に合わせて重さやサイズもチェック

出典:amazon.co.jp

スマートウォッチの形状の違いだけでなく、同じような形状でも製品によってサイズや重さが違います。どれくらいの時間、また何をするときに身に付けるかを考え、邪魔や負担にならないサイズ・重さの製品を選びましょう

特にスポーツやエクササイズで使う場合は、100g以下のスリムタイプのようなコンパクトで軽量なモデルがおすすめ。スマートウォッチで通知確認や音楽プレイヤーを操作する場合は、画面サイズが小さいと操作しにくいため、少し重くはなるものの、ある程度画面サイズの大きいモデルが使いやすいでしょう。

利用シーンに必要な機能を絞って選ぶ

スマートウォッチは機能が増えればそれだけ値段が高くなります。コスパ最強の安いスマートウォッチを購入するときに重要なことは、いかに自分の必要な機能を絞って、最低限の機能が付いたものを選ぶかです。用途に合わせて以下の機能をチェックしてください。

    スポーツ・健康管理:活動ログ機能

    スポーツ・健康管理:活動ログ機能

    1万円以下のスマートウォッチでもスポーツやエクササイズ、健康管理に役立つ「活動ログ機能」が数多く搭載されています。ウォーキングやジョギングでの歩数、サイクリングやエクササイズの運動量まで計測可能。スマホアプリのGoogle fitと連携すれば日々の活動をデータで保存できるので、確認が容易になります。

    また、心拍数や血圧、血中酸素濃度が計測できるものを選べば、日々の身体の変化にすぐ気づくことができます。これらの数値や日常の運動量を気にしている人は、活動ログ機能をチェックしましょう。

    活動ログ機能が付いているかどうかは、以下のセンサーの搭載有無でわかります。

    計測内容 搭載センサー
    歩数などの運動量を計測 加速度センサー、ジャイロセンサー
    ランニングなど、移動距離や移動速度を計測 磁気センサー
    心拍数・血圧・体温・血中酸素濃度・睡眠の質を測定 光学式センサー

    関連記事:精度が高い日本メーカー製も!血圧が測れるスマートウォッチ4選おすすめランキング
    関連記事:【新製品も解説】Fitbit (フィットビット)おすすめ13選!できること比較
    関連記事:毎日の健康管理に!体温が測定できるスマートウォッチおすすめ14選

    製品ごとの「スポーツモード」にも注目

    製品ごとの「スポーツモード」にも注目

    出典:amazon.co.jp

    自分が行う競技やトレーニングに合う「スポーツモード」が搭載されているか確認しましょう。5,000円以下のスマートウォッチにも8~30種類ほどの「スポーツモード」を搭載されていて、競技に合わせたデータの計測と記録を行えます。

    種類が少ないものでもランニングや自転車、水泳など。種類が多い機種では、ゴルフやラグビー、クリケットや乗馬などにも対応しています。競技に合わせて計測を行えば、さらに効率よくトレーニングが行えますよ。

    編集部

    他にも「ストレスモニタリング」や「座りすぎ注意喚起」などの機能をもった製品も多くあります。安くてもこれだけの多くの機能があるので、購入時に迷わないようどれだけの項目を計測するかしっかり選んでおきましょう。

    関連記事:【アプリも紹介】ゴルフ向けスマートウォッチおすすめ16選!普段使いできるモデルも

    アウトドア利用:GPS機能・防水防塵機能

    アウトドア利用:GPS機能・防水防塵機能

    アウトドアやゴルフ、登山やスノースポーツで使用する方は「GPS機能」を搭載した製品がおすすめです。GPS機能と地図アプリを連携すれば、山やコースでの正確な位置を把握できますよ。ゴルフ専用アプリを使用すれば、ボールの飛距離やグリーンの正確な位置も確認可能です。

    またアウトドアの屋外利用が多い方は「防水・防塵機能」もチェックしましょう。突然の雨や埃の侵入でスマートウォッチが故障したら、その後の野外活動に支障が出ることも。埃の入りにくい防塵性能は1万円ほどの製品から搭載されています。

    防水性の高い製品は4,000円~1万円ほどのスマートウォッチにも多く、以下のような防水性能を備えています。アウトドアで使用する方は防水性能もチェックしてくださいね。

    • 突然の雨や水たまりなどに落としても大丈夫な「IP67防水」
    • 短時間の水泳にも使用できる「IP68防水」
    • 50mの深さに10分間沈めても使える「50気圧防水」

    関連記事:【アウトドアに強い】SUNNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

    仕事で使う:着信通知、返信・通話機能

    仕事で使う:着信通知、返信・通話機能

    出典:amazon.co.jp

    ビジネスでもスマートウォッチを使用する方はLINEやメール、「着信通知機能」もチェックしましょう。仕事の緊急の連絡も、手元ですぐに確認できるのでビジネスマンには嬉しい機能です。ちなみに通話は別途マイク搭載の製品でないと使えないので注意しましょう。

    1万円以下のスマートウォッチはBluetoothでスマホとペアリングし、メールや着信の通知設定をできるタイプがほとんど。製品によって「通知だけ」のタイプと「メッセージの内容まで表示」のタイプがあります。用途に合わせて表示内容までチェックしてみてくださいね。

    編集部

    スマホから離れることが多い方はBluetoothのバージョンも確認しましょう。バージョン4.0なら通信範囲5~10mほど。バージョン5.0以上なら範囲が4倍ほどに広がりますよ。

    安いスマートウォッチのおすすめ人気メーカー

    スマホとの連携がしやすい「itDEAL(イットディール)」

    5,000円以下で高機能なスマートウォッチを販売するitDEAL(イットディール)。スマホとの連携による通信機能やデータ記録、音楽コントロールなどに優れています。運動モードも24種に対応するなど、競技者にも嬉しいコスパの高いメーカーですよ。トレーニングや健康維持にスマートウォッチを使いたい方におすすめです。

    itDEAL(イットディール)の特徴
    • 通信範囲が広いBluetoothバージョン5.2に対応
    • 5,000円以下の製品でも心拍数を計測できる「光学式センサー」を搭載
    • 幅広い競技に対応する24種類の運動モード

    値段が安くて高機能!コスパ最強アイテムも見つけやすい「HUAWEI(ファーウェイ)」

    価格が5,000円~4万円と、幅広いスマートウォッチのラインナップをもつHUAWEI(ファーウェイ)。1万円以下の安い機種でも、モニタリング機能の計測項目が多いのが特徴です。スマホとの連携による着信通知や音楽再生も搭載し、バランス良く便利な機能が揃っています。低価格帯の製品でもハイエンドクラスの性能を持ち、ハイコスパな製品が多いメーカーです。

    HUAWEI(ファーウェイ)の特徴
    • 安い価格の製品にも光学式センサーを搭載。心拍数や血中酸素濃度まで計測可能
    • 睡眠モニタリングやストレスモニタリングで細かく体調を管理できる
    • コンパクトなのに視認性の高い独自のディスプレイ
    • 充電の持ちがいい

    関連記事:【最新モデルを比較】HUAWEI(ファーウェイ)スマートウォッチおすすめ18選
    関連記事:【実機レビュー】HUAWEI WATCH 3は本当に買い?Apple Watchとの比較・搭載機能を徹底解説!

    女性向けの丸型デザインが豊富「FOSSIL(フォッシル)」

    シンプルかつスタイリッシュな丸型のデザインで、仕事中でも使いやすいFOSSIL(フォッシル)のスマートウォッチ。OS搭載で、メール送信や通話などスマホのように便利に使えますよ。また電子決済にも対応でき、プライベートでも便利に使いやすいメーカーです。丸型で女性向けのデザインも豊富。トレーニングとプライベートの兼用ができる使いやすい製品を探している方におすすめです。

    FOSSIL(フォッシル)の特徴
    • 丸型デザインで、ビジネスシーンでも使える
    • 「Wear OS by Google」と1GBのRAMを搭載
    • ストレージ(記憶装置)搭載で音楽をダウンロードして楽しめる
    • 光学式センサー搭載で心拍数計測や睡眠モニタリングが可能

    関連記事:【安いのはどれ?】iPhone対応スマートウォッチおすすめ24選!ヘルスケア向きも

    デザイン性と装着感に優れた「Xiaomi(シャオミ)」

    コンパクト設計と操作のしやすさで人気の高いXiaomi(シャオミ)。約70gほどの超軽量タイプが多く、トレーニング中の激しい動きでも邪魔になりません。さらに50mの水深に沈めても大丈夫な50気圧防水のモデルもありますエクササイズに水泳を取り入れる方にも嬉しい仕様。ハードなトレーニングやダイエットなどに使用する方におすすめです。

    Xiaomi(シャオミ)の特徴
    • 最大14日間使用できる大容量バッテリー
    • 光学式センサーによる心拍数計測が可能
    • 音楽コントロールや9種のスポーツモードなどトレーニングに使いやすい

    関連記事:【iPhone・Android対応も】スマートバンド(活動量計)人気おすすめ19選!通話/LINE返信機能付きも

    【5,000円以下】安いスマートウォッチおすすめ人気ランキング比較一覧表

    Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
    商品最安価格本体サイズ(奥行×幅×厚さ)スマホ連携対応タッチパネル式電源タイプバッテリー稼働時間活動ログ機能電子マネー対応メール・着信通知機能防水その他搭載機能
    HUAWEI(ファーウェイ)HUAWEI Band 8 Active¥3,296 楽天市場AmazonYahoo!43.45mm x 24.54mm x 8.99mmBluetooth接続マグネット式USB充電最大14日間100種類のワークアウトモード、ストレスモニタリング、睡眠モニタリング、心拍数、血中酸素レベル-5ATM生理周期の管理、天気予報、日の出・日の入り、音楽コントロール、アラーム、懐中電灯、リモートシャッター、スマートフォンを探す、スマートフォンでウォッチを探す、通知制限モード、ストップウォッチ、月の満ち欠け、パスワードによる画面ロック
    L&Lスマホサービス スマートウォッチ¥2,878 楽天市場AmazonYahoo!19 x 44 x 1.1 mmBluetooth接続マグネット式USB充電約5~7日間25種類のスポーツモード、睡眠モニタリング、心拍数、血中酸素測定、体表面温度測定、歩数、消費カロリー-IP67防水スマホ探し、アラーム、座りすぎ注意、カメラ操作、飲み水通知、女性の生理周期管理
    RAINBOW スマートウォッチ Q9PRO¥3,380 楽天市場AmazonYahoo!42 x 37 x 8 mmBluetooth接続マグネット式USB充電10日間歩数、睡眠モニタリング、心拍数、消費カロリー、17種類のワークアウト-IP68音楽再生、天気予報、ストップウォッチ、リモートシャッター、懐中電灯、座りすぎ通知
    HUAWEI(ファーウェイ)HUAWEI Band 7¥4,708 楽天市場AmazonYahoo!44.35 x 26 x 9.99 mmBluetooth接続マグネット式USB充電2週間ストレスモニタリング・血中酸素レベル定時測定・心拍数モニタリング・月経周期トラッキング・睡眠モニタリング・96種類のワークアウトモード・消費カロリー・距離・歩数-5ATM呼吸エクササイズ・アラーム・タイマー・ストップウォッチ・懐中電灯・天気情報・リモートシャッター
    YAMAI スマートウォッチ¥2,980 楽天市場AmazonYahoo!45 x 35 mmBluetooth接続マグネット式USB充電通常使用約7日、待ち受け約30日間100+運動モード、心拍数、睡眠、血中酸素、消費カロリー女性健康管理--IP68防水座りすぎ注意、天気予報、呼吸訓練、アラーム、音楽再生、SOS機能、電卓、

    ※ランキングは記事制作時の値段を参考にしています。

    【5,000円以下】安いスマートウォッチおすすめ人気ランキング5選

    【5,000円〜15,000円】安いスマートウォッチ人気ランキング比較一覧表

    商品最安価格本体サイズ(奥行×幅×厚さ)スマホ連携対応タッチパネル式電源タイプバッテリー稼働時間活動ログ機能電子マネー対応メール・着信通知機能防水その他搭載機能
    HUAWEI(ファーウェイ)HUAWEI Band 8¥6,800 楽天市場AmazonYahoo!24.54mm x 43.45mm x 8.99mmBluetooth接続マグネット式USB充電14日間血中酸素レベル、心拍数、ストレスモニタリング、睡眠測定、ストレスモニタリング、100種類のワークアウトモード-5ATM生理周期を管理、アラート、懐中電灯、タイマー、ストップウォッチ、リモートシャッター、音楽コントロール、スマートフォンを探す、天気予報、日の出・日の入り、スマートフォンでスマートバンドを探す、パスワードによる画面ロック
    Lien スマートウォッチ F300確認中 楽天市場AmazonYahoo!-Bluetooth接続マグネット式USB充電7~14日間ECG+PPG心電図、BMI体脂肪率、血糖測定、皮膚温変動検知、心拍測定、血中酸素測定、睡眠モニター、52の運動モード、歩数計、消費カロリー、血液成分分析(尿酸・血中脂質)、ストレス評価-IP67SOS緊急電話、音楽再生、音声録音、遠隔カメラ、スマホ探し、天気予報、女性健康管理、呼吸訓練
    Semiro スマートウォッチ QX9¥6,360 楽天市場AmazonYahoo!48mm x 40mm x 11mmBluetooth接続マグネット式USB充電最大35日間心拍数、睡眠記録、100種類の運動モード-IP68防水Bluetooth通話、懐中電灯、生理周期管理、ゲーム、音声アシスト対応、緊急時SOS、呼吸トレーニング、座りすぎリマインダー、水飲みリマインダー、アラーム、タイマー、音楽せいぎょ、天気予報、遠隔カメラ、スマホ本体探し
    Xiaomi(シャオミ)Smart Band 8 Pro¥8,980 楽天市場AmazonYahoo!46mm x 33.35mm x 9.99mmBluetooth接続マグネット式USB充電最長14日間150種類以上のスポーツモード、衛生測位システム、ストレスモニタリング、心拍数モニタリング、血中酸素飽和度モニタリング-5ATM呼吸エクササイズ、女性の健康管理
    Xiaomi(シャオミ)Redmi Watch 4¥11,980 楽天市場AmazonYahoo!47.5mm x 41.1mm x 10.5mmBluetooth接続マグネット式USB充電約20日間(標準使用モード)睡眠モニタリング、血中酸素レベル、心拍数、ストレスモニタリング、150種類以上のスポーツモード、衛生測位システム-5ATMBluetooth通話、緊急連絡先への連絡
    HUAWEI(ファーウェイ)HUAWEI WATCH FIT Special Edition¥14,080 楽天市場AmazonYahoo!30mm x 46mm x 10.7mmBluetooth接続マグネット式USB充電約9日間(通常使用)睡眠測定、血中酸素レベル、心拍数、ストレスモニタリング、100種類以上のワークアウトモード、歩数、消費カロリー、GPS内蔵-5ATM生理周期管理、音楽コントロール、天気予報、アラーム、タイマー、懐中電灯、呼吸エクササイズ、気圧計、コンパス、リモートシャッター
    セトグラ スマートウォッチ F58¥5,980 楽天市場AmazonYahoo!40mm x 20mmBluetooth接続マグネット式USB充電7~10日皮膚温変動検知、心拍測定、血中酸素測定、睡眠モニター、血糖測定、血圧測定、歩数計、消費カロリー、血液成分分析、50以上のスポーツモード、ストレス評価-IP67女性の健康記録、遠隔カメラ、スマホ探し、天気予報、腕上げ点灯、呼吸訓練、音楽再生、音声録音
    OPPO(オッポ)OPPO Band2¥8,734 楽天市場AmazonYahoo!45.3mm x 29.1mm x 10.6mmBluetooth接続マグネット式USB充電最大14日間睡眠モニタリング、睡眠時の呼吸障害リスク評価、就寝リマインダー、血中酸素レベル測定、心拍数、100種類以上のスポーツモード、ストレスモニタリング、歩数計、カロリー計-50m防水座りすぎリマインダー、水分補給リマインダー、呼吸のトレーニング、水中の誤作動防止、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、メディアコントロール、天気予報、フラッシュライト、スマホを探す
    Semiro SMART WATCH NY17¥3,580 楽天市場AmazonYahoo!45mm x 36mm x 11.3mmBluetooth接続マグネット式USB充電約7日間(通常使用)体表面温度検知、血中酸素常時測定、歩数、消費カロリー-IP67ワイヤレス通話、音楽再生・保存、アラーム、携帯探し、天気予報、遠隔カメラ、ゲーム、音声録画、腕上げ点灯、座りすぎ喚起
    Xiaomi(シャオミ)Smart Band 8¥5,325 楽天市場AmazonYahoo!48mm x 22.5mm x 10.99mmBluetooth接続マグネット式USB充電最大16日間150種類のワークアウトモード、心拍数、睡眠モニタリング、ストレスモニタリング、血中酸素飽和度-5ATMアラーム、天気予報、予定の通知、女性の健康管理

    ※ランキングは記事制作時の値段を参考にしています。

    【5,000円〜15,000円】安いスマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

    【ビジネス向け丸型】安いスマートウォッチ人気ランキング比較一覧表

    商品最安価格本体サイズ(奥行×幅×厚さ)スマホ連携対応タッチパネル式電源タイプバッテリー稼働時間活動ログ機能電子マネー対応メール・着信通知機能防水その他搭載機能
    Yome スマートウォッチ YomeK56¥6,890 楽天市場AmazonYahoo!45.5 mm x 46.5 mm x 12.5 mmBluetooth接続-約10日間(通常使用)心拍数、血中酸素モニタリング、睡眠モニタリング、100+種類ワークアウトモード、ストレスモニタリング-IP68座りすぎ通知、水分補給通知、生理周期管理、通話機能付き、天気予報、音声制御、遠隔カメラ、スマホ探し
    SOPPY スマートウォッチ C68¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!47.8 mm x 47.8 mmBluetooth接続-45日間(待機時間)220+種類運動モード、心拍数、血中酸素、睡眠モニタリング-IP67Bluetooth通話機能、コンパス、LEDライト、ストップウォッチ、スマホ探し、カメラ制御、天気、アラーム、電卓機、音楽制御、女性生理、タイマー、カレンダー
    VENDER スマートウォッチ Y5¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!37.7mm x 44.7mmBluetooth接続マグネット式USB充電5~7日間心拍数、運動記録、睡眠記録、血中酸素-IP67◯Bluetooth通話機能、常時表示、スマホ探し、振動強度調節、パスワード設定、女性生理、音声アシスタント、ストップウォッチ、天気予報、音楽再生、呼吸トレーニング、カメラ、タイマー
    HUAWEI(ファーウェイ)HUAWEI WATCH GT 3 SE¥23,100 楽天市場AmazonYahoo!46.4mm x 46.4mm x 11mmBluetooth接続ワイヤレス充電14日間(通常使用)血中酸素、心拍数、睡眠モニタリング、ストレスモニタリング-5ATMBluetooth通話、音楽再生、活動促進通知、呼吸エクササイズ、アラーム、スマートフォン創作、懐中電灯、天気情報、気圧計、コンパス、リモートシャッター
    ECMVNOSERVICE スマートウォッチ F207確認中 楽天市場AmazonYahoo!44mm x 44mm x 12mmBluetooth接続マグネット式USB充電14日間体温測定、150以上のスポーツモード、モーションモニタリング、睡眠検測、血中酸素、血糖値測定-IP67防水通話機能、アラーム、リマインダー、天気ビュー、音楽再生、電話を探す、ストップウォッチ

    【ビジネス向け丸型】安いスマートウォッチおすすめ人気ランキング5選

    格安スマートウォッチの日本製はほとんどない

    格安スマートウォッチの日本製はほとんどありません。日本メーカーで中国やその他アジアに製造を依頼していることが多いのが現状。日本メーカーだからといって日本製とは限りません。とはいえ日本製ではなくても正常に動作します。もし安全性や「すぐ壊れるのでは」という心配があるのであれば、メーカー保証のついている商品を購入することをおすすめします。

    安いモデルではありませんが、カシオのスマートウォッチは日本製のモデルがございます。

    50代、60代におすすめのスマートウォッチはありますか?

    利用用途によりますが、50代60代になり運動を日常的に行い、日々の運動量を記録したいのであればフィットネスに特化しかスマートウォッチがおすすめです。1万円以下で購入できるので、値段も気になりません。特にXiaomi Smart Band 7 であれば110種類以上のフィットネスに対応しているので、マイナーなスポーツもトラッキングできます。

    また、普段がら使えるおしゃれなモデルがいい方はGalaxy Watchがおすすめ。運動や行動の記録はもちろんシンプルなデザインで普段着と合わせても使いやすいです。四角い形の多いスマートウォッチですが、Galaxy Watchは円盤型の腕時計なので50代、60代の落ち着いた大人にも適しています。

    スマートウォッチが初めてで購入に失敗したくない方はコスパ最強なXiaomi Smart Band 7、デザインと機能重視なスマートウォッチが欲しい方はGalaxy Watchがおすすめです。

    おすすめ安いスマートウォッチまとめ

    この記事では「安いスマートウォッチ」の機能性やメーカーによる選び方と、値段別におすすめ製品を解説しました。

    • スマートウォッチの価格の違いは、搭載機能の数の違い
      =価格を抑えるなら必要な機能に絞るのがおすすめ
    • トレーニングやアウトドア、ビジネス利用で使うのか、用途を事前に考えておく
    • よく遠出するなら地図機能があると便利
    • スマホ連携するならBluetooth接続タイプが1番安い
    • 電子マネー対応がいいなら「Wear OS by Google」などのOSが必須だが、値段は少し上がる

    この記事を参考に、あなたの予算内でコスパ最強スマートウォッチを見つけてくださいね。

    関連記事:据え置きやマットタイプも!睡眠計おすすめ10選|使い心地から仕組みまで詳しく解説

    関連記事:初代との違いは?Apple Watch Ultra 2を実機レビュー!9との比較・新機能を解説

    関連記事:これで2万円!?Amazfit Activeを実機レビュー!多機能&ロングバッテリーが最高だった

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー