【新製品も解説】Fitbit (フィットビット)おすすめ13選!できること比較2024

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

Fitbit おすすめ

健康管理ができるスマートウォッチで人気急上昇中のブランドがFitbit(フィットビット)です。睡眠の質・運動量・健康状態などを確認できるため、健康管理や日々の仕事・トレーニングのパフォーマンスをあげたい人にはおすすめ。

毎年のように最新モデルが発売されるFitbitですが、何ができるのか、シリーズの違いや機能の比較もしてから購入したいですよね

この記事では「どこの国のメーカー?」「初心者におすすめは?」「睡眠計測って実際どうなの?」といった、Fitbitを買う前の疑問を解決します。スマートウォッチタイプとトラッカータイプに分けたおすすめランキングや、現行最新モデルの紹介もありますので、ぜひチェックしてくださいね。

何ができる?Fitbit(フィットビット)でできること

Fitbit(フィットビット)はどこの国のメーカー?

スマートウォッチはさまざまなメーカーが販売しているため、どこの国のメーカー?と疑問に思いますよね。

Fitbit(フィットビット)は米・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く、Fitbit社が製造するスマートウォッチです。スマートウォッチのなかでも売れ筋ランキング上位の人気メーカーです。

Fitbitは、2009年にリリースされてから現在までに、世界100カ国で1億2,000万台以上が販売されています。世界中にFitbitのフィットネスコミュニティがあったり、世界のセレブリティにもFitbitユーザーが多くいます。あの元アメリカ大統領のバラク・オバマ氏も愛用していました。

ユイ

Fitbitユーザーは世界中に多いです。私もFitbit愛用者ですが、ニュージーランドにワーホリで滞在していた時、同じモデルをつけている人と出会い、会話が盛り上がりました♪

Fitbitの特徴

Fitbitの特徴

そんなFitbitですが、何ができるの?と気になりますよね。特徴は「フィットネストラッカー」機能。毎日のアクティビティやワークアウトの運動量、心拍数、睡眠時間、消費カロリーなどを、細かな数値で記録。睡眠の質もスコア化して記録・分析してくれます。

FitBitで計測した日々のデータはスマートフォンに同期されていて、日々のアクティビティをスマホからチェックできるようになっています。また自動でアクティビティを記録してくれる機能がとても便利で、ランニングを開始すればランニングをはじめたことを自動で感知して記録してくれます。

また、Fitbit Charge 5やFitbit sense 2、Fitbit Versa 4など、Suicaに対応している機種もあるため、キャッシュレス決済も可能。日常生活を快適にしたい人にもぴったりでしょう。

ひとことメモ
特定の操作や設定をしなくても健康状態を記録していくれる「スマートトラッカー機能」はFitbitを購入する一番のメリットだと言えます

関連記事:【完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

Fitbitに搭載されている主な機能

Fitbitに搭載されている主な機能

Fitbitを使うと何ができるのか、具体的に搭載されている機能は以下のようになります。

  • 1日のアクティビティ記録
  • 最大7日間のバッテリー搭載
  • お風呂やプールでも使える防水性
  • 消費カロリー測定機能
  • 電話・メールの通知受信機能
  • アクティビティ自動認識機能
  • 血中酸素濃度測定(血液中の酸素飽和度を測定できる)
  • 睡眠のデータを記録
  • アラーム機能や目覚まし機能
  • 文字盤のデザインなど自由に変更
  • Suicaによるキャッシュレス決済

このようにフィットネストラッカー以外にも充実の機能が搭載されています。主な機能はApple Watchに搭載されている機能とほぼ同じです。にも関わらず、Apple Watchと比較して半額程度で購入できるFitbitはコスパ的なメリットもあります!

関連記事:【完全版】マニアが選んだ No.1のおすすめApple Watchは?最新Series6, SE, Series 3など全機種徹底比較!

Fitbitはこんな人におすすめ

Fitbitは2021年1月にGoogleによって買収されました。Googleが買収したことで、今後ますますgoogle系のサービスとの連携や、Andoridスマホとの相性がよくなると期待できます。「Apple Watchは高いからもっと気軽に購入できるモデルがほしい」「Androidスマホと相性が良いスマートウォッチが良い」という人にはオススメの機種です!

fitbitはこんな人におすすめ
  • フィットネスや健康管理に強いスマートウォッチが欲しい
  • Apple Watchくらい使えるスマートウォッチを安く購入したい
  • Andoridスマホと相性がよいスマホウォッチが欲しい

Fitbitの現行モデル一覧

主なFitbitのシリーズはこちらです!どのタイプでも簡単にあなたの運動管理をできたり健康状態をモニタリングしてくれますよ。

商品最安価格タイプGPSディスプレイ音楽再生駆動時間計測できること防水性能Suica対応
Fitbit Sense スマートウォッチ楽天市場¥27,800 AmazonYahoo!スマートウォッチありカラー-6日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠記録、皮膚電気活動水深50mあり
Fitbit Versa3 スマートウォッチ楽天市場¥17,100 AmazonYahoo!スマートウォッチありカラーDeezer、Spotify対応6日間歩数、距離、アクティブ時間、血中酸素ウェルネス、推定睡眠時皮膚温度水深50mあり
Fitbit Versa2 スマートウォッチ楽天市場¥18,280 AmazonYahoo!スマートウォッチカラーDeezer、Spotify対応6日間歩数、距離、アクティブ時間、血中酸素ウェルネス、睡眠スコア水深50mあり
Fitbit Charge 5 フィットネストラッカー楽天市場¥15,325 AmazonYahoo!トラッカーありカラー-7日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠記録、皮膚電気活動水深50mあり
Fitbit Luxe フィットネストラッカー楽天市場¥18,400 AmazonYahoo!トラッカーカラー5日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠スコア、血中酸素ウェルネス水深50m
Fitbit Ace 3 フィットネストラッカー楽天市場¥8,541 AmazonYahoo!トラッカー-モノクロ-8日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠記録水深50m-
Fitbit Inspire2 フィットネストラッカー楽天市場¥7,020 AmazonYahoo!トラッカー-モノクロ-10日間歩数、距離、アクティブ時間、心拍数、睡眠記録水深50m-

Fitbitの機能を搭載したGoogleのスマートウォッチ「Google Pixel Watch」は、下記の記事で実際に使ってみたレビューを紹介しているので参考にしてください。

関連記事:【何ができる?】Google Pixel Watchを実機レビュー!Googleサービスとの連携などを徹底検証

Fitbitはスマートウォッチとトラッカーの2タイプ

Fitbitはスマートウォッチとトラッカーの2タイプ

Fitbitには、「スマートウォッチタイプ」と「トラッカータイプ」の2タイプあります。

  • スマートウォッチタイプ:画面付き腕時計型。比較的ディスプレイが大きく視認性が高いため電話や通知の確認も簡単
  • トラッカータイプ:スリムで超軽量リストバンド型。心拍数・運動の活動量・睡眠の質を計測できる

スマートウォッチタイプは大きな画面が特徴。Fitbitでの通話機能やSuica対応があるのもこのタイプなのでスマホと連動させて日常を便利にさせたい人におすすめです。デメリットをあげるなら、画面が大きいので常につけていると存在感が気になること、トラッカータイプと比較すると高価な点です。

トラッカータイプのメリットはスリムで日常生活の邪魔にならないことです。睡眠の記録もとってくれるFitbitは着け心地も重視したいですよね。価格はスマートウォッチタイプと比較するとお手頃で、バッテリーの持ちが良いのも特徴です!ただしスリムな分、機能もシンプル。使えるアプリも限られています。小さめで女性につけやすいところも人気です。

便利な機能が豊富!Fitbitのおすすめ機能

おすすめ機能①アクティビティを自動検知するスマートトラッカー機能

おすすめ機能①アクティビティを自動検知するスマートトラッカー機能

Fitbitの最大の特徴は、自動でアクティビティを検知しデータ取得する、「スマートトラッカー機能」Fitbitでは、2009年ごろから歩数計以外のアクティビティを記録する方法を模索、5,000時間という気が遠くなるような臨床実験を行い開発されました。

〜自動で運動記録!スマートトラッカー機能〜
・ウォーキング
・ランニング
・有酸素トレーニング
・クロストレーナー
・屋外サイクリング
・サッカー
・テニス
・スイミング
・バスケットボール

動作前にアクティビティモードをいちいち切り替える必要がないので簡単。ランニングだけでなく、スイミングやバスケットボールなども自動記録できるとは便利ですね!

スマートトラッカー機能は、搭載されている「3軸加速度計」を使用し、動きの強さとパターンを検出することができるので、実行中のアクティビティの種類を判断できます。「ランニング前にアクティビティモードを設定し忘れた!」なんてうっかりミスも防げますよ!

関連記事:マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー

ユイ

自分のアクティビティの結果を知れて安心ですね!最近人気のGoogle fitのようにFitbitがあれば簡単に健康管理ができるのは嬉しいです♪

おすすめ機能②自動的に心拍数を計測するPurePulseを搭載

出典:fitbit.com

手頃な価格で、手首で心拍数を記録するウェアラブル・デバイスとしてFitbitの名前が世界に広がりました。

「光電式容積脈波記録法」という血流を測定できる緑色の光が、細かい分析を可能に。血流を計算するために、この光を皮膚に照射、フォトダイオードと呼ばれる光検出器で吸収量を測定します。 この機能により、1分あたりの心拍数を記録しています。

ユイ

ただ、血圧測定機能・心電図機能はFitbitに搭載されていません。

関連記事:【精度が高い日本製も】血圧が測れるスマートウォッチおすすめ4選

おすすめ機能③睡眠を自動的に記録

おすすめ機能③睡眠を自動的に記録

Fitbitを着けて就寝するだけで、睡眠時間・睡眠の質が簡単にわかります!

PurePulse心拍計、高度な加速度センサー、パワフルなアルゴリズムを活用することで、浅い睡眠(レム睡眠)深い睡眠(ノンレム睡眠)中途覚醒の時間を記録、睡眠のステージを把握することができます。睡眠の結果は、Fitbit アプリでグラフとして表示されるので、記録を見る楽しみが増えますよ!

ユイ

Fitbitから睡眠についてのアドバイスを受け取る機能があるのも嬉しいですね!しかもFitbit社には睡眠の専門家集団もいるとか!さすがですね♪

おすすめ機能④バッテリーの消耗を抑える技術が◎!

おすすめ機能④バッテリーの消耗を抑える技術が◎!

長時間安心してトラックできるよう、6 日間以上のバッテリーライフを可能にさせています!さらに付属している充電器を使えば、わずか12分で急速・フル充電が可能♪日々忙しいサラリーマンや主婦の方も使いやすいですね。

最もバッテリー持ちがよいのはこちら

おすすめ
Fitbit(フィットビット)
最安値 ¥7,020 (税込)

おすすめ機能⑤通話もSuica対応も叶えるならSenseかVersa 3

Fitbitで通話ができるのはマイクとスピーカーのついたスマートウォッチタイプの一部モデルのみです。また、Suicaが使えるモデルはSense、Versa 3、Charge 4(Suica 対応機種)のみと限られています。各シリーズの詳しい魅力はのちほど紹介しますが、Fitbitで通話もSuicaも使いたいならスマートウォッチタイプのSenseかVersa 3を選びましょう!

オールマイティなSenseはこちら

おすすめ
Fitbit(フィットビット)
最安値 ¥27,800 (税込)

Fitbit Premiumを使えばより詳細な分析も

Fitbit Premiumを使えばより詳細な分析も

Fitbitで測定したさまざまなデータを分析できるアプリがあります。無料版と有料版の2種類あり、基本的な分析や健康管理は無料版のアプリでも可能

有料版は無料版でできることに加えて、ワークアウトか休息かを判断できるエナジースコアや、ストレスマネジメント、睡眠スコアの詳細な内訳なども確認できます。月額640円かかりますが、健康に過ごすために、しっかり自分の状態を確認したい方や、より詳細な分析情報が欲しい方におすすめです。

FitbitはiPhoneとも使える?相性や同期を解説

FitbitはiPhoneとも使える?相性や同期を解説

FitbitはGoogleに買収された会社のため、iPhoneユーザーも使えるか疑問に思う人も。相性や同期についてよくある質問を解説します!

FitibitとiPhoneの相性はどうですか?

FitibitはiPhoneともスムーズに連携してくれます。AppleのApp StoreからiPhone用のFitibitアプリをダウンロードすればOKです。着信やSMSなどの通知もしてくれますよ。

FitbitとiPhoneヘルスケアアプリを同期することはできますか?

FitbitはiPhoneヘルスケアとの同期をサポートしていません。iPhone用のFitbitアプリをダウンロードすると、Fitbitのスマートウォッチやトラッカーからのアクティビティ・心拍数・睡眠などの記録をiPhoneのアプリで見られます

2023年新商品も!Fitbit 7つのシリーズを比較・解説

Fitbitにはスマートウォッチとトラッカーの2タイプあること、またそれぞれ何ができるかも紹介しましたが、その中でさらに特徴が分かれたシリーズが存在します。見た目では分かりにくい細かな違いがありますが、それぞれこんな方におすすめですよ。

  • Sense:Fitbit最新の健康管理スマートウォッチ
  • Versa:豊富なベルトデザインでファッション性◎のスマートウォッチ
  • Inspire:初心者におすすめ!Fitbitの健康管理を始められる
  • Charge:トラッカータイプで最新の健康管理をしたいならコレ
  • Luxe:女性向け健康管理もファッション性も優秀なトラッカータイプ
  • Ace:子供用モデルのフィットネストラッカー
  • Google Pixel Watch:Wear OS by Google搭載でGoogle Playに対応したスマートウォッチ

2023年10月12日にトラッカータイプの新製品Fitbit Charge 6とGoogle Pixel Watch 2が発売されました!下のシリーズ別紹介の中で詳しく解説しています!

Fitbitシリーズ別比較表

商品最安価格タイプGPSディスプレイ音楽再生駆動時間計測できること防水性能Suica対応
Fitbit Sense2 スマートウォッチ¥32,800 楽天市場AmazonYahoo!スマートウォッチありカラー-6日間心拍数、身体反応、呼吸数、睡眠、血中酸素ウェルネス、推定睡眠時皮膚温、歩数、距離水深50mあり
Fitbit Versa4 スマートウォッチ楽天市場¥24,900 AmazonYahoo!スマートウォッチありカラー-6日間心拍数、呼吸数、睡眠、血中酸素ウェルネス、推定睡眠時皮膚温、歩数、距離水深50mあり
Fitbit Inspire3 フィットネストラッカー¥12,800 楽天市場AmazonYahoo!トラッカー-カラー-10日間心拍数、呼吸数、睡眠、血中酸素ウェルネス、推定睡眠時皮膚温、歩数、距離水深50m-
Fitbit Charge 6 フィットネストラッカー楽天市場¥23,800 AmazonYahoo!トラッカーありカラーYoutube Musicに対応(要サブスクリプション)7日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠記録、皮膚電気活動水深50mあり
Fitbit Luxe フィットネストラッカー楽天市場¥18,400 AmazonYahoo!トラッカーカラー5日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠スコア、血中酸素ウェルネス水深50m
Fitbit Ace 3 フィットネストラッカー楽天市場¥8,541 AmazonYahoo!トラッカー-モノクロ-8日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠記録水深50m-
Google Pixel Watch 2 スマートウォッチ楽天市場¥51,800 AmazonYahoo!スマートウォッチありカラーYoutube Music終日心拍数、呼吸数、睡眠、転倒検出、皮膚温の変動、血中酸素ウェルネス水深50mあり(Google Pay)

Sense:Fitbit最新の健康管理スマートウォッチ

自分の体の状態をさらに深く理解したい方におすすめなのが「sense」シリーズです!

先進の皮膚電気活動スキャンアプリと皮膚温度センサーを搭載しているため、常時身体のストレス管理や心臓の健康状態まで計測し記録することが可能です。生活の中で無意識に溜まってしまうストレスを素早く察知し、お知らせしてくれる機能もあるので便利ですよ!

丸みのあるデザインとなっているため、女性が付けてもファッションの一部としてオシャレに楽しむことができるのは嬉しいポイント♪

関連記事:【女性スタッフが選んだ】かわいいスマートウォッチおすすめ22選 (レディース編)

2022年9月発売の新製品「Sense 2」

2022年9月発売の新製品「Sense 2」

2022年8月24日に発表されたFitbitフラッグシップモデルの「Sense 2」です。前モデルと比較して約10%本体が薄くなり、約15%軽量化しています。日中から睡眠時まで一日中つけていても快適なデザインになっていますよ。

特にストレスの測定に効果を発揮するモデルで、一日のストレスレベルを振り返ったり休息を促してくれます。

カラーバリエーションは3色で、男性にも女性にもおすすめの落ち着いたおしゃれなカラーになっています。

Bluetooth接続による通話やSuica決済、Alexa搭載でスマート家電の操作もできるオールマイティな最新モデルが欲しい方にぴったりのスマートウォッチです。

関連記事:【実機レビュー】Fitbit Sense 2が使いやすい!最強の健康管理機能を徹底検証

Versa:豊富なベルトデザインでファッション性◎のスマートウォッチ

スタイリッシュで幅広く使えるデザインが人気なのが「Versa」シリーズです。

正方形で丸みを帯びた可愛らしいフォルムをしているのでジムからオフィスまで、さまざまなシーンにマッチしますよ!
毎日の睡眠の質をスコアで表示する機能や6日以上駆動するバッテリー、心拍数を 1日24時間継続的に測定する機能が搭載されいているので健康管理もバッチリできます。

難しい操作不要で、画面をスワイプするだけでさまざまな機能を使うことができるのもポイントです!

関連記事:【比較検証】Fitbit Versa 4を実機レビュー!Versa3やSense2との違いは?

2022年9月発売の新製品「Versa 4」

2022年9月発売の新製品「Versa 4」

2022年8月24に発表されたVersaシリーズの最新モデルです。カラーバリエーションが4種類あり、ブラック・ウォーターフォールブルー・ピンクサンド・ビートジュースといったおしゃれなカラーが揃っています。

フィットネスに特化しており、「今日のエナジー」としてコンディション状態から最適なワークアウトや休息を提案してくれますよ。前モデルと比較すると、より薄型・軽量になったので一日中つけていても快適です。

Bluetooth接続による通話やSuica決済、Alexa搭載など欲しい機能もしっかり入っています。スマートウォッチだけをもってワークアウトに出かけたい方におすすめですよ。

Inspire:初心者におすすめ!Fitbitの健康管理を手軽に始められる

気軽に健康管理を始めたい方におすすめなモデルがトラッカータイプの「Inspire」シリーズです!

お値段も1万円とお手頃価格。運動と睡眠データ、消費カロリー測定機能が搭載されています。ランニングやウォーキング、一日のアクティビティ時間など、さまざまな記録を自動的に認識し測定することができるのも特徴!

さらに、スマートフォンアプリの通知機能にも対応しているため、電話や通知があれば手元で確認できるのも便利ですよ。もちろんLINEの通知も届きます♪

まずFitbitの機能を試してみたいという方は、このモデルから使ってみると使いやすいですよ。

2022年9月発売の新製品「Inspire 3」

Fitbit 新商品 Inspire 3

出典:amazon.co.jp

前モデルのモノクロ画面からカラーにグレードアップしたことが大きな特徴です。価格は1万円台とお手頃なままなので、気軽にFitbitを始められるフィットネストラッカーですよ。

Charge:トラッカータイプで最新の健康管理をしたいならコレ

スリムでフィットネスに特化したトラッカータイプの中でも上位モデルなのが「Charge」シリーズ。Suicaにも対応しているので、少ない荷物でワークアウトに出かけたいユーザーにもおすすめのモデルです。

2023年9月29日発売の新製品!物理ボタンが復活し、操作性が向上した「Charge 6」

2023年9月29日発売の新製品!物理ボタンが復活し、操作性が向上した「Charge 6」

2023年9月29日発売のトラッカータイプ最新モデル「Charge 6」。Charge 5と比較すると見た目にそれほど大きな差はありませんが、Charge 5で廃止された本体側面ボタンが搭載され、大幅な操作性の向上を実現しています。

またエクササイズモードが20種から40種まで増加し、GoogleマップやYoutube Musicとの連携も可能になりました。これまで通り皮膚電気活動センサーや睡眠トラッキングなどの機能も搭載しているため、より機能の充実したスマートなトラッカーが欲しい人におすすめです。

関連記事:Fitbit Charge 6を実機レビュー!5との比較や新機能も徹底検証

Luxe:女性向け健康管理もファッション性も優秀なトラッカータイプ

Fitbit(フィットビット)
最安値 ¥18,400 (税込)

女性向けのトラッカータイプ「Luxe」は2021年7月に新発売された新製品です。小さめサイズを探している方にぴったりですよ。

交換用のLuxeバンドがおしゃれなのも特徴。ステンレススチール製やラグジュアリーなブレスレットタイプもあり、フィットネス以外のシチュエーションでも使いたい方におすすめです。

関連記事:【実機レビュー】Fitbit Charge 5は最強の健康管理トラッカー?Suicaや睡眠スコアを徹底検証

Ace:子供用モデルのフィットネストラッカー

おすすめ
Fitbit(フィットビット)
最安値 ¥8,541 (税込)

「Ace」シリーズは6歳以上のお子様から使えるアクティビティトラッカーです。こどもに大人気ミニオンズのスペシャルエディションモデルもありますよ

日常のスキップやジャンプなどの動作も運動として記録してくれます。水深50mまで耐えられるので水泳にはもちろん、普段の水遊びや飲みこぼし、水しぶきがかかっても安心です。

Google Pixel Watch:Wear OS by Google搭載で使えるアプリが豊富

Fitbitに搭載されているFitbit OSではなく、Wear OS by Googleが搭載されているのがGoogle Pixel Watch。Google Playに対応しており、メモアプリや音楽アプリ、LINEのような連絡用アプリも使用できます

デザインが四角ではなく丸なのも特徴の1つ。iPhoneと接続できない点には注意が必要ですが、豊富なアプリで便利に使いたい方や丸型デザインのスマートウォッチがいい方におすすめのモデルです。

Fitbit スマートウォッチタイプ人気おすすめ比較一覧表

商品最安価格タイプGPSディスプレイ音楽再生駆動時間計測できること防水性能Suica対応
Fitbit Versa2 スマートウォッチ楽天市場¥18,280 AmazonYahoo!スマートウォッチカラーDeezer、Spotify対応6日間歩数、距離、アクティブ時間、血中酸素ウェルネス、睡眠スコア水深50mあり
Fitbit Versa3 スマートウォッチ楽天市場¥17,100 AmazonYahoo!スマートウォッチありカラーDeezer、Spotify対応6日間歩数、距離、アクティブ時間、血中酸素ウェルネス、推定睡眠時皮膚温度水深50mあり
Fitbit Sense スマートウォッチ楽天市場¥27,800 AmazonYahoo!スマートウォッチありカラー-6日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠記録、皮膚電気活動水深50mあり
Fitbit Versa4 スマートウォッチ楽天市場¥24,900 AmazonYahoo!スマートウォッチありカラー-6日間心拍数、呼吸数、睡眠、血中酸素ウェルネス、推定睡眠時皮膚温、歩数、距離水深50mあり
Fitbit Sense2 スマートウォッチ¥32,800 楽天市場AmazonYahoo!スマートウォッチありカラー-6日間心拍数、身体反応、呼吸数、睡眠、血中酸素ウェルネス、推定睡眠時皮膚温、歩数、距離水深50mあり
Google Pixel Watch スマートウォッチ楽天市場¥25,820 AmazonYahoo!スマートウォッチありカラーYoutube Music、Spotify終日心拍数、呼吸数、睡眠、転倒検出水深50mあり(Google Pay)
Google Pixel Watch 2 スマートウォッチ楽天市場¥51,800 AmazonYahoo!スマートウォッチありカラーYoutube Music終日心拍数、呼吸数、睡眠、転倒検出、皮膚温の変動、血中酸素ウェルネス水深50mあり(Google Pay)

Fitbit スマートウォッチタイプ人気おすすめランキング7選

Fitbit トラッカータイプ人気おすすめ比較一覧表

商品最安価格タイプGPSディスプレイ音楽再生駆動時間計測できること防水性能Suica対応
Fitbit Inspire3 フィットネストラッカー¥12,800 楽天市場AmazonYahoo!トラッカー-カラー-10日間心拍数、呼吸数、睡眠、血中酸素ウェルネス、推定睡眠時皮膚温、歩数、距離水深50m-
Fitbit Charge 5 フィットネストラッカー楽天市場¥15,325 AmazonYahoo!トラッカーありカラー-7日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠記録、皮膚電気活動水深50mあり
Fitbit Charge 6 フィットネストラッカー楽天市場¥23,800 AmazonYahoo!トラッカーありカラーYoutube Musicに対応(要サブスクリプション)7日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠記録、皮膚電気活動水深50mあり
Fitbit Luxe フィットネストラッカー楽天市場¥18,400 AmazonYahoo!トラッカーカラー5日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠スコア、血中酸素ウェルネス水深50m
Fitbit Ace 3 フィットネストラッカー楽天市場¥8,541 AmazonYahoo!トラッカー-モノクロ-8日間歩数、距離、アクティブ時間、睡眠記録水深50m-
Fitbit Inspire2 フィットネストラッカー楽天市場¥7,020 AmazonYahoo!トラッカー-モノクロ-10日間歩数、距離、アクティブ時間、心拍数、睡眠記録水深50m-

Fitbit トラッカータイプ人気おすすめランキング6選

「Apple Watch」と「Fitbit」の機能の違いは?

購入する際に悩むのが、Apple Watch にするかFitbitにするか、かもしれません。「できること」と「できないこと」があるので、何ができるかをそれぞれ簡単に紹介し、比較します。

まず、「Apple Watch」と「Fitbitのカテゴリーの違いについて説明します。使う用途として明確な違いは、スマートウォッチなのかフィットネストラッカーなのかということです!

〜「Apple Watch」と「Fitbit」のカテゴリーの違い〜
・Apple Watchは「スマートウォッチ」
Fitbitは「フィットネストラッカー」

Apple Watchでしかできないこと

Apple Watchでしかできないこと

アップルウォッチの魅力は、アップル製品との相性が抜群なこと!ここでは、Apple Watchで何ができるかをまとめてみました。

〜Apple Watchでできること!〜
・数百種類のアプリケーションをインストール可能
・電子マネーの決済(Suica)
・ナビゲーションアプリ
・iPhoneのスマホカメラを操作
・圧倒的なブランド力
・豊富なバンド種類

関連記事:【完全版】マニアが選んだ No.1のおすすめApple Watchは?最新Series6, SE, Series 3など全機種徹底比較!

関連記事:【比較レビュー】Apple Watch SEの魅力は?Series6と比較して「買い」なのか徹底検証!

関連記事:【完全版】Apple Wacthバンド おすすめランキング40選 | オシャレ&かわいいを厳選

Fitbitでしかできないこと

Fitbitでしかできないこと

Fitbitは一回充電をすれば最大6日間は駆動することが可能と、バッテリーの持ちが良い事が最大の魅力かもしれません!その他に、Fitbitでは何ができるかをまとめてみました。

〜Fitbitでできること!〜
・バッテリー最大6日間稼働
・1万円代で健康管理ができる(コスパが良い!)
・Googleアシスタント対応
ストレス管理
・急速充電
・装着感が心地よい

FitibitとGarminを比較

Fitibitとよく比較されるのがGarminのスマートウォッチです。アウトドアで使うことを想定されており、GPS機能が充実し耐久性にも優れたデザインが特徴です。

FitibitもGarminも、心拍センサーを搭載し健康をモニタリングしてくれるのは同じですが、フィットネスで健康管理をしたいならFitibit、アウトドア活動時の身体機能の測定をしたい方にはGarminがおすすめです。

Garminの女性向けのかわいいデザインも人気です。

Garminについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

関連記事:マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー

Fitbit の使い方

Fitbitの人気機能の使い方・活用方法を解説します!使いこなすことができると、アクティビティチェックも楽しい日課になりますよ♪

SmartTrack(スマートトラック)の使いかた

SmartTrack(スマートトラック)の使いかた

SmartTrack(スマートトラック)はトレーニングを自動的に認識・記録をしてくれるとても便利な機能です。1日の消費カロリーと心拍数の変化などすべての統計情報を収集し、専用アプリと連携することでデータとして可視化することができるのは嬉しいポイントですね!

しかし、より正確な測定とリアルタイムのデータを記録したい時は、マルチスポーツモードのワークアウトに切り替えることで詳細なデータをとることができますよ!

睡眠トラックのとり方

睡眠トラックのとり方

睡眠の質によって、健康や気分など生活のあらゆる面に影響を与えることがわかってきているので、日々の睡眠には気をつけたいものですよね!Fitbitで計測できる睡眠は、浅い睡眠・深い睡眠・レム睡眠になっています。

睡眠ログの取り方は難しいセットアップの必要がなくとても簡単!
Fitibitトラッカーを腕に装着して眠ると、睡眠が自動的に検知・記録され、次の日の朝にはFitbitアプリで睡眠時間のデータが詳細に確認できるようになっています。

心拍数ゾーンの見方

心拍数ゾーンの見方

心拍数を測定することで、今ある健康状態を深く知ることができます!

・安静時の心拍数
安息時の心拍数を細かく測定します。
・心拍ゾーン
リアルタイムの心拍ゾーンを記録できるため、瞬時にトレーニング成果を把握することができます。
・呼吸セッションガイド付き
心拍数に基づいてカスタマイズされた呼吸セッション機能が搭載!
・心肺機能のフィットネスレベル
最大酸素摂取量(V02 MAX)テストを行わずに、運動の成果と酸素消費量を測定できます。

Fitbitおすすめのアクセサリー

交換用バンド

fitbit 交換ベルト

出典:https://www.fitbit.com

フィットネス・ビジネス・デートなどシチュエーションで利用するパターンが変わってくるので、スマートウォッチのバンドのデザイン性や素材を自分にあったものにカスタマイズしたくなると思います!ナイロン製・ステンレス製・レザー製などシーン別にバンドを変えるだけでグッと見た目が変わるのでファッションとしても楽しめますね♪

保護フィルム

出典:amazon.co.jp

フラットな液晶ということもあって、何かの拍子にぶつけてしまっては大切なfitbitの画面に傷がついてしまうことも。未然に防ぐためにも、保護フィルムを貼っておけば安心して日々の生活で利用することができますね!

ダイエットを成功させたい人必見!Fitbit Aria2 体重計

出典:amazon.co.jp

「ダイエットをしよう考えているけれども、いつも継続しない…」という方も多いのではないでしょうか?そこで日々の体重を可視化できるよう、Fitbitアプリと同期することができるのが「Fitbit Aria2」です。体重、BMI、除脂肪体重、体脂肪率を計測し、データとしてアプリで確認する事ができるので、ダイエットを継続しやすいのが魅力だと思います。

アプリでは目標値を設定することもできるので、ダイエット成功に向けてモチベーションを保つことができますね!現在は新品在庫がほとんどないようなので、どうしても欲しい方は中古品などもチェックしてみてください。

Fitbit よくある質問

どこで購入するのが安いですか?

Fitbit 製品は、amazon.con・ヨドバシカメラ・ビックカメラ・Joshin・ケーズデンキ・エディオン・コジマ・LOFTなど(一部の店舗のみでお取り扱いがある場合がございます。)の代理店で購入することができます。特にお安く買えるのが、amazon.comだと思います!ただ家電業界は価格の相場がすぐに変わってしまうので、購入する際は価格ドットコムなどを使って「値段の比較」・「送料が込みなのか」など、納得するまで調べると良いでしょう!

Fitbitにダウンロードできるおすすめのアプリを教えてください

Fitbitではスマートフォンのアプリでも人気なSpotify(音楽ストリーミング)・Strava(フィットネスのデータを記録)・Amazon Alexa・Noom Healthy Weight(食事記録と体重管理)の他に数十種類の無料アプリをダウンロードできます。

初期設定はどのように行えば良いでしょうか?

Fitbitが再起動しても不具合が治らないときや人に譲る際は、工場出荷時設定に初期化(リセット)する必要があります。 手順ですが、モデルによって方法が違うため公式サイトから確認してから行うようにしてください。

子供用はあるのでしょうか?

8歳以上のお子様のために開発された、小さめのスマートトラッカーがあります!生活防水になっているためシャワーやプールなどでも着用できるリストバンドとなっています。歩数計アクティブな時間 (分)、睡眠のデータを測定することが可能なのでお子様の成長の記録に役立てることが可能です。

説明書はどのように確認することができますか?

Fitbitを購入すると日本語で書かれた「安全な使い方と保証規定」の冊子は同梱されていますが、詳しい取り扱い説明書は入っていません。まずはFitbitアプリをダウンロードすることでログインが可能です。マニュアルに沿ってセットアップを行ってみましょう!

FitbitアプリはiPhone・Androidどちらにも対応しています。

常時表示やマナーモードはある?

Fitbit Versa 4やFitbit Charge 5は常時表示に対応しています。古いモデルの場合は対応していないものもあるので、常時表示で使いたい場合は対応モデルを選びましょう。

またFitbitをサイレントモードやおやすみモードにすると、通知をオフにできます。アラートや振動による音が気になる場所にいる場合は、どちらかのモードに設定しておけば、通知が来ないため安心でしょう。

足首につけてもFitbitの機能は正確に使えるのでしょうか?

足首に着用しても利用は可能です。ただし、バンドの長さが足りないことがあるので「延長バンド」や「足首用バンド」を検討してみると良いかもしれません。

※延長バンド・足首用バンドは非公式のアイテムになります。

Fitbitサポートへは、どのようにお問い合わせをすれば良いでしょか?

Fitbitのカスタマーセンターへの連絡方法です。
電話:0120 998 549
受付時間: 平日9:00~18:00(日本時間)

買ってから一年以内であれば無料で修理・交換をしてくれることもあるので、不具合を感じたらカスタマーセンターへ電話して解決するのが早いです。

Fitbit APIを試してみたいです

Fitbit API を使うと独自のアプリケーションのFitbitデータをやりとりすることができるようになります。開発者用のAPIがWEB上に公開されているので、自分のデータを取得してみると良いでしょう。
詳しくはこちら

Fitbitの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているFitbitのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

Fitbit(フィットビット) まとめ

ここまで、Fitbitの新製品や各モデルの比較、Fitbitで何ができるかを解説してきました。

Fitbitは各分野の専門家集団が集まり、日々研究を進めながらアップデートを繰り返しているので安心してライフログをとることができます!特に簡単な操作で必要な情報を得ることができるので、ライフログの計測を始めたい人に選ばれているスマートウォッチということがわかりました。

高齢の方でも操作がしやすいので両親へのプレゼントとしてもきっと喜ばれますよ!

日々のアクティビティを確かめる習慣がつくことで人生に目標を持つことができます。モチベーションを維持しながら、楽しい健康づくりをしてみてくださいね♪

日常生活で邪魔にならず健康管理をしたい方は、指輪タイプのスマートリングもおすすめです。
関連記事:【最高の使い心地】Oura Ring 3を使ったレビュー・感想まとめ!使い方や購入方法も解説

スリムなスマートウォッチが欲しい方には、健康系の測定に特化した「スマートバンド」もおすすめ。ぜひ参考にしてください。
関連記事:【CMで話題】スマートバンドおすすめ15選|シャオミのMi4/5や目的別の選び方を大解説

関連記事:【実機レビュー】XiaomiのMiスマートバンド6は安くて多機能!睡眠スコア・充電・アプリを徹底検証
関連記事:【実機レビュー】激安Redmi Smart Band 2を徹底検証!Xiaomi Band 7と比較も

2,000〜1万円以下のコスパのいいスポーツ向けスマートウォッチをお探しの方はこちらの記事も参考にしてみてください。
関連記事:【最新版】HUAWEIスマートウォッチおすすめ15選|1万円以下で購入できるモデルも豊富に紹介

健康管理メインで、血圧や体温も測れるタイプをお探しの方はこちらの記事がおすすめです。
関連記事:血圧を測れるスマートウォッチおすすめ15選|日本製や精度の違いを徹底比較
関連記事:毎日の体調管理に!体温が測定できるスマートウォッチおすすめ15選
関連記事:据え置きやマットタイプも!睡眠計おすすめ10選|使い心地から仕組みまで詳しく解説

ビジネスシーンで利用するスマートウォッチをお探しならこちらの記事がおすすめ。
関連記事:SONY(ソニー)のスマートウォッチおすすめ3選!最新モデルや撤退の噂について解説
関連記事:【実機レビュー】HUAWEI WATCH 3は本当に買い?Apple Watchとの比較・搭載機能を徹底解説!

屋外での使用がメインなら耐久性に強いスマートウォッチの記事を参考にしてみてください。
関連記事:【最新版】カシオスマートウォッチおすすめ12選|ソーラー充電もできる新作モデルも紹介
関連記事:マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー