VPNは違法?海外での規制や利用時の注意点を解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

VPN 違法

ネットワークの安全性・拡張性を高めてくれる「VPN」。しかし、インターネット上の住所であるIPアドレスを隠せたり、日本から海外のサービスにアクセスしたりできるため、「これって違法にならないの?」と、心配になってしまう人も多いでしょう。

そこで今回は、VPNの使用における違法性についてPicky’s編集部が解説。「日本でVPNは合法?違法?」「VPNの使用が違法な国ってどこ?」といった疑問を解決しています。VPNを使う際の注意点やおすすめの使い方なども紹介しているので、参考にしてみてください。

VPNの使用は違法?合法?国ごとの規制について

VPN 違法

VPNの使用は、国によって違法か合法かが異なります。日本でVPNを使用できても、海外旅行や海外出張時には使えないケースもあるので、国ごとの扱いをよく理解しておきましょう。

日本やアメリカでは基本的に合法

VPN 日本

VPNの使用が合法な国
  • 日本
  • 韓国
  • 台湾
  • タイ
  • アメリカ
  • シンガポール
  • ベトナム
  • イギリス
  • オーストラリアなど

日本では、VPNの使用は合法です。個人情報の漏洩を防止・ネットワークの安定性を高める技術として、近年特に注目を高めています。ハッキングなどの犯罪目的でVPNを使わない限り、国内ではVPN接続を違法とみなされることはないでしょう。

また、韓国や台湾などの日本人訪問者が多い国でもVPNの使用を規制する法律はありません。むしろ、アメリカやイギリスなどでは日本より積極的に使用されています。

エジプトや中国では制限付きで使用できる

VPN エジプト

VPNの使用が制限付きで合法な国
  • エジプト
  • 中国
  • イラン
  • トルコ
  • インドなど

上記の国では、VPNの使用は違法ではないものの、厳しい制限が設けられています。使用するVPNプロバイダや用途によっては、罰金などを課される場合も。エジプトでは、VPN自体は使えるものの、VPNを活用して閲覧禁止のサイトを開こうとすると、罰金・刑罰の対象になります

また、イランや中国では、政府が認めたVPNの使用のみ合法と定められています。ただし、使用履歴などを政府によって監視される可能性がある点は注意。さらに、認可されていないVPNを使用すると、懲役刑を科されてしまいます。

関連記事:Surfsharkは中国で使える数少ないVPN!評判や料金プラン・機能も徹底解説

関連記事:PureVPNは中国で使える?料金や注意点・過去に起きた問題についても徹底調査!

関連記事:純国産VPNのMillenVPNは中国で使える? 他社との比較や評判についても解説!

規制の厳しいロシアや北朝鮮では違法になる可能性がある

VPN ロシア

VPNの使用が違法になる可能性がある国
  • 北朝鮮
  • ロシア
  • イラク
  • ベラルーシ
  • トルクメニスタンなど

上記で挙げている国では、基本的にVPNは使用できません。ロシアは、VPNの使用が完全に違法というわけではありませんが、近年VPSの規制が厳しくなっています。国が承認していないプロバイダは使用が禁止されているため、VPNは自由に使えないと考えていいでしょう。

イラクや北朝鮮では、VPNの使用は完全に違法とみなされます。過去にはVPNを使ったユーザーが逮捕されたこともあり、インターネットの使用には注意が必要です。

参考:VPNは合法ですか? 2024 年の VPN 法の説明 |サイバーニュース

VPN使用時に違法にならないための注意点

VPN 注意点

日本のようにVPNの使用が認められている国でも、用途によっては違法とみなされることがあります。ここでは、VPNを使う際に注意したいポイント2つを解説します。

違法ダウンロードやハッキングなどの犯罪行為をしない

VPN ハッキング

  • 海賊版コンテンツのダウンロード
  • サイバー攻撃
  • ハッキング
  • IPアドレスを隠した状態での誹謗中傷など

VPNの使用の有無に関わらず、海賊版コンテンツのダウンロードやハッキングなどの行為は犯罪です。日本やアメリカなどのVPNの使用が認可されている国でも、VPNを使って上記の行為を行った場合は罰金・刑罰を科される場合があります。

VPSの使用を禁止しているコンテンツを利用しない

VPN コンテンツ

海外の一部のストリーミングサービスでは、サービスエリア内での視聴のみを許可しており、居住地を隠したor偽った状態での視聴を禁止しています。VPNを使って海外から視聴した場合、違法とみなされる可能性があるので注意してください。

また、ゲームなどで海外でしか入手できないアイテムを獲得したり、コンテンツをダウンロードしたりするのもNG。最悪の場合、犯罪行為として罪が科せられます。オンラインサービスやゲームを利用する際は、利用規約にVPNに関するルールがないかを必ず確認しましょう。

関連記事:VPNを使ってYouTubeプレミアムに安く入るのは違法?利用した際のデメリットも紹介

VPNの違法性についてのよくある質問

VPN よくある質問

VPNでYouTubeやNetflixを見るのは違法?

現時点で、VPNを使ってNetflixを視聴することは違法にはなりません。一方で、YouTubeの利用規約には、居住地を偽ることを禁止する記述があり、ややグレーな部分があります。また、今後利用規約が変更される可能性もあるため、YouTubeやYouTube Premiumの利用は自己責任で行いましょう。

VPN接続時のオンラインカジノは違法になる?

一部のオンラインカジノでは、VPNの使用が認められています。ただし、中には利用規約などで禁止しているカジノもあるため、事前によく確認しておいてください。

海外からVPNを使ってradikoを聞いてもいい?

radikoでは、VPNの使用は禁止されていません。ただし、ロシアなどの規制が厳しい国では、radikoに関係なく、VPNの使用自体が違法になるので注意。VPNの使用が認められている国であれば、海外から日本のサーバーにアクセスしてradikoを聞くことが可能です。

VPNの違法性についてのまとめ

VPN まとめ

  • 日本でのVPNの使用は正当な目的であれば合法
  • ロシアや北朝鮮ではVPNの使用自体が違法になる可能性あり
  • 正しくVPNを使ってネットワークの安全性を高めよう

今回は、VPNの違法性についてまとめました。日本・アメリカ・韓国などでは、VPNの使用は合法とされており、社内ネットワークの構築やWi-Fiの安全性向上に役立ちます。国の法律やサービスの規約をしっかりと理解して、VPNを正しく利用してくださいね。

関連記事:VPNサービスはオフにしてもいい?iPhoneでの手順やオフにできないときの対策も

関連記事:Opera VPN使用レビュー!危険性・安全性は?Free・Proとの違いや使えない国も紹介

関連記事:VPNを使えばIPアドレスの国を変更できる!手順やメリットをご紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー