【1万円以下】家庭用の格安プリンターおすすめ12選!高コスパな小型コピー機も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

プリンター

出典:Amazon.co.jp

「プリンターが欲しいけどできるだけ安く買いたい」と考える人は多数います。

とはいえ、安い機種を選ぼうにも

  • 安いプリンターの価格目安はどれくらいなのか
  • 安いプリンターを選ぶときの基準はなにか
  • 「コピー機家庭用」で検索しても種類が多すぎてどれがいいのか

などの疑問が頭をよぎるのではないでしょうか。

そこで今回は、安いプリンターの特徴や失敗しない選び方、おすすめ機種のご紹介をしていきます。価格は抑えながら、できる限り機能は充実しプリンターを購入したいと考えている人は要チェックです☆

格安プリンターのメリット・デメリット

プリンター 安い

一般的に安いプリンターの価格目安は1万円以下です。家電量販店に行くと5,000円前後で発売されているプリンターもあり、初心者でも手が出しやすい価格傾向にあります。

とはいえ、あまりにも低価格であると心配になってくるのがプリンター本体の質。まずは1万円以下のプリンターのメリットとデメリットをまとめてみたのでご覧ください。

メリット デメリット
  • 初期費用を抑えられる
  • サイズが小さい
  • 低価格なのに便利な機能が搭載されている機種が多い
  • インク代が高い(ランニングコストがかかる)
  • 機種によってはインクの消費がかなり早い
  • 写真印刷にこだわりを持っている人は物足りなさを感じる

大前提にプリンターは、PC周辺機器の中でも繊細な家電です。価格が安い、高い関係なく、「印字不良」や「故障」などのトラブルが起こりやすいのが現実。安くても丁寧に扱っていれば長期的に使えますし、高いからといって雑に使っているとすぐ故障などのトラブルに繋がります。

安いから「印刷制度が悪い」「壊れやすい」ということはありませんので安心してください。

プリンター 安い

安いプリンターの特徴は、文章のモノクロ印刷や3~4色程度のカラー印刷に機能を絞っている点です。逆に、FAXやスキャン機能や、高画質な写真印刷ができるタイプだとオプション機能が増えるので価格が高くなる傾向があります。

なので価格が安いから粗悪品ということではなく、機能をシンプルにすることで低価格を実現しているというのは安いプリンターのメリットです。

ただし安いプリンターを使う際、注意しておかなければならないのは「インク代」などのランニングコストです。格安プリンターはインクの消費が早い、またはインク代が高いなどのデメリットがあります。

安いプリンターの特徴
  • 安いプリンターは10000円程度で購入できる
  • 文章や写真のプリントも問題なくできる
  • シンプルな機能に絞っている
  • ランニングコストはやや高め

今記事では『安いインクの種類や選び方』、記事後半では『安いプリンターでもランニングコストを抑えられるコツ』など紹介しているので、是非気になる方は参考にしてみてください☆

価格以上を実現!安いプリンター選びで失敗しないコツ

どうすれば自分に合った機種の最安値をGETできるのか…。ここでは、安いプリンター選びで失敗しないためのコツをご紹介していきたいと思います。

文書メインか写真メインかを明確にできればより安い機種を選べる

プリンター インク

まず、プリンターを使う目的を明確にしてみましょう。

  • 写真印刷・年賀状作成に使いたい
  • 文書印刷や書類印刷などの仕事用として使いたい

主に、この2パターンに分かれるかと思われます。

写真印刷・年賀状作成に使いたい人
  • 発色が良い”染料インク”採用のプリンターを選ぶ
  • 印刷仕上がりにこだわりがある場合、インクは4色以上がおすすめ
    (※インクの種類が4色以上となると、1万円以下はなかなかない)
文書印刷や書類印刷に使いたい人
  • 色がくっきり写る”顔料インク”採用のプリンターを選ぶ
  • 印刷枚数が多い場合、自動両面印刷機能が搭載されていると用紙のコストカットができる
  • カラー印刷をしない場合は、モノクロプリンターを選ぶ

プリンター選びでは、最初に自分がどのような用途でプリンターを使いたいのかを明確にしましょう。上記を参考に、まずは選ぶべきプリンターのベースを決めてみてください。

FAXやスキャナー搭載の複合機だと値段が高い。不要なら単機能機を

プリンター 安い

単機能にするか複合機にするでも価格を抑えることができます。

  • 単機能・・・印刷機能のみ
  • 複合機・・・印刷機能+コピー・スキャン・FAX
    (搭載されている機能は機種によって異なります)

写真・文書ともに印刷しか使わないのであれば単機能プリンターを選びましょう。印刷以外の機能が備わっていないので複合機より安価で小さいのが特徴です。

一方、印刷に加えてコピーやスキャン、FAXも日常的に使うのであれば複合機一択です。現在発売されている複合機は、無線LAN・スマホ対応なものも多く作業効率がグッと上がるでしょう。

単機能と複合機の価格を比べると、搭載機能が少ない単機能プリンターの方が安価です。しかし、複合機の中には2,000円~3,000円予算を上げるだけで購入できる機種もあります。ごくたまに免許書や保険証のコピーを取ることがある人であれば、複合機を選んでおくと便利かもしれませんね。

こんな人におすすめ
  • 単機能・・スキャンやコピーは使わない。省スペース化できる小型機が良い。
  • 複合機・・スキャンやFAXを使いたい。スマホなどともwifiで連携ができる

必要な機能だけに絞ることで安く抑えることができる

プリンター 安い

単機能か複合機で悩んだあげく、複合機にしようとした人へ。

複合機とひとくちにいっても搭載されている機能は機種によって異なります。もちろん搭載機能が多いほど価格は高くなるので、自分に必要な機能だけが搭載されているプリンターを選ぶと安く抑えられます。

コピー・スキャン・FAX機能の有無はもちろん、

  • ケーブルを必要としない無線LAN対応
    └どこでも設置、使用できます
  • スマホから直接データを転送できる
    └PCを使わず印刷できます

などプリンターを実際に使うときのことを考えて『あると嬉しい機能』『なくても良い機能』をチェックしましょう。

使えば使うほどコストがかかるインク代もチェック

プリンター 安い

「プリンターを買いさえすれば今後大きな出費はなく印刷作業ができる♪」と思っている方、それは大間違い。

プリンターは、インクが高いんです。純正インクの相場は約3,000円~4,000円ほど。「インク交換を2回したら本体代を上回った!!!」なんて声も少なくありません。

そもそもプリンターインクには種類があります。

インクの種類 どういうインクなのか メリット デメリット
純正インク プリンターメーカーが発売しているインク ・保証がしっかりしている
・保存性・耐光性が良い
・高い
互換インク プリンターメーカー以外が発売しているインク
(非純正メーカー)
・安い
・メーカーによっては印刷品質の差がない
・純正品よりインク容量が多いものもある
・劣化しやすい
・メーカーによっては
耐光性・耐水性・再現性が劣る
・互換インクを使っていて故障した場合
保証が効かないケースがある
リサイクルインク
(エコインク)
純正インクの使用済みカートリッジを回収し
洗浄→互換インクを充填したもの
・安い(互換インクより少し割高)
・カートリッジが再利用なのでエコ
・他、互換インクと同様
・カートリッジによって
インク残量が表示されないことがある
・他、互換インク同様
詰め替えインク インクがなくなったカートリッジに
自分で直接補充するもの
・カートリッジに直接補充するので
インクのみ購入すれば良く全インクの中でも最安値
・他、互換インク同様
・インクの注入作業が難しい
・注入するカートリッジによっては
専用工具が必要なことも
・他、互換インクと同様

どのインクにもメリットデメリットがあり、どれを使うかは自由です。本体代もインク代を抑えたい人は純正インク以外を使うと低コストで印刷できますよ。

下記記事では、プリンターの基本情報の他、互換インクのおすすめメーカーもご紹介しています。多くの人から選ばれ続けている互換インクメーカーを知りたい人は併せてチェックしてください☆

関連記事:【2021】プリンターおすすめ15選|初めての購入する人や買い替えを検討している人向け選び方ガイド

【単機能×文章印刷メイン】安いプリンター おすすめランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格インクタイプ印刷コスト
エプソン プリンター A4 インクジェット PX-105¥19,980 楽天市場AmazonYahoo!4色/独立型カートリッジ・A4カラー:14.4円 ・A4モノクロ:4.5円
エプソン プリンター A4 PXーS155楽天市場¥7,803 AmazonYahoo!1色/独立型カートリッジ・A4モノクロ:2.9円
ブラザー レーザープリンター A4モノクロ HL-L2375DW (34PPM/両面印刷/有線・無線LAN/Wi-Fi Direct/テレワーク)楽天市場¥12,850 AmazonYahoo!トナーカートリッジ・A4モノクロ:約3円
[ヒューレット・パッカード]HP OfficeJet Pro 6230楽天市場¥9,800 AmazonYahoo!4色/独立型カートリッジ・A4カラー:8.4円 ・A4モノクロ:3.1円
CANON(キヤノン)ビジネスインクジェットプリンターMAXIFY iB4130楽天市場¥14,218 AmazonYahoo!4色/独立型カートリッジ・モノクロ:約2.5円 ・カラー:約8.4円

※ランキングは記事制作時の値段を参考にしています。

【単機能×文章印刷メイン】安いプリンター おすすめランキング5選

【単機能×写真印刷メイン】安いプリンター おすすめランキング比較一覧表

商品最安価格インクタイプ印刷コスト(標準容量)印刷コスト(大容量)
[キャノン]PIXUS TS203楽天市場¥4,400 AmazonYahoo!4色/一体型カートリッジ・L判:31.0円 ・A4カラー:22.2円・L判:23.9円 ・A4カラー:15.5円
EPSON(エプソン) A4対応 インクジェットプリンター カラリオ EP-315¥18,150 楽天市場AmazonYahoo!6色/独立型カートリッジ・A4(カラー):約12.9円

【単機能×写真印刷メイン】安いプリンター おすすめランキング2選

コチラの記事もチェック!

写真印刷がメインの人向けの単機能プリンターは、1万円以下となると『canon PIXUS TS203』のみという結果になりました。

調べてみて思ったことは、写真印刷のみであればフォトプリンターでもいいのではないかということ。

Picky’sでは『フォトプリンター』の記事も公開しています。フォトプリンターの特徴や、失敗しない選び方、人気機種の1枚あたりの印刷コスト、おすすめフォトプリンターなど情報盛りだくさん!ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【2021年】フォトプリンターおすすめ9選|印刷コストは?高画質な機種は?プロが徹底解説します

【複合機×写真印刷メイン】安いプリンターおすすめランキング比較一覧表

商品最安価格インクタイプ印刷コスト機能
[エプソン]Colorio EW-052A楽天市場¥7,800 AmazonYahoo!4色/独立型カートリッジ・L版:28.3円 ・A4カラー:14.5円・印刷 ・コピー ・スキャン
[キャノン]PIXUS TS3330楽天市場¥12,480 AmazonYahoo!4色/一体型カートリッジ・L版:31.0円 ・A4カラー:22.2円・L判:23.9円 ・A4カラー:15.5円
Canon プリンター A4インクジェット複合機 PIXUS TS5330楽天市場¥8,760 AmazonYahoo!黒・カラー3色/一体型カートリッジ・L版:約33.4円 ・A4カラー:約24.5円・L版:約27.0円 ・A4カラー:約17.6円
HP カラー プリンター A4インクジェット複合機 ENVY 6020 ホワイト楽天市場¥9,525 AmazonYahoo!黒・カラー3色/一体型カートリッジA4カラー:約21.3円 A4モノクロ:約8.0円・印刷 ・コピー ・スキャン

【複合機×写真印刷メイン】安いプリンター おすすめランキング4選

【複合機×文章印刷メイン】安いプリンター おすすめ

安いプリンターは印刷コストが高い?安くする方法は?

プリンター コスト

結論からいうと、本体代の安いプリンターは印刷コストが高いです。

本体代が安い=インク代が高い・・・導入コストは抑えられるがランニングコストはかさむ
インク代が安い=本体代が安い・・・導入コストはかかるがランニングコストは抑えられる

安いプリンターでも印刷コストを抑えたい!という人は、今記事冒頭でも少しご紹介しましたが、互換インクを使うことをおすすめします。(リサイクルインク、詰め替えインクでもOK)

注意
最新機種のプリンターだと、互換インクメーカーの製造がおいついておらず、互換インクが使えないこともあります。最新機種に限らず、プリンターを購入する前は互換インクが発売されているのかの確認はした方が良いでしょう。

互換インクは印刷コストが安くなるという最大のメリットがありますが、デメリットとして互換インクを使用していて生じたプリンターの不具合は保証対象外になる可能性があることを忘れないでください。

プリンターが安い時期は?買うタイミングはいつがベスト?

プリンターが安くなる時期は以下の通りです。

  • 8~10月のモデルチェンジ前後
  • 発売から3か月後
  • 7月2月のボーナス商戦
  • 3月・9月の決算月
  • 時期に縛られたくない人は通販サイトで買うのもあり

それでは、それぞれの安くなる時期についての詳細をご紹介していきます。

新機種発売は基本9月!8~10月のモデルチェンジ前後を狙う!

プリンター 安い時期

過去の販売歴を見ても、プリンターの新機種はほぼ9月に発売されています。そのため、8~10月のモデルチェンジ1か月前後は、旧型の在庫処分ということで、プリンターが安くなります。

自分に必要な機能が備わっていたら、旧型や型落ちでも気にならない人がほとんどでしょう。機種によっては新型と旧型の性能がほとんど変わらないこともあります。

『高機能や新しさより、価格重視!!!』という人は、9月ごろのモデルチェンジ時期を狙って旧型をチェックしてみてください。

発売から3カ月で第一値下げ時期突入

プリンター 安い時期

型落ちでなく、新機種が欲しいという人も中にはいるはず。新機種をできるだけ安く買いたいなら、発売から3カ月後の12月あたりを狙うことをおすすめします。

基本、新機種が発売されて3カ月目で第一回目の値下げ時期に突入します。12月は、年賀状の作成シーズンにもなるので購入時期としてもピッタリ◎

ボーナス商戦・決算月は数量限定で格安になることも

プリンター 格安

7月・12月の「ボーナス商戦」、9月・3月の「決算月」は、家電量販店の大イベントといっても過言ではありません。

旧型がグッと値下げされたり、最新機種でも数量限定で格安になったりなどお店ごとにセールのイベント内容は異なるので事前チェックは必須です。

特に、

  • 新機種発売から3か月後+ボーナス商戦が被っている12月
  • 在庫処分セール+決算月が被っている9月

上記のふたつはかなり狙い目だといえます。

イベント時は値引きの対象でない場合でも、インクやコピー用紙orL判をプレゼントしてくれたりと、購入者に満足してもらうための工夫が施されていることが多いですよ。

時期に縛られたくない人は通販サイトをチェック

プリンター 通販

「今すぐプリンターが必要」「〇月まで待てない!」という人は、amazonや楽天などの通販サイトをチェックしてみましょう。機種によっては家電量販店のセール時より安いケースもあります。

また、家電量販店ではすでに取扱していない機種が買えることもありますよ。

とはいえ、プリンター購入初心者さんだと「実物を見ずに購入する」「店員さんに説明を受けずに購入する」ことに不安を感じる人もいるでしょう。

プリンター選びに悩んだら、下記記事の”プリンターの基本の選び方”を参考に自分に合った機種を見つけてみてください☆

関連記事:【2021】プリンターおすすめ15選|初めての購入する人や買い替えを検討している人向け選び方ガイド

単機能プリンター おすすめ

以上、プリンターを安く購入できる時期についてご紹介しました。

個人的には、値下げされているプリンターでも、さらに値下げ交渉することがおすすめ。家電量販店の店員さんは、値下げ交渉されることには慣れているので、申し訳ないと思わず最安値になるようアタックしてみてくださいね☆

安いプリンターの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているプリンターのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

安いプリンター まとめ

プリンターは、今や1万円以下で買える時代。

とはいえ、本体代のことだけでなく印刷コストのことも考えて購入しないと、ランニングコストがかさんでしまい、なんのために安いプリンターを買ったのか分からなくなってしまいます。

プリンターの使用頻度や印刷枚数に適したプリンターを見つけましょう。

今回は格安プリンターについてご紹介しましたが、Picky’sでは他にもプリンター記事を公開しています。

関連記事:【2021】プリンターおすすめ20選|初めての購入する人や買い替えを検討している人向け選び方ガイド

関連記事:【1日からの利用も】プリンターレンタルおすすめ8選|個人・法人での利用にも

関連記事:【口コミ・評判まとめ】ウルトラプリントは本当におすすめ?注意点も大調査

モバイルプリンター

以下の記事は、持ち運びしやすい小さいモバイルプリンターをご紹介しています。

「ビジネスシーンにおすすめなA4対応モデル」「インクを使わず印刷できるプリンターについて」など、モバイルプリンターのまつわるあらゆる情報が盛りだくさん。

「プリンターを持ち運びたい」「収納時にかさばらないよう小型なプリンターが欲しい」という人はぜひチェックしてください♪

関連記事:【2021年】モバイルプリンターおすすめ8選|A4対応やインク不要機種は?失敗しない選び方解説も!

インクジェットプリンター

以下記事ではインクジェットプリンターについて詳しくご紹介しています。

インクジェットプリンターのメリット/デメリットや、失敗しない選び方、用途別おすすめインクジェットプリンターなど情報盛りだくさん!

「写真印刷がメイン」「小さいプリンターが欲しい」という人はぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【2021】インクジェットプリンターおすすめ13選|印刷コストの安い機種は?文書印刷に適している機種は?基本の選び方を伝授します

レーザープリンター

以下記事ではレーザープリンターについてご紹介しています。

レーザープリンターの特徴や、選び方、家庭用の小型機種や、A3対応のビジネス機種などをメインにお役立ち情報満載でお届けしています!

「印刷スピードの速いプリンターが欲しい」「モノクロ印刷しかしない」という人はぜひチェックしてみてくださいね☆

関連記事:【2021年】レーザープリンター人気10選|家庭向けの小型機種、A3対応のビジネス機種のおすすめは?失敗しない選び方も解説します

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー