【和牛を使った高級品も登場】ローストビーフおすすめ30選!部位別の違いなども解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ローストビーフ

誕生日などの記念日や、クリスマスなどのイベントのメニューとして喜ばれるローストビーフ。ローストビーフの手作りは、少しハードルが高いですよね。そんな人におすすめなのが、ローストビーフの通販です。

しかし、記念日や贈答のためにローストビーフを購入しようと思っても「部位によって味は違うの?」「輸入牛と和牛って何が違うの?」と商品選びに悩みますよね。

そこで今回は、ローストビーフの選び方やおすすめのローストビーフをランキング形式で紹介!部位別の特徴や、ローストビーフと一緒にあると便利な商品も解説します。ローストビーフの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ローストビーフの選び方

ローストビーフの選び方には、以下のようなポイントがあります。

ローストビーフを選ぶときのポイント
  • 食べ方に合わせて形状を選ぶ
  • 牛肉の産地に注目する
  • 好みに合わせて部位を選ぶ
  • 付属のソースをチェックする

ブロック?スライス?食べ方に合わせて形状を選ぶ

お店や通販で購入できるローストビーフには、ブロックタイプとスライスタイプの2種類があります。以下の表を参考に、自分の食べ方・目的に合っているのはどちらか考えてみましょう。

タイプ 特徴
ブロック
  • カットされていないので厚みが自由に調整できる
  • ステーキのように食べたい人におすすめ
スライス
  • 既にカットされているので手間が少ない
  • サラダなどのアレンジ料理に使いたい人におすすめ

ブロック:厚みが自由に調整できる!ステーキのように食べたい人にブロック?スライス?食べ方に合わせて形状を選ぶ

厚みがあるローストビーフを食べたい人は、ブロックタイプのローストビーフを選びましょう。スライスタイプは一定の厚さにカットされた状態で手元に届くため、厚みを調整できません。

ブロックタイプは、カットされていないので自由な厚さにカットできるのがメリット。個々の好みに合わせて厚みを調節できるので、ローストビーフを食べたときの満足感が高くなります。

「薄いローストビーフでは満足できない」「ステーキのように豪快に食べたい」という人に、ブロックタイプはおすすめです。

関連記事:人気のクリスマスおすすめお取り寄せディナー20選!オードブルやホテルの高級料理も

スライス:お皿にそのまま並べられて便利。アレンジレシピにもおすすめブロック?スライス?食べ方に合わせて形状を選ぶ

「包丁さばきに自信がない」「手間を省きたい」という人は、スライスタイプのローストビーフを選びましょう。スライスタイプは、手元に届いた時点で美しくカットされています。

自分でローストビーフをカットする必要がないところが、スライスタイプのメリット。カットに自信がない人や調理時間を短縮したい人におすすめです。

また薄くスライスされたローストビーフは、サラダやサンドイッチにもぴったり。スライスタイプのローストビーフを使えば、簡単に豪華な一品を用意できますよ。

和牛や輸入牛など牛肉の産地にも注目

和牛や輸入牛など牛肉の産地にも注目

ローストビーフの牛肉の産地は、「国産牛」「和牛」「輸入牛」の3種類使われている牛肉の産地によってローストビーフの味わいや価格は異なるので、産地ごとの特徴を知っておきましょう。

国産牛・和牛:特別な日のディナーにぴったり。贈答用・お歳暮にも

誕生日や記念日などの特別な日には、国産牛や和牛のローストビーフを選ぶのがおすすめです。国産牛と和牛の違いを、以下の表にまとめてみました。

定義 特徴
国産牛
  • 食肉として使われる牛のうち国内で生産されたもの
  • 海外よりも日本国内での飼養期間が長く、国内で食肉処理したもの
  • クセが少なく和牛よりもあっさりしている
  • 和牛より安価
和牛
  • 食肉として使われる牛のうち、黒毛和牛・褐色和牛・日本短角種・無角和種の4種類か、これらの種類を交雑したもの
  • 上記の品種であることを証明でき、国内で出生・飼養された牛であること
  • サシや脂肪分が多い
  • 赤身の味が濃厚
  • 脂身の甘味が強い
  • 国産牛より高価

参考:食肉用語の解説国産牛|日本食肉科学会 -Japan Society for Meat Science and Technology-
参考:食肉用語の解説和牛|日本食肉科学会 -Japan Society for Meat Science and Technology-
参考:full_japan_1.pdf|農林水産省ホームページ

国産牛・和牛ともに輸入牛よりも高価ですが、品質の高い和牛は国産牛よりもさらに値段が高くなります。より上質なローストビーフを食べたい人は、和牛を選ぶのがおすすめ。高級感のある国産牛や和牛のローストビーフは、お世話になった上司や大切な人に贈るお歳暮などの贈り物にも最適です。

またローストビーフ以外にも、生ハムやステーキなどが贈れる肉ギフトもあります。下記の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:【おしゃれで美味しい】肉ギフトおすすめ15選|しゃぶしゃぶ・ステーキ・カタログも | Picky’s

黒毛和牛とは?
「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」の4種類の和牛のうち、約90%を占めるのが「黒毛和種=黒毛和牛」です。「近江牛」「松坂牛」「米沢牛」など、黒毛和種には一般的に知られているブランドが多くあります。有名な黒毛和牛ブランドのローストビーフを選べば、食卓を囲む相手やギフトを贈る相手に喜ばれますよ。

輸入牛:手軽にローストビーフを楽しみたい人におすすめ

手ごろな価格でローストビーフを楽しみたい人は、輸入牛のローストビーフを選びましょう。輸入牛とは、海外で飼養された牛を現地で食肉処理した牛肉のことです。

国産牛のローストビーフは、100gあたり1,200円~2,000円程度が相場。ブランド和牛だと100gあたり2,500円を超える商品もあります。対して輸入牛のローストビーフの相場は、100gあたり800円~1,500円ほどと安価です。

国産牛や和牛よりも安い輸入牛を使ったローストビーフは、コストを抑えられるので気軽に購入できます。予算が限られている人やアレンジ料理を楽しみたい人に、輸入牛のローストビーフはおすすめです。

好みの味わいに合わせて部位を選ぼう

好みの味わいに合わせて部位を選ぼう

さまざまな部位が使用されるローストビーフですが、使用される部位によって味わいは異なります以下の表を参考に、より好みに合ったローストビーフを選んでくださいね。

部位 特徴
モモ
  • 脂肪が少なく筋肉質
  • 冷めても硬くなりにくい
  • 他の部位に比べて安価
  • あっさりした味わい
ランプ
  • 赤身と脂身のバランスが良い
  • きめ細かくやわらかい肉質
  • 赤身の肉感と脂身の甘みの両方が楽しめる
リブロース・サーロイン
  • 希少な部位
  • 脂身の濃厚な旨味が感じられる
ヒレ
  • 脂肪が少なくやわらかい肉質
  • 希少な部位
  • 他の部位に比べて高価

モモ:脂身が少なめ。あっさり食べたい人に

モモ:脂身が少なめ。あっさり食べたい人に

脂身が苦手な人やあっさりとした味わいを求める人は、「モモ」のローストビーフがおすすめです。脂肪分が少なく筋肉質で赤身が強いモモは、冷めても硬くなりにくいのでローストビーフに最も使用されています。

脂肪分が少ないモモのローストビーフは、噛み応えのある牛肉が好きな人にも向いています。モモのローストビーフには100gあたり800円~1,000円程度で購入できる商品もあり、他の部位と比べると値段が安いのもメリットです。

ランプ:赤身と脂身どちらも堪能したい人にぴったり

ランプ:赤身と脂身どちらも堪能したい人にぴったり

赤身と脂身のどちらも味わいたい人は、「ランプ」を使ったローストビーフを選びましょう。ランプとは、牛の腰からお尻にかけてとれる赤身肉のこと。適度に脂身がある赤身なので、赤身が持つ肉本来の味と脂身の甘みの両方を楽しめます。

きめ細かくやわらかい肉質なので、ローストビーフを厚切りで食べたい人にもおすすめ。旨味や風味も優れているので、モモよりも上質な味わいを求める人にランプのローストビーフはぴったりです。

リブロース・サーロイン:脂身の濃厚な味わいが好きな人におすすめ

脂身の濃厚な味わいを求める人には、「ロース」を使ったローストビーフがおすすめ。ロースは牛の肩から腰にかけての部位を指し、主にローストビーフに使用されるロースには「リブロース」と「サーロイン」の2種類があります。

リブロースは、牛のあばら付近の肉のことです。牛1頭から約10kgほどしか取れない希少部位で、ロースの中でも霜降りしやすいのが特徴。筋が少なくサシが入ってやわらかいので、脂の甘みととろけるような食感を味わいたい人にリブロースは向いています。

サーロインは牛の腰上部の肉のことで、牛の最高級部位の1つです。赤身と脂身のバランスが良く、赤身の旨味と脂身の濃厚さの両方を堪能できます。肉汁のジューシーさを感じたい人に、サーロインのローストビーフはおすすめです。

ヒレ:やわらかく上品な味わい。ステーキのように食べたい人に

ヒレ:やわらかく上品な味わい。ステーキのように食べたい人に

ローストビーフをステーキのように食べたい人は、「ヒレ」を使ったローストビーフを選びましょう。ヒレはサーロインの内側にある希少部位で、牛1頭から3kgほどしかとれません。

脂肪が非常に少なく、きめ細やかでやわらかい肉質なのがヒレの特徴。ステーキのように厚切りにしても、かみ切りやすくあっさりと食べられます。脂身が苦手な人はもちろん、高齢の人にもヒレのローストビーフは最適です。

ヒレは希少部位なので100gあたり5,000円を超える商品も多く、ローストビーフとしては高価です。上品で高級感のある味わいなので、特別な日や贈答用としてもおすすめです。

付属のソースもチェック

付属のソースもチェック

ローストビーフを選ぶときは、付属ソースのチェックも欠かせません。ローストビーフは、使うソースによって味わいが大きく変わるためです。

ここでは、ソースによる味わいの違いを解説します。好みに合ったソースを選べば、食べたときの満足度も上がりますよ。

柑橘系ソース:さっぱり食べたい人におすすめ

柑橘系ソース:さっぱり食べたい人におすすめ

さわやかな柑橘系ソースは、ローストビーフをあっさりと食べたい人におすすめです。ミカンやオレンジのような酸味と甘みが共存する柑橘類は、牛肉との相性ぴったり。ローストビーフをさっぱりとした味わいにしてくれるのはもちろん、柑橘類の酸味と甘みがお肉の味を引き立ててくれるので、味が立体的で奥深いものになります。

上品な柑橘系の香りが、ローストビーフに高級感を与えてくれるのもおすすめポイント。柑橘類が好きな人や、飽きずにさっぱりローストビーフを食べきりたい人に柑橘系ソースは最適です。

グレイビーソース・赤ワイン系ソース:コクのあるしっかりした味が好きな人に 

グレイビーソース・赤ワイン系ソース:コクのあるしっかりした味が好きな人に 

コクがあるソースやしっかりした味が好きな人は、グレイビーソースを選びましょう。グレイビーソースとは、肉を焼いたあとに残る肉汁を利用して作る旨味の強いソースのこと。

とりわけ赤ワインを加えて作る赤ワイン系のグレイビーソースは、ローストビーフにぴったりです。風味豊かな赤ワイン系ソースは、ローストビーフをより味わい深いものにしてくれます。

ワインの香りと牛肉の旨味が凝縮したソースを堪能したい人は、赤ワイン系のグレイビーソースがおすすめです。

塩・わさびが付属していることも

塩・わさびが付属していることも

ローストビーフをシンプルに食べたい人は、塩やわさびが付属したものがおすすめ。ローストビーフには、ソースではなく塩やわさびが付属している商品もあります。塩はローストビーフの味をシンプルに楽しめ、わさびはピリッとした辛味がアクセントになりますよ。

たとえば、「bonbori(ボンボリ) プレミアムローストビーフ」には、ローストビーフソースに加えてレホール(西洋わさび)とシーズニングソルトが付属しています。色々な味が楽しめるので、ぜひ試してみてくださいね。

【ブロックタイプ】ローストビーフのおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格内容量部位ブランド賞味期限産地ソース付きギフト対応その他の特徴
豊代 プレミアムローストビーフ¥6,980 楽天市場AmazonYahoo!400g(200g×2個)ザブトン約3ヵ月アメリカ産またはカナダ産ローストビーフソース・レホール・黒トリュフソルトあり
bonbori(ボンボリ) プレミアムローストビーフ¥5,520 楽天市場AmazonYahoo!400g~1kgザブトン冷凍保存で半年以上期限がある商品を発送アメリカ産orカナダ産ローストビーフソース・レホール・シーズニングソルトあり
ネオプライムヒグチ 飛騨牛ローストビーフ¥5,550 楽天市場AmazonYahoo!200g~350gモモ飛騨牛製造から冷凍で365日間岐阜県産ローストビーフたれorステーキ用わさびあり
フーズアイ カナディアンローストビーフ¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!150g×3個モモ製造日より5ヵ月カナダ産和風ソース・レホールあり
米久 サーロインローストビーフ¥7,400 楽天市場AmazonYahoo!540gサーロイン商品到着後30日以上オーストラリア産グレイビーソースあり
SIRCARS(サーカス) ローストビーフ¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!500gモモ冷凍状態で1ヵ月オーストラリア産エストラゴンソース・TERIYAKIソースあり
セゾンブシェ 黒毛和牛ローストビーフ¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!400g(200g×2袋)モモ黒毛和牛製造日より1年国産ローストビーフソースあり
豊代 牛タン"芯"ロースト¥9,980 楽天市場AmazonYahoo!600gタン冷凍未開封で2ヵ月ポーランド産なしあり
ピーチ 星付きシェフのひみつキッチン ローストビーフ楽天市場¥4,950 AmazonYahoo!1kgカイノミポーランド産なし
bonbori(ボンボリ) スタンダードローストビーフ楽天市場¥4,300 AmazonYahoo!500gモモオンタリオコーンフェッドビーフ冷凍保存で半年以上の期限がある商品を発送カナダ産ローストビーフソース・レホール(西洋わさび)あり
山昇本店 松阪牛特製ローストビーフ楽天市場¥8,980 AmazonYahoo!300gモモ松阪牛製造日から冷凍保存で30日間国産特選醤油・ねりからしあり
朝ご飯ラボ お肉屋さんの低脂質ローストビーフ楽天市場¥5,980 AmazonYahoo!700gモモ商品発送から冷凍で6ヵ月間アメリカ産ありなし
ハヴフーズ 国産牛ローストビーフ 2個セット¥6,700 楽天市場AmazonYahoo!600g前後(300g×2個)モモ国産牛(交雑種)製造日+90日国産タレあり
ミートファクトリー 熊野牛赤身ローストビーフ¥5,300 楽天市場AmazonYahoo!250gモモ(内モモ・ランプ)熊野牛加工日より180日和歌山県ありあり
bonbori(ボンボリ) 牛タンローストビーフ楽天市場¥5,900 AmazonYahoo!430~470gタン3ヵ月以上アメリカ産ローストビーフソース・ステーキわさびあり

【ブロックタイプ】ローストビーフのおすすめ人気ランキング15選

【スライスタイプ】ローストビーフのおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格内容量部位ブランド賞味期限産地ソース付きギフト対応その他特徴
スターゼン 業務用 ローストビーフスライス¥3,240 楽天市場AmazonYahoo!400g製造日を含め180日輸入肉なし
肉のいとう 最高級A5ランク仙台牛 プレミアムローストビーフ¥14,100 楽天市場AmazonYahoo!800gモモ仙台牛発送日から3週間宮城県産ローストビーフソースあり
カワグチ 黒毛和牛のローストビーフ¥5,490 楽天市場AmazonYahoo!150g×2個黒毛和牛発送から1ヵ月国産あり
グルメハウスヨシダ 黒毛和牛モモローストビーフ確認中 楽天市場AmazonYahoo!140g×2個モモ黒毛和牛冷凍室で2週間国産(京都・鹿児島・宮崎)特製ソースあり
大和食品 切れてるローストビーフ¥2,580 楽天市場AmazonYahoo!120g×2個モモアメリカ産特製ソース
うし源本店 大和榛原牛ローストビーフ プレミアムロースト¥11,000 楽天市場AmazonYahoo!300gイチボorトモサンカク大和榛原牛冷蔵保存で約3日間、冷凍保存で約14日間奈良県産グレイビーソースあり
さとう精肉店 仙台牛ローストビーフ¥14,150 楽天市場AmazonYahoo!700gソトモモ仙台牛20日宮城県産なしあり
うし源本店 大和榛原牛ローストビーフ サーロインロースト¥11,000 楽天市場AmazonYahoo!200gサーロイン大和榛原牛冷蔵保存で約3日間、冷凍保存で約14日間奈良県産グレイビーソースあり
デイリーフーズ ローストビーフのトリコ 極上赤身モモ¥9,960 楽天市場AmazonYahoo!400g(200g×2個)モモ発送から冷凍で1ヵ月群馬県産なしなし
伍魚福 ローストビーフスライス¥748 楽天市場AmazonYahoo!60gモモ50日オーストラリア産なし
但馬牛レストラン トッポジージョ 但馬牛炭火焼ローストビーフ¥11,880 楽天市場AmazonYahoo!280gサーロイン但馬牛冷蔵約3日兵庫県産自家製ソース・西洋わさびあり
ハナムラコーポレーション 「森の姫牛」ローストビーフスライス¥3,750 楽天市場AmazonYahoo!70g×3パックモモ森の姫牛冷凍状態で7日間静岡県産オリジナルソースあり
うし源本店 大和榛原牛 ヒウチのローストビーフ確認中 楽天市場AmazonYahoo!300gヒウチ大和榛原牛冷凍保存で約3日間、冷凍保存で約14日間奈良県産ありあり
サイトウ 和牛ローストビーフスライス¥1,940 楽天市場AmazonYahoo!80gモモ冷凍2ヵ月国産あり
レストラン ベル・リヴェール 「信州プレミアム牛」もも肉のローストビーフ¥2,851 楽天市場AmazonYahoo!100g~モモ信州プレミアム牛冷蔵で5日間、冷凍で10日間程度長野県産グレイビーソースあり

【スライスタイプ】ローストビーフおすすめ人気ランキング15選

ローストビーフの関連商品

ローストビーフの関連商品

ここでは、ローストビーフを存分に楽しみたい人のために、おすすめのワインや関連グッズを紹介します。ローストビーフに合うワインや便利なグッズを用意すれば、記念日や贈り物をより特別なものにできますよ。

牛肉の脂と相性ぴったりな「ワイン」

牛肉の脂と相性ぴったりな「ワイン」

ローストビーフの旨みをより引き出したいなら、ワインを用意しましょう。牛肉とワインは相性がよく、とりわけ赤ワインとの相性は抜群です。

赤ワインは、「タンニン」という渋みのあるポリフェノールを多く含んでいるのが特徴。タンニンが牛肉の脂を包み込んでくれるので、さっぱりとより牛肉の旨みを感じやすくなります。

ワインを用意するのであれば、タンニンの渋みをたっぷり感じられるフルボディの赤ワインがおすすめ。お酒が好きな人は、ローストビーフと一緒に赤ワインも探しておきましょう。

関連記事:【料理に合う】赤ワインおすすめ25選|初心者も飲みやすい甘口から有名銘柄まで紹介 | Picky’s

美味しいローストビーフを手作りしたいなら「ホットクック」

美味しいローストービーフを手作りしたいなら「ホットクック」

出典:amazon.co.jp

「ローストビーフを自分で作ってみたい、でもうまく作れるか自信がない……」という人は、ホットクックを使うのがおすすめです。

ホットクックとは、食材と調味料を入れてスイッチを入れるだけで料理が完成する「水なし自動調理器」のこと。ホットクックを使用すれば、簡単に美味しいローストビーフを作れるので便利です

「ホットクック ローストビーフ 作り方」と検索すれば、たくさんのレシピがでてきます。気に入ったレシピを試してみるといいですよ。

 関連記事:【購入者の本音口コミ】ホットクックおすすめ6選|後悔しない選び方 | Picky’s

牛肉を薄くスライスしたいなら「パン切り包丁」

牛肉を薄くスライスしたいなら「パン切り包丁」

ローストビーフを薄くスライスしたい人は、パン切り包丁を用意しましょう。「ブロックのローストビーフを購入したいけれど、うまくスライスできるか心配」「普段あまり料理をしない人でもローストビーフを上手に切れる?」と悩んでいる人も多いはず。

パン切り包丁は、パンだけではなくローストビーフのカットにも最適です。刃がギザギザの波刃になっているので、肉の繊維もラクラクカットできます。

ブロックタイプのローストビーフの購入を予定している人は、パン切り包丁を1つ用意しておくと安心ですよ。

関連記事:パン切り包丁おすすめ20選|電動式の使い勝手は?パンくずが出ない包丁も紹介! | Picky’s

ローストビーフのよくある質問

ローストビーフのよくある質問 

冷凍で届いたローストビーフの解凍方法を教えてください。

ブロックタイプの冷凍ローストビーフは、1日以上かけて冷蔵庫の中でゆっくり解凍するのがおすすめです。常温や湯煎、電子レンジなどで解凍するのはNG。ドリップが出て、お肉の旨みが逃げてしまいます。スライスタイプの冷凍ローストビーフも同様に、冷蔵庫で半日~1日かけて解凍するのがおすすめ。肉の大きさや量によって最適な解凍時間は異なるので、購入したローストビーフの説明に書かれている解凍方法を実践しましょう。

ローストビーフを薄くカットするコツはありますか?

ローストビーフを薄くキレイにカットするには、切れ味の良い包丁を使うことが大切です。カットする前に必ず包丁を研いでおきましょう。パン切り包丁などの波刃の包丁を使うのもおすすめです。ローストビーフは、繊維方向に直角方向にカットするのが基本です。力まかせに刃を肉に押し付けるのではなく、包丁を細かく動かすのがポイント。4mm以下の厚さを目安にカットすれば、口当たりが良くやわらかな食感を楽しめますよ。

ローストビーフは簡単に手作りできますか?

ホットクックや圧力鍋、炊飯器などを使えば比較的簡単にローストビーフを手作りできます。とくにホットクックは、ローストビーフのメニュー選択で、自動で温度調整をおこなってくれるので簡単です。
関連記事:【購入者の本音口コミ】ホットクックおすすめ6選|後悔しない選び方 | Picky’s

ローストビーフは通販・店舗どちらで購入するほうがいいですか?

スーパーなどの店舗よりも、通販のほうが幅広い選択肢からローストビーフを選べます。住んでいる地域ではなかなか食べられないような、地方のブランド牛のローストビーフを手に入れることも可能です。忙しくて買い物に行く時間がない人にも、通販での購入はぴったりです。

ローストビーフが余ってしまいました。おすすめの使い方を教えてください。

余ったローストビーフは、サラダの上にのせるのが最適。シンプルなサラダも、ローストビーフをのせれば一気に華やかになります。ローストビーフの端の硬い部分は、細かくカットしてピザやパスタの具材として使うのもおすすめです。スライスされたローストビーフが複数枚余ったときは、炊き立てのご飯に並べて卵の黄身をのせればローストビーフ丼として美味しく食べられます。握り寿司に挑戦してみるのもいいでしょう。

解凍したローストビーフを再冷凍してもいいですか?

一度解凍したローストビーフを再冷凍するのはおすすめできません。味や風味が落ちるのはもちろん、鮮度が落ちて食中毒を引き起こす可能性もあります。解凍したあとは、必ず食べきるようにしましょう。

おすすめのローストビーフまとめ

おすすめのローストビーフまとめ

今回は、ローストビーフの選び方やおすすめのローストビーフを紹介しました。見た目にも味にも贅沢なローストビーフは、記念日のディナーにも贈答用としても最適です。

ローストビーフを選ぶ際のポイントをおさらいしておきましょう。

ローストビーフを選ぶ際のポイント
  • 厚みを調節したいならブロックタイプ、手間を省きたいならスライスタイプ
  • 国産牛・和牛・輸入牛など、牛肉の産地に注目
  • 部位によって赤身と脂身のバランスが異なる
  • ソースの味や、塩・薬味が付属しているかチェック

上記のポイントを抑えたうえで、予算や目的に合ったローストビーフを選びましょう。一緒に過ごす相手や贈る相手の好みを考えてローストビーフを用意すれば、記念日やプレゼントを成功させられるはず。この記事を参考に、思い出に残るようなローストビーフを選んでくださいね。

関連記事:【お取り寄せ】人気のコンビーフランキング20選!簡単で美味しいおすすめレシピも

関連記事:【本場ドイツの本格商品も】通販で買えるシュトーレンおすすめ人気ランキング19選!

関連記事:【ギフト・お歳暮にも】美味しいハムおすすめランキング20選!人気メーカーも

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー