【香ばしい香り】おすすめごま油人気ランキング25選!高級VS安いの比較も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ごま油

ごまの油分を搾って作られる食用油「ごま油」。そのままかけるだけでも加熱調理にも使えて、和食や中華、韓国料理など幅広い料理で活躍します。

しかし、ごま油はメーカーや製法によって風味がさまざま。「ごま油を選ぶときはどこをチェックすればいい?」「製法や種類によってどう味が変わるの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのごま油をランキング形式でご紹介します。ごま油の選び方や人気メーカー、安い商品と高い商品の違いも詳しく解説。ごま油の選び方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめごま油の選び方

ごま油は、焙煎具合や製法によって風味や香りが異なります自分に合ったごま油を選びたいときは、以下の4つのポイントをチェックしましょう。

  • 焙煎具合
  • 製法
  • 純正or調合
  • 容器

使い方や風味に合わせて「種類」を選ぶ

ごま油は、原料であるごまの焙煎具合によって「焙煎ごま油」「低温焙煎ごま油」「太白ごま油」の3種類に分かれます。使い方や風味が異なるので、自分が普段ごま油を使うシーンに合わせて選んでみましょう。

焙煎ごま油:茶褐色をした定番タイプ。豊かな香りで中華料理や香り付けに◎

焙煎ごま油:茶褐色をした定番タイプ。豊かな香りで中華料理や香り付けに◎

出典:rakuten.co.jp

焙煎ごま油は、高温で焙煎したごまを使って作られるもっともメジャーなごま油です。他のタイプよりも深く焙煎されており、濃い茶褐色と豊かな香りが特徴。

焙煎による香ばしい香りをしっかりと感じられるため、中華料理やスープの香り付けにぴったりですよ。定番タイプなので取り扱っているメーカーが多く、スーパーやコンビニでも簡単に手に入ります。

低温焙煎ごま油:琥珀色で甘く香ばしい香り。さっぱりした味わいで和食・洋食に合う

低温焙煎ごま油:琥珀色で甘く香ばしい香り。さっぱりした味わいで和食・洋食に合う

出典:rakuten.co.jp

低温焙煎ごま油は、原料のごまを低温でじっくり焙煎して作られており、透明感のある琥珀色をしています。ナッツのような甘く香ばしい香りと、さっぱりとした味わいがポイントです。

しつこくない後味で、サラダや和食・洋食などの料理にマッチしますよ。ごまの香りをほんのりと加えたいときにおすすめです。

太白ごま油:透明で無臭。上品な旨味は料理だけでなくお菓子作りにもおすすめ

太白ごま油:透明で無臭。上品な旨味は料理だけでなくお菓子作りにもおすすめ

出典:rakuten.co.jp

太白ごま油は、焙煎しない生のごまを搾って作られたごま油です。透明かつ無臭なのが特徴で、やわらかく上品な旨みが感じられます。

ソテーやパスタなどの風味付けだけではなく、お菓子作りのバター代わりにも使えますよ。クセが少ないため、サラダ油や天ぷら油として使うのもおすすめです。

編集部

ごま油の原材料は白ごまが一般的ですが、中には黒ごまを原材料にした商品もあります。黒ごまを使ったごま油はより濃厚なごまの風味を感じられるため、気になる方はそれぞれ使って比べてみましょう。

コスパや風味に注目して「製法」を選ぶ

ごま油の製法は、大きく「圧搾法」と「抽出法」の2種類に分かれます。風味重視の方は圧搾法、価格重視の方は抽出法の商品がおすすめですよ。それぞれの製法や価格帯について詳しく解説します。

圧搾法:伝統的製法でごま本来のコクや風味を楽しめる

圧搾法・玉締め法:伝統的製法でごま本来のコクや風味を楽しめる

出典:rakuten.co.jp

圧搾法とは原料のごまに圧力をかけ、ごまの油分を搾り出す伝統的な製法です。栄養や風味が落ちにくく、ごま本来の香りや味わいを感じられますよ。

近年では機械を使って行うことが多いですが、中には機械を使わずに大きな石でゆっくりごまを圧搾して、和紙でろ過する「玉締め法」と呼ばれる方法もあります。玉締め法は圧搾法よりも手間がかかる分、より香り高く仕上がるのが特徴。ごまの風味にこだわりたい方に向いています。

圧搾法で作ったごま油の相場は1本300gあたり約500~1,000円、玉締め法は約1,500円前後です。

抽出法:低コストで大量生産可能。安いごま油を探している人におすすめ

抽出法:低コストで大量生産可能。安いごま油を探している人におすすめ

出典:amazon.co.jp

抽出法は、低コストで大量にごま油を生産できる製法です。化学溶剤を用いて効率的にごまの油分を抽出しており、ごま本来の風味や栄養素は少なめ。損なった風味を補うために、香料が使われている商品が多いです。

価格は安めで、1本300gあたり約300~500円で購入できます。安いごま油を探している方や、天ぷらや揚げ物などで一度にたくさん使いたい方におすすめです。

香りを重視するならごまの油を100%使った「純正」を選ぼう

香りを重視するならごまの油を100%使った「純正」を選ぼう

出典:rakuten.co.jp

香りを重視するのであれば、「純正」のごま油がおすすめです。純正と表示されている商品はごまの油を100%使って作られており、ごまの芳醇な香りを堪能できますよ。

「調合」と表示されている商品の場合、ごまの油は60%以上しか使われていません。なたね油や他の油が配合されており、ごまの風味は少なめです。

純正と調合の区別がつかない場合は、原材料の表示欄をチェックしましょう。ごま油のみ記載されていれば「純正」、ごま油以外の油が記載されている場合は「調合」の商品です。

関連記事:【本格派から業務用まで】おすすめのラー油ランキング16選!激辛や市販の人気商品も

容器の容量や使い勝手も要チェック!

 

 

容器の容量や使い勝手も要チェック!

出典:rakuten.co.jp

容器の容量や使い勝手も要チェック!

出典:amazon.co.jp

ごま油を選ぶときは、容器の容量も要チェックです。ごま油の賞味期限は開封してから約2〜3カ月なので、使う量や頻度に合わせて容量を選びましょう。

また、容器には密閉率が高く保存性に優れたガラス製や、一滴ずつ使えて量の調節がしやすい押し出しタイプなどがあります。容器によって使い勝手も変わるので、使用シーンに合わせて使いやすい容量や形状を選んでみてくださいね。

関連記事:【揚げ物を美味しく】米油おすすめ15選!期待できる健康効果や美味しいレシピも紹介

安いVS 高級!ごま油の比較

ごま油は、300gあたり500円程度で購入できる商品から2,000円を超える商品までさまざまです。ここでは、価格帯の異なる以下2つの商品を比較してみました。

  • JOYL 焙煎ごま 香味油
  • 山田製油 一番搾り ごま油

特徴やおすすめな人を解説するので、値段の違いが気になる方はぜひご覧ください。

安いごま油の特徴(300gあたり約500円の商品)

安いごま油は、抽出法で作られている商品がほとんどです。溶剤を用いてごまの油分を抽出しているため、ごま本来の香りは少なめ。

ごま油に他の油を配合した「調合ごま油」であることが多く、クセが少なくさっぱりとした風味ですが料理の香り付けには物足りないかもしれません。

紙パックやペットボトル容器が使われていることもあり、容器の密閉性は低め。処理が楽な反面、長期保存には向かないので注意が必要です。価格重視の方や大量にごま油を使いたい人に向いています。

こんな人におすすめ
  • 安さ重視で香りや味はそれほど気にしない方
  • 大量にごま油を使う方
  • 処理が楽な容器を使いたい方

高級ごま油の特徴(300gあたり約1,000円の商品)

高級なごま油は、原料に厳選したごまを使い、圧搾法や玉締め法で作られています。濃厚かつ豊かなごまの香りを楽しめるため、料理の味付けにこだわりたい人におすすめ。中には品質の高い一番搾りのごま油のみを使っている商品もあり、いつもの料理をより華やかに仕上げてくれますよ。

また、高級なごま油はごまに含まれる栄養素が多く残っているのも大きなメリット。ごまの油のみを使用した純正の商品がほとんどなので、ごまの栄養と風味を思う存分堪能できます。

こんな人におすすめ
  • 香り重視の方
  • ごまの栄養を摂りたい方
  • 料理の味付けにこだわりたい方

【焙煎】ごま油おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格容量種類製法タイプ産地カロリー
九鬼 ごま油 ヤマシチ 純正胡麻油¥1,285 楽天市場AmazonYahoo!600g焙煎圧搾法純正-14gあたり126キロカロリー
九鬼 ごま油 純正 胡麻油 こいくち¥1,101 楽天市場AmazonYahoo!600g焙煎圧搾法純正--
オーサワ オーサワの圧搾ごま油¥1,004 楽天市場AmazonYahoo!330g焙煎圧搾法純正アフリカ900キロカロリー
かどや 金印 純正ごま油¥1,695 楽天市場AmazonYahoo!600g焙煎圧搾法純正-14gあたり約126キロカロリー
山田製油 京都山田のへんこ一番絞りごま油¥972 楽天市場AmazonYahoo!275g焙煎圧搾法純正--
かどや 純正ごま油(濃口) 銀印¥22,700 楽天市場AmazonYahoo!1650g×12本焙煎圧搾法純正--
マルホン ごま油 圧搾純正胡麻油 濃口¥394 楽天市場AmazonYahoo!150g焙煎圧搾法純正-14gあたり126キロカロリー
徳山純正 徳山純正ごま油 チャンギルム¥1,566 楽天市場AmazonYahoo!700g焙煎圧搾法純正-14gあたり129キロカロリー
オットギ 香ばしいごま油楽天市場¥1,314 AmazonYahoo!320ml焙煎-純正--
セサミライフ ごまの蔵 手詰め極上ごま油¥4,203 楽天市場AmazonYahoo!250g×3本焙煎圧搾法純正-921キロカロリー
油茂製油 玉絞め一番搾りごま油¥1,464 楽天市場AmazonYahoo!330g焙煎玉締め法純正-900キロカロリー
堀内製油 ごま油 ダブル焙煎深煎り 金ゴマオイル¥1,046 楽天市場AmazonYahoo!105g焙煎圧搾法純正トルコ900キロカロリー
岩井の胡麻油 ごま油 金岩井純正胡麻油 金口¥1,300 楽天市場AmazonYahoo!330g焙煎圧搾法純正--

【焙煎】ごま油おすすめ人気ランキング13選

ここでは、豊かな香りをもつ焙煎タイプの人気商品をご紹介します。料理の仕上げや香り付けにごま油を使いたい方は要チェックです。

【低温焙煎】ごま油おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格容量種類製法タイプ産地カロリー
三宗貿易 有機焙煎ごま油確認中 楽天市場AmazonYahoo!180g低温焙煎圧搾法純正--
九鬼 生でかけて味わうごま油¥410 楽天市場AmazonYahoo!150g低温焙煎圧搾法純正--
恒食の胡麻油¥898 楽天市場AmazonYahoo!300g低温焙煎圧搾法純正--
日清オイリオ ごま油 日清ヘルシーごま香油¥7,862 楽天市場AmazonYahoo!130g×15本×2ケース低温焙煎圧搾法調合-14gあたり126キロカロリー
ニッスイ ごま油 スーパーオメガ3オイル EPA&DHA ごま¥4,500 楽天市場AmazonYahoo!100g×3本低温焙煎圧搾法---
関根の胡麻油¥4,320 楽天市場AmazonYahoo!1,200g低温焙煎圧搾法純正--

【低温焙煎】ごま油おすすめ人気ランキング6選

透明感のある琥珀色と甘い香りが特徴の低温焙煎タイプの商品をご紹介します。サラダや和食・洋食などに使えば、上品な味わいに仕上がりますよ。

【太白・黒ごま】ごま油おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格容量種類製法タイプ産地カロリー
マルホン ごま油 太白胡麻油確認中 楽天市場AmazonYahoo!1360g×6本太白圧搾法純正--
九鬼 ごま油 太白純正胡麻油¥2,376 楽天市場AmazonYahoo!1,600g太白圧搾法純正--
かどやの太白ごま油¥819 楽天市場AmazonYahoo!300g太白圧搾法純正-14gあたり126キロカロリー
九鬼 純正黒ごま油 セサミン50%アップ¥3,440 楽天市場AmazonYahoo!150g×6個-圧搾法純正--
富澤商店 ごま油 岩井の白口胡麻油¥608 楽天市場AmazonYahoo!140g太白圧搾法純正--
かどや 純正黒ごま油確認中 楽天市場AmazonYahoo!150g太白-純正アフリカ-

【太白・黒ごま】ごま油おすすめ人気ランキング6選

透明かつ無臭な太白タイプや、黒ごまを使ったごま油をご紹介します。

【オーガニックも】ごま油のおすすめ人気メーカー

ごま油のおすすめ人気メーカーを4つご紹介します。中には、有機栽培で作られたオーガニック商品を販売しているメーカーもありますよ。原材料にこだわってごま油を選びたい方は、ぜひチェックしてみてください。

バリエーション豊富な「九鬼産業」

九鬼産業は、創業明治19年で三重県に本社を置く老舗のメーカーです。ごま油の他にも、ねりごまやすりごま、ごまドレッシングなどを販売しています。いずれも、さまざまな産地のごまをブレンドしているのが美味しさの秘密です。

ごま油は10種類以上もあり、高温で焙煎した「九鬼 純正胡麻油 こいくち」や、冷却工程を加えて風味を閉じ込めた「九鬼 生でかけて味わうごま油 香り芳醇」などバリエーション豊か。1,000円前後で購入できる商品が多いです。

中には、黒ごまを使って作られたごま油もありますよ。300gあたり約700円前後で購入できるので、気になる方はぜひ手に取ってみてくださいね。

健康が気になる方に「かどや」

かどやは、160年以上の歴史を持つごま油のメーカーです。ごま油だけではなく、他のメーカーとコラボしたごま油風味のお菓子も販売していますよ。

ごま油は上質なごまを100%使った純正タイプで、400gあたり約800〜1,200円で購入できます。風味豊かな「金印純正ごま油」や、上品な味わいの「太白ごま油」などがあるので、料理に合わせて使い分けましょう。

オーガニックな「三宗貿易」

三宗貿易は、有機JASに認定された輸入メーカーです。オーガニック食用油や、オーガニックジュースなどを販売しています。

ごま油はメキシコで有機栽培されたごまを使用し、圧搾法でじっくりと仕上げました。ごまを焙煎せずに作った「有機バージンごま油」は淡い琥珀色で、ごま本来の自然な旨みが詰まっていますよ。サラダに使うほか、お肉の臭み消しとしても優秀です。

180gあたり約1,000円と高級品で、素材にこだわりたい方におすすめです。

強い香りとコク「オットギ」

オットギは、韓国の食品メーカーです。食用油や冷凍食品、ラーメンなどを販売しています。

オットギのごま油は、厳選したごまを100%使用しており、韓国で多くの人に使われている人気商品です。日本のごま油よりも香りとコクが強く、こってりとした味に仕上がりますよ。

300gあたり約1,000円で、110mlのミニサイズから1Lの業務用サイズまで揃っています。中華料理やタレなどに使いたい方にぴったりです。

ごま油を切らしたときのお手軽代用レシピ

ごま油を切らしたときのお手軽代用レシピ

「今度買おうと思っていて忘れてた!」とうっかりごま油を切らしてしまうこともありますよね。

ここでは、そんなときに使えるごま油のお手軽代用レシピをご紹介します。

ごま油代用レシピの材料
  • 白ごま:大さじ1
  • サラダ油:大さじ1
  • ごま油の作り方
  • STEP.1
    ごまを炒る
    白ごまをフライパンで乾煎りします。
  • STEP.2
    サラダ油を加える
    サラダ油を加え、混ぜます。
  • STEP.3
    冷まして完成
    火を止め、粗熱がとれたらこして完成です。

生の白ごま以外にも、すりごまや黒ごまを使うという手もありますよ。簡単に作れるので、試してみてくださいね。

参考:ごま油がないときの代用|cookpad

ごま油のおすすめ関連商品

ごま油の関連商品をご紹介します。ごま製品や料理が好きな方は、チェックしてみてください。

中華料理の必須アイテム「中華鍋」

中華鍋は、チャーハンなどの中華料理に欠かせない調理器具です。大きく「北京鍋」と「広東鍋」に分かれ、炒め物は前者、揚げ物や蒸し料理なら後者がおすすめです。

また、素材によっても熱伝導率や手入れのしやすさが変わるので、チェックしておきましょう。鉄製の中華鍋であれば、沢山使うほど焦げ付きにくくなるので長く愛用できますよ。

関連記事:【プロ級チャーハンも作れる】中華鍋おすすめ20選 !簡単レシピやお手入れ方法も

ごま油とも相性抜群「豆腐」

豆腐は、大豆から作られたヘルシーな食品です。絹ごし豆腐・木綿豆腐・おぼろ豆腐などの種類があり、それぞれ異なる食感や舌触りを楽しめますよ。

夏ならさっぱり冷奴、冬なら温かい鍋料理として活躍します。冷たい絹ごし豆腐に塩こんぶをのせてごま油をかけると、やみつきになる美味しい冷奴が作れるのでぜひ試してみてください。

関連記事:【冷奴や湯豆腐に】おすすめの豆腐ランキング15選!高い安いの比較や人気メーカーも

幅広い料理にマッチ「ごまドレッシング」

ごまドレッシングは、ごまの濃厚な風味を楽しめる調味料です。サラダや豚しゃぶなど、幅広い料理にマッチします。

マイルドな「クリーミータイプ」やコクのある「焙煎タイプ」があるので、好みに合わせて使い分けましょう。また、カロリーオフのヘルシーなごまドレッシングもありますよ。冷蔵庫に1本、置いておきたい調味料ですね。

関連記事:【サラダやアレンジに】人気のごまドレッシングランキング30選!おすすめ市販品も

ごま油のよくある質問

ごま油の健康効果は?

ごま油には、リノール酸やリノレン酸などの成分が含まれており、悪玉コレステロールを減らすのを助ける働きがありますよ。

参考:アンチエイジング効果にも期待!ごま油の栄養|まごころケア食

ごま油は太る?カロリーは高い?

ごま油は、大さじ1で約111キロカロリーです。栄養豊富とはいえ油であることには変わりないので、ダイエット中の方は摂りすぎに注意しましょう。

離乳食のごま油はいつからがおすすめ?

ごま油は、9カ月頃から少量であれば使えます。多く使いたい場合は、1歳以降がおすすめです。

参考:調味料で赤ちゃんが食べられるもの|ベビーカレンダー

ごま油でドレッシングを作る方法は?

お酢に鶏ガラスープの素と塩を加えて溶かし、ごま油をかけて混ぜるだけで簡単にドレッシングができますよ。

おすすめごま油まとめ

今回は、おすすめのごま油をご紹介しました。以下、内容を振り返ってみましょう。

  • 焙煎具合によって風味が変わる
  • コクを楽しむなら「圧搾法」、安さ重視なら「抽出法」
  • 純正タイプはごまが100%使われており香り高い
  • 価格によって香りの強さや栄養素の量が異なる
  • 人気メーカーは「九鬼産業」「かどや」「三宗貿易」「オットギ」

ごま油は、中華料理だけではなくサラダやお菓子にも使える万能な調味料です。この記事を参考に、自分に合ったお気に入りのごま油を見つけてみてくださいね。

関連記事:ピリッと辛くて旨い!豆板醤おすすめ16選!スーパーで買える商品や簡単レシピも紹介

関連記事:【牡蠣のうまみたっぷり】オイスターソースおすすめ人気ランキング20選!無添加も

関連記事:何が違う?えごま油の選び方&おすすめ商品25選を紹介!効果・効能・レシピも解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー