【低カロリーで栄養豊富】無調整豆乳おすすめ30選!美味しい飲み方も解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【低カロリーで栄養豊富】無調整豆乳おすすめ30選!美味しい飲み方も

大豆由来のたんぱく質やイソフラボン・レシチンといった栄養素を手軽に摂取できる無調整豆乳。牛乳などに比べ低カロリーで、ダイエット中の栄養補給にもおすすめです。

とはいえ、いざ無調整豆乳を購入したいと思っても、「マルサンやキッコーマンなど、おすすめのメーカーは?」「クセがなく飲みやすい無調整豆乳を選びたい!」など、商品選びに迷う人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、無調整豆乳の選び方と人気のおすすめ商品30選を紹介します。無調整豆乳の美味しい飲み方ついても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

低カロリーで栄養価の高い無調整豆乳

低カロリーで栄養価の高い無調整豆乳

無調整豆乳とは、原料の大豆を潰して絞っただけのシンプルな豆乳のことです。日本農林規格(JAS)では、大豆固形分8%以上、大豆たんぱく質3.8%以上のものと定義されています。

砂糖や塩などを一切使用しておらず、牛乳や他の豆乳系飲料に比べ低カロリーなのが魅力。また大豆由来のたんぱく質やイソフラボン・レシチンといった栄養素を豊富に含んでおり、手軽に栄養補給できるのも嬉しいポイントです。

調整豆乳・豆乳飲料との違いは?

調整豆乳

調整豆乳・豆乳飲料との違いは?

出典:amazon.co.jp

豆乳飲料

調整豆乳・豆乳飲料との違いは?

出典:amazon.co.jp

無調整豆乳とよく比較されるものに、調整豆乳と豆乳飲料があります。それぞれ以下のような違いがあります。

無調整豆乳 調整豆乳 豆乳飲料
大豆固形分 8%以上 6%以上 2%以上
大豆たんぱく質 3.8%以上 3.0%以上 0.9%以上
特徴
  • 砂糖などの調味料不使用
  • 比較的低カロリー
  • 栄養価が高い
  • 砂糖・塩・油などを使用
  • 比較的飲みやすい
  • 砂糖や果汁などを使用
  • 非常に飲みやすい
  • 栄養価が低め

調整豆乳や豆乳飲料は、砂糖や果汁などを加えて飲みやすく仕上げているのが無調整豆乳との大きな違いです。そのため無調整豆乳だと飲みにくさを感じる人におすすめ。特に豆乳飲料はジュースのような飲みやすさが特徴ですが、その分栄養価が低めです。

甘みが苦手な人や栄養補給には無調整豆乳を、飲みやすさにこだわりたい人は調整豆乳や豆乳飲料を選びましょう。

無調整豆乳の選び方

無調整豆乳を購入する際は、大豆固形分・栄養素・カロリー・糖質・素材・消費期限などに注目して選んでみましょう。それぞれのポイントについて解説します。

好みに合った大豆固形分の割合をチェック

好みに合った大豆固形分の割合をチェック

大豆固形分とは、豆乳から水分を取り除いた場合に残る大豆の成分量を指します。無調整豆乳の大豆固形分は、8〜14%程度と商品によってさまざまです。大豆固形分の割合が高いほど、大豆の味がより濃く感じられます。

さらっとしたマイルドな味わいが好みなら8〜9%程度がおすすめです。対してより濃厚でコクのある味わいを楽しみたいなら、10%以上の商品を選びましょう。特に13〜14%といった高濃度の無調整豆乳なら、豆腐を飲んでいるようなしっかりとした濃さの豆乳を堪能できますよ。

大豆固形分はパッケージの成分表に記載されていることが多いので、購入時にチェックしてみてください。好みや気分に合わせて、最適な大豆固形分を見つけてみましょう。

必要な栄養素を多く含んだものを選ぶ

さまざまな栄養を含む無調整豆乳ですが、中でもイソフラボン・レシチン・たんぱく質は注目したい栄養素です。それぞれの働きや魅力をチェックしましょう。

イソフラボン:女性の健康をサポート

イソフラボン:女性の健康をサポート

豆乳の原料である大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをする成分です。女性の健康や若々しさの維持に、イソフラボンが多く含まれた豆乳がおすすめです。イソフラボンは納豆や豆腐といった大豆食品からも摂取できますが、食事から大量にとるのは大変なこと。

豆乳なら調理の手間なく手軽にイソフラボンを補給できます。大豆固形分の濃度が高い豆乳は、イソフラボンの配合量が多い傾向があるので、イソフラボンを意識的に摂取したい人は大豆固形分とあわせてチェックしてみましょう。

レシチン:生活習慣が気になる人におすすめ

レシチン:生活習慣が気になる人におすすめ

大豆レシチンはリン脂質の一種で、植物性の不飽和脂肪酸であるオレイン酸を含んでいます。オレイン酸には、高脂質・高カロリーの食生活による悪玉コレステロールの増加を抑える働きがあります。偏った食生活や生活習慣の乱れが気になる人は、レシチンを豊富に含む豆乳をチェックしましょう。

レシチンはオリーブ油やマヨネーズ・チョコレートなどにも含まれていますが、摂取し過ぎるとコレステロールの摂取量も増えるので注意が必要です。豆乳に含まれる大豆レシチンはコレステロールを含んでいないため、安心して飲めるのが魅力です。

たんぱく質:理想の体作りをサポート

タンパク質:理想の体作りをサポート

たんぱく質も豆乳に豊富に含まれている栄養素の1つです。たんぱく質は、筋肉や髪・血液などを作るのに欠かせない栄養素で、1日に必要なたんぱく質の摂取推奨量は男性なら60〜65g、女性は50gとされています。

肉や卵といった食品から摂取できますが、ダイエット中で食事量が減ったり偏った食生活が続いたりすると、たんぱく質が不足しがちになります。豆乳なら美味しく手軽にたんぱく質を補給することが可能です。豆乳に含まれるたんぱく質量は100mlあたり4〜6g程度。普段の摂取量を意識しながら足りない分をしっかり補いましょう。

たんぱく質を手軽に補給したい人は、プロテインやプロテインバーもおすすめです。おすすめのプロテイン、プロテインバーは下記の記事で紹介しているのであわせてチェックしてみましょう。

関連記事:美味しくタンパク質を摂取!プロテインバーおすすめ30選・低糖質や低脂質タイプも

関連記事:安くて美味しい!おすすめプロテイン20選|製造方法や飲むタイミングまで完全解説

ダイエット中ならカロリー・糖質に注目

ダイエット中ならカロリー・糖質に注目

ダイエット中の人は、豆乳のカロリーや糖質もチェックしましょう。無調整豆乳のカロリーは、100mlあたり40〜50kcal程度と、牛乳に比べカロリーが低いものが多い傾向があります。しかし、濃厚なものの中には70kcal以上とカロリーが高めなものもあるので、購入の際はしっかり確認することが大切です。

またダイエット中は糖質の摂取量を意識するものですが、無調整豆乳の成分表には糖質量の記載がないものがほとんどです。糖質量が気になる場合は、炭水化物量に注目してください。炭水化物量は、糖質と食物繊維の合計量なので、炭水化物量が糖質量の目安になるでしょう。

素材重視なら「遺伝子組み換えでない」「有機大豆」を選択

素材重視なら「遺伝子組み換えでない」「有機大豆」を選択

出典:amazon.co.jp

素材にこだわって無調整豆乳を選びたい人は、「有機大豆」や「遺伝子組み換えでない」大豆を原料にしたものに注目しましょう。特に「有機JASマーク」がついた商品は、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないことを基本に、自然界の力で生産された食品であることを表しています。

人や自然にやさしい商品を選択したいなら、有機JASマークのあるものも検討してみましょう。また家族や子供のために、できるだけ安全安心の商品にこだわりたい人にもおすすめです。

消費期限内に飲み終える容量を選ぶ

消費期限内に飲み終える容量を選ぶ

無調整豆乳の容量は、150mlの少量タイプから1000mlの大容量タイプまで、商品によってさまざまです。購入の際は、消費期限内に飲み切れる量を選ぶことが大切です。ただし消費期限は未開封状態での期限であり、開封後は期限内であっても早めに飲み切りましょう

一人暮らしの人や飲むのは自分だけの場合は、200ml程度の飲み切りサイズがおすすめ。一方、家族で飲むなら1000ml程度の大容量タイプが向いています。万が一余ってしまう場合は、コーヒー・紅茶に入れたり、鍋やスープといった料理に使うのも1つです。

無調整豆乳おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格内容量カロリー(100ml当たり)原材料大豆固形分炭水化物たんぱく質イソフラボン
マルサン 毎日おいしい 無調整豆乳¥1,592 楽天市場AmazonYahoo!1000ml×6本51kcal大豆(カナダ)9%1.9g4.2g51mg
マルサン 滋賀県産大豆でつくった無調整豆乳¥2,579 楽天市場AmazonYahoo!1000ml×6本60kcal大豆(滋賀県産)11%2.3g5.1g36mg
マルサン タニタカフェ監修 オーガニック 無調整豆乳楽天市場¥1,909 AmazonYahoo!1000ml×6本57kcal有機大豆(中国・アメリカ)(遺伝子組換えでない)10%2.2g4.7g37mg
キッコーマン おいしい無調整豆乳¥1,450 楽天市場AmazonYahoo!1000ml×6本56kcal大豆(カナダ又はアメリカ)1.8g4.1g29mg
ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳¥3,531 楽天市場AmazonYahoo!1000ml×12本50kcal大豆(九州産)(遺伝子組換えでない)9%2g4.3g20mg
マルサン 有機豆乳無調整楽天市場¥1,502 AmazonYahoo!1000ml×6本52kcal有機大豆(中国・アメリカ)(遺伝子組換えでない)9%2g4g43mg
ふくれん 国産大豆100% 無調整豆乳¥3,013 楽天市場AmazonYahoo!1000ml×12本50kcal大豆(国産)(遺伝子組換えでない)9%1.9g4.3g13mg
マルサン 国産大豆の無調整豆乳¥1,886 楽天市場AmazonYahoo!1000ml×6本56kcal大豆(国産)10%1.8g5.1g31mg
マルサン ひとつ上の豆乳 成分無調整豆乳¥2,268 楽天市場AmazonYahoo!1000ml×6本61kcal大豆(国産)11%2.1g5.1g36mg
Office Oasis 無調整豆乳 SOY BEVERAGE¥1,080 楽天市場AmazonYahoo!200ml×24本46kcal大豆(カナダまたはアメリカ)(遺伝子組み換えでない)8%2.2g3.8g27mg
マルサン 濃厚おいしい無調整豆乳¥1,658 楽天市場AmazonYahoo!125ml×12本77kcal大豆(国産)14%3g6.8g39mg
九州乳業 みどり豆乳 成分無調整豆乳¥2,280 楽天市場AmazonYahoo!1000ml×6本45kcal大豆(遺伝子組換えでない)8%以上1.9g4.1g34mg
キッコーマン 北海道産大豆 無調整豆乳楽天市場¥2,090 AmazonYahoo!1000ml×6本56kcal大豆(北海道産)9%2.2g4.3g43mg
太子食品 北の大豆 無調整豆乳楽天市場¥1,680 AmazonYahoo!500g×6本64kcal丸大豆(北海道産)(遺伝子組み換えでない)、塩化マグネシウム(にがり)12%2.8g5.4g
スジャータめいらく 豆腐もできます有機豆乳楽天市場¥2,128 AmazonYahoo!330ml×12本55kcal有機大豆(カナダ又はアメリカ)(分別生産流通管理済み)10%2.2g5g30mg
若木屋 成分無調整 おいしい豆乳確認中 楽天市場AmazonYahoo!500ml
アルマテラ ビタシ オーガニックソイミルク楽天市場確認中 AmazonYahoo!1000ml36kcal有機大豆(イタリア産)8%1.3g3.5g
マルサン 国産大豆の無調整豆乳¥3,480 楽天市場AmazonYahoo!1000ml×6本50kcal大豆(国産)(遺伝子組換えでない)9%1.9g4.4g19mg
赤穂化成 こだわりの豆乳楽天市場確認中 AmazonYahoo!1000ml×6本56kcal大豆(国産)(遺伝子組み換えでない)10%1.8g5.5g28mg
吉田由兵衛商店 由兵衛豆乳確認中 楽天市場AmazonYahoo!200ml×6本大豆(北米カナダ産)非遺伝子組換え大豆
くすむら 国産大豆100% 無調整豆乳楽天市場¥378 AmazonYahoo!500ml65kcal大豆(愛知県産)13%以上2.4g6.6g
九州乳業 みどり おいしい無調整豆乳¥2,880 楽天市場AmazonYahoo!200mlx24本45kcal大豆(カナダ・アメリカ産)8%以上1.9g4.1g34mg
あさぎり物産館 あさぎり豆乳¥350 楽天市場AmazonYahoo!500ml大豆(熊本県あさぎり町産)11%
夢石庵 無調整豆乳¥1,650 楽天市場AmazonYahoo!1000ml46kcal大豆(国産)3.1g3.6g
マルサン 無調整豆乳 濃厚タイプ¥765 楽天市場AmazonYahoo!1000ml83kcal大豆(カナダ)14%2.8g6.4g57mg
若木屋 手作りセット 特濃豆乳確認中 楽天市場AmazonYahoo!2000ml×2本国産大豆・消泡剤
HIRYU 緑大豆の生豆乳¥1,400 楽天市場AmazonYahoo!300ml×3本46kcal大豆(兵庫県産)3.6g
日本豊受自然農 無調整 豆乳¥432 楽天市場AmazonYahoo!200ml大豆(静岡県産)(遺伝子組み換えではない)
白い虹 安心堂 職人の豆乳 大地豆乳¥910 楽天市場AmazonYahoo!500ml国産大豆13%以上
京都美山ゆば ゆう豆 美山豆乳¥3,600 楽天市場AmazonYahoo!500ml×4本大豆(京都産)12%~14%

無調整豆乳おすすめ人気ランキング30選

無調整豆乳のおすすめ人気メーカー

甘みの強い北海道産の大豆を使用した「キッコーマン」

「キッコーマン」は、千葉県野田市に本社を置く、醤油などの調味料や加工食品の大手メーカーです。キッコーマンでは、ほのかに香る大豆の香りとすっきりした味わいを楽しめる「おいしい無調整豆乳」と、北海道産大豆を100%使用した「北海道産大豆 無調整豆乳」の2種類の無調整豆乳を展開。

特に「北海道産大豆 無調整豆乳」は、甘みが強い大豆を厳選しており、プレミアムな味わいを堪能できます。飲み切りサイズの200mlや、たっぷり飲める1000mlから選べるので、シーンに合わせて容量を選びたい人にもおすすめですです。

多種多様な商品から選択できる「マルサンアイ」

「マルサンアイ」は、愛知県岡崎市に本社を置く、味噌と豆乳を製造販売する食品メーカーです。マルサンアイでは、「マルサン(marusan)」のブランド名で、さまざまな無調整豆乳を展開しています。

滋賀県産や国産といった産地にこだわったものや、有機大豆を使用したもの、タニタカフェ監修のものなど、多種多様な商品から選択可能です。濃厚な味が好みの人には大豆固形分14%の濃厚タイプの商品がおすすめ。

濃厚タイプで豆腐作りにもぴったりな「スジャータめいらく」

「スジャータめいらく」は、さまざまな飲料などを製造販売する企業グループ。スジャータめいらくの「豆腐もできます有機豆乳」は、丸大豆をじっくり水に浸けて吸収させて搾る、伝統的な製法で作られています。

大豆固形分10%と濃厚タイプなので、にがりを加えることで豆腐を作れます。自宅で豆腐作りを手軽に楽しみたい人にもおすすめです。

福岡県産や国産原料にこだわった「ふくれん」

「ふくれん」は、JA全農ふくれんの子会社で、福岡県産や国産原料をメインに飲料・食品の加工事業を行っています。ふくれんでは、国産大豆を100%使用した「国産大豆無調整豆乳」と、九州産大豆「ふくゆたか」を使った「九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳」の2種類の無調整豆乳を展開。

特にふくゆたかを使用したものは、大豆特有の臭みがなく、豆乳が苦手の人にも飲みやすいさっぱりした味わいが魅力です。クセのない飲み口にこだわりたい人はチェックしてみましょう

無調整豆乳の美味しい飲み方

豆乳は商品によって独特のクセを感じるものもあります。そのままでは飲みにくい・豆乳ならではの味が苦手といった人は、ココアやフルーツを加えるなどのアレンジすることで、美味しく味わえるでしょう。ここでは豆乳を美味しく飲めるアレンジレシピを紹介します。

豆乳マシュマロココア

材料(2人分)

  • 無調整豆乳 200ml
  • ココア 大さじ1
  • マシュマロ 適量
  • ココアパウダー 適量

作り方

  • 鍋にココアを入れ、少量の豆乳でペースト状にする
  • 残りの豆乳を入れ、火にかけて混ぜ合わせる
  • カップに注いでマシュマロをのせ、ココアパウダーをふりかける

参考:豆乳が苦手な方にも飲みやすい!定番から変わり種までアレンジレシピ8選|マルサンアイ

豆乳バナナスムージー

材料(1人分)

  • 無調整豆乳 125ml
  • 完熟バナナ 1本(80g)
  • レモン果汁 適量

作り方

  • バナナと豆乳は、冷蔵庫でよく冷やしておく
  • バナナの皮をむき、一口大にカットする
  • ミキサーにバナナ・豆乳・レモン果汁を加え、よく攪拌する
  • しっかり混ざったらグラスに注ぐ

参考:豆乳が苦手な方にも飲みやすい!定番から変わり種までアレンジレシピ8選|マルサンアイ

無調整豆乳の関連商品

甘みがあって飲みやすい「調整豆乳」

調整豆乳は、無調整豆乳に比べ大豆固形分が低く、砂糖や食塩などを加え飲みやすくしているのが特徴です。ほんのりとした甘さが親しみやすく、大豆独特の風味が苦手な人にもおすすめ。

そのままでは甘すぎると感じる場合は、コーヒーなどに加えると甘みがほど良く緩和され、まろやかな味わいになります。牛乳を入れたようなコクと甘みを好む人にぴったりです。

飲みやすいものが欲しい人にはライスミルクもおすすめです。

関連記事:どんな栄養がある?ライスミルクおすすめ11選!味の特徴や効果、作り方も紹介

ジュース感覚でゴクゴク飲める「豆乳飲料」

豆乳飲料は、豆乳にフルーツの果汁やココア・コーヒーなどを加えたものです。無調整豆乳や調整豆乳に比べ、大豆固形分が少なめな分、豆乳独特の青臭さがないのが魅力です。

バナナ味や紅茶味など、味のバラエティが豊富で、ジュース感覚でゴクゴク飲めるのもポイント。いつも同じ味だと飽きてしまう人や、手軽に毎日続けたい人におすすめです。

たんぱく質を手軽に摂取したい人におすすめな「大豆プロテイン」

豆乳に含まれる大豆プロテインを積極的に摂取したいなら、大豆を主原料とした大豆プロテインに注目しましょう。ソイプロテインとも呼ばれ、他のプロテインより低カロリーで低脂質といったメリットがあります。

ミルクティーやココアなどの飲みやすいフレーバーの商品も展開されています。たんぱく質によりフォーカスして栄養補給したい人におすすめです。

たんぱく質を効率良く摂取できるプロテインが気になる人は、こちらの記事もおすすめです。

関連記事:安くて美味しい!おすすめプロテイン20選|製造方法や飲むタイミングまで完全解説

無調整豆乳のよくある質問

無調整豆乳を毎日飲むのは危険ですか?

無調整豆乳は、毎日コップ1杯(200ml)程度を飲む分には危険はありません。ただし、飲み過ぎるとカロリーの過剰摂取になり、太りやすくなる場合があるので、飲む量には注意しましょう。

無調整豆乳で太る可能性はありますか?

牛乳などと比べ、低カロリーの無調整豆乳ですが、飲み過ぎると太る原因となる可能性はあります。1日200mlを目安に、過剰に飲みすぎないよう気をつけましょう。

無調整豆乳がまずいと感じるのはなぜですか

無調整豆乳は、砂糖などで味付けをしておらず、大豆特有の青臭さとえぐみがあるため、まずいと感じる人もいます。しかし、商品によっては独自製法により青臭さやえぐみを抑え、飲みやすく仕上げているものもあります。

おすすめ無調整豆乳まとめ

無調整豆乳を選ぶ際のポイント
  • 好みに応じた大豆固形分の割合を選ぶ
  • イソフラボン・レシチン・たんぱく質など、必要な栄養素をチェック
  • ダイエット中はカロリー・糖質に注目する

今回は、低カロリーで栄養豊富な「無調整豆乳」について紹介しました。さまざまな無調整豆乳を紹介しましたが、お気に入りのものは見つかりましたか?ダイエットや健康維持に、無調整豆乳を毎日の習慣に取り入れてみましょう。

関連記事:朝食や子供のおやつに◎おすすめのコーンフレーク10選!人気のオーガニックタイプも

関連記事:【冷奴や湯豆腐に】おすすめの豆腐ランキング15選!高い安いの比較や人気メーカーも

関連記事:【甘くてほろ苦い】コーヒーリキュールおすすめ17選!カルーア・カルディの商品も紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー