【テント内を暖める】冬キャンプおすすめ暖房29選!小型ストーブや危険性も解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

冬キャンプ 暖房 おすすめ

出典:rakuten.co.jp

寒い屋外やテントで快適に過ごすために必要な「冬キャンプ用の暖房アイテム」。冬でもキャンプを楽しむための必需品と言えます。

しかし、冬キャンプ初心者には「テント内でもストーブ系の暖房って使えるの?」「寝るときにも安全な暖房ってどれ?」「ソロキャンプにおすすめな暖房アイテムは?」と疑問もたくさん出てきますよね。そんな人のために、今回は冬キャンプに役立つ暖房アイテムの情報をまとめました。

キャンプ用ストーブの種類や使うときの注意点や、テント内を暖めるストーブ系15選のランキング・テント内で寝るとき用の暖房アイテムをご紹介!キャンプ初心者やソロキャンプの人にも役立つ内容になっています。

寒い冬でも暖房器具があればキャンプできる

冬になると夜から朝にかけてかなり冷え込むため、冬キャンプに暖房器具はほぼ必須です。しかし、寒さ対策をしっかりしておけば問題なくキャンプでき、暖かい季節にはないキャンプの魅力を楽しめるでしょう。

特に冬キャンプは、暖かい季節に比べて人が少ないため落ち着いた空間でゆっくりでき、また虫が少ないことや、暖かい料理をよりおいしく感じられるなどの魅力もあります。この記事では、冬キャンプにチャレンジしたい方に向けて、テント内を暖めるストーブから、寝るときに使う暖房器具などを紹介していきます。

冬キャンプにおすすめの暖房とは?テント内を暖めるストーブ系5種類を比較

ここからは、冬キャンプに使えるおすすめのストーブ系の暖房を紹介します。「自分にはどれが合っているか分からない」そんな人のための内容です。各タイプの特徴はもちろん、メリット&デメリット・どんな人におすすめかをまとめて解説するので、ぜひ参考にしてください。

5種類の冬キャンプ向け暖房の特徴を解説していきます。使用シーンに合わせておすすめな暖房が変わってきますので、ぴったりなものを選んでくださいね。

石油ストーブ 初心者~ 大人数向け 自宅でも使える
ガスストーブ 初心者~ ソロキャンプ、少人数向け 自宅でも使える
電気ストーブ 初心者~ 少人数~ファミリー向け 自宅でも使える
薪ストーブ 中級者~上級者向け 大人数向け アウトドア用
遠赤外線ヒーターアタッチメント 中級者~上級者向け ソロキャンプ向け アウトドア用
注意
一般的にはテント内の火気使用はNGと言われていますが、最近のストーブは、転倒OFFスイッチ・過熱防止装置のような安全機能付きのモデルも多く発売されています。テント内を暖めるために使用する際は必ず商品の取扱説明書や安全機能があるかをよく確認し、一酸化炭素中毒や火災などに注意しましょう。テント内でストーブ系の暖房を使う時の注意点と対策方法について、記事後半にまとめたのでチェックしてくださいね。

テント内がすぐ暖かくなる「石油ストーブ」

冬キャンプストーブ 石油ストーブ

石油ストーブは、灯油を燃料に使って広範囲を素早く暖めるので、真冬や大人数でのキャンプに適しています。灯油は比較的安く手に入るので、ランニングコストを抑えたい人にもおすすめ。火力が高いので、ストーブの上でお湯を沸かしたり簡単な料理をできるのが特徴です。

「石油ストーブ」には、一定の空間を集中的に暖める「反射式」と、空気を上昇させて空間全体を暖める「対流式」の2種類があります。特に複数人で使用するなら対流式を選んでおくのがベスト。使用場所の大きさや人数に合わせて、適切なものを選びましょう。

石油ストーブのデメリットは、サイズが大きいので持ち運びが大変

また、灯油を入れると非常に重たくなってしまうため、ソロキャンプでは使いにくいのがデメリット。使用する場合は、取っ手付きの持ち運びやすいものを選んだり、アウトドアワゴンを利用するのがおすすめです。

石油ストーブの特徴 灯油を燃焼させて周囲を暖める
メリット
  • 広い範囲をスピーディーに暖める
  • 燃料となる灯油が安く手に入る
デメリット
  • サイズが大きく、収納性が悪い
  • 灯油&本体が非常に重たくなるので、持ち運びしづらい
こんな人におすすめ
  • 大人数、ファミリーキャンプでの使用
  • ランニングコストを抑えたい人に

関連記事:【対流型も比較】石油ストーブおすすめランキング19選!10畳以上対応や省エネモデルも

ソロキャンプにもおすすめ◎燃料が安くてコスパ良い「ガスストーブ」

冬キャンプストーブ ガスストーブ

出典:amazon.co.jp

「ガスストーブ」は、名前の通りガスを使って暖房効果を発揮します。電源なしで使え、軽量かつコンパクトな商品が多いため、ソロキャンプやカップルなど少人数での使用に向いています。氷点下や真冬のキャンプに使用する場合は、低温対策済みのガスストーブを選びましょう。「ガスボンベが冷えて着火できない」「パイプが凍って使えない」といったトラブルを回避できます。

ガスストーブのデメリットは、アウトドア用の「OD缶」が入手しにくい事

ガスストーブには、一般的な家庭用ガスコンロで使用する「CB缶」と、アウトドア専用の「OD缶」があります。CB缶は、火力こそ控えめですがコンビニなどでも購入できる手軽さが魅力ですね。OD缶は、高火力で低温対策済みのものが多い反面、専門店やホームセンターでしか燃料を入手できないのがデメリットです。家庭用のCB缶もキャンプで使えますが、火力が少し控えめです。さらに寒い中だと凍えて使用できない事もあるので、冬のキャンプには「OD缶」を用意すると良いでしょう。

ガスストーブの特徴 一般的な家庭用のCB缶やアウトドア用のOD缶を使って燃焼する
メリット
  • コンパクトで持ち運びしやすいものが多い
  • 低温対策済みモデルなら氷点下や真冬でも使用できる
デメリット
  • CB缶は火力が弱く、OD缶は入手しづらい
  • 低温対策済みでない場合、凍って使えないことがある
こんな人におすすめ
  • ソロキャンプや少人数での使用に
  • コストパフォーマンス重視で選びたい人

関連記事:【キャンプにも】ガスストーブおすすめ19選!コスパやカセットタイプの燃費も解説

関連記事:【実写】ダントツNO1のおしゃれ石油ストーブ RL-250 を使った感想を率直レビュー!!

安全に使えて便利な「電気ストーブ」

安全に使えて便利な「電気ストーブ」

出典:amazon.co.jp

電気ストーブは、キャンプサイトのコンセントやポータブル電源などを利用する必要がありますが、電源さえ確保できればすぐに起動できるのが魅力。一酸化炭素を発生しないため、テント内でも安心して使えます。

電気ストーブを購入するときは、必要な電力数(ワット数)を要チェック。電源付きのキャンプサイトは、1,000W以内の電力に対応するタイプが多いです。1,000W以上の電力を必要とする電気ストーブは使えない場合があるので注意してください。

関連記事:【安くて暖まる】電気ストーブおすすめ25選 | 部屋全体を暖める方法も解説

電気ストーブのデメリットは、電源なしでは使えないこと

コンセントのないキャンプ場やポータブル電源なしでは一切使用できません。また、1,000W以内の電気ストーブはどうしても出力が控えめなので、真冬や大人数の使用時はテント内を暖めるには物足りないと感じる可能性があります。

電気ストーブの特徴 コンセントに接続して電気の力で発熱する
メリット
  • ボタンを押すだけで使える手軽さ
  • 一酸化炭素が発生せず、テント内やファミリーキャンプで使いやすい
デメリット
  • 電源の確保が必要
  • キャンプ場で使えるタイプは火力が弱く、暖房効果が控えめ
こんな人におすすめ
  • テント内での寝るときの利用に
  • 安全性重視のファミリーキャンプにおすすめ

関連記事:電気代が安いのは?遠赤外線ヒーターおすすめ30選!デメリットや省エネモデルも紹介

関連記事:電気代が安いのは?オイルヒーターおすすめランキング16選!省エネ運用も

雰囲気がバツグンに良い「薪ストーブ」

冬キャンプ ストーブ 薪ストーブ

「薪ストーブ」は、薪や枯葉などを燃やす炎によって空気を暖めます。キャンプ用ストーブの中で暖房効果が高く、大人数や広いキャンプスペースでの使用に適しています。揺れる炎が雰囲気をさらに盛り上げてくれるので、本格的なキャンプを楽しみたい人におすすめです。

ナイトキャンプ時に照明代わり、料理用のコンロとしても役立ちますよ。キャンプ場に落ちている松ぼっくりや小枝が燃料になるモデルもあります。煙突付きの大きいサイズのものが多いので、持ち運びにはアウトドアワゴンや車を利用すると安心です。

関連記事:【テント内で使う方法も】キャンプにおすすめの薪ストーブ25選!ソロ向けも紹介

関連記事:【日本製も】自宅用薪ストーブおすすめランキング14選!家用小型モデルでも室内暖か

薪ストーブのデメリットは、着火や後始末に手間がかかること

薪ストーブに使う薪は、市販されている薪だと30cm前後のものが多いため、製品によっては薪を小さく割る必要があり手間がかかります。本体サイズも大きめなので、持ち運びも大変です。またテント内で使用するときは、一酸化炭素中毒や火災が発生しないよう注意しましょう。

薪ストーブの特徴
  • 薪や小枝などの木材を燃焼して暖める
メリット
  • 各タイプの中でも最も暖房効果が高い
  • 揺れる炎で焚火やキャンプファイヤーの雰囲気を味わえる
デメリット
  • 火付け、お手入れが難しい
  • 一酸化炭素中毒や火災に注意する必要がある
こんな人におすすめ
  • 本格派キャンプを楽しみたい中級者~上級者
  • 大人数や広いキャンプスペースでの使用

「煙突付きワンポールテント」のような煙突付きのテントだと換気がしやすいのでおすすめです。煙突付きのテントについて、以下の記事でも紹介しています。

関連記事:【ファミリー向けも】コットン・ポリコットンテントおすすめ21選|薪ストーブ対応も

関連記事:かっこいい・高コスパ!2人用テントおすすめ22選【初心者でも簡単】

ソロキャンプに人気◎取り付け簡単な「遠赤外線ヒーターアタッチメント」

冬キャンプストーブ 遠赤外線ヒーターアタッチメント

出典:amazon.co.jp

「遠赤外線ヒーターアタッチメント」とは、バーナーの熱を利用して遠赤外線を放出して周囲を暖める仕組の暖房器具です。バーナーに乗せるだけなので、電源なしで使用でき、初心者にもチャレンジしやすいですよ。また、非常に小型・軽量でコンパクトなモデルが多いため、荷物をバックパック1つにまとめたいときや、ソロキャンプにも適しています。

デメリットは、アタッチメントを乗せられるバーナーが別で必要になる

アタッチメント本体だけでは暖房として使えず、アタッチメントを使えるバーナーを合わせて準備する必要があります。また、一酸化炭素中毒にならないように、必ず換気を行いましょう。

赤外線ヒーターの特徴 バーナーの熱で遠赤外線を出すことで暖める
メリット
  • バーナーに乗せるだけで使用できる
  • 小型&軽量で持ち運びやすさ抜群
デメリット
  • そもそもアタッチメントを乗せられるバーナーが必要
  • 一酸化炭素中毒や火傷に注意する
こんな人におすすめ
  • ソロキャンプや荷物を小さくまとめたいときに
  • 燃料を入手する手間・コストを抑えたい人

選び方で重要なのは「暖をとれるか」と「持ち運べるか」

冬のキャンプは場合によっては命の危険にかかわる可能性もあります。そのため暖房器具を選ぶ際は、しっかり暖をとれるかが重要で、またそれをキャンプ場などへ持ち運べるかにも注目する必要があります。

荷物に余裕がある場合は、しっかり暖まれる石油ストーブや薪ストーブがおすすめ。ソロキャンプで荷物に余裕がない場合は、比較的場所をとらないカセットガスストーブやヒーターアタッチメントがおすすめですが、それで寒さ対策が不十分な場合は、キャンプに行くのをやめることも検討しましょう

【ストーブ系】冬キャンプの暖房おすすめ人気ランキング【比較一覧表】

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格種類サイズ重量安全機能連続燃焼時間その他特徴
トヨトミ 対流型石油ストーブ KS-67H¥26,040 楽天市場AmazonYahoo!石油ストーブ62.5 x 49.8 x 45.4 cm11kg--対流式・単2形乾電池必要
FUTURE FOX ヒーターアタッチメント¥5,280 楽天市場AmazonYahoo!ヒーターアタッチメント9 x 14 cm126g---
コロナ スリムカーボン DH-C91A¥17,800 楽天市場AmazonYahoo!電気ストーブ30.6 x 30.6 x 89.7 cm3.4kg転倒OFFスイッチ・過熱防止装置・チャイルドロック-電源コード1.9m・首振りスイッチ付き
イワタニ カセットガスストーブ マイ暖 CB-CGS-PTB楽天市場¥10,420 AmazonYahoo!ガスストーブ20.8 x 31.1 x 29.9 cm3.1kg不完全燃焼防止装置・立消え安全装置・転倒時消火装置・圧力感知安全装置2.3時間カセットガス用・エコモード搭載
アイリスオーヤマ 電気ストーブ IEHD-800楽天市場¥5,267 AmazonYahoo!電気ストーブ40 x 15.6 x 37.7 cm2.3kg転倒時自動OFF機能・温度ヒューズ機能-取っ手付き・電源コード1.4m
ホンマ製作所 黒耐熱窓付時計型薪ストーブ楽天市場¥25,400 AmazonYahoo!薪ストーブ65.4 x 39.8 x 31.5 cm6.7kg--ガラス窓付き
アラジン 電気ストーブ AEH-G423N楽天市場¥6,900 AmazonYahoo!電気ストーブ53.5 x 19 x 19 cm1.1kg二重安全転倒OFFスイッチ-電源コード1.5m
Iwatani カセットガス CB-STV-MYD楽天市場¥17,000 AmazonYahoo!ガスストーブ31.2 x 22.2 x 29 cm3.1kg安全装置不完全燃焼防止装置・立消え安全装置・転倒時消火装置・圧力感知安全装置3.2時間取っ手付き・カセットガス用
Anlik 薪ストーブ アウトドア調理 暖炉 キャンプ テント 煙突付き (ブラック/鉄製)楽天市場確認中 AmazonYahoo!薪ストーブ----灰かき棒・グリッド付き
EcozoomVersa ポータブルストーブ楽天市場¥21,800 AmazonYahoo!薪ストーブ‎24 x 24 x 29 cm6.5kg耐熱構造-枯葉・木枝も燃焼可能
TYJUN ヒーターアタッチメント¥2,260 楽天市場AmazonYahoo!遠赤外線ヒーターアタッチメント9.2 x 6 cm141g---
JX-SHOPPU 野外ストーブ楽天市場¥1,480 AmazonYahoo!遠赤外線ヒーターアタッチメント12 x 14.7 cm350g--専用バッグ・取っ手付属
DYNWAVE 灯油ストーブ楽天市場¥1,530 AmazonYahoo!灯油ストーブ直径17 x 18 cm--6~7時間-
LVYUAN(リョクエン)カセットガスストーブ楽天市場¥7,998 AmazonYahoo!ガスストーブ27.5x27.5x18cm1.8kg転倒安全シャットオフ-カセットガス用
トヨトミ 対流式石油ストーブ GEAR MISSION RR-GE25¥36,000 楽天市場AmazonYahoo!石油ストーブ-7.5kg対震自動消火装置-対流式

【ストーブ系】冬キャンプの暖房おすすめ人気ランキング15選

屋外で暖を取るのにはもちろん、テント内を暖めるのにも使える暖房器具のおすすめランキングです。

テント内で寝るときに!ストーブ以外で冬キャンプにおすすめの暖房アイテムとは?

冬キャンプストーブ 寝るとき

冬キャンプでも快適にテント泊をしたいなら、もっと万全に寒さ対策をしましょう。「夜空を楽しむためにナイトキャンプがしたい」「寒がりだからもっと暖房効果を高めたい」そんな人のために、ここからはストーブと合わせてチェックして欲しいおすすめのあったかアイテムを紹介します。

USB給電タイプが便利な「電気毛布」

冬キャンプ テント内 暖房

出典:amazon.co.jp

身体を包み込んで暖めてくれる「電気毛布」。寝るときの防寒具や屋外で過ごすときのブランケットとして便利なアイテムです。最近では、USBケーブルで給電できるアウトドア用の電気毛布が登場しています。充電式のモバイルバッテリーと繋ぐだけで使用できるので、電源を確保できないテント内でも便利に使えますよ。

関連記事:【着る&敷く】電気毛布おすすめ最新ランキング22選!掛け敷き兼用も

充電式もありどこでも使える「カイロ」

冬キャンプ テント内 暖房

出典:amazon.co.jp

服に貼り付けたり、手に持って触れることで身体を暖めてくれる「カイロ」。誰もが使ったことがある便利な防寒グッズですよね。最近では、お馴染みの使い捨てカイロだけではなく、繰り返し使える充電式カイロなどが登場していますよ。使わないときに電源をオフにできるので、省エネ効果もあっておすすめです。

関連記事:【デメリットはある?】充電式カイロおすすめ17選!日本メーカー製や危険性も解説

関連記事:【温度を比較】貼る・貼らない使い捨てカイロおすすめランキング20選|24時間高温も

寝るときの暖かいお供「湯たんぽ」

冬キャンプ テント内 暖房

出典:amazon.co.jp

寒い時期に湯たんぽを使って眠っている人は多いですよね。沸かしたお湯を入れるだけで身体を暖めてくれる湯たんぽは、冬キャンプの強い味方です。正しい使い方をすれば火傷や火災の心配もないため、ファミリーキャンプやペットがいるときも安心。冷え性の人や寒さが苦手な人はぜひチェックしてみてください。充電式の湯たんぽもありますよ。

関連記事:【種類比較】湯たんぽおすすめ人気ランキング27選!しまむらにある?プラスチック製も

テント内に置けるサイズも多い◎足元から身体を暖めてくれる「こたつ」

出典:amazon.co.jp

小さいテント内でも置ける「こたつ」も大人気!こたつは、火を使わないので火事・一酸化炭素中毒の心配がなく安全です。

こたつのサイズは、ソロキャンプにも使える超小型こたつ・ファミリー向けまでサイズもさまざま。寒い冬に皆でこたつに入って暖まるのも良いですね。足元が冷えてしまいがちな冬のキャンプに心強い味方です。

関連記事:【おしゃれで軽い】折りたたみこたつおすすめ10選|薄いフラットヒーターも

底冷えを防いで寝るときも安心できる「マット」

冬キャンプ テント内 寝るとき

出典:amazon.co.jp

自宅でも使用される「マット」ですが、底冷えを防ぐアイテムとしてキャンパーにも重宝されています。マットの中でも、電気カーペットのように暖かくなるタイプなら、電源さえ確保できれば火や燃料を使わずに足元を暖められるのでおすすめです。厚手で耐寒性に優れた暖かいマットがあれば、地面からの冷たい冷気を防げるので、テント内の床でもゆっくり横になれますね。のんびり冬キャンプを楽しみたい人におすすめですよ。

関連記事:【サイズの選び方も】ホットカーペットおすすめ17選|半畳〜最大サイズ・省エネなど

ベッドやベンチとして使えて、地面からの冷気を防げる「コット」

冬キャンプ テント内 寝るとき

出典:amazon.co.jp

「コット」は折りたたみ式のアウトドアグッズで、ベンチ・ベッド・荷物置きといったさまざまな使い方ができます。冬の地面はかなり凍えてしまうもの。コットがあれば地面から距離を取れるので暖かく寝られると好評です。

ハイタイプとロータイプがあるので、好みや使い方に合わせて選びましょう。ベッドや荷物置きに使うなら安定感のあるロータイプ、ベンチとして使うなら腰が掛けやすいハイタイプがおすすめです。

体温を温存してくれる◎寝るときに必須の「冬用の寝袋(シュラフ)」

冬キャンプ テント内 寝るとき

出典:amazon.co.jp

「シュラフ(寝袋)」は、テント泊に欠かせない必須アイテムです。シュラフには温度表示や形状に種類があり、性別や気候に合ったものを選ぶ必要があります。特に、冬キャンプは厳しい寒さの中で過ごすため、睡眠付属や体調不良にならないために適切なシュラフを選びましょう。

普通の寝袋とは違い冬用の寝袋は、生地が分厚く防寒対策もバッチリです。寝袋の商品によっては、-30℃までの寒さも使用できる保温力が高い寝袋もあります。

寝袋で寝るときは、寝袋内の隙間をなるべく埋めて外気が入らないようにするのがポイントです。

【テント内で寝るときに】冬キャンプ暖房おすすめ比較一覧表【ストーブ以外】

商品最安価格タイプ大きさ重さ使用電力
Ai do 電気毛布¥3,880 楽天市場AmazonYahoo!電気毛布150×85cm--
LIUDU 冬キャンプ用電気毛布楽天市場確認中 AmazonYahoo!電気毛布150×80cm0.7kg-
ETSHiP 充電式カイロ ハンドウォーマー 3秒速熱楽天市場確認中 AmazonYahoo!カイロ-300g-
mottole 冬キャンプ用カイロ MTL-E007¥2,640 楽天市場AmazonYahoo!カイロ70×20×122mm132g-
マルカ 冬キャンプ用湯たんぽ 022524楽天市場¥2,380 AmazonYahoo!湯たんぽ29.5×21.6×7.4cm0.61kg-
fashy ( ファシー ) 冬キャンプ用湯たんぽ¥2,970 楽天市場AmazonYahoo!湯たんぽ34×20×7cm--
Yamazen ( 山善 ) 冬キャンプ用小型こたつ YH-M104Q楽天市場¥12,500 AmazonYahoo!小型こたつ27×27×23cm2.4kg強=45Wh、弱=20Wh ( 1時間 )
インテリアオフィスワン 折りたたみこたつ楽天市場¥15,990 AmazonYahoo!折りたたみ小型こたつ60×60×37cm13kg300W
コールマン ( Coleman ) 冬キャンプ用マット キャンパーインフレーターマット楽天市場¥10,799 AmazonYahoo!マット63×5×195cm ×23.5kg-
Mozambique ( モザンビーク ) 冬キャンプ用マット楽天市場¥4,580 AmazonYahoo!マット56×2×183cm495g-
WAQ 冬キャンプ用コット WAQ-COT01¥22,228 楽天市場AmazonYahoo!コット190×67cm3.2kg-
FUTURE FOX ( フューチャーフォックス ) キャンプ用コット¥15,800 楽天市場AmazonYahoo!コットロー:65×190×19cm ハイ:65×190×38cm3.8kg-
TOOGE 冬キャンプ用寝袋楽天市場¥3,700 AmazonYahoo!寝袋75×210cm1.8kg-
cool beans 冬キャンプ用寝袋¥4,980 楽天市場AmazonYahoo!寝袋80×225cm1.8kg-

【テント内で寝るときに】冬キャンプ暖房おすすめ人気アイテム【ストーブ以外】

冬キャンプでの暖房の注意点!テント内のストーブなど事故防止対策

冬キャンプストーブ 注意点

寒い季節でも快適にアウトドアを楽しめる便利な暖房器具ですが、使用方法を間違えると思わぬトラブルが起きることがあります。特に、薪ストーブなどは直接火を使うため、取り扱いには注意が必要です。冬キャンプの危険・対策方法をいくつか紹介するので、事前にチェックしておきましょう。

冬キャンプの危険①テント内の「一酸化炭素中毒」には換気・メーターで対策!

冬キャンプストーブ 一酸化炭素

薪・ガス・石油ストーブなどをテント内といった隔離された空間で使う場合は、「一酸化炭素中毒」に注意しましょう。一酸化炭素とは、燃料である木材や石油を燃やしたときに発生する気体のこと。初期症状はめまいや軽い頭痛ですが、重症になると意識不明や機能障害などを引き起こすケースがあります。

一酸化炭素は、無味無臭で非常に気付きにくいのが特徴です。一酸化炭素メーターをテントに設置するのがおすすめ。また、テント内で使用するときは、必ず1時間に1回換気をして新鮮な空気を取り込みましょう。薪ストーブの場合は、常に煙突などで換気をし続ける・煙突のススを定期的に取り除くといった注意が必要です。

  • 一酸化炭素メーターを設置する
  • 1時間ごとに換気を行う
  • 薪ストーブは煙突や通気口を設置する

関連記事:【テント内で使う方法も】キャンプにおすすめの薪ストーブ25選!ソロ向けも紹介

冬キャンプの危険②「火災」の対策はストーブ周辺に物を置かない事

冬キャンプストーブ 火災

暖房器具のトラブルと言えば、「火災」が思い浮かびますよね。ストーブの火が布に燃え移ったり、熱でテントが溶けて発火したりと、さまざまな要因によって火事は発生します。ストーブとの距離に気を付けていても、強風でストーブやテントが倒れて発火といったケースもあるので、常に周囲の状況を確認しましょう。

対策としては、とにかくストーブ周辺に物を置かないこと。寝るときはなるべく暖房器具を消しておくのが安心ですが、難しいときはタイマー機能や転倒時オフ機能を備えたストーブを利用するのがおすすめです。また、万が一に備えて、常に水が2L程度入ったペットボトルやバケツを準備しておくと安心ですよ。

  • ストーブの周辺に物を置かない
  • ストーブガードや不燃焼板で地面への引火を防ぐ
  • 水の入ったペットボトルやバケツを常に常備しておく

冬キャンプの危険③「漏電」の対策には防水ケーブルを使う

冬キャンプストーブ 漏電

電源のあるキャンプサイトやポータブル電源を利用する場合、注意して欲しいのが「漏電」。電化製品のケーブルや延長コードが濡れてしまうと、電気が水を通して外に漏れ出してしまいます。ブレーカーが落ちる・電化製品が故障するといった問題だけでなく、感電や火災といった生死に関わる事態を引き起こす可能性があります。

キャンプ場で電気ストーブなどの電化製品を使うときは、防水性のある防雨ケーブルを利用しましょう。また、雨が降ったときはケーブルが濡れないようにテント内に片付けたり、コンセントを抜いておくのも有効な対策方法です。安全にアイテムを使用して、楽しい冬キャンプを楽しみましょう。

  • 防雨ケーブルや防水延長コードを使用する
  • 雨が降ったときはケーブルを濡らさない・コンセントを抜く

暖房以外に!キャンプに必要なおすすめ関連商品

冬キャンプストーブ 関連アイテム

自分好みのアウトドアグッズを集めたり、便利なアイテムを見つけたりするのもキャンプの魅力の1つです。アウトドアが大きなブームとなりつつある近年、暖房器具以外にもさまざまなおすすめ商品が登場していますよ。

ソロキャンプ・ファミリーキャンプにもおすすめな商品をいくつか紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

雨風をしのげる必須アイテム「テント」

キャンプと言えば「テント」ですよね。雨風や日差しをしのげるのはもちろん、横になってくつろげるのもテントの魅力ですよね。最近では、難しい作業なしで設置できるワンタッチテントや、寝室とリビングで部屋を仕切ったツールームテント、日よけができるタープテントなどが人気です。気軽なピクニックや子供の運動会などでも役立つので、1つ持って置くと安心ですよ。

以下の記事では、ソロキャンプ・ファミリーキャンプ別におすすめのテントを紹介しています。

関連記事:コスパ最強は?ファミリーテント17選おすすめランキング!一人で設営できるタイプも

関連記事:【高コスパで快適】2ルームテントおすすめ25選|おしゃれでかっこいいモデルも

関連記事:おしゃれでかっこいい!ソロテントおすすめ27選|キャンプ女子に人気のモデルも

関連記事:【最強に簡単】ワンタッチテントおすすめ21選|ポップアップ式や折りたたみ方も解説

関連記事:【コスパ最強は?】スクリーンタープおすすめ21選|風に強いモデルや焚き火対応も

安全に焚き火を楽しみたいなら「焚き火台」

炎の柔らかい揺らぎや独特の音に癒されながら、身体を暖めてくれる焚き火。キャンパーの中には、「焚き火を目的にキャンプをする」という人も少なくありません。「焚き火台」があれば、地面への直火を避けて安全に過ごせるのはもちろん、料理にも使えてとても便利ですよ。

関連記事:【失敗しない!】燻製器おすすめ20選|キャンプ・自宅にも使えて初心者も安心な小型・家庭用タイプもご紹介

ナイトキャンプを快適に過ごせる「ランタン」

ナイトキャンプをするなら、周囲を明るく照らしてくれる「ランタン」がおすすめ。夜の屋外でも安全に過ごせる、虫寄せになるといったメリットがあります。広範囲を照らせるLEDランタンや柔らかい光を放つオイルランタンなど、さまざまなタイプが登場しているのでぜひチェックしてみてください。

以下の記事では、ソロキャンプ・ファミリーキャンプにもおすすめなランタンをご紹介しています。

関連記事:【コスパ最強】キャンプ用ランタンおすすめ40選|充電式LEDや暖色系も

関連記事:【三脚 VS 打ち込み】ランタンスタンドおすすめ21選!卓上モデルも

1つは持って置きたい「モバイルバッテリー」

スマートフォンやスピーカーなどのポータブル機器をキャンプで使うなら、「モバイルバッテリー」を準備しておくのがおすすめ。充電切れを気にせずに音楽や写真撮影を楽しめます。近年では、複数の機器を充電できる大容量モデルや、コンセントが繋げる電源付きのモデルなどが登場していますよ。

関連記事:インスタでも話題 かわいいモバイルバッテリー 人気 おすすめ21選!

関連記事:【キャンプや車中泊に】AC出力対応モバイルバッテリーおすすめ10選|1万円以下の安いモデルや小型も!

その他キャンプに持っておきたいアイテム

関連記事:料理もできる!ロケットストーブおすすめ11選|折りたためる小型や自作も解説

関連記事:【室温が段違い】ストーブファンおすすめランキング17選!最強はどれ?日本製も紹介

関連記事:【高コスパで人気】アウトドアテーブルおすすめ35選|ソロキャンプ向け・ローテーブルも!

関連記事:【炊飯器より美味しく炊ける】ライスクッカーおすすめ20選|ユニフレーム・コールマンも

関連記事:【プロが選ぶ】防災ラジオおすすめ27選!いらない?必要か解説!ソニー/無印/パナソニックを辛口評価

関連記事:発電効率がいい!手回し充電器・発電機30選!スマホどれくらい充電できる?

関連記事:【100秒で沸騰】ジェットボイルおすすめ6選!最新機種や類似品を徹底解説

家庭にも使える!その他おすすめの暖房アイテム

キャンプ以外に暖房アイテムを家庭用に兼用したい人は要チェックです。

関連記事:【キャンプにも使える】アラジンストーブおすすめ12選 | レトロなデザインが人気

関連記事:【20畳以上の大型も】石油ファンヒーター23選おすすめランキング!省エネ系も紹介

関連記事:【20畳以上対応も】ガスファンヒーターおすすめ12選!エアコンとどちらが経済的?

関連記事:【10畳以上も】セラミックファンヒーターおすすめ26選!電気代も解説

関連記事:【火事リスクが低い】デスクヒーターおすすめ24選!パナソニック製や電気代も解説

関連記事:【足元ぽかぽか】フットヒーターおすすめランキング15選!省エネモデルや電気代も解説

関連記事:バイク向けの最強は?電熱グローブおすすめ19選!USB式や薄手インナーグローブも

関連記事:【最強はどれ?】電熱ベストおすすめ23選!日本製ランキングや事故・危険性も解説

おすすめ冬キャンプの暖房まとめ

冬キャンプストーブ まとめ

  • ストーブがあれば、冬もキャンプを楽しめる
  • 好みや使い方に合わせて燃料タイプを選ぼう
  • 重量やサイズ、安全機能の有無もしっかり確認
  • 一酸化炭素や火災への対策を忘れずに

今回は、冬キャンプに役立つストーブを紹介しました。

ソロ・ファミリー向けのテント内を暖めるキャンプ用ストーブや寝るときに使える暖房器具、そのほかの関連商品も紹介しましたが、皆さんの気になるアイテムは見つかりましたか?寒さを理由に冬のキャンプをためらっていた人は、これを機にぜひチャレンジしてみてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー